横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

MA ホキ10000 太平洋セメント 石炭用 10両セット 品番: A2079 #マイクロエース #MICROACE

いつ:
2020年9月7日 全日
2020-09-07T00:00:00+09:00
2020-09-08T00:00:00+09:00
ホキ10000 太平洋セメント 石炭用 10両セット A2079

さようなら最後の石炭輸送列車!
太平洋セメント株式会社承認済

【 2020年9月7日 】発売

 品番品名価格
A2079ホキ10000 太平洋セメント 石炭用 10両セット17800円

メーカー詳細

実車
ホキ10000は1980年から翌年に掛けて製造された35t積の石炭専用底開き式ホッパー車です。当時オイルショックの影響で石炭輸送の需要が高まり、秩父セメント(現:太平洋セメント)および電気化学工業向けに2年間に272両が登場しました。前者は主に鶴見線扇町~秩父鉄道三ヶ尻の間で使用されました。
中部国際空港建設にあたり、2000年に土砂輸送用として123両が三岐鉄道に移籍しました。所有会社の社名変更に伴い、車体表記が2008年2月頃より順次「太平洋セメント」にあらためられました。
2020年3月を以て秩父鉄道三ヶ尻駅までの石炭輸送が終了し、ホキ10000の去就が注目されています。
商品概要

・マイクロエース貨車シリーズのさらなる充実
・A2089(2012年9月出荷)をベースに関東地区で石炭輸送に使用されたグループを再現
※製品の基本的な構造はこちらに準じます
・石炭専用、常備駅などの各種表記を実車に即して再現
・石炭を模した積荷部品を新規作成、取り外しも可能
・社名板は別部品で取付
・2セットを連結することで実車運用に準じた20両編成も再現可能
※本製品には動力車は含まれません。走行には別途動力車が必要です。

編成
ホキ10087 ホキ10193 ホキ10092 ホキ10039 ホキ10231 ホキ10239 ホキ10129 ホキ10098 ホキ10090 ホキ10125
オプション

付属品

反射板

商品詳細(メーカー公式Webページ(PDF))

PDF:http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A2079w.pdf

購入してみよう

その他のイベント

Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END