横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

MA 167系 田町アコモ色「鉄仮面」 4両セット 新製品2021年10月以降 品番: A5383 #マイクロエース #MICROACE

日時:
2021年10月31日 終日
2021-10-31T00:00:00+09:00
2021-11-01T00:00:00+09:00

167系 田町アコモ色「鉄仮面」 4両セット A5383

JR東日本商品化許諾済

【 2021年10月 】発売予定

 品番品名価格(税込)
A5383167系 田町アコモ色「鉄仮面」 4両セット21,230円

メーカー詳細

実車
1965年に165系をベースとした167系電車が修学旅行用として登場しました。屋根は155系・159系とは異なり普通屋根で、パンタグラフ部分のみ低屋根としています。ドアは修学旅行用電車の標準幅である700mmです。167系は田町電車区と下関運転所に配備され、下関―東京間「わこうど」、下関―京都間「友情」、下関―広島間「なかよし」等で活躍しました。その後湘南色への塗装変更・冷房改造を経て、167系は事故廃車の1両を除き全車がJR東日本とJR西日本へ引き継がれました。一部の167系は座席を簡易リクライニングシートに換装し、塗装がアイボリーをベースに窓下にオレンジと赤の帯、裾に黄緑の帯が入れられ「田町色」と呼ばれました。1992年の踏切事故を受け、JR東日本では近郊型及び急行型車両に対し鉄板やステンレス板を車両前面に取り付け衝突時の強度を上げる工事を施しました。全般検査等で通常の塗装にされるまで銀色部分が目立ち「鉄仮面」と呼ばれていました。現在は全車廃車となりました。

商品概要

•マイクロエース急行型電車シリーズの更なる充実
•フライホイール付動力ユニット採用
•ヘッドライト、テールライト、前面行先表示器点灯。LED使用

アイボリーをベースに窓下にオレンジと赤の帯。裾に黄緑の帯

 1990年代前半に前面が未塗装ステンレス板で補強された姿
 モハ167、偶数向き先頭車の床下水タンクが撤去された姿
 リクライニングシートの室内部品
 パンタグラフの集電舟は軽量タイプを装着

編成
167系 田町アコモ色「鉄仮面」 4両セット
A5383
クハ167-11 モハ167-6 モハ166-6
(M)P
クハ167-12
オプション

幅広室内灯:G0001/G0002/G0003/G0004
マイクロカプラー密連・黒:F0001

付属品

行先シール

商品詳細(オフィシャルサイトWebページ(PDF))

http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A5583.pdf

購入してみよう

その他のイベント

Return Top