横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

KATO 381系<パノラマしなの>(登場時仕様) 3両増結セット 新製品2021年05月発売予定 品番:10-1691 カトー

日時:
2021年5月31日 終日
2021-05-31T00:00:00+09:00
2021-06-01T00:00:00+09:00
NEW  381系<パノラマしなの>(登場時仕様) 3両増結セット 10-1691

【 2021年05月 】発売予定
 品番品名価格
10-1691381系<パノラマしなの>(登場時仕様) 3両増結セット7,480円(税込)

メーカー詳細

インフォメーション

381系は昭和48年(1973)7月の中央本線・篠ノ井線の全線電化のダイヤ改正で、特急「しなの」で世界初の振り子式特急電車として営業を開始しました。国鉄民営化でJRが発足した直後の昭和63年(1988)には、短編成化の流れをうけてサロ381を改造して展望式先頭車とした、パノラマグリーン車クロ381 10番台が登場しました。
パノラマグリーン車は大胆なデザインの先頭形状で、中間部に出入口を配し前寄りの展望客室はハイデッカーとなって眺望が考慮されており、人気を博しました。
後継の383系登場後も、臨時列車用として平成20年(2008)まで活躍しました。

381系〈パノラマしなの〉(登場時仕様)は、登場時に見られた床下が黒色、大形のJRマーク付、クハ381を基本セットと増結セットで作り分けなどが特徴です。

主な特徴

・昭和63年(1988)頃のパノラマグリーン車が組み込まれた姿をプロトタイプに製品化
・登場時に見られた黒色の床下、側面の大形JRマーク、灰色Hゴムを的確に再現
・クハ381は0番台がプロトタイプ。前面の形状を見直し、より実感的な外観を再現
・基本セットのクハ381-16はワイパー片側2本の後期車、増結セットのクハ381-3はワイパー片側1本の初期車を再現
・クハ381の愛称表示は変換式トレインマーク採用。「しなの」「シュプールつがいけ」「シュプール栂池・八方」「臨時」を収録
・クロ381の愛称板は「しなの」取付済。交換用として「シュプールつがいけ」「シュプール栂池・八方」「臨時」が付属
・クリーム4号に赤2号の帯をまとった国鉄特急色を再現
・中間連結部はフック無しのボディマウント密連形カプラー採用。クハ381先頭部はダミーカプラー採用。基・本セットには付属編成連結用カプラーおよびスカートが交換用部品として付属
・実車同様に曲線区間に入ると車体が曲線内側へ傾斜するKATO独自の振り子機構を搭載
・ヘッド/テールライト、愛称表示点灯。基本セットのクハ381-16は消灯スイッチ付
・フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行を実現
・行先表示シール付属
・基本セットのブックケースに増結セットの車両を収納可能。9両フル編成が1つのブックケースに収納可能
・付属品・・・変換マーク用ドライバー、連結用カプラー+スカート、行先表示シール、交換用愛称板

セット内容
3両増結セット
モハ381-2
モハ380-2
クハ381-3
■付属品
変換マーク用ドライバー
行先表示シール
編成例

←長野・白馬 名古屋→
クロ381-13 モハ381-13 モハ380-13P モハ381-4(M) モハ380-4P クハ381-16 モハ381-2 モハ380-2P クハ381-3
基本
増結
関連商品

10-1700/1701 0系2000番台新幹線「ひかり・こだま」
10-1588 113系湘南色 4両付属編成セット
10-1382 313系0番台(東海道本線)

別売オプション

KATO Nゲージ 11-211 LED室内灯クリア
KATO Nゲージ 11-212 LED室内灯クリア 6両分入

購入してみよう

その他のイベント

Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END