横濱模型

Nゲージインフォメーション

【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)

発売予定品情報

新製品再生産発売予定ポスターがオフィシャルサイトにて公開されました。

ポスター内容一覧

【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)

[ 2022年12月 ]発売予定

 品番品名価格(税込)
10-1581221系リニューアル車 嵯峨野線 (霜取りパンタ搭載編成) 4両セット15,180円
10-1764クモハ52形 (1次車) 飯田線 4両セット19,030円
10-1796コキ106+107 (JRFマークなし) コンテナ無積載 10両セット13,200円
10-1797コキ107 (JRFマークなし) コンテナ無積載 2両セット1,980円
23-58120Dコンテナ (新塗装) 5個入1,210円
17-736-KALC-42 チャージャー アムトラック Day One #301 50周年ロゴ16,500円
10-1788アムトラック ALC-42&スーパーライナー 4両セット26,400円
10-1789アムトラック スーパーライナー 6両セット22,770円
28-952車両ケース アメリカ形2階建て客車 6両用2,420円
10-847E259系成田エクスプレス基本セット(3両)11,220円
10-848E259系成田エクスプレス増結セット(3両)7,480円
10-1468E235系 山手線 基本セット(4両)13,200円
10-1469E235系 山手線 増結セットA(4両) 10,010円
10-1470E235系 山手線 増結セットB(3両) 8,140円
10-030NスターターセットE235系19,800円

ポスター内容詳細(抜粋)

NEW  221系リニューアル車 嵯峨野線 (霜取りパンタ搭載編成) 4両セット 10-1581
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)

JR西日本商品化許諾済

【 2022年12月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
10-1581221系リニューアル車 嵯峨野線 (霜取りパンタ搭載編成) 4両セット15,180円

メーカー詳細

商品詳細

関西の通勤・近郊輸送を担う221系の中でも、嵯峨野線(山陰本線)や湖西線、草津線で活躍するK12~K16編成の5本はクモハ221に冬期の霜取り用パンタグラフが追設されています。全車リニューアル工事と先頭部転落防止ホロ取付が施工されており、より近代的な外観・内装となっているのが特徴です。4両編成、4+4の8両編成で運転され223系6000番台との併結も見られます。
嵯峨野線(山陰本線)や湖西線、草津線で活躍する221系が登場です。
4両のコンパクトな編成で快速運用もこなすため、小レイアウトでの運転にも好適です。また2編成を併結した8両の長編成もオススメです。同地域で活躍する683系4000番台「サンダーバード」(リニューアル車)や225系100番台<新快速>などとともに関西エリアの運転をお楽しみいただけます。

商品特徴

・プロトタイプは現在の吹田総合車両所京都支所所属のK15編成
・クモハ221は配管など、パンタグラフの追設に伴って賑やかになった屋根上を再現
・前面の強化形スカート、転落防止ホロ、前照灯のHID灯(高輝度放電ランプ)+フォグライト化をはじめとした体質改善施行車の特徴を的確に再現
・先頭車間転落防止ホロを別パーツで再現
・フライホイール付き動力ユニットで安定した走行を実現。併結運転を考慮し、トラクションタイヤ無
・各車とも連結部はボディマウント密連カプラー(フック無)を採用。電連(1段)付属
・各先頭車ともヘッドライト/テールライト、前面表示点灯(消灯スイッチ付)。ライトユニットは白色LEDを採用
・側面行先表示部は黒色で印刷済
・前面表示は「E 快速 園部」を印刷済。交換用前面表示付属
・DCCフレンドリー
・付属品・・・転落防止ホロ×2両分、行先表示シール×1、電連×2両分、換用前面表示・無地×各2両分、消灯スイッチ用ドライバー

セット内容
4両セット
クハ221-76
サハ221-76
モハ221-76(M)
クモハ221-76
■付属品
転落防止ホロ×2両分
行先表示シール×1
電連×2両分
交換用前面表示・無地×各2両分
消灯スイッチ用ドライバー
編成例
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)
関連商品

・10-1439 225系100番台(新快速)8両セット
・10-1440 225系100番台(新快速)4両セット
・10-1491  221系リニューアル車 (大和路快速) 基本セット(4両)
・10-1492  221系リニューアル車 (大和路快速) 増結セット(4両)
・10-1678 223系2000番台<新快速> 8両セット
・10-1745 683系4000番台「サンダーバード」(リニューアル車) 基本セット(4両)
・10-1746 683系4000番台「サンダーバード」(リニューアル車) 増結セット(5両)
・10-1747 特別企画品 683系4000番台「サンダーバード」(旧塗装) 9両セット
・10-1748 683系2000番台「サンダーバード」(リニューアル車) 増結編成3両セット

別売オプション

・11-211 LED室内灯クリア
・11-212 LED室内灯クリア 6両分入

パッケージ

4両ブックケース

購入してみよう
NEW  クモハ52形 (1次車) 飯田線 4両セット 10-1764
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)

JR西日本商品化許諾済

【 2022年12月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
10-1764クモハ52形 (1次車) 飯田線 4両セット19,030円

メーカー詳細

 

商品詳細

KATOの飯田線シリーズに、昭和53年(1978)以前の飯田線において最も人気を博した車両のひとつ、クモハ52形(1次車)飯田線が満を持しての登場です。
昭和11年(1936)に関西急電用として製造されたクモハ52形は、昭和32年(1957)に飯田線へ配置されました。当時、多くの旧形国電が行き交う飯田線の中でもクモハ52形の人気は突出しており、「流電」の姿を求めて全国各地から鉄道ファンが数多く訪れました。

クモハ52形は、狭幅の側窓が並び、雨ドイ位置の揃った外観が特徴の1次車を製品化、クモハ52001と002の違い(前面窓サイズ、テールライト位置、パンタグラフほか)やサハ48021と024の違い(リベットや、サボ受の有無ほか)など、車両ごとに異なる外観をそれぞれ的確に表現いたします。

商品特徴

飯田線旧形国電シリーズ待望の両先頭車が流電クモハ52のクモハ52形001・002(1次形)とサハ48021・024で組成された1次車編成を製品化
・各車とも狭幅の側窓とグローブベンチレーターを持ち、雨ドイ位置もほぼ揃う整った姿の編成を的確に再現
・クモハ52は001と002を作り分け。001の特徴的なテールライト位置を再現
・スカ色と呼ばれるクリームとブルー塗装の塗り分けも鮮明に再現
・連結器は、先頭・中間ともボディマウント式KATOカプラー伸縮密連形(旧国タイプ)を標準装備
・フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行が可能
・ヘッドライト/テールライト点灯
・付属品・・・ジャンパ栓×1両分

セット内容
1次車 4両セット
クモハ52002(M)
サハ48024
サハ48021
クモハ52001
■付属品
ジャンパ栓×1両分
編成例
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)
関連商品

・10-1182 クモニ83100(T)+クモニ13(M) 飯田線荷物電車 2両セット
・10-1315 クモハユニ64+クハ68400 飯田線 2両セット
・10-1316 クモハ51200+クハ47100 飯田線 2両セット
・10-1350 クモハ54 0+クモハ50+クハユニ56 飯田線 3両セット
・10-1351 クモハ61+クハニ67 飯田線 2両セット
・10-1385 80系300番台 飯田線 6両セット
・22-102 サウンドボックス(サウンドカード別売)
・22-204-3 サウンドカード(飯田線の旧型国電)
・23-241 ローカル線の小形駅舎
・20-823 20-823 カーブ鉄橋セットR448-60°(緑)

別売オプション

・11-211 LED室内灯クリア
・11-212 LED室内灯クリア 6両分入

パッケージ

4両ブックケース

購入してみよう
NEW  コキ106+107 (JRFマークなし) コンテナ無積載 10両セット 10-1796
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)

JR貨物承認申請中

【 2022年12月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
10-1796コキ106+107 (JRFマークなし) コンテナ無積載 10両セット13,200円

メーカー詳細

商品詳細

近年、コキ106・107は車体側面のJRFマークの消去が進められており、よりシンプルな外観へと移行しています。標準的な12ftコンテナから海上コンテナ・タンクコンテナなど様々なコンテナを搭載可能です。主に幹線の高速貨物で使用され、東海道・山陽本線、東北本線~北海道、日本海縦貫線で広く活躍し続けています。

商品特徴

・現代の鉄道コンテナ輸送の再現に欠かせないコキ106・107が、近年見られるJRFマークなしの仕様で製品化
・台枠が抜け、複雑なパイピングが見えるフレーム形状を細密に再現。コンテナを積載していない空荷の状態でも、実車に迫る繊細なディテールを楽しめます。
・コキ107は、コキ106とは異なる形状の台枠、側面からデッキ手スリに移った手ブレーキハンドル位置などの特徴を再現
・10両セットのコキ107-508には降雪地域で見られるカンテラを表現した点灯式テールライトを装備
・車体表記をリアルに再現。車番は全車従来製品とは異なる番号で再現
・手ブレーキハンドルを黄色で再現。手ブレーキハンドルはユーザー取付パーツとして設定
・台枠上面のコンテナストッパーを再現
・アーノルドカプラー標準装備
・2両セットには編成の最後尾に取り付けられる反射板を付属
・中敷はいずれもコンテナ積載/無積載の両方に対応。10両セットの車両ブックケース内にコキ104/106/107が12両収納可能
・付属品・・・手ブレーキハンドル×10両分(コキ106+107(JRFマークなし) コンテナ無積載)。手ブレーキハンドル×2両分、反射板1両分(コキ107(JRFマークなし) コンテナ無積載)

セット内容
10両セット
コキ107-822
コキ107-788
コキ106-1077
コキ106-1100
コキ107-488
コキ107-534
コキ106-1140
コキ106-1037
コキ107-818
コキ107-508
■付属品
手ブレーキハンドル×10両分
編成例
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)
関連商品

・23-142 貨物駅プレート 基本セット
・23-143 貨物駅プレート 延長セット
・23-514 TCMフォークリフト FD115 JR貨物色
・23-515 TCMフォークリフト FD115 一般色
・23-572 UR19Aコンテナ(日本石油輸送・ピンク帯)
・23-574 UR19Aコンテナ(日本石油輸送・赤帯)5個入
・23-580A 23-580A 40フィート ハイキューブコンテナ ONE(マゼンタ) 2個入
・23-581 20Dコンテナ (新塗装) 5個入
・3092-1 EF210 300

別売オプション

パッケージ

12両ブックケース

購入してみよう
NEW  コキ107 (JRFマークなし) コンテナ無積載 2両セット 10-1797
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)

JR貨物承認申請中

【 2022年12月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
10-1797コキ107 (JRFマークなし) コンテナ無積載 2両セット1,980円

メーカー詳細

商品詳細

近年、コキ106・107は車体側面のJRFマークの消去が進められており、よりシンプルな外観へと移行しています。標準的な12ftコンテナから海上コンテナ・タンクコンテナなど様々なコンテナを搭載可能です。主に幹線の高速貨物で使用され、東海道・山陽本線、東北本線~北海道、日本海縦貫線で広く活躍し続けています。

商品特徴

・現代の鉄道コンテナ輸送の再現に欠かせないコキ106・107が、近年見られるJRFマークなしの仕様で製品化
・台枠が抜け、複雑なパイピングが見えるフレーム形状を細密に再現。コンテナを積載していない空荷の状態でも、実車に迫る繊細なディテールを楽しめます。
・コキ107は、コキ106とは異なる形状の台枠、側面からデッキ手スリに移った手ブレーキハンドル位置などの特徴を再現
・10両セットのコキ107-508には降雪地域で見られるカンテラを表現した点灯式テールライトを装備
・車体表記をリアルに再現。車番は全車従来製品とは異なる番号で再現
・手ブレーキハンドルを黄色で再現。手ブレーキハンドルはユーザー取付パーツとして設定
・台枠上面のコンテナストッパーを再現
・アーノルドカプラー標準装備
・2両セットには編成の最後尾に取り付けられる反射板を付属
・中敷はいずれもコンテナ積載/無積載の両方に対応。10両セットの車両ブックケース内にコキ104/106/107が12両収納可能

セット内容
2両セット

■付属品
手ブレーキハンドル×2両分
反射板1両分
編成例
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)
関連商品

・23-142 貨物駅プレート 基本セット
・23-143 貨物駅プレート 延長セット
・23-514 TCMフォークリフト FD115 JR貨物色
・23-515 TCMフォークリフト FD115 一般色
・23-572 UR19Aコンテナ(日本石油輸送・ピンク帯)
・23-574 UR19Aコンテナ(日本石油輸送・赤帯)5個入
・23-580A 23-580A 40フィート ハイキューブコンテナ ONE(マゼンタ) 2個入
・23-581 20Dコンテナ (新塗装) 5個入
・3092-1 EF210 300

別売オプション

パッケージ

2両紙箱

購入してみよう
NEW  20Dコンテナ (新塗装) 5個入 23-581
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)

JR貨物承認申請中

【 2022年12月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
23-58120Dコンテナ (新塗装) 5個入1,210円

メーカー詳細

【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)
商品詳細

20Dコンテナは平成18年(2006)から導入された5t積12フィートの背高タイプ(高さ寸法2,600mm)で、扉構造が両側面開きのコンテナです。コキ50000形廃車に伴い、運用上の制限がなくなったため、背高タイプコンテナの活躍は全国で見られます。製造時期や製造所により塗装や形態などにバリエーションがあります。平成30年(2018)以降は、新塗装が量産されはじめ、令和4年(2022)1月現在、旧塗装と合せて9,000個以上が使用されています。また、背高コンテナ識別のため、コンテナ上部に白帯があります。

商品特徴

・プロトタイプは令和3年(2021)製造のCIMC(中国国際海運集装箱)製
・側面向かって右上にJRマークが配された新塗装うち、背高を示す妻面・側面上部の白帯が縮減された最新のカラーリングで製品化
・CIMC製コンテナの特徴である妻板がリブ8本の形態を再現
・規格外マークやエコレールマークを美しく再現

セット内容
5個入
20D-7251
20D-7417
20D-7566
20D-8000
20D-8187
■付属品
関連商品

・23-142 貨物駅プレート 基本セット
・23-143 貨物駅プレート 延長セット
・23-514 TCMフォークリフト FD115 JR貨物色
・23-515 TCMフォークリフト FD115 一般色
・23-572 UR19Aコンテナ(日本石油輸送・ピンク帯)
・23-574 UR19Aコンテナ(日本石油輸送・赤帯)5個入
・23-580A 23-580A 40フィート ハイキューブコンテナ ONE(マゼンタ) 2個入
・3092-1 EF210 300
・10-1796 コキ106+107 (JRFマークなし) コンテナ無積載 10両セット
・10-1797 コキ107 (JRFマークなし) コンテナ無積載 2両セット

パッケージ

ブリスター

購入してみよう
NEW  ALC-42 チャージャー アムトラック Day One #301 50周年ロゴ 17-736-K
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)
【 2022年12月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
17-736-KALC-42 チャージャー アムトラック Day One #301 50周年ロゴ16,500円

メーカー詳細

商品詳細

アムトラックの新しいシンボルであるALC-42 チャージャー が、アムトラック50周年ロゴをまとった「Day One 塗装」で登場です。実車は2021年夏から運用を開始しているアムトラックのシーメンス製長距離旅客用最新鋭ディーゼル機関車で、車齢約25年のGE P42 機関車の後継機として、2024年までに75両が増備される予定です。排気ガス規制に対応するエンジンと、欧州鉄道のノウハウを盛り込んだ省エネ性と高速性能とを兼ね備えており、「チャージャー」の愛称で親しまれています。

商品特徴

①流線形の先頭形状や黒を基調とした外観、各所に配された「Amtrak」ロゴと、50周年ロゴを再現
②最大の特徴である大きな透かしルーバーを再現。別売の室内灯組込により点灯化が可能
③ヘッドライト/テールライト/ディッチライト点灯。DCC取付後、別々に点灯が可能な構造を採用
④ナックルカプラー標準装備。カプラートリップピン取付可能
⑤DCCサウンド化できるようにスピーカー取付スペースを確保

セット内容
単品
ALC-42 チャージャー アムトラックDay One #301 50周年ロゴ
■付属品
カプラートリップピン
編成例
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)
関連商品

・10-1788 アムトラック ALC-42&スーパーライナー 4両セット
・10-1789 アムトラック スーパーライナー 6両セット
・28-952 車両ケース アメリカ形2階建て客車 6両用

別売オプション

・11-211 LED室内灯クリア

パッケージ

単品
ALC-42 チャージャー アムトラックDay One #301 50周年ロゴ

購入してみよう
NEW  アムトラック ALC-42&スーパーライナー 4両セット 10-1788
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)
【 2022年12月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
10-1788アムトラック ALC-42&スーパーライナー 4両セット26,400円

メーカー詳細

商品詳細

現代アメリカの鉄道を代表するアムトラックの長距離列車である2階建て客車“スーパーライナー”が登場です。アムトラック(Amtrak)は「全米鉄道旅行公社」の通称で、貨物輸送が主体のアメリカの鉄道会社の旅客部門を統合して1971年に設立された鉄道旅客輸送を運営する公共企業体です。客車の“スーパーライナー”は2階建てのステンレス製車体で、アムトラックが運行する長距離列車に使用されているアメリカの旅客輸送を代表する車両です。◆ALC-42は2021年夏から運用が開始されているアムトラックのシーメンス製長距離旅客用最新鋭ディーゼル機関車で、車齢約25年のGE P42 機関車の後継機として、2024年までに75両が増備される予定です。排気ガス規制に対応するエンジンと、欧州鉄道のノウハウを盛り込んだ省エネ性と高速性能とを兼ね備えており、「チャージャー」の愛称で親しまれています。◆全行程が750マイル(約1,200km)で定義される長距離列車の、日本とは桁違いのダイナミックな編成をNゲージでお楽しみいただけます。機関車単品と客車セット2種を揃えれば、「カリフォルニア・ゼファー」(シカゴ~エメリービル間、2,438マイル=3,924km)、「エンパイア・ビルダー」(シカゴ゙~シアトル/ポートランド゙間、2,205マイル=3,548km/2,255マイル=3,628km)や最長距離を誇る「テキサス・イーグル」(シカゴ~ロサンゼルス間、2,728マイル=4,485km)の編成イメージが再現可能です。

商品特徴

①現代アメリカで活躍する旅客列車スーパーライナーをお求めやすいセット構成に変更してリリース
②4両セットには機関車1両、スリーパー、コーチ・バゲージ、コーチ各1両で構成。6両セットはバゲージ、トランジションスリーパー、スリーパー、
ダイナー、ラウンジ、コーチ各1両で構成
③ALC-42(4両セット)
・流線形の先頭形状や青を基調とした外観、各所に配された「Amtrak」ロゴを再現
・最大の特徴である大きな透かしルーバーを再現。別売の室内灯組込により点灯化が可能
・ヘッドライト/テールライト/ディッチライト点灯。DCC取付後、別々に点灯が可能な構造を採用
・カプラートリップピン取付可能
・DCCサウンド化できるようにスピーカー取付スペースを確保
④ナックルカプラー標準装備
⑤4両セット+6両セットで大陸横断列車編成のイメージを再現可能。また機関車+6両セットでダイジェスト的な短編成ながら長距離列車のイメージを
手軽に再現可能(5両編成以上の場合は、重連での牽引がオススメ)
⑥別売のブックケースとして「車両ケース アメリカ形2階建客車」(ホビーセンターカトー扱い)が登場。4両セットの車両のほか機関車2両の収納も可能です。

セット内容
4両セット
ALC-42 Ph.Ⅵ#302
Sleeper#32052
Coach-Baggage#31021
Coach#34055
■付属品
カプラートリップピン×8
編成例
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)
関連商品

・17-736-K
・28-952 車両ケース アメリカ形2階建て客車 6両用

別売オプション

・11-211 LED室内灯クリア
・11-212 LED室内灯クリア 6両分入

パッケージ

4両紙箱

購入してみよう
NEW  アムトラック スーパーライナー 6両セット 10-1789
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)
【 2022年12月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
10-1789アムトラック スーパーライナー 6両セット22,770円

メーカー詳細

商品詳細

現代アメリカの鉄道を代表するアムトラックの長距離列車である2階建て客車“スーパーライナー”が登場です。アムトラック(Amtrak)は「全米鉄道旅行公社」の通称で、貨物輸送が主体のアメリカの鉄道会社の旅客部門を統合して1971年に設立された鉄道旅客輸送を運営する公共企業体です。客車の“スーパーライナー”は2階建てのステンレス製車体で、アムトラックが運行する長距離列車に使用されているアメリカの旅客輸送を代表する車両です。◆ALC-42は2021年夏から運用が開始されているアムトラックのシーメンス製長距離旅客用最新鋭ディーゼル機関車で、車齢約25年のGE P42 機関車の後継機として、2024年までに75両が増備される予定です。排気ガス規制に対応するエンジンと、欧州鉄道のノウハウを盛り込んだ省エネ性と高速性能とを兼ね備えており、「チャージャー」の愛称で親しまれています。◆全行程が750マイル(約1,200km)で定義される長距離列車の、日本とは桁違いのダイナミックな編成をNゲージでお楽しみいただけます。機関車単品と客車セット2種を揃えれば、「カリフォルニア・ゼファー」(シカゴ~エメリービル間、2,438マイル=3,924km)、「エンパイア・ビルダー」(シカゴ゙~シアトル/ポートランド゙間、2,205マイル=3,548km/2,255マイル=3,628km)や最長距離を誇る「テキサス・イーグル」(シカゴ~ロサンゼルス間、2,728マイル=4,485km)の編成イメージが再現可能です。

商品特徴

①現代アメリカで活躍する旅客列車スーパーライナーをお求めやすいセット構成に変更してリリース
②4両セットには機関車1両、スリーパー、コーチ・バゲージ、コーチ各1両で構成。6両セットはバゲージ、トランジションスリーパー、スリーパー、
ダイナー、ラウンジ、コーチ各1両で構成
③ALC-42(4両セット)
・流線形の先頭形状や青を基調とした外観、各所に配された「Amtrak」ロゴを再現
・最大の特徴である大きな透かしルーバーを再現。別売の室内灯組込により点灯化が可能
・ヘッドライト/テールライト/ディッチライト点灯。DCC取付後、別々に点灯が可能な構造を採用
・カプラートリップピン取付可能
・DCCサウンド化できるようにスピーカー取付スペースを確保
④ナックルカプラー標準装備
⑤4両セット+6両セットで大陸横断列車編成のイメージを再現可能。また機関車+6両セットでダイジェスト的な短編成ながら長距離列車のイメージを
手軽に再現可能(5両編成以上の場合は、重連での牽引がオススメ)
⑥別売のブックケースとして「車両ケース アメリカ形2階建客車」(ホビーセンターカトー扱い)が登場。4両セットの車両のほか機関車2両の収納も可能です。

セット内容
6両セット
ViewlinerⅡ Baggage#61017
Transition Sleeper#39029
Sleeper#32026
Diner#38016
Lounge#33023
Coach#34058
■付属品
カプラートリップピン×12
編成例
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)
関連商品

・17-736-K
・28-952 車両ケース アメリカ形2階建て客車 6両用

別売オプション

・11-211 LED室内灯クリア
・11-212 LED室内灯クリア 6両分入

パッケージ

6両ブックケース

購入してみよう
 再  E259系成田エクスプレス基本セット(3両) 10-847
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)

JR東日本商品化許諾済

【 2022年12月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
10-847E259系成田エクスプレス基本セット(3両)11,220円

メーカー詳細

商品詳細

JR東日本の特急電車E259系「成田エクスプレス」は「N’EX(ネックス)」の愛称で、成田国際空港と都心を結ぶアクセス特急として活躍しています。編成は6両を基本として、最大12両編成で運転されます。
赤、白、黒の3色からなるスタイリッシュなデザインが特徴で、都心部を走る特急電車として人気の高い車両です。
◆都内で活躍するE231系やE233系、E235系などとともにお楽しみいただけます。
サウンドボックス、サウンドカードと組み合わせてリアルな特急電車の音と動きをお楽しみいただけます。

今回製品より先頭車の前面カプラーがKATOカプラー密連形(フック無)+電連パーツにアップデートされます。

商品特徴

① 鎌倉車両センター所属の東急車両製車両をプロトタイプに製品化
② E259系の特徴のひとつである「車体間ダンパー」を再現
③ 「N’EX」ロゴを始め、各表記類を美しく再現
④ 信号炎管、列車電話アンテナ、防護無線アンテナを別パーツで表現
⑤ 先頭車運転台側はKATOカプラー密連形(フック無)を採用。電連パーツ付属。中間連結部はボディマウント密連カプラー(フック付)採用
⑥ ヘッドライト/テールライト点灯(消灯スイッチ付)
⑦ ヘッドライトは実車に合わせて、上部が白色のHID灯(高輝度放電ランプ)、中部が電球色のシールドビームを表現。さらに下部は赤色のテールライトが点灯
⑧ フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行が可能
⑨ 側面行先表示は「成田エクスプレス 成田空港」を印刷済
⑩増結セット(3両)の車両ブックケースに、基本セット(3両)の車両を収納可能

セット内容
基本セット(3両)
クハE258-10
モハE259-10(M)
クロE259-10
■付属品
消灯スイッチ用ドライバー
電連パーツ
編成例
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)
関連商品

・10-1468 E235系 山手線 基本セット(4両)
・10-1469 E235系 山手線 増結セットA(4両)
・10-1470 E235系 山手線 増結セットB(3両)
・10-1267 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 基本セット(4両)
・10-1268 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 増結セットA(4両)
・10-1269 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 増結セットB(2両)
・10-1270 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 付属編成セット(5両)
・10-1702 E235系1000番台横須賀・総武快速線 基本セット(4両)
・10-1703 E235系1000番台横須賀・総武快速線 増結セットA(4両)
・10-1704 E235系1000番台横須賀・総武快速線 増結セットB(3両)
・10-1705 E235系1000番台横須賀・総武快速線 付属編成セット(4両)
・22-102 サウンドボックス(サウンドカード別売)
・22-203-8 サウンドカード(E259系N’EX)

別売オプション

・11-211 LED室内灯クリア
・11-212 LED室内灯クリア 6両分入

パッケージ

3・4両紙箱

購入してみよう
 再  E259系成田エクスプレス増結セット(3両) 10-848
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)

JR東日本商品化許諾済

【 2022年12月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
10-848E259系成田エクスプレス増結セット(3両)7,480円

メーカー詳細

商品詳細

JR東日本の特急電車E259系「成田エクスプレス」は「N’EX(ネックス)」の愛称で、成田国際空港と都心を結ぶアクセス特急として活躍しています。編成は6両を基本として、最大12両編成で運転されます。
赤、白、黒の3色からなるスタイリッシュなデザインが特徴で、都心部を走る特急電車として人気の高い車両です。
◆都内で活躍するE231系やE233系、E235系などとともにお楽しみいただけます。サウンドボックス、サウンドカードと組み合わせてリアルな特急電車の音と動きをお楽しみいただけます。

今回製品より先頭車の前面カプラーがKATOカプラー密連形(フック無)+電連パーツにアップデートされます。

商品特徴

① 鎌倉車両センター所属の東急車両製車両をプロトタイプに製品化
② E259系の特徴のひとつである「車体間ダンパー」を再現
③ 「N’EX」ロゴを始め、各表記類を美しく再現
④ 信号炎管、列車電話アンテナ、防護無線アンテナを別パーツで表現
⑤ 先頭車運転台側はKATOカプラー密連形(フック無)を採用。電連パーツ付属。中間連結部はボディマウント密連カプラー(フック付)採用
⑥ ヘッドライト/テールライト点灯(消灯スイッチ付)
⑦ ヘッドライトは実車に合わせて、上部が白色のHID灯(高輝度放電ランプ)、中部が電球色のシールドビームを表現。さらに下部は赤色のテールライトが点灯
⑧ フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行が可能
⑨ 側面行先表示は「成田エクスプレス 成田空港」を印刷済
⑩増結セット(3両)の車両ブックケースに、基本セット(3両)の車両を収納可能

セット内容
増結セット(3両)
モハE258-10
モハE258-510
モハE259-510
■付属品
セット名表示シール
編成例
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)
関連商品

・10-1468 E235系 山手線 基本セット(4両)
・10-1469 E235系 山手線 増結セットA(4両)
・10-1470 E235系 山手線 増結セットB(3両)
・10-1267 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 基本セット(4両)
・10-1268 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 増結セットA(4両)
・10-1269 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 増結セットB(2両)
・10-1270 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 付属編成セット(5両)
・10-1702 E235系1000番台横須賀・総武快速線 基本セット(4両)
・10-1703 E235系1000番台横須賀・総武快速線 増結セットA(4両)
・10-1704 E235系1000番台横須賀・総武快速線 増結セットB(3両)
・10-1705 E235系1000番台横須賀・総武快速線 付属編成セット(4両)
・22-102 サウンドボックス(サウンドカード別売)
・22-203-8 サウンドカード(E259系N’EX)

別売オプション

・11-211 LED室内灯クリア
・11-212 LED室内灯クリア 6両分入

パッケージ

6両ブックケース

購入してみよう
 再  E235系 山手線 基本セット(4両) 10-1468
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)

JR東日本商品化許諾済

【 2022年12月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
10-1468E235系 山手線 基本セット(4両)13,200円

メーカー詳細

商品詳細

JR東日本の看板路線である山手線の最新車両E235系を再生産いたします。
前面の大きな窓や表示装置、特徴的な外観デザインを施した新世代の通勤電車として活躍をはじめたE235系は、一般からも大きく注目されました。令和2年(2020)春までに山手線に既存のE231系500番台と全て置き換わり、JR東日本の通勤形電車の新たなスタンダードとして活躍しています。
◆山手線の新形車両E235系をお求めやすいベストセレクションのパッケージでご用意、初心者からベテランユーザーまで、多くの方にお気軽にお楽しみいただけます。
また、初心者の方でも鉄道模型をすぐに始められるスターターセットも同時再生産いたします。

商品特徴

●平成29年(2017)5月より運用を開始したトウ03編成がプロトタイプ
●特徴的な先頭部やAU737クーラー、パンタグラフのほか、屋根上機器など量産先行車とは異なる形態を的確に再現
●前面と扉部に彩られたラインカラーの黄緑色の、繊細なグラデーションを的確に再現
●運転台シースルーで、よりリアルな前面を追求
●E231系500番台より転用されたサハE235-4600番台を収録。アンテナ台座が増設され、クーラーが他のE235系と揃えられた姿を再現
●ヘッド/テールライト、前面表示、運番表示点灯。白色LEDを採用。ヘッドライトは消灯時にも白く見える状態を再現
●前面・側面表示は「0913G」「山手線」を印刷済。交換用前面表示「品川・東京方面」「池袋・上野方面」が付属
●全車に車イスマーク、ベビーカーマーク、非常用ドアコック表記印刷済
●フライホイール付き動力ユニット採用で、安定した走行が可能
●各車両とも中間連結部はボディマウント密連カプラー採用
●DCCフレンドリー
●増結セットA(4両)のブックケースに、基本セット(4両)の車両を収納可能

セット内容
基本セット
クハE234-3
モハE235-8
サハE235-4603
クハE235-3
■付属品
交換用前面表示
編成例
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)
関連商品

・10-847 E259系成田エクスプレス基本セット(3両)
・10-848 E259系成田エクスプレス増結セット(3両)
・10-1267 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 基本セット(4両)
・10-1268 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 増結セットA(4両)
・10-1269 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 増結セットB(2両)
・10-1270 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 付属編成セット(5両)
・10-1702 E235系1000番台横須賀・総武快速線 基本セット(4両)
・10-1703 E235系1000番台横須賀・総武快速線 増結セットA(4両)
・10-1704 E235系1000番台横須賀・総武快速線 増結セットB(3両)
・10-1705 E235系1000番台横須賀・総武快速線 付属編成セット(4両)
・22-102 サウンドボックス(サウンドカード別売)
・22-241-1 サウンドカード(E235系)

別売オプション

・11-211 LED室内灯クリア
・11-212 LED室内灯クリア 6両分入

パッケージ

3・4両紙箱

購入してみよう
 再  E235系 山手線 増結セットA(4両)  10-1469
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)

JR東日本商品化許諾済

【 2022年12月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
10-1469E235系 山手線 増結セットA(4両) 10,010円

メーカー詳細

商品詳細

JR東日本の看板路線である山手線の最新車両E235系を再生産いたします。
前面の大きな窓や表示装置、特徴的な外観デザインを施した新世代の通勤電車として活躍をはじめたE235系は、一般からも大きく注目されました。令和2年(2020)春までに山手線に既存のE231系500番台と全て置き換わり、JR東日本の通勤形電車の新たなスタンダードとして活躍しています。
◆山手線の新形車両E235系をお求めやすいベストセレクションのパッケージでご用意、初心者からベテランユーザーまで、多くの方にお気軽にお楽しみいただけます。
また、初心者の方でも鉄道模型をすぐに始められるスターターセットも同時再生産いたします。

商品特徴

●平成29年(2017)5月より運用を開始したトウ03編成がプロトタイプ
●特徴的な先頭部やAU737クーラー、パンタグラフのほか、屋根上機器など量産先行車とは異なる形態を的確に再現
●前面と扉部に彩られたラインカラーの黄緑色の、繊細なグラデーションを的確に再現
●運転台シースルーで、よりリアルな前面を追求
●E231系500番台より転用されたサハE235-4600番台を収録。アンテナ台座が増設され、クーラーが他のE235系と揃えられた姿を再現
●ヘッド/テールライト、前面表示、運番表示点灯。白色LEDを採用。ヘッドライトは消灯時にも白く見える状態を再現
●前面・側面表示は「0913G」「山手線」を印刷済。交換用前面表示「品川・東京方面」「池袋・上野方面」が付属
●全車に車イスマーク、ベビーカーマーク、非常用ドアコック表記印刷済
●フライホイール付き動力ユニット採用で、安定した走行が可能
●各車両とも中間連結部はボディマウント密連カプラー採用
●DCCフレンドリー
●増結セットA(4両)のブックケースに、基本セット(4両)の車両を収納可能

セット内容
増結セットA(4両)
モハE234-9
モハE235-9
サハE235-3
モハE234-8
■付属品
編成例
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)
関連商品

・10-847 E259系成田エクスプレス基本セット(3両)
・10-848 E259系成田エクスプレス増結セット(3両)
・10-1267 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 基本セット(4両)
・10-1268 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 増結セットA(4両)
・10-1269 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 増結セットB(2両)
・10-1270 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 付属編成セット(5両)
・10-1702 E235系1000番台横須賀・総武快速線 基本セット(4両)
・10-1703 E235系1000番台横須賀・総武快速線 増結セットA(4両)
・10-1704 E235系1000番台横須賀・総武快速線 増結セットB(3両)
・10-1705 E235系1000番台横須賀・総武快速線 付属編成セット(4両)
・22-102 サウンドボックス(サウンドカード別売)
・22-241-1 サウンドカード(E235系)

別売オプション

・11-211 LED室内灯クリア
・11-212 LED室内灯クリア 6両分入

パッケージ

8両ブックケース

購入してみよう
 再  E235系 山手線 増結セットB(3両)  10-1470
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)

JR東日本商品化許諾済

【 2022年12月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
10-1470E235系 山手線 増結セットB(3両) 8,140円

メーカー詳細

商品詳細

JR東日本の看板路線である山手線の最新車両E235系を再生産いたします。
前面の大きな窓や表示装置、特徴的な外観デザインを施した新世代の通勤電車として活躍をはじめたE235系は、一般からも大きく注目されました。令和2年(2020)春までに山手線に既存のE231系500番台と全て置き換わり、JR東日本の通勤形電車の新たなスタンダードとして活躍しています。
◆山手線の新形車両E235系をお求めやすいベストセレクションのパッケージでご用意、初心者からベテランユーザーまで、多くの方にお気軽にお楽しみいただけます。
また、初心者の方でも鉄道模型をすぐに始められるスターターセットも同時再生産いたします。

商品特徴

●平成29年(2017)5月より運用を開始したトウ03編成がプロトタイプ
●特徴的な先頭部やAU737クーラー、パンタグラフのほか、屋根上機器など量産先行車とは異なる形態を的確に再現
●前面と扉部に彩られたラインカラーの黄緑色の、繊細なグラデーションを的確に再現
●運転台シースルーで、よりリアルな前面を追求
●E231系500番台より転用されたサハE235-4600番台を収録。アンテナ台座が増設され、クーラーが他のE235系と揃えられた姿を再現
●ヘッド/テールライト、前面表示、運番表示点灯。白色LEDを採用。ヘッドライトは消灯時にも白く見える状態を再現
●前面・側面表示は「0913G」「山手線」を印刷済。交換用前面表示「品川・東京方面」「池袋・上野方面」が付属
●全車に車イスマーク、ベビーカーマーク、非常用ドアコック表記印刷済
●フライホイール付き動力ユニット採用で、安定した走行が可能
●各車両とも中間連結部はボディマウント密連カプラー採用
●DCCフレンドリー
●増結セットA(4両)のブックケースに、基本セット(4両)の車両を収納可能

セット内容
増結セットB(3両)
サハE234-3
モハE234-7
モハE235-7
■付属品
編成例
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)
関連商品

・10-847 E259系成田エクスプレス基本セット(3両)
・10-848 E259系成田エクスプレス増結セット(3両)
・10-1267 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 基本セット(4両)
・10-1268 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 増結セットA(4両)
・10-1269 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 増結セットB(2両)
・10-1270 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 付属編成セット(5両)
・10-1702 E235系1000番台横須賀・総武快速線 基本セット(4両)
・10-1703 E235系1000番台横須賀・総武快速線 増結セットA(4両)
・10-1704 E235系1000番台横須賀・総武快速線 増結セットB(3両)
・10-1705 E235系1000番台横須賀・総武快速線 付属編成セット(4両)
・22-102 サウンドボックス(サウンドカード別売)
・22-241-1 サウンドカード(E235系)

別売オプション

・11-211 LED室内灯クリア
・11-212 LED室内灯クリア 6両分入

パッケージ

3両ブックケース

購入してみよう
 再  NスターターセットE235系 10-030
クリックでオープン&クローズ
kato 10-030 e235 新パッケージ
kato 10-030 e235 新パッケージ

JR東日本商品化許諾済

【 2022年12月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
10-030NスターターセットE235系19,800円

メーカー詳細

商品詳細

JR東日本の看板路線である山手線の最新車両E235系を再生産いたします。
前面の大きな窓や表示装置、特徴的な外観デザインを施した新世代の通勤電車として活躍をはじめたE235系は、一般からも大きく注目されました。令和2年(2020)春までに山手線に既存のE231系500番台と全て置き換わり、JR東日本の通勤形電車の新たなスタンダードとして活躍しています。
◆山手線の新形車両E235系をお求めやすいベストセレクションのパッケージでご用意、初心者からベテランユーザーまで、多くの方にお気軽にお楽しみいただけます。
また、初心者の方でも鉄道模型をすぐに始められるスターターセットも同時再生産いたします。

商品特徴

・セット車両は、人気の高いE235系山手線を選択。
・余裕の曲線線路R315の採用でスムーズに走行!
・セットのパワーパックは長編成化にも対応する高出力(1.2A)の「パワーパックスタンダードSX」と「スターターセット専用ACアダプター」を採用。
・ユニトラック「V線路セットシリーズ」を追加して、多様な線路展開が可能に!
・セットに同封のプランバリエーションガイドは、線路プランの宝庫。より発展性のあるシステム展開を楽しむことができます。
・パッケージサイズをM1マスターセットと共通化(サイズ幅390mm×高さ355mm×奥行110mm)
・パッケージ内には秘密のポケットがあり、後からお求めになった車両セットのケースや、線路等を収納することができます。
・セット構成:E235系 山手線 基本セット(4両) ・・・クハE234-3 + モハE235-8(M)+ サハE235-4603 + クハE235-3
・前面と扉部に彩られたラインカラーの黄緑色の、繊細なグラデーションを的確に再現。
・ヘッド/テールライト点灯。

セット内容
スターターセット
クハE234-3
モハE235-8
サハE235-4603
クハE235-3
■付属品
・パワーパックスタンダードSX×1、スターターセット専用ACアダプター×1
・ユニトラック(マスターシリーズ(M1)に相当、サイズ1337mm×677mm)
・リレーラー×1(ユニジョイナーはずし付)、直線線路248㎜×4、直線線路62㎜×1、曲線線路R315-45×8、直線線路124㎜×1、踏切線路124㎜×1、フィーダー線路62㎜
・クイックスタートガイド(説明書)
・プランバリエーションガイド
編成例
【KATO】2022年12月発売予定品ポスター掲載(2022年7月29日)
関連商品

・10-847 E259系成田エクスプレス基本セット(3両)
・10-848 E259系成田エクスプレス増結セット(3両)
・10-1267 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 基本セット(4両)
・10-1268 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 増結セットA(4両)
・10-1269 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 増結セットB(2両)
・10-1270 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 付属編成セット(5両)
・10-1702 E235系1000番台横須賀・総武快速線 基本セット(4両)
・10-1703 E235系1000番台横須賀・総武快速線 増結セットA(4両)
・10-1704 E235系1000番台横須賀・総武快速線 増結セットB(3両)
・10-1705 E235系1000番台横須賀・総武快速線 付属編成セット(4両)
・22-102 サウンドボックス(サウンドカード別売)
・22-241-1 サウンドカード(E235系)

別売オプション

・11-211 LED室内灯クリア
・11-212 LED室内灯クリア 6両分入

パッケージ

M1・スターター

購入してみよう

 

更新履歴&記事元
2022年07月29日:記事を掲載しました。
記事元:KATO オフィシャルサイト
Return Top 横濱模型