横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

KATO 京急電鉄 230形 大師線4両セット 新製品2021年2月発売予定 品番:10-1625 カトー

いつ:
2021年2月28日 全日
2021-02-28T00:00:00+09:00
2021-03-01T00:00:00+09:00
NEW  京急電鉄 230形 大師線4両セット 10-1625

【 2021年02月 】発売予定
 品番品名価格
10-1625京急電鉄 230形 大師線4両セット15,700円

メーカー詳細

インフォメーション

昭和50年(1975)前後、大師線。末期に運用されていたスマートなスタイルが特徴の230形を4両編成で製品。
京浜急行230形は16m2扉の構造を持つインターバーン用の車両です。昭和初期に製造された車両ながら大形の窓を持つスタイルで、当時の最新技術が盛り込まれた戦前の私鉄車両を代表する名車のひとつでした。昭和47年(1972)まで京急本線で、その後は大師線・空港線などの支線で昭和53年(1978)まで活躍しました。また、一部車両は1977~1980年にかけて香川県の高松琴平電気鉄道へと譲渡され、平成19年(2007)まで活躍する姿が見られました。
デハを電装解除後に中間車化されたサハ280形のほか、奇数車の前面、貫通路が閉塞されていない妻面形状を新規に製作
大師線で活躍していた現役末期の姿をお楽しみいただけるほか、中間車を1両外すと空港線で活躍していた頃の雰囲気もお楽しみいただけます。

主な特徴

●京急電鉄 230形 大師線
・昭和50年(1975)前後、大師線で活躍していた頃の姿がプロトタイプ
・連結器が交換されて前面下部の欠き取りがあり、車体のリベットがある外観を再現
・デハ230を偶数車と奇数車で作り分け。奇数車は前面のジャンパ栓が無い外観を再現。また、デハ230を電装解除しヘッドライトが無いサハ280も新規に製作
・フライホイール付き動力ユニット採用で、安定した走行を実現
・カプラーは先頭部/中間部ともボディマウントタイプの密自連カプラーを採用
・編成両端のデハ271、デハ266はヘッドライト/テールライト点灯
・専用の室内灯用照明板付属。別売のLED室内灯クリア(11-211/212)と組み合わせて室内照明が点灯可能
・行先サボ、運番札を収録したシール付属

セット内容
デハ271(M)
デハ264
サハ284
デハ266
付属品
ジャンパ栓
室内灯用照明板
行先サボシール
編成例

関連商品

10-1307/1308 京急2100形
10-950 高松琴平電鉄30形タイプ(ホビーセンターカトー取り扱い製品)

別売オプション

KATO Nゲージ 11-211 LED室内灯クリア
KATO Nゲージ 11-212 LED室内灯クリア 6両分入

購入してみよう

その他のイベント

Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END