横濱模型

Nゲージインフォメーション

【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日) #トミックス

新製品インフォメーション

発売予定品情報がオフィシャルサイトに公開されました。

新製品ポスター

【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス

新製品内容一覧

【 2022年09月~ 】発売予定

90185ベーシックセットSD ブルートレイン19,800円10月
90186ベーシックセットSD E5系はやぶさ21,780円10月
4266ガソリンスタンド(出光)2,860円09月

【 2023年02月 】発売予定

98493キハ58系急行ディーゼルカー(ときわ)セット(5両) HG24,750円
98494キハ58系急行ディーゼルカー(奥久慈)セット(5両) HG25,850円
98505485-1000系特急電車(かもしか)セット(3両) HG17,710円
97952特別企画品 485-1000系特急電車(こまくさ)セット(5両) HG23,870円
98811201系通勤電車(京葉線)基本セット(6両)21,340円
98812201系通勤電車(京葉線)増結セット(4両)13,200円
98512キハ70・71形ディーゼルカー(ゆふいんの森I世・更新後)セット(4両) HG19,470円
98114キハ47-0形ディーゼルカーセット(2両) HG11,660円
98115キハ47-500形ディーゼルカーセット(2両) HG11,660円
9474キハ47-0形(T) HG4,290円
9475キハ47-1000形 HG4,290円
98119キハ40-1700形ディーゼルカー(国鉄一般色)セット(2両) HG14,080円
8607衣浦臨海鉄道 KE65形ディーゼル機関車(5号機)8,250円
3178UR4形コンテナ(日本石油輸送・5個入)1,760円
9230312 1000系 客車セット10,120円
9518国鉄客車 オハ12-1000形1,760円
3030単線トラス形鉄橋(F)(青)(PC橋脚・2本付)1,210円
3031単線トラス形鉄橋(F)(赤)(れんが橋脚・2本付)1,210円
3033単線トラス鉄橋(F)(深緑)(PC橋脚・2本付)1,210円
HO-9086(HO)キハ183-500系特急ディーゼルカー(キハ183-1500)セット(4両) 65,670円
HO-426(HO)キハ183-1550形 15,290円
HO-427(HO)キハ182-500形(M) 23,210円
HO-428(HO)キハ182-500形(T) 11,110円
HO-429(HO)キハ182-550形 11,110円

【 2023年03月 】発売予定

HO-731(HO)JR貨車 コキ106形(グレー・ヤマト運輸コンテナ付) 5,500円
HO-738(HO)JR貨車 コキ104形(ヤマト運輸コンテナ付) 5,500円

内容詳細(抜粋)

NEW 485-1000系特急電車(かもしか)セット(3両) HG 98505
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックスJR東日本商品化許諾済
【 2023年02月 】発売予定
98505485-1000系特急電車(かもしか)セット(3両) HG17,710円
メーカー詳細
実車ガイド

485系1000番代は従来の485系よりも耐寒耐雪を強化した車両で、1976年に登場し主に東北地方で活躍しました。クモハ485形1000番代は中間電動車であるモハ485形1000番代を先頭車化改造した車両で、特急「たざわ」短編成化を目的として1986年に登場しました。秋田地区の485系は1997年よりアイボリーにブルーとピンクの帯をまとった塗装へと変更され、特急「かもしか」「こまくさ」で活躍しました。特急「かもしか」は秋田ー青森を結んだ列車で、1997年の秋田新幹線開業に合わせて「こまち」に接続する特急列車として運行を開始しました。2010年、東北新幹線の全線開業に合わせて従来弘前ー八戸間を結んでいた特急「つがる」へと改称される形で485系の特急「かもしか」は廃止となりました。「かもしか」用の編成は485系は同系としては短い3両編成でしたが、多客期には2編成を繋げた6両編成でも活躍しました。

ポイント
POINT:1
クモハ485-1000形を新規製作で再現
車端部に手すりのある1000番代後期型からの改造車を再現
POINT:2
クロハ481-1000形はグリーン車定員数が12名のシートを
新規製作で再現
特徴

●ハイグレード(HG)仕様
●主に特急「かもしか」で活躍した塗装変更された3両編成を再現
●クモハ485-1000形を新規製作で再現
●クモハ485-1000形、モハ484-1000形は車端部に手すりのある後期型を再現
●クロハ481-1000形のシートはグリーン車定員数が12名の仕様をシート新規製作で再現
●Hゴムは黒色で再現
●パンタグラフは車両の前後で異なるシューの形状を再現
●トイレタンクは取付済み
●靴摺り、ドアレールは印刷済み
●車番は選択式で転写シート付属
●印刷済みトレインマーク「かもしか」装着済み、「つがる」付属
●フライホイール付動力採用
●新集電システム、黒色車輪採用
●M-13モーター採用
●先頭車運転台側は連結器カバー付きダミーカプラー装備
●先頭車運転台側の交換用にTNカプラー(SP)が1個付属、交換することで2編成を繋げた6両編成を再現可能
●各連結面側は配管付きTNカプラー(SP)標準装備

製品内容
【車両】
●クモハ485-1000
●モハ484-1000(後期型・M)
●クロハ481-1000
【付属品】
●ランナーパーツ:シンボルマーク
●ランナーパーツ:ATS車上子
●ランナーパーツ:無線アンテナ、ホイッスル
●パーツ:スノープロウ
●パーツ:トレインマーク
●パーツ:TNカプラー
●パーツ:治具
●転写シート:車番等
編成例
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス
オプショナルパーツ

・0733 室内照明ユニットLC (白色)

パッケージ形態

ブック型プラケース

関連情報

・97952 特別企画品 485-1000系特急電車(こまくさ)セット(5両) HG

原産地

日本

NEW 特別企画品 485-1000系特急電車(こまくさ)セット(5両) HG 97952
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックスJR東日本商品化許諾済
【 2023年02月 】発売予定
97952特別企画品 485-1000系特急電車(こまくさ)セット(5両) HG23,870円
メーカー詳細
実車ガイド

485系1000番代は従来の485系よりも耐寒耐雪を強化した車両で、1976年に登場し主に東北地方で活躍しました。
クモハ485形1000番代は中間電動車であるモハ485形1000番代を先頭車化改造した車両で、特急「たざわ」短編成化を目的として1986年に登場しました。
秋田地区の485系は1997年よりアイボリーにブルーとピンクの帯をまとった塗装へと変更され、特急「かもしか」「こまくさ」で活躍しました。
特急「こまくさ」は山形ー新庄・秋田を結んだ列車で、1992年の山形新幹線開業に合わせて「つばさ」に接続する特急列車として運行を開始しました。
山形新幹線新庄延伸に伴う工事のため、1999年3月に新庄ー秋田・八郎潟間の快速列車へと格下げとなり、485系による特急列車としての運行を終了しました。

特徴

●ハイグレード(HG)仕様
●主に特急「こまくさ」で活躍した塗装変更された5両編成を再現
●クモハ485-1000形を新規製作で再現
●クロハ481-1000形のシートはグリーン車定員数が12名の仕様をシート新規製作で再現
●Hゴムは前面トレインマーク表示部はグレー、その他は黒色で再現
●パンタグラフは車両の前後ともに集電シューが舟形の形状を再現
●トイレタンクは取付済み
●靴摺り、ドアレール、車番、一部標記は印刷済み
●印刷済みトレインマーク「こまくさ」装着済み
●フライホイール付動力採用
●新集電システム、黒色車輪採用
●M-13モーター採用
●先頭車運転台側は連結器カバー付きダミーカプラー装備
●各連結面側は配管付きTNカプラー(SP)標準装備

製品内容
【車両】
●クモハ485-1004
●モハ484-1072
●モハ485-1037
●モハ484-1037(M)
●クロハ481-1001
【付属品】
●ランナーパーツ:特急シンボルマーク
●ランナーパーツ:ATS車上子
●ランナーパーツ:無線アンテナ、ホイッスル
●パーツ:スノープロウ
●パーツ:治具
編成例
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス
オプショナルパーツ

・0733 室内照明ユニットLC (白色)

パッケージ形態

ブック型プラケース

関連情報

・98505 485-1000系特急電車(かもしか)セット(3両) HG

原産地

日本

NEW キハ58系急行ディーゼルカー(ときわ)セット(5両) HG 98493
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス
【 2023年02月 】発売予定
98493キハ58系急行ディーゼルカー(ときわ)セット(5両) HG24,750円
メーカー詳細
実車ガイド

キハ58系は国鉄が開発した急行形ディーゼルカーです。
常磐線の上野~平間を結ぶ急行「ときわ」は、非電化の水郡線直通急行「奥久慈」併結のため1部がキハ58系ディーゼルカーで運用され、キハ58・28形の屋根に常磐無線アンテナが設置されていました。

ポイント
POINT:1
キハ56-200系で製作したジャンパ栓、ホースパーツ採用で前面の細密感が向上
POINT:2
遮光ユニットはキハ56-200系で新規となったパーツ使用で先頭部のシースルー感向上
POINT:3
水戸機関区所属車特有の常磐無線アンテナが設置された姿を、一部不均等に配置されたクーラーと共に再現
特徴

・ハイグレード(HG)仕様
・<98494>と合わせることで併結区間の10両編成が再現可能
・先頭車前頭部のジャンパホース類は別パーツ化
・タイフォン部分は別パーツ化に伴い、シャッターまたはスリット型のどちらかに選択取付可能
・ヘッド・テールライトの遮光ユニットはキハ56-200形で採用した小型ユニットにより、前頭部周りのシースルー感が向上
・キハ58・28形の屋根は、常磐無線アンテナ台座や配管、それに伴いクーラー配置が一部離れている姿を再現
・キロ28-2100形は「ときわ」で運用されていた、実車においてキハ80系初期車の台車へ交換された車両を等級帯がない姿で再現
・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッド・テールライト、前面表示部は白色LEDによる点灯
・ヘッドライトはカラープリズム採用により電球色に近い色で点灯
・前面表示部は交換式で印刷済みパーツ「急行」「(白地)」を付属
・車番は選択式で転写シート付属
・フライホイール付動力
・新集電システム、黒色車輪採用
・M-13モーター採用
・TNカプラー(SP)標準装備

製品内容
【車両】
・キハ28-2300
・キロ28-2100
・キハ28-2000
・キハ28-2300
・キハ58-400(M)
【付属品】
・ランナーパーツ:前面表示部
・ランナーパーツ:ジャンパホース、栓
・ランナーパーツ:タイフォンパーツ
・パーツ:幌枠
・パーツ:排障器
・パーツ:キハ28用スノープロウ(複線型)
・パーツ:キハ58用スノープロウ(複線型)
・パーツ:キハ58ステップ部用エアタンク
・転写シート:車番等
編成例
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス
オプショナルパーツ

・0733 室内照明ユニットLC (白色)

パッケージ形態

ブック型プラケース

関連情報

・98494 キハ58系急行ディーゼルカー(奥久慈)セット(5両) HG

原産地

日本

NEW キハ58系急行ディーゼルカー(奥久慈)セット(5両) HG 98494
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス
【 2023年02月 】発売予定
98494キハ58系急行ディーゼルカー(奥久慈)セット(5両) HG25,850円
メーカー詳細
実車ガイド

キハ58系は国鉄が開発した急行形ディーゼルカーです。
水郡線直通の急行「奥久慈」は、水戸で急行「ときわ」と併結してキハ58系による長大編成で都心を目指していました。
キハ28・58形の屋根上には、常磐無線アンテナが装備されました。

ポイント
POINT:1
キハ56-200系で製作したジャンパ栓、ホースパーツ採用で前面の細密感が向上
POINT:2
遮光ユニットはキハ56-200系で新規となったパーツ使用で先頭部のシースルー感向上
POINT:3
水戸機関区所属車特有の常磐無線アンテナが設置された姿を、一部不均等に配置されたクーラーと共に再現
特徴

・ハイグレード(HG)仕様
・ <98493>と合わせることで併結区間の10両編成が再現可能
・先頭車前頭部のジャンパホース類は別パーツ化
・タイフォン部分は別パーツ化に伴い、シャッター付やスリット式などを選択取付可能
・ヘッド・テールライトの遮光ユニットはキハ56-200形で採用した小型ユニットにより、前頭部周りのシースルー感が向上
・キハ58・28形の屋根は、常磐無線アンテナ台座や配管、それに伴いクーラー配置が一部離れている姿を再現
・キハ28-0形は、房総地区と水戸機関区で見られた屋根上のクーラーのみ搭載で冷房用発電装置は非搭載の車両を再現
・キハ58-400形はトイレ窓が細長い後期型で再現
・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッド・テールライト、前面表示部は白色LEDによる点灯
・ヘッドライトはカラープリズム採用により電球色に近い色で点灯
・前面表示部は交換式で印刷済みパーツ「急行」「(白地)」を付属
・車番は選択式で転写シート付属
・フライホイール付動力
・新集電システム、黒色車輪採用
・M-13モーター採用
・TNカプラー(SP)標準装備

製品内容
【車両】
・キハ28-2300
・キハ28-2000
・キハ28-0(冷改車)
・キハ28-2300
・キハ58-400(後期型)(M)
【付属品】
・ランナーパーツ:前面表示部
・ランナーパーツ:ジャンパホース、栓
・ランナーパーツ:タイフォンパーツ
・ランナーパーツ:ベンチレーター
・パーツ:幌枠
・パーツ:排障器
・パーツ:キハ28用スノープロウ(複線型)
・パーツ:キハ58用スノープロウ(複線型)
・パーツ:キハ58ステップ部用エアタンク
・転写シート:車番等
編成例
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス
オプショナルパーツ

・0733 室内照明ユニットLC (白色)

パッケージ形態

ブック型プラケース

関連情報

・98493 キハ58系急行ディーゼルカー(ときわ)セット(5両) HG

原産地

日本

NEW 201系通勤電車(京葉線)基本セット(6両) 98811
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス

JR東日本商品化許諾済

【 2023年02月 】発売予定
98811201系通勤電車(京葉線)基本セット(6両)21,340円
メーカー詳細
実車ガイド

・201系は1979年に登場した通勤形電車です
・国鉄としては初めて電機子チョッパ制御が採用されました
・前面部のデザインはそれまでの車両からは刷新されアクセントとして黒い鋼製パネルが前面窓の周りに用いられています
・京葉線へは中央・総武緩行線から103系を置き換える目的で転入し2000年8月から運転を開始しました
・当初に転入した7編成のうち4編成は自動解結装置が取り付けられ、分割併合を行う運用に使用されました
・2007年には205系2編成が武蔵野線
・埼京線に転出する補充分として中央線から10両貫通編成が転入しました
・2011年にE233系に置き換えられ引退しました

ポイント
POINT<98767>中央線セットとは
異なるパンタグラフ鈎外し形状を再現
特徴

●京葉線で活躍した201系のうち、分割可能な編成を再現
●本製品と<98812>増結セットで10両編成が再現可能
●先頭車運転台側はスカートが取り付けられた姿を再現
●パンタグラフはPS21を搭載
●アンテナ・信号炎管は装着済み
●ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付き
●ヘッドライトは電球色LED、テールライトは赤色LEDによる点灯
●前面表示部は白色LEDによる点灯
●前面表示部は交換式で印刷済みパーツ「東京」装着済み、交換用パーツ付属
●JRマーク印刷済み
●靴摺りは銀色で印刷済み
●車番は選択式で転写シート付属
●M-13モーター採用
●クハ201形運転台側はTNカプラー(SP)装備
●クハ200形運転台側はダミーカプラー装備
●フライホイール付動力採用
●新集電システム・黒色車輪採用

製品内容
【車両】
●クハ201
●モハ201
●モハ200(M)
●モハ201
●モハ200(T)
●クハ200
【付属品】
●ランナーパーツ:行先・運行番号表示
●ランナーパーツ:ジャンパ栓受け
●転写シート:車番等
編成例
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス
オプショナルパーツ

・0733 室内照明ユニットLC (白色)

パッケージ形態

ブック型プラケース

関連情報

・98812 201系通勤電車(京葉線)増結セット(4両)
・98409 JR E233-5000系電車(京葉線)基本セット
・98410 JR E233-5000系電車(京葉線)増結セット
・98765 JR 209-2100系通勤電車(房総色・6両編成)セット
・98766 JR 209-2100系通勤電車(房総色・4両編成)セット

原産地

日本

NEW 201系通勤電車(京葉線)増結セット(4両) 98812
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス

JR東日本商品化許諾済

【 2023年02月 】発売予定
98812201系通勤電車(京葉線)増結セット(4両)13,200円
メーカー詳細
実車ガイド

・201系は1979年に登場した通勤形電車です
・国鉄としては初めて電機子チョッパ制御が採用されました
・前面部のデザインはそれまでの車両からは刷新されアクセントとして黒い鋼製パネルが前面窓の周りに用いられています
・京葉線へは中央・総武緩行線から103系を置き換える目的で転入し2000年8月から運転を開始しました
・当初に転入した7編成のうち4編成は自動解結装置が取り付けられ、分割併合を行う運用に使用されました
・2007年には205系2編成が武蔵野線
・埼京線に転出する補充分として中央線から10両貫通編成が転入しました
・2011年にE233系に置き換えられ引退しました

ポイント
POINT<98767>中央線セットとは
異なるパンタグラフ鈎外し形状を再現
特徴

●京葉線で活躍した201系のうち、分割可能な編成を再現
●本製品と<98811>基本セットで10両編成が再現可能
●先頭車運転台側はスカートが取り付けられた姿を再現
●パンタグラフはPS21を搭載
●アンテナ・信号炎管は装着済み
●ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付き
●ヘッドライトは電球色LED、テールライトは赤色LEDによる点灯
●前面表示部は白色LEDによる点灯
●前面表示部は交換式で印刷済みパーツ「東京」装着済み、交換用パーツ付属
●JRマーク印刷済み
●靴摺りは銀色で印刷済み
●車番は選択式で転写シート付属
●M-13モーター採用
●クハ201形運転台側はダミーカプラー装備
●クハ200形運転台側はTNカプラー(SP)装備
●新集電システム・黒色車輪採用

製品内容
【車両】
●クハ201
●モハ201
●モハ200(T)
●クハ200
【付属品】
●ランナーパーツ:行先・運行番号表示
●ランナーパーツ:ジャンパ栓受け
●転写シート:車番等
編成例
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス
オプショナルパーツ

・0733 室内照明ユニットLC (白色)

パッケージ形態

ブック型プラケース

関連情報

・98811 201系通勤電車(京葉線)基本セット(6両)
・98409 JR E233-5000系電車(京葉線)基本セット
・98410 JR E233-5000系電車(京葉線)増結セット
・98765 JR 209-2100系通勤電車(房総色・6両編成)セット
・98766 JR 209-2100系通勤電車(房総色・4両編成)セット

原産地

日本

NEW キハ70・71形ディーゼルカー(ゆふいんの森I世・更新後)セット(4両) HG 98512
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス

JR九州承認済

【 2023年02月 】発売予定
98512キハ70・71形ディーゼルカー(ゆふいんの森I世・更新後)セット(4両) HG19,470円
メーカー詳細
実車ガイド

・キハ70・71形(ゆふいんの森)は1989年に博多-由布院-別府を結ぶ特急として登場した、高原リゾート列車です
・キハ65形とキハ58形を改造ベースとしながら、先頭部は非貫通で特徴ある丸型の形状とし、眺望性の良い大型の曲面窓となっています
・4両化を経て、2003年に内装のリニューアルとエンジンの更新が行われました

特徴

●ハイグレード(HG)仕様
●2003年に更新された後の姿を再現
●ボディはメタリックグリーンにゴールドの帯を再現
●シートは緑で表現
●3号車のラウンジ部の窓は濃いスモークで再現
●靴摺り、ドアレールは銀色で印刷済み
●ロゴマークは印刷済み
●車番は印刷済み
●ヘッド・テールライト常点灯基板装備
●ヘッドライトは電球色LED、テールライトは赤色LEDによる点灯
●各連結面側はボディマウントTNカプラー(SP)標準装備
●先頭車運転台側はダミーカプラー装備
●フライホイール付動力採用
●新集電システム、銀色車輪採用
●M-13モーター採用

ポイント
POINT:1
2003年に更新された姿を再現
<特記事項>

92310キハ71系(ゆふいんの森Ⅰ世・更新後)セット(4両)生産中止
92396キハ71系(ゆふいんの森Ⅰ世・4両編成化後)セット生産中止
生産中止となります

製品内容
【車両】
●キハ71-1
●キハ70-2
●キハ70-1(M)
●キハ71-2
【付属品】
●ランナーパーツ:信号炎管、電話アンテナ
●ランナーパーツ:排気管
●パーツ:治具
編成例
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス
オプショナルパーツ

・0734 室内照明ユニットLC (電球色)

パッケージ形態

ブック型プラケース

関連情報

・98454 JR キハ185系特急ディーゼルカー(アラウンド・ザ・九州)セット

原産地

日本

NEW キハ47-0形ディーゼルカーセット(2両) HG 98114
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス

JR東日本商品化許諾済
JR東海承認済
JR西日本商品化許諾済
JR四国承認済
JR九州承認済

【 2023年02月 】発売予定
98114キハ47-0形ディーゼルカーセット(2両) HG11,660円
メーカー詳細
実車ガイド

・キハ40系は1977年に登場した一般形ディーゼルカーです・キハ47形はキハ40系の中でも片運転台・両開き客用扉が特徴の車両です・キハ47形0・1000番代は主に西日本地域向けの暖地対応車として登場した車両で、2段上昇式の客窓を装備してます

ポイント
POINT:1
ジャンパホースは別パーツにより立体的に再現可能
POINT:2
靴摺り、ドアレールは銀色で再現
特徴

・ハイグレード(HG)仕様
・ジャンパホースは別パーツにより立体的に再現可能
・キハ47形0番代は妻面扉が縮小され、側面窓が後寄りへ移動した車両を再現
・前面窓ガラスはデフロスタ付の姿を再現
・タイフォンは「シャッター形・スリット形」各大小の4種類からの選択式
・前面表示部は交換式で印刷済みパーツ「普通(紺地)」を装着済み
・交換用前面表示パーツ「快速」「(白地)」付属
・車番、JRマークは選択式で転写シート付属
・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッド・テールライト、前面表示部は白色LEDによる点灯
・ヘッドライトはカラープリズムの採用により電球色に近い色で点灯
・Hゴムはグレーで再現
・シートは青色で再現
・靴摺り、ドアレールは銀色で印刷済み
・フライホイール付動力採用
・新集電システム、黒色車輪採用
・M-13モーター採用
・TNカプラー(SP)標準装備

<特記事項>

92164キハ47 0形ディーゼルカーセット生産中止
92165キハ47 500形ディーゼルカーセット生産中止
8409キハ47-0形(T生産中止
8410キハ47-1000形生産中止
生産中止となります

製品内容
【車両】
・キハ47-0(M)
・キハ47-1000
【付属品】
・ランナーパーツ:列車無線アンテナ、信号炎管
・ランナーパーツ:タイフォン
・ランナーパーツ:前面表示パーツ
・ランナーパーツ:ジャンパホース
・パーツ:幌枠
・パーツ:排障器
・パーツ:エアータンク
・パーツ:治具
・転写シート:車番
編成例
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス
オプショナルパーツ

室内照明ユニットLC (白色)

パッケージ形態

ウインド付紙箱

関連情報

・9474 キハ47-0形(T) HG
・9475 キハ47-1000形 HG
・8426 国鉄ディーゼルカー キユ25形
・8431 国鉄ディーゼルカー キハ20形(首都圏色)(T) HG

原産地

日本

NEW キハ47-500形ディーゼルカーセット(2両) HG 98115
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス

JR東日本商品化許諾済
JR西日本商品化許諾済
JR九州承認済

【 2023年02月 】発売予定
98115キハ47-500形ディーゼルカーセット(2両) HG11,660円
メーカー詳細
実車ガイド

キハ40系は1977年に登場した一般形ディーゼルカーです。
キハ47形はキハ40系の中でも片運転台・両開き客用扉が特徴の車両です。
キハ47形500・1500番代は新潟地区向けに登場した寒地対応仕様の車両で、外観上では空気ばね台車であるDT44形またはDT44A形台車を装備している点や車体側面部のルーバーの形状などにおいて0・1000番代との間に違いがありました。
500・1500番代は全車新潟地区に配置されましたが、1985年に同地区のローカル線の電化が進み、余剰となったことから一部の車両は関西・四国・九州地区へと転属し新潟地区と合わせて活躍しました。

ポイント
POINT:1
ジャンパホースは別パーツにより立体的に再現可能
POINT:2
靴摺り、ドアレールは銀色で再現
特徴

・ハイグレード(HG)仕様
・ジャンパホースは別パーツにより立体的に再現可能
・キハ47形500・1500番代はDT44A形台車を装備した車両を再現
・前面窓ガラスはデフロスタ付の姿を再現
・タイフォンは「シャッター形・スリット形」各大小の4種類からの選択式
・前面表示部は交換式で印刷済みパーツ「普通(紺地)」を装着済み
・交換用前面表示パーツ「快速」「(白地)」付属
・車番は選択式で転写シート付属
・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッド・テールライト、前面表示部は白色LEDによる点灯
・ヘッドライトはカラープリズムの採用により電球色に近い色で点灯
・Hゴムはグレーで再現
・シートは青色で再現
・靴摺り、ドアレールは銀色で印刷済み
・フライホイール付動力採用
・新集電システム、黒色車輪採用
・M-13モーター採用
・TNカプラー(SP)標準装備

<特記事項>

92164キハ47 0形ディーゼルカーセット生産中止
92165キハ47 500形ディーゼルカーセット生産中止
8409キハ47-0形(T生産中止
8410キハ47-1000形生産中止
生産中止となります

製品内容
【車両】
・キハ47-500(M)
・キハ47-1500

【付属品】
・ランナーパーツ:列車無線アンテナ、信号炎管
・ランナーパーツ:前面表示パーツ
・ランナーパーツ:タイフォン
・ランナーパーツ:ジャンパホース
・パーツ:幌枠
・パーツ:排障器
・パーツ:エアータンク
・パーツ:治具
・転写シート:車番

編成例
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス
オプショナルパーツ

室内照明ユニットLC (白色)

パッケージ形態

ウインド付紙箱

関連情報

・98114 キハ47-0形ディーゼルカーセット(2両) HG
・9474 キハ47-0形(T) HG
・9475 キハ47-1000形 HG

原産地

日本

NEW キハ47-0形(T) HG 9474
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス

JR東日本商品化許諾済
JR西日本商品化許諾済
JR四国承認済
JR九州承認済

【 2023年02月 】発売予定
9474キハ47-0形(T) HG4,290円
メーカー詳細
実車ガイド

キハ40系は1977年に登場した一般形ディーゼルカーです。
キハ47形はキハ40系の中でも片運転台・両開き客用扉が特徴の車両です。
キハ47形0・1000番代は主に西日本地域向けの暖地対応車として登場した車両で、二段上昇式の客窓を装備してます。

ポイント
POINT:1
ジャンパホースは別パーツにより立体的に再現可能
POINT:2
靴摺り、ドアレールは銀色で再現
特徴

・ハイグレード(HG)仕様
・ジャンパホースは別パーツにより立体的に再現可能
・妻面扉が縮小され、側面窓が後寄りへ移動した車両を再現
・前面窓ガラスはデフロスタ付の姿を再現
・タイフォンは「シャッター形・スリット形」各大小の4種類からの選択式
・前面表示部は交換式で印刷済みパーツ「普通(紺地)」を装着済み
・交換用前面表示パーツ「快速」「(白地)」付属
・車番、JRマークは選択式で転写シート付属
・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッド・テールライト、前面表示部は白色LEDによる点灯
・ヘッドライトはカラープリズムの採用により電球色に近い色で点灯
・Hゴムはグレーで再現
・シートは青色で再現
・靴摺り、ドアレールは銀色で印刷済み
・新集電システム、黒色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備

<特記事項>

92164キハ47 0形ディーゼルカーセット生産中止
92165キハ47 500形ディーゼルカーセット生産中止
8409キハ47-0形(T生産中止
8410キハ47-1000形生産中止
生産中止となります

製品内容
【車両】
・キハ47-0(T)
【付属品】
・ランナーパーツ:列車無線アンテナ、信号炎管
・ランナーパーツ:タイフォン
・ランナーパーツ:前面表示パーツ
・ランナーパーツ:ジャンパホース
・パーツ:幌枠
・パーツ:台車排障器
・パーツ:エアータンク
・パーツ:治具
・転写シート:車番等
編成例
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス
オプショナルパーツ

室内照明ユニットLC (白色)

パッケージ形態

クリアケース

関連情報

・98114 キハ47-0形ディーゼルカーセット(2両) HG
・9475 キハ47-1000形 HG

原産地

日本

NEW キハ47-1000形 HG 9475
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス

JR東日本商品化許諾済
JR東海承認済
JR西日本商品化許諾済
JR四国承認済
JR九州承認済

【 2023年02月 】発売予定
9475キハ47-1000形 HG4,290円
メーカー詳細
実車ガイド

キハ40系は1977年に登場した一般形ディーゼルカーです。
キハ47形はキハ40系の中でも片運転台・両開き客用扉が特徴の車両です。
キハ47形0・1000番代は主に西日本地域向けの暖地対応車として登場した車両で、二段上昇式の客窓を装備してます。

ポイント
POINT:1
ジャンパホースは別パーツにより立体的に再現可能
POINT:2
靴摺り、ドアレールは銀色で再現
特徴

・ハイグレード(HG)仕様
・ジャンパホースは別パーツにより立体的に再現可能
・前面窓ガラスはデフロスタ付の姿を再現
・タイフォンは「シャッター形・スリット形」各大小の4種類からの選択式
・前面表示部は交換式で印刷済みパーツ「普通(紺地)」を装着済み
・交換用前面表示パーツ「快速」「(白地)」付属
・車番、JRマークは選択式で転写シート付属
・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッド・テールライト、前面表示部は白色LEDによる点灯
・ヘッドライトはカラープリズムの採用により電球色に近い色で点灯
・Hゴムはグレーで再現
・シートは青色で再現
・靴摺り、ドアレールは銀色で印刷済み
・新集電システム、黒色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備

<特記事項>

92164キハ47 0形ディーゼルカーセット生産中止
92165キハ47 500形ディーゼルカーセット生産中止
8409キハ47-0形(T生産中止
8410キハ47-1000形生産中止
生産中止となります

製品内容
車両】
・キハ47-1000

【付属品】
・ランナーパーツ:列車無線アンテナ、信号炎管
・ランナーパーツ:タイフォン
・ランナーパーツ:前面表示パーツ
・ランナーパーツ:ジャンパホース
・パーツ:幌枠
・パーツ:台車排障器
・パーツ:エアータンク
・パーツ:治具
・転写シート:車番等
編成例
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス
オプショナルパーツ

室内照明ユニットLC (白色)

パッケージ形態

クリアケース

関連情報

・98114 キハ47-0形ディーゼルカーセット(2両) HG
・9474 キハ47-0形(T) HG
・8411 国鉄ディーゼルカー キハ58-400形(M)

原産地

日本

NEW キハ40-1700形ディーゼルカー(国鉄一般色)セット(2両) HG 98119
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス

JR北海道商品化許諾済

【 2023年02月 】発売予定
98119キハ40-1700形ディーゼルカー(国鉄一般色)セット(2両) HG14,080円
メーカー詳細
実車ガイド

・キハ40系は1977年に登場した一般形ディーゼルカーです・キハ40形1700番代は酷寒地向け車両の100番代をワンマン化した形式である700番代に対して、さらに延命対策を施した形式です・2021年4月に釧路地区の周年イベントの一環として、同地区で活躍するキハ40形のうち1759番と1766番の2両に対してキハ22形をイメージしたクリームと朱色のツートンカラーが施されました・2022年3月のダイヤ改正で釧路地区のキハ40系は後継となるH100系へと置換されましたが、一般色をはじめとした一部の車両は旭川地区へと転属し、引き続き活躍しています

ポイント
POINT:1
ジャンパホースは別パーツにより立体的に再現可能
POINT:2
靴摺り、ドアレールは銀色で再現
特徴

・ハイグレード(HG)仕様
・一般色となったキハ40形1759番と1766番を再現
・ジャンパホースは別パーツにより立体的に再現可能
・前面のタイフォンが撤去された姿を再現
・屋根上のホイッスルは別パーツ付属
・トイレ側前面貫通扉に設置された枠を印刷で再現
・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッド・テールライト、前面表示部は白色LEDによる点灯
・ヘッドライトはカラープリズムの採用により電球色に近い色で点灯
・前面表示部は交換式で印刷済みパーツ「ワンマン」を装着済み
・前面表示部は交換用「普通」「快速ワンマン」印刷済み別パーツを付属
・車番、一部表記は印刷済み
・靴摺り、ドアレールは銀色で印刷済み
・フライホイール付動力採用
・新集電システム、黒色車輪採用
・M-13モーター採用
・TNカプラー(SP)標準装備

<特記事項>

8420JRディーゼルカー キハ40-100形(旧JR北海道色・M)生産中止
9411JRディーゼルカー キハ40-1700形(M) HG生産中止
9412JRディーゼルカー キハ40-1700形(T) HG生産中止
生産中止となります

製品内容
【車両】
・キハ40-1759(M)
・キハ40-1766

【付属品】
・ランナーパーツ:信号炎管、無線アンテナ
・ランナーパーツ:前面表示部パーツ
・ランナーパーツ:ホイッスル
・ランナーパーツ:ジャンパホース
・パーツ:幌枠
・パーツ:トイレタンク
・パーツ:排障器
・パーツ:治具
編成例
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス
オプショナルパーツ

室内照明ユニットLC (白色)

パッケージ形態

ウインド付紙箱

関連情報

・98487 キハ261-5000系特急ディーゼルカー(ラベンダー)セット(5両)
・98109 JR H100形ディーゼルカーセット
・98076 JR キハ40-1700形ディーゼルカー(道南 海の恵み・道央 花の恵み)セット
・98077 JR キハ40 1700形ディーゼルカー(道北 流氷の恵み・道東 森の恵み)セット
・98101 JR キハ40-1700形ディーゼルカー(山明・紫水)セット
・98102 JR キハ40-700・1700形ディーゼルカー(JR北海道色・宗谷線急行色)セット HG
・9447 JRディーゼルカー キハ40-1700形 (タイフォン撤去車)(M)
・9448 JRディーゼルカー キハ40-1700形 (タイフォン撤去車)(T)

原産地

日本

NEW 衣浦臨海鉄道 KE65形ディーゼル機関車(5号機) 8607
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス

衣浦臨海鉄道商品化許諾済

【 2023年02月 】発売予定
8607衣浦臨海鉄道 KE65形ディーゼル機関車(5号機)8,250円
メーカー詳細
実車ガイド

衣浦臨海鉄道KE65形は開業時に1~3・5号機の4両が製造された国鉄DE10形と同形の機関車で、1984年に2・5号機は売却されましたが、その後の貨物輸送量増加で元国鉄DE10形2両を 1990年に導入、2代目の2・5号機となり活躍しています。(現在2号機は運用していません)

ポイント
POINT:1
2エンド側ボンネットの昇降ステップが正面向かって左側面に設置されている形状を新規製作で再現
POINT:2
キャブ側面の車番・社紋・社名は印刷済み
特徴

・元国鉄DE10形を購入して登場した5号機(2代目)を再現
・2エンド側ボンネットの昇降ステップが正面向かって左側面に取り付けられた姿を新規製作で再現
・Hゴムは黒色で再現
・ボンネット繋ぎゴムはグレーで再現
・側面車番・社紋・社名は印刷済み
・前面ナンバープレートは別パーツ付属「KE65-1・2・3・5」
・ヘッドライトは常点灯基板装備
・ヘッドライトは電球色LEDによる点灯
・運転台シースルー表現
・フライホイール付動力採用
・黒色台車枠、黒色車輪採用
・ダミーカプラー・自連形TNカプラー付属
・M-13モーター採用
・補助ウエイト付属
・ミニカーブレール通過可能

製品内容
【車両】
・KE65-5

【付属品】
・ランナーパーツ:ナンバープレート
・ランナーパーツ:ホイッスル
・パーツ:自連形TNカプラー
・パーツ:ダミーカプラー
・パーツ:ダミーカプラー受け
・パーツ:補助ウエイト
パッケージ形態

クリアケース

関連情報

・2778 コキ104(コンテナ無し)
・8729 JR貨車 コキ104形(新塗装・コンテナなし)
・2753 コキ107コンテナなし
・3136 19D形コンテナ(3個入)
・3176 UR19A-10000形コンテナ(日本石油輸送・ピンク・5個入)

原産地

日本

NEW ベーシックセットSD ブルートレイン 90185
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス

JR西日本商品化許諾申請済

【 2022年10月 】発売予定
90185ベーシックセットSD ブルートレイン19,800円
メーカー詳細
実車ガイド

東海道本線で活躍したEF66形電気機関車と24系25形客車によるブルートレインと、パワーユニットPU N-600とレールが入ったトータルセットで、すぐにお楽しみいただける鉄道模型入門に最適なセットです。
収納も考慮されたコンパクトパッケージとなっています。

特徴

・レール配置は従来のSDセットと同様のレールパターンA
・EF66形電気機関車と24系25形客車の計5両をセット
・制御機器はPU N-600をセット

【車両】
・EF66-0形×1、オハネフ25形×1、オハネ25形×3の計5両をセット
・JRマーク・車番印刷済み
・印刷済みヘッドマーク「あさかぜ」装着済み
・機関車はフライホイール付動力、黒色車輪採用
・客車は新集電システム・黒色車輪採用
・M-13モーター採用

【レール】
・PCまくら木を再現
・ファイントラック採用
・レールパターンAの内容
・リレーラーレール付

【制御機器】
・PU N-600(ダークグレー仕様) 採用

製品内容
【車両】
・ EF66-51形(モーター付)
・ オハネ25-158
・ オハネ25-160
・ オハネ25-162
・ オハネフ25-130

【制御機器】
・パワーユニットPU N-600ダークグレー仕様)
・DCフィーダー

【レール】
・ストレートレールS140-PC(F) ×1
・ストレートレールS280-PC(F) ×3
・リレーラーレールS140-RE-PC(F) ×1
・カーブレールC280-45-PC(F) ×8

【レイアウト用品】
・リレーラー

【付属品】
・スタートアップガイド
・説明書
・ランナーパーツ:スロープ・スペーサーパーツ
・ACアダプター
パッケージ形態

ウインド付紙箱

関連情報

・98803 国鉄 24系25-100形特急寝台客車増結セット

原産地

日本・中国

NEW ベーシックセットSD E5系はやぶさ 90186
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス

JR東日本商品化許諾申請済

【 2022年10月 】発売予定
90186ベーシックセットSD E5系はやぶさ21,780円
メーカー詳細
実車ガイド

東北新幹線E5系と、パワーユニットPU N-600とレールが入ったトータルセットで、すぐにお楽しみいただける鉄道模型入門に最適なセットです。
収納も考慮されたコンパクトパッケージとなっています。

特徴

・レール配置は従来のSDセットと同様のレールパターンA
・E5系はやぶさ基本4両をセット
・制御機器はPU N-600をセット

【車両】
・可動幌はU28編成以降で採用された黒い外幌を再現
・屋根上滑り止めをグレーの印刷で再現
・1・10号車の側面に貼付けされている「Treasureland TOHOKU-JAPAN」ロゴマークを印刷で再現
・はやぶさロゴマーク・グランクラスマーク・号車標記・車番は印刷済み
・フック・U字型通電カプラー採用
・フライホイール付動力採用
・新集電システム、銀色車輪採用
・M-13モーター採用

【レール】
・PCまくら木を再現
・ファイントラック採用
・レールパターンAの内容
・リレーラーレール付

【制御機器】
・PU N-600(ダークグレー仕様) 採用

製品内容
【車両】
・ E523-42
・E526-342
・E525-142(モーター付)
・E514-42

【制御機器】
・パワーユニットPU N-600ダークグレー仕様)
・DCフィーダー

【レール】
・ストレートレールS140-PC(F) ×1
・ストレートレールS280-PC(F) ×3
・リレーラーレールS140-RE-PC(F) ×1
・カーブレールC280-45-PC(F) ×8

【レイアウト用品】
・リレーラー

【付属品】
・スタートアップガイド
・説明書
・ランナーパーツ:スロープ・スペーサーパーツ
・パーツ:動力台車取付補助棒
・ACアダプター】
パッケージ形態

ウインド付紙箱

関連情報

・98498 JR E5系東北・北海道新幹線(はやぶさ)増結セットA
・98499 JR E5系東北・北海道新幹線(はやぶさ)増結セットB
・98500 JR E6系秋田新幹線(こまち)基本セット

原産地

日本・中国

NEW UR4形コンテナ(日本石油輸送・5個入) 3178
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス

日本石油輸送株式会社商品化許諾済

【 2023年02月 】発売予定
3178UR4形コンテナ(日本石油輸送・5個入)1,760円
メーカー詳細
実車ガイド

・UR4形コンテナは1987年より製造が開始された私有コンテナです
・L字2方開きの冷蔵コンテナで、内部はドライアイスで冷蔵する仕様でした
・後継コンテナの登場により2005年頃に全廃されました

特徴

●UR4形コンテナのうち登場時の「JOT」の文字を再現
●トミックスのコキ50000形や各コンテナ貨車にワンタッチで搭載可能
●コンテナ番号(UR4-6・45・104・325・444)は印刷済み
●JOTロゴマーク、各種標記は印刷済み
●5個入り

製品内容

●UR4-6
●UR4-45
●UR4-104
●UR4-325
●UR4-444

パッケージ形態

ウインド付紙箱吊り下げ式

関連情報

原産地

中国

NEW ガソリンスタンド(出光) 4266
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス出光興産株式会社商品化許諾済
【 2022年09月 】発売予定
4266ガソリンスタンド(出光)2,860円
メーカー詳細
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス
実車ガイド

ジオラマの街で車と合わせて展開できる出光のガソリンスタンド。

特徴

●本体屋根・壁のロゴマークは印刷済
●現在の表記デザインを再現
●セルフスタンドと通常スタンドのシール付属
●街を作るのに必要性の高いストラクチャー
●apollostationのロゴを使ったガソリンスタンド
●給油器が4台の中規模なスタンド
●シールによるカラフルな仕様(ユーザー貼り)
●ガソリンスタンドに必要な細かい部品も付属(看板,洗車機など)
●駐車位置のラインは印刷済
●側道の取りつけで交差点などの設置も可能

製品内容
●ガソリンスタンド本体×1

【付属品】
●ランナーパーツ:ガードレール
●ランナーパーツ:のぼり
●ランナーパーツ:はしご
●ランナーパーツ:安全弁
●パーツ:ポールサイン
●パーツ:看板
●パーツ:花壇
●パーツ:歩道
●シール
パッケージ形態

ウインド付紙箱

関連情報

・317791 トラック・トレーラーコレクション 出光タンクローリーセットB

原産地

中国

 再  12 1000系 客車セット 92303
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックスJR西日本商品化許諾済
【 2023年02月 】発売予定
9230312 1000系 客車セット10,120円
メーカー詳細

TOMIX Nゲージ 12 1000系 客車セット (4両) 92303 鉄道模型 電気機関車

実車ガイド

12系1000番代客車は主に団体臨時用だった12系を普通列車用に改造したグループで1984年頃に登場しました。
スハフとオハフは乗務員ドアを新たに設置し、外観は白い2本帯が無い姿が特徴でした。
中国地方を中心にDD51やDE10などの機関車にけん引されました。
通常の白い帯がある12系との連結も存在しました。

特徴

・普通列車用の12系を再現
・スハフ12、オハフ13は設置された乗務員用ドアを新規で再現
・白い帯がなくなり青一色となった姿を再現
・電源エンジン搭載のスハフ12が入ったセットで単品のオハ12-1000を増結することで6両編成も再現可能
・屋根形状は12系初期車に準じた補強リブが有る姿で再現
・オハフ13の車掌室側はダミーカプラー装着済み
・スハフ12の車掌室側はアーノルド装着済み
・スハフ12の床下エンジンは灰色の別パーツで再現
・窓Hゴム表現は灰色で再現
・車番、JRマークは選択式で転写シート付属
・スハフ、オハフはテールライト点灯でON-OFFスイッチ付
・新集電システム、黒色車輪採用

製品内容
【車両】
・スハフ12-1000
・オハ12-1000
・オハ12-1000
・オハフ13-1000

【付属品】
・パーツ:ジャンパ栓
・パーツ:台車枠(カプラー付)
・転写シート:車番等
編成例
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス
オプショナルパーツ

室内照明ユニットLC (白色)
室内照明ユニットLA (ノーマル)
密自連TNカプラーSP(6個入・BM伸縮式・黒)

パッケージ形態

ブック型プラケース

関連情報

・9518 国鉄客車 オハ12-1000形
・9502 国鉄客車 スハフ12-100形
・9503 国鉄客車 オハ12形
・9504 国鉄客車 スハフ12-0形
・9505 国鉄客車 オハ12形(前期型)
・2222 国鉄 DE10-1000形ディーゼル機関車

原産地

日本

 再  国鉄客車 オハ12-1000形 9518
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックスJR西日本商品化許諾済
【 2023年02月 】発売予定
9518国鉄客車 オハ12-1000形1,760円
メーカー詳細

TOMIX Nゲージ オハ12 1000 9518 鉄道模型 電気機関車

実車ガイド

12系1000番代客車は主に団体臨時用だった12系を普通列車用に改造したグループで1984年頃に登場しました。
スハフとオハフは乗務員ドアを新たに設置し、外観は白い2本帯が無い姿が特徴でした。
中国地方を中心にDD51やDE10などの機関車にけん引されました。
通常の白い帯がある12系との連結も存在しました。

特徴

・普通列車用の12系を再現
・品番<92303>12-1000系客車セットの増結用単品
・通常の12系と連結で混成された姿の再現も可能
・白い帯がなくなり青一色となった姿を再現
・屋根形状は12系初期車に準じた補強リブが有る姿で再現
・窓Hゴム表現は灰色で再現
・車番は転写シート対応(<92303>付属の転写シートを使用)
・新集電システム、黒色車輪採用

製品内容
【車両】
・オハ12-1000
【付属品】
編成例
【TOMIX】2023年2月発売予定品ポスター掲載 (2022年8月9日)      #トミックス
オプショナルパーツ

室内照明ユニットLC (白色)
室内照明ユニットLA (ノーマル)
密自連TNカプラーSP(6個入・BM伸縮式・黒)

パッケージ形態

クリアケース

関連情報

・92303 12 1000系 客車セット
・9502 国鉄客車 スハフ12-100形
・9503 国鉄客車 オハ12形
・9504 国鉄客車 スハフ12-0形
・9505 国鉄客車 オハ12形(前期型)

原産地

日本

 

更新履歴&記事元

2022年08月09日:記事を掲載しました
記事元:「TOMIX」オフィシャルサイト
情報源:下記情報提供販売店
情報提供:Re-Color(リカラー)様
Return Top 横濱模型