横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

By pinboke_planet from Kakogawa-city, JAPAN [CC BY 2.0 (http://creativecommons.org/licenses/by/2.0)], via Wikimedia CommonsBy pinboke_planet from Kakogawa-city, JAPAN [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons
2017年8月5日に1編成(6両)をアドベンチャーワールドのシーンをラッピングした車両、「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」を臨時列車「くろしお95号」として運転した[30]。8月6日以降、2019年1月頃まで「くろしお」の定期列車に運用される予定[31]。運用時刻はJRおでかけネットで確認することができる

287系(パンダくろしお・Smileアドベンチャートレイン)

紀州路を走るパンダ電車、あなたの鉄道にもいかがですか?

98987 限定品 JR287系特急電車(パンダくろしお・Smileアドベンチャートレイン) 24000円+税

https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/img/20171213-2.pdf

TOMIX 98987 限定品 JR287系特急電車(パンダくろしお・Smileアドベンチャートレイン)

実車ガイド

287系は従来から使用されていた183・381系の置き換え用として2010年に導入された特急電車です。
「くろしお」に導入された287系は側面の帯がスカイブルーとなり主に白浜・新宮~新大阪・京都間を6・9両編成で運転されています。
2017年8月から和歌山県のテーマパーク「アドベンチャーワールド」の開園40周年を記念して287系1編成6両にラッピングが施され運行を開始しました。

特徴

●紀州路を走る287系ラッピング列車「パンダくろしお・Smileアドベンチャートレイン」を再現
●クモロハのシートは茶色、クモハ・モハのシートは青色で再現
●ドアステップは黄色帯を印刷済
●扉横にある表示器は黒色印刷にて再現
●車番、JRマーク、グリーンカーマークは印刷済み
●ヘッドライトは白色、テールライトは赤色のLED基板を使用
●運転台下部のヘッドライトはカラープリズムにて黄色と白色の点灯を再現
●ヘッド・テールライトはON-OFFスイッチ付
●フライホイール付動力搭載
●新集電システム、銀色車輪採用
●先頭車運転台側はTNカプラー(SP)標準装備

製品内容

【車両】
●クモロハ286-12
●モハ286-17(M)
●モハ287-205
●モハ286-205
●モハ286-16
●クモハ287-20

オプショナルパーツ

室内灯:<0734>LC(電球色) TNカプラー:<0337>密連形

編成例

●特急「くろしお」(2017年8月~)
←新宮・白浜    新大阪・京都→
クモロ286-12+モハ286-17(M)+モハ287-205P+モハ286-205+モハ286-16+クモハ287-20
限定Set98987

関連商品

TOMIX Nゲージ ベーシックセットSD 287系 くろしお 90166 鉄道模型 入門セット
TOMIX Nゲージ 287系 くろしお 基本セット A 92472 鉄道模型 電車

口コミ情報

購入してみよう

Return Top