横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

KATO 新製品12月発売 C57 1 品番:2024-1 #カトー

いつ:
2019年12月27日 全日
2019-12-27T00:00:00+09:00
2019-12-28T00:00:00+09:00

KATO(カトー)

http://www.katomodels.com

C57 1

【 2019年12月 】発売予定

 品番品名価格(税別)
2024-1C57 115000円

メーカー詳細

インフォメーション

C57 1号機は昭和54年(1979)9月から運行を開始した山口線におけるSL復活運転にあたり抜擢された、当時の梅小路蒸気機関車館に保存されていた機関車です。「SLやまぐち号」運行開始以来、牽引の任を担い続けて本年(2019)で40周年を迎える、有名な蒸気機関車の1両です。
元来SL「やまぐち」号牽引の本務機はC57 1号機で、35系4000番台客車セットには必須のアイテムです。既に35系客車セットやD51 200号機を所有しているユーザーだけでなく、これからを揃えられる方にもオススメの機関車です。
実車でも実現したD51 200号機との重連運転もオススメです。
35系4000番台客車各セットには(D51用に加えて)本製品用の収納スペースを設けております。

主な特徴

●製品のプロトタイプは35系4000番台デビュー後、2017年9月以降の「やまぐち」号、2018年夏・秋「北びわこ号」牽引の現行の形態を再現
●延長されたキャブ屋根や旋回窓、テンダー搭載の重油併燃装置等、現役時代の特徴のほか、回転式火の粉止め付煙突2017年の運行以降大形化されているATS発電機と追設された非常用バッテリーシールドビーム化された前灯などの復活形蒸機の特徴を持つ、1号機の形態を再現
●塗装はD51 200と同様の落ち着いたつや消し黒色で設定
●各箇所のバンド、デフ及び点検窓縁やシリンダ部の縁等の金色の装飾を再現
●煙室扉手スリ/デフ前握り棒/ボイラー部ハンドレール/逆止弁は銀色で表現
●走行性能に定評のあるコアレスモーター搭載動力ユニットを装備。もちろんフライホイール装備でスムースで安定した走行を実現
●ヘッドライト点灯。電球色LEDを採用。(テンダーライトは非点灯)
●付属の重連カプラーに交換することでD51 200との重連牽引も可能。
●製造銘板:「川崎車輛」、換算・検査・保安装置各表記をボディに印刷済
●選択式ナンバープレート:黒地と赤地を選択可能
●〈SL「やまぐち」号〉牽引時には欠かせない「やまぐち」ヘッドマークのほか、もうひとつの活躍の場で見られた「SL北びわこ号」のヘッドマーク(秋バージョン)も付属部品として設定。12系客車5両編成と組み合わせれば、平成30年(2018)の夏・秋に見られた「SL北びわこ1号」(米原→木ノ本)の雰囲気の再現も可能

セット内容
単品
C57 1
選択式ナンバープレート(黒地・赤地)
重連用カプラー
交換用ナックルカプラー
重連用ナックルカプラー
ヘッドマーク(2種)
編成例

新山口行の時の牽引機
←新山口 津和野→
津和野行の時の牽引機
C57 1 オロテ35 スハ35 ナハ35 オハ35 スハテ35 C57 1
D51 200 C57 1 オロテ35 スハ35 ナハ35 オハ35 スハテ35 D51 200 C57 1
DD51 1043 D51 200 オロテ35 スハ35 ナハ35 オハ35 スハテ35 DD51 1043 D51 200
DD51 1043 オロテ35 スハ35 ナハ35 オハ35 スハテ35 DD51 1043
◆SLびわこ1号
※SL北びわこ号は現在
往路(木ノ本行)のみの運行です。
復路(回送時)は往路の編成を保った
まま、EF65 1000がけん引します
←木ノ本 米原→
C57 1 スハフ12 オハ12 オハ12 オハ12 オハ12 スハフ12
C57 1 スハフ12 オハ12 オハ12 オハ12 オハ12 スハフ12 EF65 1000
SL北びわこ号 回送時
関連商品

10-1500 35系4000番台<SL「やまぐち」号>5両セット
2016-8 D51 200
7008-C DD51 1043 下関総合車両所
22-202-8サウンドカード<C57・C59>
22-251-2 サウンドカード<SLやまぐち号>

別売オプション

KATOカプラーN(PAT.) 品番:11-702 ¥400

購入してみよう

その他のイベント

Return Top