横濱模型 の秘密基地

Nゲージインフォメーション

EF63 2次形 JR仕様
EF63 2次形 JR仕様
EF63 2次形 JR仕様

 3085-2 EF63 2次形 JR仕様 7,500円+税

ポイント
・2次形の特徴である、屋上アンテナ跡なし、バッテリー点検口水切りは端斜タイプ
・取付座の大きな内バメ式テールライト
・C`無線アンテナや1エンド側にヘッドマークステーが追加されたJR化後の姿
インフォメーション
日本の鉄道史上欠くことのできない信越本線 横川-軽井沢間の通称「碓氷峠」は、平成9年9月30日廃止されました。鉄道ファンのなかでは、今でも伝説の峠として語り継がれています。
KATOは、この「碓氷峠」をNゲージ「碓氷峠シリーズ」としてEF63を中心に今なお再現し続けています。
碓氷峠シリーズの更なる充実。 EF63 2次形 3次形 JR仕様のリリースです。
実車は急勾配専用機として最大66.7‰の勾配区間で高粘着性能とブレーキ性能を備え、外観も2エンド側に他車連結用の各種ジャンパ栓群や双頭連結器を装備、直線基調の前面窓や停電対応の大型バッテリー用点検蓋、電磁吸着ブレーキなど他の機関車にはない独特の外観が特徴。EF62との総括制御対応の他、昭和43年(1968)以降は169・189・485系との協調運転にも対応できました。
3次形量産機は昭和49年(1974)から51年(1976)までに増備されたグループで外観的にはナンバープレートのブロック化、外バメ式テールライト、整理されたジャンパ栓取付枠、ジャンパ栓がKE63からKE77に変更されているのが特徴です。
2次形量産機は運転開始後、徐々に増加する輸送量に対応するために昭和44年(1969)までに増備されたグループで、取付座の大きな内バメ式テールライト、車体中央に移動した避雷器などが特徴です。
共に、C`無線アンテナや1エンド側にヘッドマークステーが追加されたJR化後の姿を製品化いたします。
主な特徴
EF63 2次形 JR仕様
●プロトタイプは平成9年(1997)の20号機とし、2次形の特徴である、屋上アンテナ跡なし、バッテリー点検口水切りは端斜タイプ。前面手スリ・解放テコ・信号炎管・ホイッスル・アンテナ類は社内取付済。C´無線アンテナはユーザー付、双頭式カプラーの密連部は#2形状(フックなし)、ヘッドマークステー装備。Hゴム/ライトグレー、解放テコ/黒、ホイッスル/金で構成。
●選択式ナンバープレートを採用、ナンバープレートは「16」「18」「19」「20」。選択式メーカーズプレートは「東芝」「川崎車輛+川崎電機」「川崎重工+富士電機」。
● ライトユニットは電球色LEDを採用。テールライトも点灯(消灯スイッチ付)
● トラクションタイヤは従来通り協調運転を考慮し、設定なし。
ホビーセンターより発売予定のヘッドマークセットを追加することで、平成9年(1997)9月に見られた最末期の姿を再現可能。
編成例
EF63 2次+EF63 3次 + 115系1000番台長野色(3両or6両)
EF63 2次+EF63 2次 + 189系グレードアップあさま
EF63 2次+EF63 3次 + 489系「白山」
EF63 3次+EF63 2次+EF62 + 急行「能登」JR仕様/12系客車JR東日本仕様
EF63 3次+EF63 2次+EF62 + 14系「スーパーエクスプレスレインボー」
レビューを見てみる
関連商品

購入してみよう

Return Top