横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

【KATO京都駅店】4月30日発売 C62 3 梅小路機関区 特製品 #kato

発売情報


【 2021年04月30日 】発売日

 品名価格(税込)
C62 3 梅小路機関区27,500円
C62 3 梅小路機関区
JR北海道商品化許諾済(KATO京都駅店より引用)
特急かもめを牽引していた頃の姿を再現
価格 ¥27,500(税込)

・「C62 3」のナンバープレート取付済。
​・ナンバー取付高さが低い3号機用の前面煙室扉を新規作成。
・前面シンダ受けエプロンは、3号機の形態を表現。
・屋根形状の異なる運転室を再現。
・シリンダーは3号機の形状を的確に再現。
・重油タンクの無いテンダー形状を再現。
​​・後部にはアーノルドカプラー標準装備。
・ヘッドマーク「かもめ(2種類)」、交換用ナックルカプラー付属
​・単品ケース入り。(ペーパーインサートは専用デザイン)

○実車について

​​C62形は、昭和23年(1948年)から昭和24年(1949)年にかけて49両が製造された、日本最大の旅客用テンダー式蒸気機関車です。
C62 3は昭和23年(1948年)に日立製作所 笠戸工場での製造No.1931として落成。糸崎機関区で試験的に運用されたのち、昭和25年(1950年)梅小路機関区へと転属。急行・普通列車牽引機として活躍しました。
昭和28年(1953年)に京都~博多間を結ぶ特急「かもめ」が運用開始。蒸気暖房を使用しない季節を中心に、所定のC59に代わって京都~広島間を牽引する姿がよく見られました。
東海道本線全線電化後は、小樽築港機関区へと転属し、函館本線で客車列車を牽引しました。
廃車後の昭和63年(1988年)に車籍復活、C62ニセコ号の牽引を行いました。平成13年(2001年)に苗穂の北海道鉄道技術館に移管され、現在も保存展示されています。

※模型は一部表現が実車と異なります。​​
​※写真は試作品です。
※製品の仕様は予告なく変更する場合がございます。

オフィシャルサイトでご確認を!

関連商品

KATO Nゲージ C62 2 東海道形 2017-8 鉄道模型 蒸気機関車

 

更新履歴&記事元
2021年04月30日:記事を掲載しました
情報元:KATO京都駅店 オフィシャルサイト

Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END