横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

MICROACE 新製品発表 2020年3月 #マイクロエース

MICROACE(マイクロエース)

http://www.microace-arii.co.jp/

発売予定品情報

発売予定品情報がオフィシャルサイトに掲載されました

ポスター内容一覧

【 2020年03月 】発売予定

 品番品名価格(税別)
A7394西武4000系「52席の至福」4両セット25,200円
A6378南海7100系 めでたいでんしゃ(なな)2両セット14,000円
A6376南海7100系・めでたいでんしゃ 2両セット15400円
A6377南海7100系・めでたいでんしゃ(ブルー) 2両セット13000円
A7040719系0番台 あかべえ 4両セット24,900円
A7041719系5000番台 4両セット21,700円
A8147719系-700・フルーティア 2両セット14000円

ポスター内容詳細(抜粋)

A7394 西武4000系「52席の至福」4両セット
クリックでオープン&クローズ
 品番品名価格(税別)
A7394西武4000系「52席の至福」4両セット25,200円

実車
西武鉄道では1988年、秩父線の飯能~西武秩父間の輸送改善および秩父鉄道選への直通運転用として4000系を登場させました。車体色は白色を基本に赤・青・緑の帯を腰部に巻いた「ライオンズカラー」で、台車・制御器・電気機器類は当時廃車された車両のものを活用する形で4両編成12本が1922年までに順次製造されました。先頭車のうち奇数号車にはトイレ・自動販売機が設置されています。2002年にはワンマン対応工事が行われ、運転台機器の一部交換、放送設備の変更、車端部座席配置の変更(ロングシート化)、自動販売機の撤去などが行われました。
「西武 旅するレストラン “52席の至福”」は2016年より運行されている観光列車です。4000系を改造し全52席がレストランとなっています。各車ごとそれぞれ秩父地方の指揮をイメージしたラッピングが施されています。
商品概要

・マイクロエース私鉄電車シリーズのさらなる充実
・西武鉄道のレストラン列車を製品化
・ヘッドライト、テールライト、前面表示器、テーブルライト点灯
・フライホイール付動力ユニット搭載

ブルーのベースカラーにカラフルなイラストをラッピング

・ボディのイラストを美しく印刷
・モハ4109、クハ4010のテーブルライト点灯
・トイレ窓が埋められたクハ4010側面、全車座席パーツ、モハ4110、クハ4010の床下を新規作成
・前面行先表示印刷済
西武鉄道のレストラン列車!
ユニークなデザインの室内やラッピングされたボディ、改造された「床下を新規部品と美しい印刷で再現します!

編成

1号車(クハ4009):「春:芝桜、長瀞の桜」
2号車(モハ4109):「夏:秩父の山の緑」
3号車(モハ4110):「秋:秩父連山の紅葉」
4号車(クハ4010):「冬:あしがくぼの氷柱」

クハ4009 モハ4109 P モハ4110 クハ4010
ライト テーブルライト (M) テーブルライト・ライト
オプション

幅狭室内灯:G0005/G0006/G0007/G0008
マイクロカプラー密連・灰:F0002

付属品

–なし

商品詳細(メーカー公式Webページ(PDF))

http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A7394.pdf

A6378 南海7100系 めでたいでんしゃ(なな)2両セット
クリックでオープン&クローズ
 品番品名価格(税別)
A6378南海7100系 めでたいでんしゃ(なな)2両セット14,000円
A6376南海7100系・めでたいでんしゃ 2両セット15400円
A6377南海7100系・めでたいでんしゃ(ブルー) 2両セット13000円

実車
1969年に1500V昇圧を考慮した設計で南海7100系は登場しました。車体は21mで4ドア・4連と2連が用意され。翌年製造分からは冷房付きで登場しています。登場時はグリーンの濃淡によるツートンカラーでしたが新塗装化されています。モハ7187+クハ7967の2両編成は2016年より始まった「加太さかな線プロジェクト」の一環で鯛をモチーフにしたピンク塗装に変更され「めでたいでんしゃ さち」として、モハ7167+クハ7962の2両編成は水色塗装の「めでたいでんしゃ かい」として加太線で使用されています。
また2019年3月よりモハ7197+クハ7970が赤塗装の「めでたいでんしゃ なな」として活躍を始めました。
商品概要

・マイクロエースの私鉄電車シリーズの更なる充実
・赤色のめでたいでんしゃを水色、ピンクに続き製品化
・ヘッドライト、テールライト点灯・LED使用
フライホイール付動力ユニット搭載

クリーム色+朱色の国鉄気動車急行色

・2019年3月に登場した赤色の「めでたいでんしゃ なな」を製品化
・側面のうろこ模様やロゴの他、窓ガラス上のイラストも美しく再現
・屋根上配管(グレー)、クーラー(赤)、ランボード(グレー)各々の部品を別部品化し、実車通りの塗分けを再現
・モハ7197、クハ7970共に別部品化
・モハ7197のジャンパ栓をホースと共に別部品化
・「めでたいでんしゃ かい」「めでたいでんしゃ さち」も同時に収納できるぶっくけーす入り
めでたいでんしゃ 3色勢揃い!
全部集めて一つのケースに収めよう!

ピンク色のめでたいでんしゃ さち
ピンク色のめでたいでんしゃ かい


・「めでたいでんしゃ さち」「めでたいでんしゃ かい」再生産
・側面のうろこ模様やロゴの他、窓ガラス上のイラストも美しく再現
・屋根上配管(グレー)、クーラー(赤/青)、ランボード(グレー)各々の部品を別部品化し、実車通りの塗分けを再現
・モハ、クハ共に前面幌が無い姿を再現
・モハのジャンパ栓をホースと共に別部品化

編成
編成図 A6378
←和歌山市 加太→
クハ7970 モハ7197(M)P
編成図 A6376
←和歌山市 加太→
クハ7967 モハ7187(M)P
編成図 A6377
←和歌山市 加太→
クハ7962 モハ7167(M)P
オプション

幅広室内灯:G0001/G0002/G0003/G0004
マイクロカプラー自連・灰:F0004

付属品

シール

商品詳細(メーカー公式Webページ(PDF))

http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A6378.pdf

A7040 719系0番台 あかべえ 4両セット
クリックでオープン&クローズ
JR東日本商品化許諾済
 品番品名価格(税別)
A7040719系0番台 あかべえ 4両セット24,900円
A7041719系5000番台 4両セット21,700円

実車
719系は1989年にJR東日本東北地区の旧型車両を置き換える目的で製造されました。0番台は仙台支社管内で使用されています。パンタグラフは菱形のPS16を搭載していますが、一部の編成はシングルアーム式に交換されています。またスカートも排雪性能を強化したものに交換されています。近年置き換えが進み廃車が発生しています。700番台フルーティアは2014年に改造されレストラン列車として運行されています。クシ718はカフェカウンター車で車内にはラウンド形状のカフェカウンターが設置されています。クモハ719は4人掛けボックスシート6組、2人掛けボックスシート4組、1人掛けシート4席の定員36名となっています。5000番台は奥羽本線標準軌区間(福島-新庄)普通列車用で1991年に日本車輌製造で2両編成12本計24両が新製され山形車両センター(現:山形新幹線車両センター)に配置されました。
商品概要

・マイクロエース近郊型電車シリーズの更なる充実
・東北地区で活躍する719系3種を製品化
・ヘッドライト、テールライト、行先表示点灯。LED使用(ON-OFFスイッチ付)
・フライホイール付動力ユニット搭載

側面ドア横にあかべえのラッピング

・クハ718は「起き上がり小坊師」も印刷
・強化スカート装着
・シングルアームパンタグラフ搭載
・フライホイール付動力ユニット搭載
・A8147フルーティアと連結させてお楽しみいただけます
起き上がり小坊師 あかべえ

標準軌の719系5000番台

・標準軌の719系5000番台の改良商品
・ドア下にステップのないボディ、ボルスタレス台車装着
・車体の細帯はオレンジ色
・強化スカート装着
・シングルアームパンタグラフ搭載
・フライホイール付動力ユニット搭載
山形新幹線と一緒に楽しめます!

黒+赤の前面。側面窓周りはゴールド

・多くのご要望にお応えして再生産!
・クシ718、クモハ719共に専用ボディ
・専用座席パーツ
・各部マーク、レタリングを印刷済
・A7040と連結させてお楽しみいただけます
磐越西線のカフェトレイン
待望の再生産!

編成
編成図 A7040
クハ718-17 クモハ719-14(M)P クハ718-12 クモハ719-12P
編成図 A7041
クハ718-5001 クモハ719-5001(M)P クハ718-5008 クモハ719-5008P
編成図 A8147
クシ718-701 クモハ719-701(M)P
オプション

幅広室内灯:G0001/G0002/G0003/G0004
マイクロカプラー密連・灰:F0002

付属品

行先ステッカー
交換用カプラー
交換用スカート

商品詳細(メーカー公式Webページ(PDF))

http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A7040.pdf

購入してみよう

 

更新履歴&記事元
2019年11月18日:記事を掲載しました
記事元:MICROACE オフィシャルサイト

Return Top