横濱模型 の秘密基地

Nゲージインフォメーション

【MICROACE】イベント限定品 8月17日~19日発売予定  キヤ92型電気検測車 A6640 #マイクロエース

MICROACE(マイクロエース)

http://www.microace-arii.co.jp/

発売予定品情報

新製品情報がオフィシャルサイトに掲載されました
販売方法について(追記:2018年08月10日)

【 2018年08月17日~19日 】発売予定

  品番 品名 価格(税別)
[新] A6640 キヤ92-1・電気検測車 7000円(税込)

2018年 イベント限定品はキヤ92型電気検測車!

販売方法についてのご案内
特製品 キヤ92は第19回 国際鉄道模型コンベンション会場にて、下記の方法で販売致します。
・ キヤ92のご購入には、整理券が必要です。価格は会場にて発表致します。
・ 8月17、18、19日とも、開場時間(10:00)の 数十分前から 整理券を配布致します。入場待ちの列にお並びいただいている先頭のお客様から順番に、配布させていただきます。
・ 整理券はお一人様につき1枚とさせていただきます。但し、整理券に余りが出た場合はこの限りではありません。
・ 整理券をお持ちのお客様は、午後1時までにマイクロエースブースにてお買い求めください。午後1時を過ぎると、整理券は無効となりますのでご了承ください。
・ 整理券は当日のみ有効です。翌日・翌々日にはお使い頂けません。
・ 整理券の枚数には限りがございます。
なお、キヤ92をお買い求めいただいたお客様には2,000円分のお買物券を差し上げます。マイクロエースブースでキヤ92以外の車両セットやカタログを5,000円以上お買い求めいただく際にご利用頂けます。
また、当日は素敵な賞品が当たる楽しい1,000円クジも行います。皆様のお越しをお待ちしております。

内容詳細(抜粋)

A6640 キヤ92-1・電気検測車(メーカー引用抜粋)
クリックでオープン&クローズ

  品番 品名 価格(税別)
[新] A0876 東武1700型 DRC 晩年 6両セット 29800円


東武特急列伝!特急「けごん」
東武鉄道商品化許諾済

実車

キヤ92-1は昭和45年にキハ07-205から改造された電気検測用気動車で、従来は人手に頼っていた架線・信号や通信設備の検測作業を自動化する為に試作されました。車体は種車となるキハ07の形態を残しながら、観測用ドーム、信号検測装置や一部を低屋根化した上でパンタグラフが搭載され、大きくイメージを変えています。3基のパンタグラフは架線検測用で集電機能は無く、それぞれ異なる押上げ力を持ち、検測内容に応じて1基が使用されます。車内は元の座席が撤去され、検測装置が所狭しと並べられていました。
後継車の登場により昭和51年に廃車され、以後は中央鉄道学園に保管されていましたが、昭和60年頃に解体されました。

商品概要

特異な外観を持つ、キヤ92のサイドビューです。実車はキハ07の戦後型を種車にしており、滑らかな溶接仕上げでリベットがありません。パンタグラフ部分は足の高い交直流用パンタグラフを乗せつつ車両限界に収めるため、低屋根化改造されています。

 低屋根化改造はボディの片側のみ行われたため、両側の前面で表情が異なっています。観測ドーム側はキハ07同様の丸屋根を持ち、ヘッドライトは原型の埋め込み型です。一方パンタグラフ側は低屋根化されて平べったくなり、ヘッドライトは砲弾型のシールドビームです。
キヤ92はその前身であるキハ07時代に総括制御改造を受けたため、前面にはキハ20系や40系と同様のジャンパ栓受けが付けられています。観測窓側にはホースが無い状態を、パンタグラフ側はホースが付けられた状態を再現しました。

 パンタグラフ周辺には観測窓やランボード、サーチライト、パンタグラフ上昇用の配管などが設置されています。ランボードは写真や資料に基づき、実車通りの形状を再現しました。なお、サーチライトはダミー、観測窓はガラスのはめ込み無し(ガラス風光沢仕上げ)となります。

 観測ドーム側の写真です。ドームの窓は印刷での再現となります。ドームの脇にはランボードへ上るためのハッチがありました。

 6か所のドアの内、中央部の1か所のみ幅の広い電車用のドアに交換されていました。このドアの下にはステップ(黒い穴)があります。
また、「連結注意」「電気検測試験車」などの文字も精密な印刷で再現しました。車体中央部のランボードは側面の脚まで再現した立体的な彫刻になっていますが、特殊な金型構造によりボディと一体成型ですっきりと仕上げました(パンタ横のランボードは別部品貼り付けです)。

 キヤ92の台車は当初キハ07時代そのままのTR29でしたが、後にキハ10系などに用いられたDT19に変更されました。模型ではDT19に変更された後の姿を再現しております。

商品詳細(メーカー公式Webページ(PDF))

購入してみよう

準備中

更新履歴&記事元

2018年08月10日:記事を更新しました
2018年07月21日:記事を掲載しました
記事元:MICROACE オフィシャルサイト

Return Top