横濱模型 の秘密基地

Nゲージインフォメーション

【MA】新製品発表 2019年05月~ あれもきたか~ #MICROACE #マイクロエース

MICROACE(マイクロエース)

http://www.microace-arii.co.jp/

発売予定品情報

発売予定品情報がオフィシャルサイトに掲載されました

ポスター内容一覧

マイクロエース 2019年5月発売予定

【 2019年5月以降 】発売予定
 品番品名価格(税別)
[新]A2963383系 特急しなの 改良品・量産先行編成 6両セット26300円
[新]A2964383系 特急しなの 改良品 4両セット19100円
[新]A2965383系 特急しなの 改良品 2両増結セット9600円
[新]A9852キロ59・29系・秋田お座敷・登場時 3両セット13600円
[再]A0022215系 2次車 基本6両セット23500円
[再]A0023215系 2次車 増結4両セット13100円
[再]A7490E721系 0番台 4両セット18800円
[再]A7653209系3100番台 八高線 4両セット19500円

ポスター内容詳細(抜粋)

A2963 383系 特急しなの 改良品・量産先行編成 6両セット
クリックでオープン&クローズ
両面展望383系!特急しなの
JR東海承認済
 品番品名価格(税別)
[新]A2963383系 特急しなの 改良品・量産先行編成 6両セット26300円

実車
名古屋と信州を結ぶ中央線では381系による特急「しなの」が運転されていましたが、長野オリンピック開催を控えた平成6年、JR東海は381系に代わる新型車両として383系を製造しました。まず6両編成1本が製造され、各種試験を行なわれました。その結果を受けて平成8年から量産が開始され、6両、4両、2両編成合わせて76両が製造されました。

車体は軽量ステンレス製で、先頭部のみ普通鋼製とされています。曲線区間で車体を傾ける制御付き自然振り子機能及び操舵式台車の導入により曲線区間をさらに高速かつ少ない揺れで走行が可能です。6両編成の長野方に流線型のグリーン車が連結されており、他は貫通式の前面を採用しています。神領車両区に配置され、需要に応じて各編成を連結する事により6~10両編成で名古屋-長野間を中心に運用されています。6両編成の第一編成であるA1編成は平成6年に製造された量産先行車で、量産車と比べて床下機器や台車などに差異があります。

商品概要

・マイクロエース特急型電車シリーズの更なる充実
・ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯。LED使用
・フライホイール付動力ユニット搭載
・特徴ある前面形状を忠実に再現

銀色の車体にオレンジ帯

・クモハ、モハの床下機器が他編成と異なる量産先行編成(A2963)
・クモハ383用前面扉部品を付属。貼り付け方式に構造変更
・クモハ383前面に電連付マイクロカプラー取付済
・A2963/64/65を組み合わせる事により、実車に則した6両、8両、10両編成を再現可能
・車体ナンバー、ロゴマーク、号車札、禁煙マークなど各種表記を印刷済
特急しなの号がグレードアップ!
改良内容は後日特設ページでご案内します。

編成
←長野 名古屋・大阪→
クロ383-1 モハ383-1(M)P サハ383-1 モハ383-101P サハ383-101 クモハ383-1P
【編成組み合わせパターン】
6両 A2963
10両 A2963+A2964
12両 A2963+A2964+A2965
8両 A2963+A2965
6両 A2964+A2965
10両 A2964+A2965+A2964
8両 A2964+A2964
8両 A2964+A2965+A2965
10両 A2964+A2964+A2965
オプション

幅広室内灯:G0001/G0002/G0003/G0004
マイクロカプラー密連・灰:F0002

付属品

行先ステッカー

商品詳細(メーカー公式Webページ(PDF))

http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A2963.pdf

A2964 383系 特急しなの 改良品 4両セット
クリックでオープン&クローズ

貫通型383系!特急しなの
JR東海承認済
 品番品名価格(税別)
[新]A2964383系 特急しなの 改良品 4両セット19100円

実車
名古屋と信州を結ぶ中央線では381系による特急「しなの」が運転されていましたが、長野オリンピック開催を控えた平成6年、JR東海は381系に代わる新型車両として383系を製造しました。まず6両編成1本が製造され、各種試験を行なわれました。その結果を受けて平成8年から量産が開始され、6両、4両、2両編成合わせて76両が製造されました。

車体は軽量ステンレス製で、先頭部のみ普通鋼製とされています。曲線区間で車体を傾ける制御付き自然振り子機能及び操舵式台車の導入により曲線区間をさらに高速かつ少ない揺れで走行が可能です。6両編成の長野方に流線型のグリーン車が連結されており、他は貫通式の前面を採用しています。神領車両区に配置され、需要に応じて各編成を連結する事により6~10両編成で名古屋-長野間を中心に運用されています。6両編成の第一編成であるA1編成は平成6年に製造された量産先行車で、量産車と比べて床下機器や台車などに差異があります。

商品概要

・マイクロエース特急型電車シリーズの更なる充実
・ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯。LED使用
・フライホイール付動力ユニット搭載
・特徴ある前面形状を忠実に再現

銀色の車体にオレンジ帯

・クモハ、モハの床下機器が他編成と異なる量産先行編成(A2963)
・クモハ383用前面扉部品を付属。貼り付け方式に構造変更
・クモハ383前面に電連付マイクロカプラー取付済
・A2963/64/65を組み合わせる事により、実車に則した6両、8両、10両編成を再現可能
・車体ナンバー、ロゴマーク、号車札、禁煙マークなど各種表記を印刷済
特急しなの号がグレードアップ!
改良内容は後日特設ページでご案内します。

編成
←長野 名古屋・大阪→
クロ383-102 モハ383-11(M)P サハ383-111 クモハ383-11P
【編成組み合わせパターン】
6両 A2963
10両 A2963+A2964
12両 A2963+A2964+A2965
8両 A2963+A2965
6両 A2964+A2965
10両 A2964+A2965+A2964
8両 A2964+A2964
8両 A2964+A2965+A2965
10両 A2964+A2964+A2965
オプション

幅広室内灯:G0001/G0002/G0003/G0004
マイクロカプラー密連・灰:F0002

付属品

行先ステッカー

商品詳細(メーカー公式Webページ(PDF))

http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A2963.pdf

A2965 383系 特急しなの 改良品 2両増結セット
クリックでオープン&クローズ
貫通型383系!特急しなの
JR東海承認済
 品番品名価格(税別)
[新]A2965383系 特急しなの 改良品 2両増結セット9600円

実車
名古屋と信州を結ぶ中央線では381系による特急「しなの」が運転されていましたが、長野オリンピック開催を控えた平成6年、JR東海は381系に代わる新型車両として383系を製造しました。まず6両編成1本が製造され、各種試験を行なわれました。その結果を受けて平成8年から量産が開始され、6両、4両、2両編成合わせて76両が製造されました。

車体は軽量ステンレス製で、先頭部のみ普通鋼製とされています。曲線区間で車体を傾ける制御付き自然振り子機能及び操舵式台車の導入により曲線区間をさらに高速かつ少ない揺れで走行が可能です。6両編成の長野方に流線型のグリーン車が連結されており、他は貫通式の前面を採用しています。神領車両区に配置され、需要に応じて各編成を連結する事により6~10両編成で名古屋-長野間を中心に運用されています。6両編成の第一編成であるA1編成は平成6年に製造された量産先行車で、量産車と比べて床下機器や台車などに差異があります。

商品概要

・マイクロエース特急型電車シリーズの更なる充実
・ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯。LED使用
・フライホイール付動力ユニット搭載
・特徴ある前面形状を忠実に再現

銀色の車体にオレンジ帯

・クモハ、モハの床下機器が他編成と異なる量産先行編成(A2963)
・クモハ383用前面扉部品を付属。貼り付け方式に構造変更
・クモハ383前面に電連付マイクロカプラー取付済
・A2963/64/65を組み合わせる事により、実車に則した6両、8両、10両編成を再現可能
・車体ナンバー、ロゴマーク、号車札、禁煙マークなど各種表記を印刷済
特急しなの号がグレードアップ!
改良内容は後日特設ページでご案内します。

編成
←長野 名古屋・大阪→
クハ383-2 クモハ383-14P
【編成組み合わせパターン】
6両 A2963
10両 A2963+A2964
12両 A2963+A2964+A2965
8両 A2963+A2965
6両 A2964+A2965
10両 A2964+A2965+A2964
8両 A2964+A2964
8両 A2964+A2965+A2965
10両 A2964+A2964+A2965
オプション

幅広室内灯:G0001/G0002/G0003/G0004
マイクロカプラー密連・灰:F0002

付属品

行先ステッカー

商品詳細(メーカー公式Webページ(PDF))

http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A2963.pdf

A9852 キロ59・29系・秋田お座敷・登場時 3両セット
クリックでオープン&クローズ
お座敷気動車!キロ59・秋田車
JR東日本商品化許諾済
 品番品名価格(税別)
[新]A9852キロ59・29系・秋田お座敷・登場時 3両セット13600円

実車
1980年代当時、余剰となっていたキハ58系を生かし、全国各地で気動車ジョイフルトレインが登場しました。
国鉄末期の1984(昭和59)年に秋田局にキハ58形2両、キハ28形1両を改造の上導入されたお座敷気動車は、秋田局管内の3大祭りにちなみ、それぞれ「花笠」、「竿灯」、「ねぷた」の号車愛称がつき同年2月から営業運転が開始されました。
商品概要

・マイクロエースジョイフルトレインシリーズの更なる充実
・ヘッドライト、テールライト、行き先表示器点灯(ON-OFFスイッチ付)
・フライホイール付動力ユニット搭載

クリーム1号のボディに窓周りは赤7号

・3両全てが平窓です
・前面愛称表示器点灯
シンプル・シックな装いが魅力の
秋田お座敷気動車 登場時の姿!

編成
キロ59-501 キロ29-501 キロ59-502(M)
オプション

幅広室内灯:G0001/G0002/G0003/G0004
マイクロカプラー自連・黒:F0003

付属品

シール

商品詳細(メーカー公式Webページ(PDF))

http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A9852.pdf

 再  A0022 215系2次車 基本6両セット
 再  A0023 215系2次車 増結4両セット
クリックでオープン&クローズ
回転を実感!波打車輪付に改良
JR東日本商品化許諾済
 品番品名価格(税別)
[再]A0022215系 2次車 基本6両セット23500円
[再]A0023215系 2次車 増結4両セット13100円

実車
MICROCE A0022 215系 2次車
1992(平成4)年3月、首都圏の遠距離通勤旅客に対して着席通勤の機会を増やすことを目的とした、在来線初のオール2階建て列車として215系は登場しました。翌年には横須賀線東京地下駅乗り入れに対応し、ATCが搭載された2次車3編成が登場しました。前面窓下に手すりが増設され、先頭車2位側側面の点検フタの枚数が増加するなど、一部の外観が変化しました。後に1次車も同様に改造されています。
主に朝夕の「湘南ライナー」として活躍していますが、土休日には「ホリデー快速」として行楽輸送にも活躍しています。
商品概要

・マイクロエース近郊型電車シリーズの更なる充実
・人気のオール2階建て車215系を待望の再生産
・ヘッドライト、テールライト点灯(ON-OFFスイッチ付)
・波打車輪採用

オール2階建ての215系

・足元を引き締める波打車輪を採用
・クモハ215床下機器に文字を印刷
・基本セットと増結セットを組み合わせることでフル編成を再現できます
オール二階建て電車215系久々の生産です!
※本製品はフライホイールは搭載しておりません。

編成
クモハ215
2P
モハ214-2
(M)
サハ215
201
サロ214
2
サロ215
2
サハ214
4
サハ214
3
サハ215
101
モハ214
102
クモハ215
102P
オプション

幅広室内灯:G0001/G0002/G0003/G0004
マイクロカプラー自連・黒:F0003

付属品

シール

商品詳細(メーカー公式Webページ(PDF))

http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A0022_.pdf

 再  A7490 E721系 0番台 4両セット
クリックでオープン&クローズ
小径車輪・低床化!E721系-0交流専用車
JR東日本商品化許諾済
 品番品名価格(税別)
[再]A7490E721系 0番台 4両セット18800円

実車
E721系は仙台空港鉄道開業に伴う直通運転開始と仙台地区の老朽車置換え用として、2006(平成18)年にJR東日本が登場させた車両です。乗降用扉下部にあったステップを廃止することでバリアフリー化を推進するため、小径車輪の採用や床下機器のコンパクト化によって従来の車両よりも大幅な低床化が行われ従来車に比べてボディが下まで伸びた特徴ある外見を持っています。室内はセミクロスシートで、座席寸法の拡大などによってゆとりある空間を提供しています。
商品概要

・多くのリクエストにお応えしてE721系0番台を再生産
・小径車輪を採用し実車に則した腰の低い車体、プロポーションを再現
・交流車ならではのパンタ周りを別部品により立体的に再現
・ヘッドライト、テールライト、行先表示器点灯。LED使用(ON-OFFスイッチ付)
・フライホイール付動力ユニット搭載
・2両編成でも走行可能

ステンレスボディに赤・白・緑のライン

・リブの少ない川重製車両がプロトタイプ
・小径車輪採用による腰の低い車体を再現
お待たせしました!現代の南東北を代表する
近郊型電車E721kei 、待望の再生産です!

編成
←一ノ関 黒磯→
クモハE721-14P クハE720-14 クモハE721-32(M)P クハE720-32
オプション

幅狭室内灯:G0005/G0006/G0007/G0008
マイクロカプラー密連・黒:F0001

付属品

行先シール

商品詳細(メーカー公式Webページ(PDF))

http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A7490_.pdf

 再  A7653 209系3100番台 八高線 4両セット
クリックでオープン&クローズ
海沿から里山へ転職!元臨海線70-000形
JR東日本商品化許諾済
 品番品名価格(税別)
[再]A7653209系3100番台 八高線 4両セット19500円

実車
209系3100番台は2005(平成17)年に登場したグループで、東京臨海高速鉄道で活躍していた70-000系をJR東日本が購入し改造した車両です。車体車体帯・前面塗装の変更の他、半自動スイッチの取り付け、ラジオアンテナの取り付けが行われた程度で70-000系の面影を残しています。また、先頭車4両は全て70-000系初期車から改造されたため、ドア窓の形状が他の209系とは異なるなどの特徴があります。現在も八高線の八王子~高麗川、川越線の高麗川~川越間で活躍を続けています。製品は中間車も70-000系から編入改造された川越車両センター72番編成です。
商品概要

・マイクロエース通勤型電車シリーズの更なる充実
・209系3100番台を再生産
・ヘッドライト、テールライト、前面行先表示器点灯。LED使用
・フライホイール付動力ユニット搭載

元りんかい線70-000形。オレンジとグリーン帯

・初期型(先頭車)、後期型(中間車)を作り分け
・足元を引き締める波打車輪装備
川越・八高線の異端車が再生産です!

編成
クハ209-3102 モハ209-3102P モハ208-3102(M) クハ208-3102
オプション

幅広室内灯:G0001/G0002/G0003/G0004
マイクロカプラー自連・黒:F0004

付属品

シール

商品詳細(メーカー公式Webページ(PDF))

http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A7653_.pdf

購入してみよう

更新履歴&記事元

2018年12月26日:記事を掲載しました
記事元: MICROACE(マイクロエース)オフィシャルサイト


Return Top