横濱模型

Nゲージインフォメーション

【TOMIX】2022年5月・6月発売予定品ポスター掲載 (2021年11月11日) #トミックス

新製品インフォメーション

発売予定品情報がオフィシャルサイトに公開されました。

ポスター内容一覧

【TOMIX】2022年5月・6月発売予定品ポスター掲載 (2021年11月11日)      #トミックス【TOMIX】2022年5月・6月発売予定品ポスター掲載 (2021年11月11日)      #トミックス

新製品内容一覧

【 2022年04月 】発売予定

 品番品名価格(税込)
HO-2024(HO)JR EF66-100形電気機関車(前期型) 36,080円
HO-2025(HO)JR EF66-100形電気機関車(後期型) 36,080円
HO-2520(HO)JR EF66-100形電気機関車(前期型・プレステージモデル) 62,480円
HO-2521(HO)JR EF66-100形電気機関車(後期型・プレステージモデル) 62,480円

【 2022年05月 】発売予定

 品番品名価格(税込)
97944特別企画品 JR DD51形(愛知機関区・さよなら貨物列車)セット64,900円
7159JR EF66-0形電気機関車(27号機)7,920円
7160JR EF66-0形電気機関車(後期型・JR貨物新更新車)7,920円
PC-6062クーラー(機関車用2)  880円

【 2022年06月 】発売予定

 品番品名価格(税込)
98104JR GV-E400形ディーゼルカー(新潟色)セット12,980円
98105JR GV-E400形ディーゼルカー(秋田色)セット12,980円

内容詳細(抜粋)

NEW 特別企画品 JR DD51形(愛知機関区・さよなら貨物列車)セット 97944
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2022年5月・6月発売予定品ポスター掲載 (2021年11月11日)      #トミックスJR貨物承認申請中
株式会社日陸商品化許諾申請中
日本石油輸送株式会社商品化許諾申請中
株式会社ロジネットジャパン商品化許諾申請中
三菱ケミカル物流株式会社商品化許諾申請中

【 2022年05月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
97944特別企画品 JR DD51形(愛知機関区・さよなら貨物列車)セット64,900円
メーカー詳細
実車ガイド

・DD51形は非電化区間の標準型ディーゼル機関車として1962年に登場し長きにわたり活躍しましたが、DF200形などの後継機の登場や機関車を要する列車の削減によりその数を減らしています
・同型最後の定期運用は愛知機関区所属機の稲沢-四日市・名古屋貨物ターミナルにおける貨物列車けん引でしたが、中京地区向けのDF200形200番代に置き換えられる形で、2021年3月12日をもってすべての定期運用が終了しました
・最終日の四日市発稲沢行2080列車では四日市駅出発前にさよならセレモニーが実施され、同型最後の花道を飾りました
・当日に2080列車をけん引したDD51形1801号機は、JR貨物に所属する同型の最後の全般検査出場車であり、引退直前にさよならヘッドマークが掲出されました

特徴

【TOMIX】2022年5月・6月発売予定品ポスター掲載 (2021年11月11日)      #トミックス・DD51形の定期貨物列車最終日にさよならセレモニーが行われた四日市―稲沢間の2080列車の、DD51形1801号機とコンテナ車16両の編成を再現
・UH17A・UT3C・UT11K(2種)・ISO規格20フィートタンクコンテナのうち2種の計6種を新規製作で再現
・19D・19G・20D・20Gコンテナはエコレールマーク印刷済み
■DD51形1801号機
・ハイグレード(HG)仕様
・ラジエーターは2分割タイプを再現
・運転室屋根は扇風機カバーが大型一体型の形状を再現
・区名札は「愛」印刷済み
・ボンネット繋ぎゴムはグレーで再現
・ナンバープレートは別パーツ付属「DD51-1801」
・メーカーズプレートはグレーで再現
・前面窓はワイパーの姿を再現
・窓部のHゴムは黒色で再現
・稲沢方の先頭側はTNカプラー装着済み
・ヘッドライトは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッドライトは電球色LEDによる点灯
・フライホイール付動力、グレー台車枠、銀色車輪採用
・ダミーカプラー・自連形TNカプラー付属
・ATS車上子パーツ付属
・M-13モーター採用
■コキ104・106・107・200形
・車番印刷済
・「JRF」マーク・標記は印刷済み
・「JRF」マーク・突放禁止標記は実車に合わせて有無を再現
・コキ200は車体側面に手ブレーキ緊解表示装置が追加された姿を新規製作で再現
・コキ107、コキ200のハンドルは別パーツ付属
・赤色反射板付属

製品内容
【車両】
●DD51-1801
●コキ104-1106
●コキ107-68
●コキ107-725
●コキ104-429
●コキ104-210
●コキ106-1084
●コキ107-1710
●コキ106-615
●コキ104-53
●コキ107-2014
●コキ104-2745
●コキ104-2060
●コキ200-66
●コキ200-46
●コキ107-514
●コキ106-997
【付属品】
●ランナーパーツ:ナンバー・メーカーズプレート
●ランナーパーツ:ヘッドマーク
●ランナーパーツ:貨車搭載用固定パーツ
●ランナーパーツ:ハンドル
●ランナーパーツ 反射板
●ランナーパーツ 無線アンテナ
●ランナーパーツ アンテナ台座
●ランナーパーツ:室外機
●パーツ:アーノルドカプラー
●パーツ:自連形TNカプラー
●パーツ:ダミーカプラー
●パーツ:ダミーカプラー受け
●パーツ:ウエイト
●パーツ ATS車上子
●小冊子

編成例

【TOMIX】2022年5月・6月発売予定品ポスター掲載 (2021年11月11日)      #トミックス

オプショナルパーツ

・0393 密自連TNカプラー(24個・Sカプラー対応・グレー)

パッケージ形態

ブック型プラケース

関連情報

・2244 JR DE10-1000形ディーゼル機関車(暖地型・JR貨物新更新車)

NEW JR EF660形電気機関車(27号機) 7159
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2022年5月・6月発売予定品ポスター掲載 (2021年11月11日)      #トミックスJR貨物承認申請中

【 2022年05月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
7159JR EF66-0形電気機関車(27号機)7,920円
メーカー詳細
実車ガイド

・EF66形は最高速度100km/hの1000t級高速貨物列車を単機でけん引可能な機関車として、1968年から製造が開始され、55両が製造されました
・1985年からはブルートレインのけん引機に抜擢され活躍しました
・JR貨物に継承されたEF66形は更新工事が行われ、塗装変更のほか一部の車両は車体側面裾部の腰板の撤去やメーカーズプレートの移設が行われました
・更新工事の行われたEF66形は当初他の形式と共通の白色をベースとした塗装へと変更されましたが、2004年頃より青色をベースとした新更新色へと変更され、すでに更新工事の完了した車両も再度変更されました
・新更新色となったEF66形は2018年に最後まで活躍した30号機が引退したことにより全機が引退しました
・EF66形27号機は2006年に更新工事を受けながらも国鉄時代に近い塗装を維持している車両です
・2021年現在、EF66形0番代は27号機のみが現役で活躍しています

特徴

・車体側面のメーカーズプレートが移設された姿を新規製作で再現
・スカートはMR管付に改造された姿を新規製作で再現
・PS22C形パンタグラフを搭載
・ヘッドライトは常点灯基板
・ヘッドライトは電球色LEDによる点灯
・解放テコは別パーツ装着済み
・前面手すり(縦)は別パーツ付属
・JR FREIGHTマーク印刷済み
・GPSアンテナ付属
・信号炎管、ホイッスル、無線アンテナは別パーツ付属
・ダミーカプラー、密自連形TNカプラー付属
・M-13モーター採用

・ナンバープレートは別パーツ付属「EF66-27」
・フライホイール付動力、黒色台車枠、黒色車輪採用

<特記事項>

・クーラーは付属しません

品番品名発売日
2170EF66(後期型・JR貨物新更新車)生産中止
2174EF66(中期型・JR貨物更新車)生産中止
9151JR EF66形電気機関車(27号機)生産中止
9179EF66 0(中期型・JR貨物新更新車)生産中止
生産中止となります

製品内容
【車両】
●EF66-27
【付属品】
●ランナーパーツ:ナンバープレート
●ランナーパーツ:メーカーズプレート
●ランナーパーツ:信号炎管、ホイッスル
●ランナーパーツ:列車無線アンテナ
●ランナーパーツ:手すり
●パーツ:GPSアンテナ
●パーツ:密自連形TNカプラー
●パーツ:密自連形ダミーカプラー
●パーツ:ダミーカプラー受け
オプショナルパーツ

・PC6062 クーラー(機関車用2)  

パッケージ形態

クリアケース

関連情報

・7160 JR EF660形電気機関車(後期型・JR貨物新更新車)

NEW JR EF660形電気機関車(後期型・JR貨物新更新車) 7160
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2022年5月・6月発売予定品ポスター掲載 (2021年11月11日)      #トミックスJR貨物承認申請中

【 2022年05月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
7160JR EF66-0形電気機関車(後期型・JR貨物新更新車)7,920円
メーカー詳細
実車ガイド

・EF66形は最高速度100km/hの1000t級高速貨物列車を単機でけん引可能な機関車として、1968年から製造が開始され、55両が製造されました
・1985年からはブルートレインのけん引機に抜擢され活躍しました
・JR貨物に継承されたEF66形は更新工事が行われ、塗装変更のほか一部の車両は車体側面裾部の腰板の撤去やメーカーズプレートの移設が行われました
・更新工事の行われたEF66形は当初他の形式と共通の白色をベースとした塗装へと変更されましたが、2004年頃より青色をベースとした新更新色へと変更され、すでに更新工事の完了した車両も再度変更されました
・新更新色となったEF66形は2018年に最後まで活躍した30号機が引退したことにより全機が引退しました
・EF66形27号機は2006年に更新工事を受けながらも国鉄時代に近い塗装を維持している車両です
・2021年現在、EF66形0番代は27号機のみが現役で活躍しています

特徴

【TOMIX】2022年5月・6月発売予定品ポスター掲載 (2021年11月11日)      #トミックス・車体側面のメーカーズプレートが移設された姿を新規製作で再現
・スカートはMR管付に改造された姿を新規製作で再現
・PS22C形パンタグラフを搭載
・ヘッドライトは常点灯基板
・ヘッドライトは電球色LEDによる点灯
・解放テコは別パーツ装着済み
・前面手すり(縦)は別パーツ付属
・JR FREIGHTマーク印刷済み
・GPSアンテナ付属
・信号炎管、ホイッスル、無線アンテナは別パーツ付属
・ダミーカプラー、密自連形TNカプラー付属
・M-13モーター採用

・ナンバープレートは別パーツ付属「EF66-26・30・33・36」
・フライホイール付動力、グレー台車枠、銀色車輪採用

<特記事項>

・クーラーは付属しません

品番品名発売日
2170EF66(後期型・JR貨物新更新車)生産中止
2174EF66(中期型・JR貨物更新車)生産中止
9151JR EF66形電気機関車(27号機)生産中止
9179EF66 0(中期型・JR貨物新更新車)生産中止
生産中止となります

製品内容
【車両】
●EF66-0(後期形・JR貨物新更新車)
【付属品】
●ランナーパーツ:ナンバープレート
●ランナーパーツ:メーカーズプレート
●ランナーパーツ:信号炎管、ホイッスル
●ランナーパーツ:列車無線アンテナ
●ランナーパーツ:手すり
●パーツ:GPSアンテナ
●パーツ:密自連形TNカプラー
●パーツ:密自連形ダミーカプラー
●パーツ:ダミーカプラー受け

オプショナルパーツ

・PC6062 クーラー(機関車用2)  

パッケージ形態

クリアケース

関連情報

・7160 JR EF660形電気機関車(後期型・JR貨物新更新車)

NEW クーラー(機関車用2)   PC6062
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2022年5月・6月発売予定品ポスター掲載 (2021年11月11日)      #トミックス

【 2022年05月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
PC-6062クーラー(機関車用2)  880円
メーカー詳細
特徴

・EF66形0番代用のクーラー部品のセット
・クーラー部品4個と穴あけ治具1個入り
・クーラー部品は塗装済み

<特記事項>

品番品名発売日
PC6056クーラー(機関車用1)生産中止
生産中止となります

製品内容

●クーラー×4
●治具

パッケージ形態

ブリスター

関連情報

・7159 JR EF660形電気機関車(27号機)
・7160 JR EF660形電気機関車(後期型・JR貨物新更新車)

NEW JR GV-E400形ディーゼルカー(新潟色)セット 98104
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2022年5月・6月発売予定品ポスター掲載 (2021年11月11日)      #トミックス

【 2022年06月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
98104JR GV-E400形ディーゼルカー(新潟色)セット12,980円
メーカー詳細
実車ガイド

・GV-E400形はキハ40系などの従来車両を置き換えるために2019年より運用を開始したディーゼルカーです
・同系はディーゼルエンジンで発電機を駆動させ、発電した電気でモーターを駆動させる”電気式”が採用されました
・新潟地区に導入された同系は黄色、ピンク色、赤色のドットをライン状に配した「新潟色」となり、新潟地区の羽越本線、信越本線、秋田色→ 米坂線、磐越西線の各線で活躍しています
・2020年に秋田地区に導入された車両は青と白のグラデーションラインを配した「秋田色」となり、秋田地区の津軽線、五能線、奥羽本線で活躍しています

特徴

【TOMIX】2022年5月・6月発売予定品ポスター掲載 (2021年11月11日)      #トミックス
<共通>
・JR東日本のローカル線の将来を担う新型ディーゼルカー、GV-E400形を新規製作で再現
・側面ガラスはグリーンガラスを再現
・車番は選択式で転写シート付属
・JRマークは印刷済み
・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッド・テールライト、前面表示部は白色LEDによる点灯
・TNカプラー(SP)標準装備
・フライホイール付動力、新集電システム、銀色車輪採用
・M-13モーター採用

<98104>について
・黄色、ピンク色、赤色のドットを配した新潟色を再現

製品内容
【車両】
●GV-E400(M)
●GV-E400(T)
【付属品】
●パーツ:幌枠
●シール:前面表示
●転写シート:車番等
編成例

【TOMIX】2022年5月・6月発売予定品ポスター掲載 (2021年11月11日)      #トミックス

オプショナルパーツ

・0733 室内照明ユニットLC (白色)

パッケージ形態

ウインド付紙箱

関連情報

・98014 キハ47 500形ディーゼルカー(新潟色・赤)セット
・8474 JRディーゼルカー キハ40-500形(新潟色・赤)(M)
・8475 JRディーゼルカー キハ40-500形(新潟色・赤)(T)

NEW JR GV-E400形ディーゼルカー(秋田色)セット 98105
クリックでオープン&クローズ
【TOMIX】2022年5月・6月発売予定品ポスター掲載 (2021年11月11日)      #トミックス

【 2022年06月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
98105JR GV-E400形ディーゼルカー(秋田色)セット12,980円
メーカー詳細
実車ガイド

・GV-E400形はキハ40系などの従来車両を置き換えるために2019年より運用を開始したディーゼルカーです
・同系はディーゼルエンジンで発電機を駆動させ、発電した電気でモーターを駆動させる”電気式”が採用されました
・新潟地区に導入された同系は黄色、ピンク色、赤色のドットをライン状に配した「新潟色」となり、新潟地区の羽越本線、信越本線、秋田色→ 米坂線、磐越西線の各線で活躍しています
・2020年に秋田地区に導入された車両は青と白のグラデーションラインを配した「秋田色」となり、秋田地区の津軽線、五能線、奥羽本線で活躍しています

特徴

【TOMIX】2022年5月・6月発売予定品ポスター掲載 (2021年11月11日)      #トミックス
<共通>
・JR東日本のローカル線の将来を担う新型ディーゼルカー、GV-E400形を新規製作で再現
・側面ガラスはグリーンガラスを再現
・車番は選択式で転写シート付属
・JRマークは印刷済み
・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッド・テールライト、前面表示部は白色LEDによる点灯
・TNカプラー(SP)標準装備
・フライホイール付動力、新集電システム、銀色車輪採用
・M-13モーター採用

<98105>について
・青と白のグラデーションラインが特徴の秋田色を再現
・側面のロゴは印刷済み

製品内容
【車両】
●GV-E400(M)
●GV-E400(T)
【付属品】
●ランナーパーツ:アンテナ等
●パーツ:幌枠
●シール:前面表示
●転写シート:車番等
編成例

【TOMIX】2022年5月・6月発売予定品ポスター掲載 (2021年11月11日)      #トミックス

オプショナルパーツ

・0733 室内照明ユニットLC (白色)

パッケージ形態

ウインド付紙箱

関連情報

・97943 特別企画品 JR キハ40系ディーゼルカー(ありがとうキハ40・48形・五能線)セット HG

更新履歴&記事元

2021年11月11日:記事を掲載しました
記事元:「TOMIX」オフィシャルサイト
情報源:下記情報提供販売店
情報提供:Re-Color(リカラー)様

Return Top 横濱模型