横濱模型

Nゲージインフォメーション

【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)

発売予定品情報

新製品再生産発売予定ポスターがオフィシャルサイトにて公開されました。

ポスター内容一覧

【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)

[ 2022年8月 ]発売予定

10-016スターターセット <北陸路の近郊電車> 521系20,900円
10-018スターターセット <九州の快速電車> 813系20,900円
40-811TV1 ユニトラム基本セット20,900円
22-205-1サウンドカード<レールジョイント音> 3,080円
22-221-4サウンドカード<スモールイングランド>3,520円
22-242-5サウンドカード<165系> 3,520円

[ 2022年9月 ]発売予定

22-102サウンドボックス(サウンドカード別売)27,500円

[ 2022年11月 ]発売予定

2028-28620 (58654 「SL人吉」)17,050円
10-1727特別企画品 58654+50系700 「SL人吉」 4両セット27,830円
10-172850系 700番代 「SL人吉」 3両セット10,780円
7011-4DE10 JR九州仕様7,920円
10-954E531系 赤電タイプ 5両セット18,700円

[ 2022年12月 ]発売予定

3065-2EF510 500 カシオペア色7,700円
3076-1ED79 シングルアームパンタグラフ7,700円
7008-FDD51 後期 耐寒形 北斗星8,030円
10-1608E26系「カシオペア」 6両基本セット17,820円
10-1609E26系「カシオペア」 6両増結セット15,400円
11-222LED室内灯クリア E26系用 6両分入4,180円

ポスター内容詳細(抜粋)

NEW  特別企画品 58654+50系700 「SL人吉」 4両セット 10-1727
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)

JR九州承認済

【 2022年11月 】発売予定

10-1727特別企画品 58654+50系700 「SL人吉」 4両セット27,830円

メーカー詳細

【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)

出典:KATO営業部twitter

インフォメーション

「SL人吉」は熊本~人吉間を結ぶ蒸気機関車牽引の臨時快速列車で、8620形58654号機と専用客車である50系700番代によって運行されています。機関車、客車とも黒い車体に華やかな装飾が施された姿が特徴で、JR九州の人気観光列車のひとつです。現在は肥薩線の一部が不通のため、令和3年(2021)5月から鹿児島本線熊本~鳥栖間での運行を行っているほか、客車はDE10と組み合わせた臨時列車としても活躍しています。

JR九州を代表するSL観光列車がNゲージに新登場です。58654号機単品と客車3両セットのほか、特別企画品として特別なスリーブに収められた機関車+客車のセットも同時発売いたします。
JR九州で活躍する新幹線や特急形電車と合わせてお楽しみいただけます。

主な特徴

・特製のスリーブパッケージ仕様
・ブックケースは58654 1両、客車3両、DE10 2両を収納可能
・黒色のリレーラーを付属
・付属品・・・DE10用「人吉」ヘッドマーク付属

セット内容
4両セット
58654
オハフ50-701
オハ50-701
オハフ50-702
■付属品
リレーラー(黒色)
ジャンパ栓×2
DE10用「人吉」ヘッドマーク
重連用カプラー(58654用)
交換用ナックルカプラー×2(客車用)
重連用ナックルカプラー(58654用)
KATOナックルカプラー(58654用)
編成例
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
関連商品

・10-246 885系(1次車)<アラウンド・ザ・九州>6両セット
・10-865 九州新幹線800系さくら・つばめ6両セット
・10-1541 787系 アラウンド・ザ・九州 4両セット
・10-1686 813系200番代 基本セット(3両)
・10-1687 813系200番代 増結セット(3両)
・10-1688 813系200番代 福北ゆたか線 3両セット
・10-1689 特別企画品 813系200+300番代 6両セット
・10-1729 九州新幹線800系<流れ星新幹線> 6両セット (特別企画品)
・7011-4 DE10 JR九州仕様
・22-221-3 サウンドカード<8620>

別売オプション

・11-213 11-213 LED室内灯クリア(電球色)
・11-214 11-214 LED室内灯クリア(電球色)6両分入

購入してみよう
NEW  50系 700番代 「SL人吉」 3両セット 10-1728
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)

JR九州承認済

【 2022年11月 】発売予定
10-172850系 700番代 「SL人吉」 3両セット10,780円

メーカー詳細

【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)

出典:KATO営業部twitter

インフォメーション

「SL人吉」は熊本~人吉間を結ぶ蒸気機関車牽引の臨時快速列車で、8620形58654号機と専用客車である50系700番代によって運行されています。機関車、客車とも黒い車体に華やかな装飾が施された姿が特徴で、JR九州の人気観光列車のひとつです。現在は肥薩線の一部が不通のため、令和3年(2021)5月から鹿児島本線熊本~鳥栖間での運行を行っているほか、客車はDE10と組み合わせた臨時列車としても活躍しています。

JR九州を代表するSL観光列車がNゲージに新登場です。58654号機単品と客車3両セットのほか、特別企画品として特別なスリーブに収められた機関車+客車のセットも同時発売いたします。
JR九州で活躍する新幹線や特急形電車と合わせてお楽しみいただけます。

主な特徴

・レトロ調に改造され、特徴的なダブルルーフやガラス面の大きい展望室、各種ロゴが配された塗装をリアルかつ的確に表現
・車内の<ミニSLミュージアム>の展示棚を表現。通電時に白色に点灯
・各車で異なる木材を使用した内装のイメージを再現、室内の仕切部に設置された展示棚も点灯
・室内灯の照明板は専用パーツを取付済
・各車両の中間連結部は密自連ボディマウントカプラー装備。オハフ50の機関車連結側はボディマウントタイプのアーノルドカプラー装備
・交換用ナックルカプラー付属
・オハフ50はテールライト点灯(消灯スイッチ付)
・DCC対応
・ブックケースは58654 1両、客車3両、DE10 2両を収納可能
・付属品・・・DE10用「人吉」ヘッドマーク、ジャンパ栓×2、交換用ナックルカプラー×2

セット内容
3両セット
オハフ50-701
オハ50-701
オハフ50-702
■付属品
ジャンパ栓×2
DE10用「人吉」ヘッドマーク
交換用ナックルカプラー×2
編成例
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
関連商品

・10-246 885系(1次車)<アラウンド・ザ・九州>6両セット
・10-865 九州新幹線800系さくら・つばめ6両セット
・10-1541 787系 アラウンド・ザ・九州 4両セット
・10-1686 813系200番代 基本セット(3両)
・10-1687 813系200番代 増結セット(3両)
・10-1688 813系200番代 福北ゆたか線 3両セット
・10-1689 特別企画品 813系200+300番代 6両セット
・10-1729 九州新幹線800系<流れ星新幹線> 6両セット (特別企画品)
・7011-4 DE10 JR九州仕様
・22-221-3 サウンドカード<8620>

別売オプション

・11-213 11-213 LED室内灯クリア(電球色)
・11-214 11-214 LED室内灯クリア(電球色)6両分入

パッケージ

6両ブックケース

購入してみよう
NEW  8620 (58654 「SL人吉」) 2028-2
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)

JR九州承認済

【 2022年11月 】発売予定
2028-28620 (58654 「SL人吉」)17,050円

メーカー詳細

【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)

出典:KATO営業部twitter

インフォメーション

「SL人吉」は熊本~人吉間を結ぶ蒸気機関車牽引の臨時快速列車で、8620形58654号機と専用客車である50系700番代によって運行されています。機関車、客車とも黒い車体に華やかな装飾が施された姿が特徴で、JR九州の人気観光列車のひとつです。現在は肥薩線の一部が不通のため、令和3年(2021)5月から鹿児島本線熊本~鳥栖間での運行を行っているほか、客車はDE10と組み合わせた臨時列車としても活躍しています。

JR九州を代表するSL観光列車がNゲージに新登場です。58654号機単品と客車3両セットのほか、特別企画品として特別なスリーブに収められた機関車+客車のセットも同時発売いたします。
JR九州で活躍する新幹線や特急形電車と合わせてお楽しみいただけます。

主な特徴

・8620形の中でもテンダーの大形化やキャブ裾、ランボード形状などが変更された後期形の特徴をリアルに再現
・門鉄デフや随所に施された金・銀の装飾に白色の握り棒、赤ロッドなど、華やかな外観を的確に再現
・テンダー妻面部の「復活」銘板も再現
・単品・セットともアーノルドカプラー標準装備。交換用ナックルカプラー付属
・スポーク車輪はスポーク間が実際に抜けている外観を再現
・ヘッドライト点灯、電球色LED採用
・付属品・・・「SL人吉」ヘッドマーク、KATOナックルカプラー、重連用カプラー、重連用ナックルカプラー

セット内容
単品
58654
■付属品
「SL人吉」ヘッドマーク
KATOナックルカプラー
重連用カプラー
重連用ナックルカプラー
編成例
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
関連商品

・10-246 885系(1次車)<アラウンド・ザ・九州>6両セット
・10-865 九州新幹線800系さくら・つばめ6両セット
・10-1541 787系 アラウンド・ザ・九州 4両セット
・10-1686 813系200番代 基本セット(3両)
・10-1687 813系200番代 増結セット(3両)
・10-1688 813系200番代 福北ゆたか線 3両セット
・10-1689 特別企画品 813系200+300番代 6両セット
・10-1729 九州新幹線800系<流れ星新幹線> 6両セット (特別企画品)
・7011-4 DE10 JR九州仕様
・22-221-3 サウンドカード<8620>

別売オプション

パッケージ

クリアケース

購入してみよう
NEW  スターターセット <北陸路の近郊電車> 521系 10-016
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
【 2022年08月 】発売予定
10-016スターターセット <北陸路の近郊電車> 521系20,900円

メーカー詳細

インフォメーション

北陸地域の近郊輸送に活躍する521系3次車のスターターセットが新登場です。
521系3次車は、平成25年(2013)以降に新造されたグループで、衝撃吸収構造を持
つ運転台と2次車までとは異なるライト配置が特徴です。全編成が金沢総合車両所
に所属し、北陸本線の敦賀~金沢間で在来編成と共通で最大3編成併結の6両編
成で運用されています。
平成27年(2015)北陸新幹線開業時に2編成がIRいしかわ鉄道に譲渡されたほか、
あいの風とやま鉄道でも同じ外観の新造車が在籍しています。

主な特徴

●金沢地区をはじめ北陸地域で活躍する521系近郊形電車とユニトラック線路、パワーパックが1つになったスターターセットで、これから鉄道模型を始める方におすすめです。
●セットに含まれる車両は<10-1396 521系(3次車)2両セット>と同じ仕様
●ユニトラック線路はM1セット相当のエンドレス1周分の構成
●ユニトラック「V線路セットシリーズ」を追加して、多様な線路展開が可能に!
●パワーパックは使い勝手が良く高出力(1.2A)の「パワーパックスタンダードSX」/「スターターセット専用ACアダプター」を採用
付属のプランバリエーションガイドは線路プランの宝庫。より発展性のあるシステム展開を楽しむことができます。

セット内容
スターターセット
クモハ521-48
クハ520-48
■付属品
編成例
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
関連商品

・10-1221 E7系北陸新幹線 3両基本セット
・10-1222 E7系北陸新幹線 3両増結セットA
・10-1223 E7系北陸新幹線 6両増結セットB
・10-1508 IRいしかわ鉄道 521系古代紫系 2両セット
・10-1509 IRいしかわ鉄道 521系藍系 2両セット
・10-1439 225系100番台(新快速)8両セット
・10-1440 225系100番台(新快速)4両セット
・10-1745 683系4000番台「サンダーバード」(リニューアル車) 基本セット(4両)
・10-1746 683系4000番台「サンダーバード」(リニューアル車) 増結セット(5両)
・10-1747 特別企画品 683系4000番台「サンダーバード」(旧塗装) 9両セット
・10-1748 683系2000番台「サンダーバード」(リニューアル車) 増結編成3両セット

別売オプション

・11-211 11-211 LED室内灯クリア

パッケージ

M1・スターター

購入してみよう
NEW  スターターセット <九州の快速電車> 813系 10-018
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
【 2022年08月 】発売予定

10-018スターターセット <九州の快速電車> 813系20,900円

メーカー詳細

インフォメーション

博多・北九州地区の近郊輸送に活躍する813系のスターターセットが新登場です。
813系はJR九州初のVVVFインバータ車両で、平成21年(2009)までに計255両が製造されました。製造年次によって細かい番代区分がされており、200番代は平成9~10年(1997~1998)に製造された同形式最大のグループです。コンパクトな3両編成の運用から6両編成、9両編成まで線路条件や好みに応じた編成を再現可能です。
◆現行仕様の813系と、運行に必要な車両・線路(ユニトラック)・制御機器(パワーパック)がひとまとめになったオールインワンセットです。ステップアップとして、813系を買い足しての長編成化や、線路を拡張して、同地域で活躍する787系・885系などとの併走もオススメです。

主な特徴

・JR九州博多・北九州地区を中心に活躍している813系200番代快速電車とユニトラック線路、パワーパックが1つになったスターターセットで、これから鉄道模型を始める方におすすめです。
・セットに含まれる車両は<10-1686 813系200番代 基本セット(3両)>と同じ仕様
・ユニトラック線路はM1セット相当のエンドレス1周分の構成
・ユニトラック「V線路セットシリーズ」を追加して、多様な線路展開が可能に!
・パワーパックは使い勝手が良く高出力(1.2A)の「パワーパックスタンダードSX」/「スターターセット専用ACアダプター」を採用
・付属のプランバリエーションガイドは線路プランの宝庫。より発展性のあるシステム展開を楽しむことができます。

セット内容
スターターセット
クハ813-207
サハ813-207
クモハ813-207
■付属品
編成例
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
関連商品

・10-246 885系(1次車)<アラウンド・ザ・九州>6両セット
・10-1541 787系 アラウンド・ザ・九州 4両セット
・10-1687 813系200番代 増結セット(3両)
・10-1688 813系200番代 福北ゆたか線 3両セット
・10-1689 特別企画品 813系200+300番代 6両セット
・10-1729 九州新幹線800系<流れ星新幹線> 6両セット (特別企画品)
・10-1727 特別企画品 58654+50系700 「SL人吉」 4両セット
・10-1728 50系 700番代 「SL人吉」 3両セット
・2028-2 8620 (58654 「SL人吉」)
・7011-4 DE10 JR九州仕様

別売オプション

・11-211 11-211 LED室内灯クリア

パッケージ

M1・スターター

購入してみよう
NEW  サウンドカード<レールジョイント音>  22-205-1
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
【 2022年08月 】発売予定
22-205-1サウンドカード<レールジョイント音> 3,080円

メーカー詳細

インフォメーション

レールジョイントのリズムが生む、誰もが感じる鉄道旅の心地良さを、自宅で鉄道
模型を楽しみながら再現できる新しいコンセプトのサウンドカードが登場です。お手
持ちの車両にレールジョイント音のほか、「発車ベル・手笛・踏切・鉄橋・トンネル」な
どの環境音を追加して、様々な走行シーンを演出可能です。

主な特徴

・転動音+ジョイント音のリズムを聞きながら、お好みの車両(電車・客車など)で運転士や乗客になりきって運転を楽しめます。
・6つのファンクションボタンを押すことにより、ドアや警笛などの車両の普遍的なサウンドや、トンネルや踏切、鉄橋の通過といった音で鉄道の旅を演出します。
・サウンドカード<レールジョイント音>単体でもお楽しみいただけますが、従来のサウンドカードと組み合わせれば、よりリアルなサウンドをご堪能できます(サウンドボックスが2台必要になります)。
・初めてでも遊びやすいコントローラー同調タイプのサウンドカードです。
・「同調設定保存」機能は、サウンドボックスの電源OFF時、直前の同調モードを記憶し、次回起動時も設定が維持される機能です(本製品の動作には影響ありません)。

セット内容
単品
サウンドカード<レールジョイント音>
■付属品
ファンクションラベル
関連商品

・22-102 サウンドボックス(サウンドカード別売)
・10-201 アクセサリーケース(サウンドカード対応)
・22-019 スマートコントローラー(ACアダプター別売)
・22-082 N用ACアダプター

別売オプション

パッケージ

ブリスター

購入してみよう
NEW  サウンドカード<スモールイングランド> 22-221-4
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
【 2022年08月 】発売予定
22-221-4サウンドカード<スモールイングランド>3,520円

メーカー詳細

インフォメーション

PECO社とのコラボレーションで実現したKATO初のOO-9(ダブルオー・ナイン)ナロースケールモデル「スモールイングランド<プリンセス>/<プリンス>」のサウンドカードが登場です。
「スモールイングランド<プリンセス>/<プリンス>」はイギリスのスノードニア国立公園の中で運行されている軌間597mmのフェスティニオグ鉄道を代表する蒸気機関車です。1863~1867年にかけてジョージ・イングランド社で製造された2軸の動輪を持つテンダー付のタンク式蒸気機関車で、同鉄道でも最古の部類です。現在<プリンセス>は静態保存、<プリンス>は動態保存されており、同公園内の保存鉄道で客車を牽いて活躍しています。
「スモールイングランド」にサウンドで息を吹き込み、異国情緒あふれるナローゲージ蒸気機関車の運転をよりリアルにお楽しみいただけます。

主な特徴

・走行状況による走行音の変化をリアルに感じながら鉄道模型の運転をお楽しみいただけます
・実車由来の音源とともに運転することで、スモールイングランドの臨場感ある走行シーンをお楽しみいただけます
・6つのファンクションボタンを押すことにより、汽笛、連結、投炭などのサウンドで運転風景を演出します
・初めてでも遊びやすいコントローラー同調タイプのサウンドカードです
・「同調設定保存」機能は、サウンドボックスの電源OFF時、直前の同調モードを記憶し、次回起動時も設定が維持される機能です(本製品の動作には影響ありません)
・パッケージ内に、サウンドボックス対応の「ファンクションラベル」を同梱

セット内容
単品
サウンドカード<スモールイングランド>
■付属品
ファンクションラベル
関連商品

・51-201A (OO-9)KATO/PECO スモールイングランド<プリンセス(赤)>
・51-201B (OO-9)KATO/PECO スモールイングランド<プリンス(赤)>
・10-201 アクセサリーケース(サウンドカード対応)
・22-019 スマートコントローラー(ACアダプター別売)
・22-082 N用ACアダプター
・22-102 サウンドボックス(サウンドカード別売)

別売オプション

パッケージ

ブリスター

購入してみよう
NEW  サウンドカード<165系>  22-242-5
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
【 2022年08月 】発売予定

22-242-5サウンドカード<165系> 3,520円

メーカー詳細

インフォメーション

165系は、山岳区間対応のため主電動機出力の増大、勾配抑速ブレーキとノッチ戻し制御や耐寒耐雪設備を装備し、昭和38年(1963)から7年間で総数701両が製造されました。
国鉄最後の直流急行形電車で、グリーン車やビュッフェ車なども存在し、東北(黒磯以南)・上越・甲信越・房総・東海・南紀地区などの急行・ローカル用に幅広く運用されました。
急行形電車165系の旅の記憶を呼び覚ますサウンド体験を、N/HOゲージでお楽しみいただけます。
本製品は「サウンド同調」タイプのサウンドカードに「同調設定保存」機能のプログラムを搭載しています。コントローラー優先モードのON・OFF設定が保存されますので、これからサウンドボックスを用いた運転をはじめる方やサウンド同調モードが苦手な方でもお手軽にお楽しみいただけます。

主な特徴

・走行状況による走行音の変化をリアルに感じながら鉄道模型の運転をお楽しみいただけます。
・6つのファンクションボタンを押すことにより、警笛、ドア開閉、鉄道唱歌のオルゴールやブロワー始動と停止などで急行列車・長距離列車の運転を演出します。
・走行音に耳をすませば、時折車体の振動に伴う座席蹴込板のバタつき音も。ボックスシートがずらりと並んだ急行形電車のリアルな乗車感覚をらりと並んだ急行形電車のリアルな乗車感覚を再現します。
・コンプレッサー音は実車の多くに搭載された、特徴あるC1000形で再現
・457系列などの走行用サウンドとしてもお楽しみいただけます(コンプレッサー音が異なります)。
・サウンド同調モードでは走行音に追従した加速/減速が行われ、実車を運転するような感覚でお楽しみいただけます。
・コントローラー優先モードでは、コントローラー同調タイプのサウンドカードと同様にパワーパックの操作に合わせて車両が走行します。
・「同調設定保存」機能は、サウンドボックスの電源OFF時、直前の同調モードを記憶し、次回起動時も設定が維持される機能です。
・パッケージ内に、サウンドボックス対応の「ファンクションラベル」を同梱

セット内容
単品
サウンドカード<165系>
■付属品
ファンクションラベル
関連商品

・1-447 (HO) サロ165
・1-450 (HO) サハシ165 0番台
・1-456 (HO) サハ165 0番台
・3-525 (HO)165系 3両セット
・10-201 アクセサリーケース(サウンドカード対応)
・22-019 スマートコントローラー(ACアダプター別売)
・22-082 N用ACアダプター
・22-102 サウンドボックス(サウンドカード別売)

別売オプション

パッケージ

ブリスター

購入してみよう
NEW  TV1 ユニトラム基本セット 40-811
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
【 2022年08月 】発売予定
40-811TV1 ユニトラム基本セット20,900円

メーカー詳細

インフォメーション

路面電車のレイアウトに欠かせないユニトラム各種が、よりお手に取りやすいセッ
ト構成となって登場です。
ユニトラムはNゲージで路面軌道(トラム)を中心とした街づくりを楽しめる、コンパク
トなテーブルトップのレイアウト(ジオラマ)システムです。街中を走る路面電車のシー
ンをプレートを組み合わせてお手軽にお楽しみいただけます。車や建物のストラク
チャーを加えて、思い描く街並を作ることが可能です。

主な特徴

・従来の「ユニトラム基本セット V50」のセット構成を見直しました。小形パッケージ化、取手のない化粧箱で新たに登場。お好みの車両とパワーパックを加えれば、すぐに運転をお楽しみいただけます。
・エンドレスの複線レイアウトで、2列車のすれ違い運転が可能
・軌道プレートの組み合わせで、簡単にレイアウトを拡張可能
・複線間隔:25mm

セット内容
TV1 ユニトラム基本セット

■付属品
・軌道プレート…直線軌道プレート124mm×2、曲線軌道プレート交差点 R180×4
・アクセサリーキット…電停パーツ3種、電停用シール×1、電停用ビス×4、中央分離帯×2、センターポール2種(直線用×1、曲線用×4)、道路フェンス×2、信号機×2、街路灯×1、ユニトラム用リレーラー×1、トラム用フィーダー×2、ユニジョイナーはずし×1、トラム用ジョイナー×18(プレート組込済含め全28)、プレートジョイナーA×12(プレート組込済含め全20)、プレートジョイナーB×4、共通ユーザーマニュアル×1
関連商品

・14-071-1 広島電鉄200形 (ハノーバー電車)
・14-804-1 広島電鉄1000形<グリーンムーバーLEX>
・14-804-5 特別企画品 広島電鉄 1001 <広電バス>
・14-804-6 特別企画品 広島電鉄 1002<フラワートレイン>
・40-804 ユニトラムエンドレス拡張セット V54
・23-436 テナントビル1
・23-437 ファッションビル1
・23-438 ブランドビル1
・23-439 ブランドビル2
・23-651A トヨタ ハイエース スーパーロング 警察車両(4台入)
・23-651B トヨタ ハイエース スーパーロング 幼稚園バス(4台入)
・23-600A 日野ポンチョ イエロー・あおぞら(2台入)
・23-600B 日野ポンチョ ピンク・ベージュ(2台入)

別売オプション

パッケージ

化粧箱

購入してみよう
 再  サウンドボックス(サウンドカード別売) 22-102
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
【 2022年09月 】発売予定
22-102サウンドボックス(サウンドカード別売)27,500円

メーカー詳細

インフォメーション

ユニトラックの制御機器シリーズ、サウンドボックスは、お手持ちの鉄道模型にリアルなサウンドをプラス。運転席での臨場感あふれる「音」が楽しめ、手軽に「運転士」になりきることができる、鉄道模型の走行による「癒し」と「運転の楽しさ」を再発見できる好アイテムです。
サウンドボックスに、別売のサウンドカードを追加することで、音と鉄道模型が融合した運転を実現し、車両を走らせる楽しみが膨らみます。

主な特徴

・車両に無加工で、アナログで手軽に遊べる好アイテム。走行環境音に加えて各種の運転操作音も楽しめます。
・最新のソフトウェアを採用。既存のサウンドカードの充実と共にアップデートされた「VVVF搭載電車」「気動車」の運転や、「緊急停車機能」「コントローラー優先モード切替機能」を標準搭載しています。
・各ボリュームに目盛りや表記を追加し、より調整しやすくなりました。
・サウンドボックスは「音」のコントロールのみで、車両走行にはお手持ちのパワーパックを活用。余分な買い足しは不要です。
・スピーカーはサウンドボックス本体に搭載。車両への加工は一切必要がありません。すぐにお手持ちの車両で楽しめます。
・手元のスピーカーからの、臨場感あふれる「音」は、まるで運転席にいるよう。迫力のサウンドで運転を楽しむことができます。
・別売のサウンドカードを差し込むことによって、様々な車種の運転をお楽しみいただけます。
・走行音が車両の走行状態に同調するよう自動的に再生されるのが、サウンドボックスの特長です。
・6つの押しボタンで、汽笛・ブレーキ音などお好みの操作音を鳴らして楽しむことが可能です。車種によって操作音が異なります。
・サウンド音量・マイク音量・起動電圧・音同期の各調整ボリューム付。車両の特性に合わせた調整で、より実感的に楽しめます。
・使用する際は車両走行用のパワーパックにジャンプコードを介して簡単接続。サウンドボックス動作用の電源は、KATOパワーパック側のスナップ形端子に接続することによって簡単接続。
・他社製パワーパックも使用可能。(接続には、ジャンプコード接続に加工が必要なほか、本体動作用にKATOパワーパックもしくは別途外部電源が必要となります)。ECS-1でご使用の場合は、「コントローラー優先モード」をおすすめします。
・「音」の入出力端子を標準装備、アンプを介した外部スピーカーなどへの接続や、マイクやスマートフォンをつなげば、駅や車掌の案内放送、その他の音源をミックスさせることも可能で、鉄道模型を走らせる楽しみが倍増します。
・「サウンドボックス 遊び方ガイド」が付属。4タイプのサウンドカード〈電車・気動車・蒸気機関車・電気機関車)によるシミュレーションを掲載しており、実車のようなサウンドを再現しながら、運転をお楽しみいただけるガイドです。

セット内容

サウンドボックス本体
JUMPコード
取扱説明書
遊び方ガイド

関連商品

・10-201 アクセサリーケース(サウンドカード対応)
・22-018 22-018 パワーパックスタンダードSX ACアダプター別売
・28-510 サウンドボックス用 車載スピーカー送信機
・22-205-1 サウンドカード<レールジョイント音>
・22-221-4 サウンドカード<スモールイングランド>
・22-242-5 サウンドカード<165系>

別売オプション

・22-019 スマートコントローラー(ACアダプター別売)
・22-092 サウンドボックスキャンセラー
・22-082 N用ACアダプター
・22-083 HO用ACアダプター

購入してみよう
 再  DE10 JR九州仕様 7011-4
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)

JR九州承認済

【 2022年11月 】発売予定
7011-4DE10 JR九州仕様7,920円

メーカー詳細

インフォメーション

黒いボディに朱色のランボード、金色の手すりで構成された外観が特徴のJR九
州所属のDE10は、平成22年(2010)にテレビ番組放送のため黒基調の塗装が施さ
れたのを皮切りに、JR九州に所属する8両のDE10全てがこのカラーリングになりま
した。
入換作業、工事列車の牽引のほか、「クルーズトレイン ななつ星in九州」など様々
なシーンで活躍する姿が見られます。臨時列車の「トワイライトエクスプレス」の牽引
を担った実績もあります。

主な特徴

・熊本車両センター所属の1209号機がプロトタイプ
・特徴的な黒色のボディと朱色のランボード、金色の各手すり類を的確に美しく再現
・JR無線アンテナを装備した屋根を再現
・前面ガラスはワイパーを装備した「暖地形」の姿を再現
・側面の窓サッシ、ワイパーは銀色で再現
・製造銘板は「川崎」が印刷済
・スノープロウ装備
・ラジエーターグリルや冷却ファンなどを細密にディテール再現
・フライホイール搭載動力ユニット採用によりパワフルでスムースな走行性能を実現
・トラクションタイヤ装備
・輪芯表現と黒色仕上による重厚な車輪表現
・ヘッドライト点灯(電球色LED採用)
・屋根上のホイッスルを別部品で再現
・アーノルドカプラー標準装備。交換用ナックルカプラー付属
・交換用ナンバープレート「1195」「1206」「1207」「1209」。文字の色は実車同様「1195」のみ銀色、ほかの車番は金色で再現

【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
セット内容
単品
DE10 JR九州仕様
■付属品
ナンバープレート
ホイッスル
ナックルカプラー
編成例
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
関連商品

・20-852 M1 エンドレス線路基本セット マスター1
・10-246 885系(1次車)<アラウンド・ザ・九州>6両セット
・10-865 九州新幹線800系さくら・つばめ6両セット
・10-1541 787系 アラウンド・ザ・九州 4両セット
・10-1729 九州新幹線800系<流れ星新幹線> 6両セット (特別企画品)
・10-1727 特別企画品 58654+50系700 「SL人吉」 4両セット
・10-1728 50系 700番代 「SL人吉」 3両セット
・2028-2 8620 (58654 「SL人吉」)

別売オプション

パッケージ

クリアケース

購入してみよう
 再  EF510 500 カシオペア色 3065-2
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)

JR東日本商品化許諾済

【 2022年12月 】発売予定
3065-2EF510 500 カシオペア色7,700円

メーカー詳細

インフォメーション

EF510は、省電力で高出力の新世代機関車として平成14年(2002)に誕生しまし
た。
平成22年(2010)7月には、寝台特急「北斗星」「カシオペア」牽引用に500番台をJR東日本が投入、田端運転所に新製配備されたEF510 500、15両のうち509号機と510号機は銀色のカシオペア色で活躍しました。
同時再生産予定の<10-1608~1609 E26系「カシオペア」>の牽引機としておすすめです。定期運用末期の頃に見られた編成を再現可能です。

主な特徴

・銀色の車体側面に5色の流星をデザインした旅客用EF510カシオペア塗色を的確に再現
・車体表記、JRマークを美しく表現
・前面ヘッドマーク取付ステー、貨物用とはディテールの異なるスカートや運転台上部の列車無線アンテナ、信号炎管などの相違点を再現
・パワーが向上した新形動力を搭載。
・交直両用機関車の特徴である屋根上は、金属の屋根上配線、機器類、緑色の碍子などを的確に再現
・アーノルドカプラー標準装備(ナックルカプラー付属)

セット内容
単品
EF510 500 カシオペア色
■付属品
「カシオペア」「北斗星(金縁)」ヘッドマーク
選択式ナンバープレート(509、510号機)
交換用ナックルカプラー
編成例
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
関連商品

・10-1608 E26系「カシオペア」 6両基本セット
・10-1609 E26系「カシオペア」 6両増結セット
・10-1267 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 基本セット(4両)
・10-1268 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 増結セットA(4両)
・10-1269 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 増結セットB(2両)
・10-1270 E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 付属編成セット(5両)
・10-1553 701系1000番台 仙台色 4両セット
・3076-1 ED79 シングルアームパンタグラフ
・7008-F DD51 後期 耐寒形 北斗星

別売オプション

パッケージ

クリアケース

購入してみよう
 再  DD51 後期 耐寒形 北斗星 7008-F
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)

JR北海道商品化許諾済

【 2022年12月 】発売予定
7008-FDD51 後期 耐寒形 北斗星8,030円

メーカー詳細

インフォメーション

北海道を走る寝台特急に欠かせない、DD51 後期 耐寒形 北斗星が再生産です。
DD51は昭和63年(1988)の青函トンネル開業により誕生した寝台特急「北斗星」のイメージを取り入れ、同年夏以降に全機が青20号に金帯をまとった姿に塗色変更されて活躍しました。客車列車の縮小化により、徐々に廃車が進み平成28年(2016)3月の「カシオペア」通常運行終了に伴い最後の5両が引退しました。

主な特徴

・JR北海道のブルートレイン牽引機(A寒地仕様)をプロトタイプに製品化。スノープロウ・旋回窓・ホイッスルカバー装備、タブレットキャッチャー・同保護板・縦雨樋ナシの実車どおりの形態を再現
・タブレットキャッチャーおよび同保護板を撤去後の姿を再現
・各所のHゴムは黒色で再現
・ボンネットのつなぎ部は黒色で再現
・特徴的な形状のヘッドマークステーを別パーツで再現
・フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行が可能
・ヘッドマークは「北斗星」「カシオペア」付属
・ヘッドライト点灯。電球色LEDを採用
・アーノルドカプラー標準搭載。交換用ナックルカプラーが付属
・選択式ナンバープレート:「1137」「1138」「1140」「1142」
・ホビーセンターカトー扱い品の「28-260-1 DD51動力台車(タイヤ無)」を用いることで、重連運転時によりスムーズに運転をお楽しみいただけます。

【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
セット内容
単品
DD51 後期 耐寒形 北斗星
■付属品
選択式ナンバープレート:「1137」「1138」「1140」「1142」
ヘッドマーク:「北斗星」「カシオペア」
交換用ナックルカプラー
ヘッドマークステー
編成例
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
関連商品

・10-1608 E26系「カシオペア」 6両基本セット
・10-1609 E26系「カシオペア」 6両増結セット
・10-1619 731系<いしかりライナー> 3両セット
・10-1620 キハ201系<ニセコライナー> 3両セット
・22-271-1 サウンドカード(DD51)
・22-102 サウンドボックス(サウンドカード別売)
・3076-1 ED79 シングルアームパンタグラフ

別売オプション

パッケージ

クリアケース

購入してみよう
 再  ED79 シングルアームパンタグラフ 3076-1
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)

JR北海道商品化許諾済

【 2022年12月 】発売予定
3076-1ED79 シングルアームパンタグラフ7,700円

メーカー詳細

インフォメーション

ED79は昭和63年(1988)に開業した青函トンネル専用の機関車で、国鉄のED75700番台を改造する形で誕生した客貨両用の交流電気機関車です。青函トンネル内の独特の環境に適した構造となり、旅客列車は単機、貨物列車は重連で牽引して活躍しました。
寝台特急「北斗星」「トワイライトエクスプレス」「カシオペア」、寝台急行「はまなす」の牽引などで活躍しました。常用パンタグラフを当初の下枠交差形からシングルアームパンタグラフに交換したED79末期の姿をお楽しみいただけます。

主な特徴

・JR北海道の函館運輸所青函派出所(旧五稜郭機関区)所属機がプロトタイプ
・平成22年(2010)より、2端側(函館寄)の常用パンタグラフをシングルアームパンタグラフに換装したスタイルを再現
・ED75の流れを引き継ぐ、コンパクトな車体が特徴の青函トンネル専用機ED79 0番台
・交流機関車ならではの屋根上機器を金属線+緑色碍子で再現。特徴ある銀の安定抵抗器カバーがアクセント
・前面窓ガラス/側面明かり窓のHゴムは黒で再現、乗務員室側窓はアルミサッシ窓を再現
・フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行が可能
・「カシオペア」「北斗星」「トワイライトエクスプレス」などの寝台特急フル編成(LED室内灯付)を牽引可能
・カプラーは、アーノルドカプラー標準装備。交換用ナックルカプラー付属

セット内容
単品
ED79 シングルアームパンタグラフ
■付属品
クイックヘッドマーク:「北斗星」「カシオペア」
選択式ナンバープレート「4」「7」「13」「14」
選択式メーカーズプレート「東芝/日立」
ジャンパ栓
交換用ナックルカプラー
編成例
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
関連商品

・10-1608 E26系「カシオペア」 6両基本セット
・10-1609 E26系「カシオペア」 6両増結セット
・10-869 24系寝台特急「トワイライトエクスプレス」 6両基本セット
・10-870 24系寝台特急「トワイライトエクスプレス」 4両増結セット
・10-831 24系寝台特急「北斗星」デラックス編成 6両基本セット
・10-832 24系寝台特急「北斗星」デラックス編成 6両増結セット
・3065-2 EF510 500 カシオペア色
・7008-F DD51 後期 耐寒形 北斗星

別売オプション

パッケージ

クリアケース

購入してみよう
 再  E26系「カシオペア」 6両基本セット 10-1608
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)

JR東日本商品化許諾済

【 2022年12月 】発売予定

10-1608E26系「カシオペア」 6両基本セット17,820円

メーカー詳細

インフォメーション

上野発、北海道方面札幌行きの夜行列車として名を馳せたE26系「カシオペア」を再生産いたします。
実車は「北斗星」の更なる上級列車に位置づけられる新しい寝台客車として平成11年(1999)7月に登場、列車名を「カシオペア」として上野~札幌間で運行開始しました。豪華寝台列車として長年活躍しましたが、北海道新幹線の函館開業を機に、平成28年(2016)3月に定期的な運用を終了しました。現在は「カシオペア紀行」「カシオペアクルーズ」という団体専用列車として運行されています。

主な特徴

・シンボルマーク(スロネフE26/カハフE26)や5色のカラーストライプを美しく表現
・曲面ガラスで構成された展望部(スロネフE26/カハフE26)を的確にモデル化
・シンボルマーク(スロネフE26/カハフE26)や5色のカラーストライプを美しく表現。またステンレスの微妙な質感差(ドア枠、鋼製展望部など)も表現・ガラスの色は、薄緑で表現
・カハフE26屋根上機器を別付パーツで再現
・カハフE26ラウンジやマシE26食堂車など、茶色を基調とした各車両個室などの室内を再現
・マシE26テーブルライト点灯
・スロネE26連結部電話アンテナやカハフE26屋根上機器を別付パーツにより再現
・車端部床下の機器類を再現(台車部取付の別部品で表現)
・カハフE26/スロネフE26のテールライトと愛称板は白色LEDで鮮やかに点灯
・EF81およびED79用の「カシオペア」ヘッドマークが2個ずつ付属
・スロネフE26/カハフE26編成両端連結部は、アーノルドカプラーを標準装備(交換用KATOナックルカプラー付属)。中間連結部は、ジャンパ管付KATOカプラー密連形を標準装備

セット内容
6両基本セット
スロネフE26-1
マシE26-1
スロネE27-401
スロネE27-301
スロネE27-201
カハフE26-1
■付属品
屋根上機器
行先表示シール
ヘッドマーク
換用ナックルカプラー
編成例
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
関連商品

・3065-2 EF510 500 カシオペア色
・3076-1 ED79 シングルアームパンタグラフ
・7008-F DD51 後期 耐寒形 北斗星
・10-1553 701系1000番台 仙台色 4両セット

別売オプション

・11-222 LED室内灯クリア E26系用 6両分入

パッケージ

6両ブックケース

購入してみよう
 再  E26系「カシオペア」 6両増結セット 10-1609
クリックでオープン&クローズ
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)

JR東日本商品化許諾済

【 2022年12月 】発売予定
10-1609E26系「カシオペア」 6両増結セット15,400円

メーカー詳細

インフォメーション

実車は「北斗星」の更なる上級列車に位置づけられる新しい寝台客車として平成11年(1999)7月に登場、列車名を「カシオペア」として上野~札幌間で運行開始しました。豪華寝台列車として長年活躍しましたが、北海道新幹線の函館開業を機に、平成28年(2016)3月に定期的な運用を終了し、現在は「カシオペア紀行」「カシオペアクルーズ」という団体専用列車として運行されています。

KATOは、上野発、北海道方面札幌行きの夜行列車として名を馳せた、E26系「カシオペア」を定期列車として活躍していた全盛期(2005~2012年頃)の仕様で製品化。お手持ちの機関車で再現いただけるように電気機関車用のヘッドマークを付属いたします。機関車とともに往時の雰囲気をお楽しみいただけます。

主な特徴

・シンボルマーク(スロネフE26/カハフE26)や5色のカラーストライプを美しく表現
・曲面ガラスで構成された展望部(スロネフE26/カハフE26)を的確にモデル化
・シンボルマーク(スロネフE26/カハフE26)や5色のカラーストライプを美しく表現。またステンレスの微妙な質感差(ドア枠、鋼製展望部など)も表現・ガラスの色は、薄緑で表現
・カハフE26屋根上機器を別付パーツで再現
・カハフE26ラウンジやマシE26食堂車など、茶色を基調とした各車両個室などの室内を再現
・マシE26テーブルライト点灯
・スロネE26連結部電話アンテナやカハフE26屋根上機器を別付パーツにより再現
・車端部床下の機器類を再現(台車部取付の別部品で表現)
・カハフE26/スロネフE26のテールライトと愛称板は白色LEDで鮮やかに点灯
・EF81およびED79用の「カシオペア」ヘッドマークが2個ずつ付属
・スロネフE26/カハフE26編成両端連結部は、アーノルドカプラーを標準装備(交換用KATOナックルカプラー付属)。中間連結部は、ジャンパ管付KATOカプラー密連形を標準装備

セット内容
6両増結セット
スロネE26-1
スロネE27-101
スロネE27-402
スロネE27-302
スロネE27-202
スロネE27-1
■付属品
屋根上機器
行先表示シール
編成例
【KATO】2022年11月発売予定品ポスター掲載(2022年7月1日)
関連商品

・3065-2 EF510 500 カシオペア色
・3076-1 ED79 シングルアームパンタグラフ
・7008-F DD51 後期 耐寒形 北斗星
・10-1553 701系1000番台 仙台色 4両セット

別売オプション

・11-222 LED室内灯クリア E26系用 6両分入

パッケージ

6両ブックケース

購入してみよう

 

更新履歴&記事元
2022年07月01日:記事を掲載しました。
記事元:KATO オフィシャルサイト
Return Top 横濱模型