横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

鉄コレ 大阪市交通局 地下鉄御堂筋線 30系アルミ車 EXPO’70 基本4両セット 302735 #トミーテック #鉄道コレクション

いつ:
2020年5月22日 全日
2020-05-22T00:00:00+09:00
2020-05-23T00:00:00+09:00
鉄道コレクション 大阪市交通局 地下鉄御堂筋線 30系アルミ車 EXPO’70 基本4両セット 302735

【 05月22日 】発売予定

 品番品名価格(税別)
302735鉄コレ 大阪市交通局 地下鉄御堂筋線 30系アルミ車 EXPO’70 基本4両セット6400円

メーカー詳細

日本万国博覧会50周年特別企画
万国博ゆきシルバーカー製品化!!
1/150スケール
Nゲージサイズ
塗装組立済
オープンパッケージ
インフォメーション

1970年大阪北部にある千里丘陵で当時、史上最大規模の国際博覧会「日本万国博覧会」が開催されました。
77ヵ国、4国際機関が出展し、3月15日から9月13日までの183日間で、総来場者数は6,421万8,770人と空前の規模を誇りました。
当時、万博会場への移動手段として、普及途上であった自家用車の利用はまだ少なく、高速バスや路線バス、鉄道の利用が主流でした。中でも鉄道の利用は、1日あたり35万人にのぼった来場者の7割近くにも及んだと言われています。日本全国から夜行列車や新幹線、航空機などで大阪へ集まった人々は、大阪市内から万博会場まで、大阪市交通局、北大阪急行電鉄、京阪神急行電鉄(現:阪急電鉄)や国鉄在来線などを利用し、華やかで先鋭的な未来都市空間へと足を運んだのです。

主な特徴

今回、日本万国博覧会50周年特別企画として、万博輸送で活躍した大阪市交通局30系電車の、ステンレス車とアルミ車、2種類を製品化します! ステンレス車は3001編成を、アルミ車は3008編成をモデルとし、車体、窓ガラス、屋根などの主要部品を設計から見直したうえで、新規金型で再現します。方向幕は「(ロゴ)万国博」を印刷済み。
基本セットと増結セットを組み合わせることで、実際の8両編成を再現可能です。

編成例

Notes

動力ユニットは18m級A TM-06R、走行化パーツはTT-04R(グレー)を指定します。
本体パッケージサイズW170×H250×D30(mm)
※展示用台座は付属しません。
※ステンレス車とアルミ車は発売月が異なりますのでご注意ください。

走行化関連商品
 品番品名価格
259565TM-06R 動力ユニット 18m級A
3400円
259848TT-04R 走行用パーツセット(車輪径5.6mm2両分:グレー)1000円

購入してみよう

その他のイベント

Return Top // LAZY START // lazy END