横濱模型 の秘密基地

Nゲージインフォメーション

By Suikotei (Own work) [CC BY-SA 4.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)], via Wikimedia Commons
By Suikotei (Own work) [CC BY-SA 4.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)], via Wikimedia Commons

新潟鐵工所の地方鉄道向け車両「NDCシリーズ」の第一世代モデルによる16m級軽快気動車で、ワンマン運転にも対応している。本形式の200番台は松浦鉄道MR-100形とほぼ同形式となっている。新潟鐵工所での製造の他、一部は自社の後藤総合車両所でもライセンス生産された。
国鉄から承継されローカル線区で運用されていた一般型気動車のキハ20系・キハ35系・キハ45系や急行型気動車のキハ58系などの老朽化対策(置換え)や鉄道部に移管された線区の活性化を図るため、山陰東部エリアを除くJR西日本管内の非電化区間ほぼ全域に投入された。基本設計が新しいため省力化や投入線区のスピードアップなどに寄与した反面、キハ120形自体が従来車より小型車体である上に編成両数が削減されたため、着席率の低下や混雑率の上昇を招いた。
各社に投入されたNDCシリーズ第一世代モデルが次々に運用を離脱する中、2016年現在も休廃車が発生することなく、製造された89両全車が運用されている。

キハ120形200番台(木次線・首都圏色)

木次線(首都圏色)、関西線京都山城列茶、三江線神楽号キハ120を再現

98051 JR キハ120-200形ディーゼルカー(木次線・首都圏色)セット 10,300円+税
実車ガイド

キハ120は1991年に登場した小型ディーゼルカーで、200番代は鋼製の車両です。
2004年頃より改造でトイレ取付改造が始まり2007年頃までに全車両施工され側面窓が埋められました。
木次線のキハ120-200形は、2013年頃より首都圏色に塗り変えられて活躍しています。

特徴

●首都圏色になった木次線のキハ120-200形を再現
●車体トイレ搭載により窓埋めされた姿を再現
●スノープロウ付スカート採用
●前面表示部は「宍道」印刷済
●車番印刷済み
●ワンマン表示印刷済み
●車体側面サボ印刷済み
●ヘッド・テールライト常点灯LED基板装備、ON-OFFスイッチ付
●常点灯対応室内灯(LED)装着済み
●ボディマウント密自連TNカプラー(SP)標準装備

製品内容

【車両】
●キハ120-206(M)
●キハ120-207
【付属品】
●パーツ:スイッチバー

編成例

関連商品

98051 JR キハ120-200形ディーゼルカー(木次線・首都圏色)セット 10,300円+税
98985 限定品 JR キハ120-0形ディーゼルカー(関西線・京都山城列茶)セット 11,000円+税
98986 限定品 JR キハ120-300形ディーゼルカー(三江線・三江線神楽号)セット 11,000円+税

口コミ情報

購入してみよう

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top