横濱模型

Nゲージインフォメーション

MA コキフ10000 登場時 コンテナ4個積 2両セット 品番:A3159 #マイクロエース #MICROACE

日時:
2023年2月28日 終日
2023-02-28T00:00:00+09:00
2023-03-01T00:00:00+09:00

NEW  コキフ10000 登場時 コンテナ4個積 2両セット A3159

MA コキフ10000 登場時 コンテナ4個積 2両セット 品番:A3159 #マイクロエース #MICROACE

【 2023年2月以降 】発売予定

A3159コキフ10000 登場時 コンテナ4個積 2両セット8,470円

メーカー詳細

MA コキフ10000 登場時 コンテナ4個積 2両セット 品番:A3159 #マイクロエース #MICROACE
1950年代、国鉄では貨物列車の更なる高速化が企画され、最高速度100km/hで牽引するための装備を持つ専用機関車(EF65-F型、EF66)や、それに対応する10000系貨車が開発されました。コキ10000、コキフ10000はこの10000系のコンテナ貨車で、1966年から製造されました。車体構造は「たから号」用に製造されたチキ5500型を基本とし、台車、ブレーキなど10000系貨車に準拠した走り装置を持っています。現在よりも小型の国鉄第一種コンテナが積載可能で、車掌室の無いコキ10000は5個、コキフ10000は4個積載可能です。当初は主に東海道・山陽本線の高速コンテナ特急に投入され、その後徐々に全国へ活躍範囲を拡大しました。後にコンテナの規格がより大型な第二種に移行すると、コキ10000は4個積、コキフ10000は3個積に改造されましたが、デッドスペースが生じることや特殊な走り装置により運用に制限があり徐々に活躍の場を狭め、後継のコキ100系に置き換えられる形で1996年に全車が運用を終了しました。
商品概要

•マイクロエース貨物列車シリーズの更なる充実
•コキ10000、コキフ10000の登場時の姿を製品化
•A3159(コキフ)1セット、A3158(コキ)複数セット連結で昭和40年代前半の高速コンテナ特急を再現できます
•取り外し可能なコンテナ付属
•コンテナは汚れ、退色をイメージし、それぞれ異なる色味で塗装

旧規格5トンコンテナ満載!コキ10000系特急貨車
 テールライト点灯(車掌室側のみ)
 国鉄第一種コンテナ4個積時代
 ナンバー小型、荷重標記に車体高が併記された初期の姿
 コキフ10014には6000型コンテナ4個搭載
 コキフ10017にはR10(旧装飾)×1個、R10(新装飾)×1個、
6000型×1個、R12×1個を搭載
※部品共用のため一部実車と異なります
※走行には別途機関車が必要です
編成
コキフ10000 登場時 コンテナ4個積 2両セット
A3159
コキフ10014 コキフ10017
オプション

なし

付属品

なし

商品詳細(オフィシャルサイトWebページ(PDF))
http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A3158.pdf
商品形態

Nゲージ塗装済完成品(素材:ABS樹脂製対象年齢:14歳以上2両用紙ケース入り)

購入してみよう

その他のイベント

Return Top 横濱模型