横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

【KATO】新製品発表 2020年3月 まさかの東武! #カトー

KATO(カトー)

https://www.katomodels.com

発売予定品情報

新製品再生産発売予定ポスターがオフィシャルサイトにて公開されました。

ポスター内容一覧

[ 2019年12月 ]発売予定

 品番品名価格(税別)
28-851赤きつね1300円
28-852たぬき1100円
25-000KATO Nゲージ・HOゲージ 鉄道模型カタログ20201700円

[ 2020年2月 ]発売予定

 品番品名価格(税別)
10-127650系客車5両基本セット11400円
5142オハ501600円
5143オハフ502400円
11-55150系客車グレードアップパーツ1600円
28-23450系客車用伸縮カプラーセット(基本セット対応)2000円

[ 2020年3月 ]発売予定

 品番品名価格(税別)
10-1592東武鉄道 東上線 50070型基本セット(4両)15000円
10-1593東武鉄道 東上線 50070型増結セットA(4両)10500円
10-1594東武鉄道 東上線 50070型増結セットB(2両)4500円
10-159120系 寝台客車7両基本セット14000円
5086-Bナロネ21(車端部床下機器付)1600円
5158-Bナハネ20(車端部床下機器付)1600円
10-135320系寝台特急 ナハネ20 6両増結セット 11200円
11-320バックサイン20系客車用セット1100円
23-57719Gコンテナ(新塗装)5個入1100円
23-578UR19Aコンテナ(日本石油輸送・桜帯)5個入1100円
7010-1DD54 ブルートレイン牽引機7000円
10-818489系 急行「能登」5両基本セット16000円
10-819489系 急行「能登」4両増結セット7900円
10-1427E4系新幹線Maxとき 8両セット21000円

[ 企画進行中 ]発売予定

 品番品名価格(税別)
未定東武鉄道8000系未定

ポスター内容詳細(抜粋)

東武鉄道 東上線 50070型
クリックでオープン&クローズ
 品番品名価格(税別)
10-1592東武鉄道 東上線 50070型基本セット(4両)15000円
10-1593東武鉄道 東上線 50070型増結セットA(4両)10500円
10-1594東武鉄道 東上線 50070型増結セットB(2両)4500円

インフォメーション

東武東上線の有楽町・副都心線直通用車両である東武50070型は、平成19年(2007)に登場しました。平成16年(2004)以降に登場した50050型をベースに製造された地下鉄乗り入れ対応の形式で、日立製作所開発の次世代アルミ車両システム”A-train”を採用しています。凹凸の少ない綺麗なアルミボディに、シャイニーオレンジのブロックパターンの側面デザイン、シンプルでクリーンな前面は従来のイメージを一新し、登場から約10年が経過してもその魅力は色あせません。
PC枕木を再現した複線線路やスラブ道床の複線線路で5社直通の車両のすれ違い運転、近郊形ホームDXとホームドアを組み合わせてより実感的な5社直通シーンをお楽しみいただけます。

主な特徴

●バリエーションの多い形態のうち、側窓が2連の1段下降窓をもち、屋根上の強制換気装置非搭載の後期の編成を製品化。
●製品のプロトタイプは森林公園検修区所属51076Fを製品化。現行の東武鉄道ブランドマーク。
●フライホイール付動力ユニット搭載で、安定した走行を実現。DCCフレンドリー。
●先頭車はヘッド/テールライト・前面行先表示・運番表示点灯。
●カプラーは各車ともフックなしのボディマウント密連形カプラー採用。先頭部はダミーカプラー。
●側面の少ない凹凸の中でも、特徴的な前頭部との接続部、折れ面をみせる車端部、車体裾や独特な形状の前面ステップを的確に再現。
●開閉可能な客用ドア間の側窓と車端部固定窓のボディとの段差の違いを再現。
●ATO運転によるホーム監視モニターやワンマン機器設置により、他形式とは異なる運転台の形状を再現。
●2号車・9号車の車イス、ベビーカーマーク、9号車の弱冷房車表示を印刷で再現。
●前面表示は「F急行/森林公園 21T」を取付済、交換用前面表示として「普通/新木場 07T」「通勤急行/元町・中華街 17T」「無地」が各2個付属、側面表示は、黒地。
●行先表示シール付属。 前面行先表示は「F急行/森林公園 13T」「普通/新木場 01T」「通勤急行/元町・中華街 11T」「F特急/元町・中華街 19T」「各停/川越市 09T」、側面行先表示は「F急行/森林公園」「普通/新木場」「通勤急行/元町・中華街」「F特急/元町・中華街」「各停/川越市」「1~10号車」、そのほかに女性専用車表示、優先席表示、前面遮光幕を収録。
●増結セットA(4両)は10両用ブックケースを設定。基本セット(4両)、増結セットB(2両)の車両をまとめて収納可能。

セット内容
基本セット(4両)
50076
55076
53076
51076
増結セットA(4両)
57076
56076
54076
52076
増結セットB(2両)
59076
58076

付属品
基本セット(4両)・・交換用前面表示、行先表示シール
増結セットA(4両)・セット名表示シール

編成例

関連商品

10-1400~1402 西武鉄道40000系
10-1259~1261 東京メトロ有楽町線・副都心線10000系
10-1456 東急電鉄東横線 5000系<青ガエル>ラッピング編成
23-150~ 近郊形ホームDX各種

別売オプション

KATO Nゲージ 11-211 LED室内灯クリア
KATO Nゲージ 11-212 LED室内灯クリア 6両分入

20系 寝台客車
クリックでオープン&クローズ
 品番品名価格(税別)
10-159120系 寝台客車7両基本セット14000円
5086-Bナロネ21(車端部床下機器付)1600円
5158-Bナハネ20(車端部床下機器付)1600円
10-135320系寝台特急 ナハネ20 6両増結セット 11200円
11-320バックサイン20系客車用セット1100円

インフォメーション

わが国の鉄道史に残るブルートレイン20系特急形寝台客車は、日本が高度成長期に入った昭和33年(1958)10月に特急「あさかぜ」用として登場しました。20系は、それまでの客車には見られなかった固定編成方式を採用し、全車固定窓の冷暖房完備、空気バネ台車を採用した乗り心地の改善、各車両に電気を供給する電源車の登場と衝撃的な内容で、東京~博多間を17時間代で結ぶという当時では画期的な列車として好評を博しました。
外観も曲面で構成された車端部と丸みをおびた車体が絶妙な調和を見せ、ブルーの車体色に配されたクリーム色の3本の帯が醸し出す流れるようなラインが更に近代化イメージを高めていました。
特急「あさかぜ」の20系化は絶大な人気と「ブルートレイン」という愛称で親しまれ、「さくら」「はやぶさ」「みずほ」「出雲」と続く特急寝台列車の先駆けとして、その存在を不動のものとしました。

主な特徴

・20系寝台客車の各種仕様を見直しの上、既存の同系列最新製品と同等の仕様へアップグレード。
・ナハネフ23の車掌室側貫通扉を銀色で再現。付属のボディマウントカプラーを取付可能。
・緩急車の車掌室内部を表現。シースルー化。
・車端部床下の粉砕式汚物処理装置を再現。
・カニ21、ナハネフ22の機関車連結側はボディマウントカプラーを採用。アーノルドカプラー標準装備、交換用ナックルカプラー付。
・中間連結面はいずれも台車マウントのKATOカプラーN JP Bを採用。
・テールライト/バックサイン点灯。ナハネフ23は消灯スイッチ付。LEDライトユニット採用で、低電圧から明るく点灯。
・プラ成形ならではの美しい仕上がりの先頭部(カニ21・ナハネフ22)流線形屋根形状を再現。
・青15号の車体色、3本のクリーム1号の細帯を美しく塗り分け。
・側面行先方向幕を白色パーツで表現。
・B寝台車のベッド、A寝台車開放(プルマン)形寝台、食堂車のテーブルなど、室内表現も充実。
・クーラーや水タンク、エアタンク、配管類などの床下機器を細密に再現。
・バックサイン付属。「出雲」「瀬戸」「あけぼの」「あさかぜ」

セット内容
7両基本セット
カニ21 11
ナロネ21 129
ナハネ20 231
ナシ20 5
ナハネフ23 6
ナハネ20 248
ナハネフ22 7
単品
ナロネ21 115
ナハネ20 81
6両増結セット
ナハネ20 114
ナハネ20 110
ナハネ20 129
ナハネ20 137
ナハネ20 147
ナハネ20 123

付属品
7両基本セット
・バックサイン
・交換用ナックルカプラー
・消灯スイッチ用ドライバー
・ナハネフ23用ボディマウントカプラー

編成例

関連商品

7010-1 DD54 ブルートレイン牽引機
3049 EF58 後期形 小窓Hゴム
3064-1 EF80 1次形
3075-1 ED75 1000 前期形
3089-1 EF65 1000 前期形

別売オプション

KATO Nゲージ 11-211 LED室内灯クリア
KATO Nゲージ 11-212 LED室内灯クリア 6両分入
KATO Nゲージ マグネ・マティック カプラーMT-10 2個入 11-711 鉄道模型用品

 再  DD54 ブルートレイン牽引機 電球色LED仕様!
クリックでオープン&クローズ
7010-1 DD54 ブルートレイン牽引機
 品番品名価格(税別)
7010-1DD54 ブルートレイン牽引機7000円

インフォメーション

●ブルートレインの牽引を中心に活躍したDD54を再生産いたします。
日本離れしたスタイルが印象に強いDD54は、大出力1エンジンの亜幹線用として試作機DD91をベースに昭和41年(1966)から製作された量産機です。福知山、米子の両機関区に所属し、山陰本線京都から浜田間、福知山線、播但線、伯備線の各線で普通客車列車から貨物列車まで広範囲に活躍しました。優等列車では急行「だいせん」「出雲」「おき」の他、対応改造機による特急格上げ後の20系「出雲」の牽引や、昭和43年(1968)福井国体で重連で牽引した(前補機3号機+本務機1号機)1次形のお召列車牽引機も有名です。現在でも、京都鉄道博物館で33号機が保存されています。
◆同時発売予定の20系寝台客車の牽引機としてもおすすめです。
◆今回の製品は再生産になります。今回の製品からライトユニットが電球色LEDに変更になります。そのほかの仕様については従来製品からの変更はありません。

主な特徴

・5・6次形ブルートレイン牽引用32~37号機のうち、昭和47年(1972)頃の33号機をプロトタイプに製品化
・ヘッドライトは、電球色LEDを採用
・運転台窓ガラスがHゴム支持
・20系牽引用ジャンパ栓を表現
・選択式ナンバー(32、33、34、37号機)
・クイックヘッドマーク・・・「出雲」

セット内容

単品
DD5

付属品
交換用ナックルカプラー
「出雲」ヘッドマーク

編成例

関連商品

10-1591 20系寝台客車 7両基本セット
10-1353 20系寝台客車 ナハネ20 6両増結セット
6113~6117 キハ58系
10-034 旧形客車 4両セット(茶)
10-1550 12系急行客車 国鉄仕様

別売オプション

19Gコンテナ(新塗装) 5個入
UR19Aコンテナ(日本石油輸送・桜帯) 5個入
クリックでオープン&クローズ

 品番品名価格(税別)
23-57719Gコンテナ(新塗装)5個入1100円
23-578UR19Aコンテナ(日本石油輸送・桜帯)5個入1100円

インフォメーション

●コンテナ貨車に積載して楽しめる12フィートコンテナの新たなラインナップとして、19Gコンテナ(新塗装)とUR19Aコンテナ(日本石油輸送・桜帯)を製品化いたします。
19GコンテナはJR貨物所有のコンテナで、平成13~30年(2001~2018)の長期に渡って製造されました。片側妻扉・側扉の二方に開閉するコンテナで、19Dコンテナに次ぐ勢力として各地で活躍しています。
UR19Aコンテナ(日本石油輸送・桜帯)は、改元やラグビーW杯の日本開催を記念し、「和」をイメージした華やかな桜の模様入りの帯が入ったコンテナです。内部に荷物固定用のラッシングリング付に改良し、両側側面に扉を備えています。

主な特徴

① 19Gコンテナ(新塗装)
・平成26年(2014)以降製造のCIMC(中国国際海運集装箱)製がプロトタイプ。ロゴがJRマークとなった後期形を製品化。
・側板の扉無部はリブ14本、妻板の扉無部はリブ9本の形態を再現。
・ロットにより異なるドアストッパー位置、側面取っ手の有無を印刷で再現。
②UR19Aコンテナ(日本石油輸送・桜帯)
特徴的な桜模様の帯を美しく的確に再現。
コンテナ底面や扉面のエコレールマーク、各種表記類も余すことなく再現。

セット内容
19Gコンテナ(新塗装)
19G-18501
19G-18710
19G-18823
19G-20900
19G-21086
UR19Aコンテナ
(日本石油輸送・桜)
UR19A-12154
UR19A-12168
UR19A-12189
UR19A-12202
UR19A-12247
関連商品

23-142/143 貨物駅プレート
23-515 フォークリフト 一般仕様
23-501 20Bコンテナ
3034-4 EF210 100番台 シングルアームパンタグラフ
10-1421 コキ104 コンテナ無積載

別売オプション

 再  50系客車
クリックでオープン&クローズ

 品番品名価格(税別)
10-127650系客車5両基本セット11400円
5142オハ501600円
5143オハフ502400円
11-55150系客車グレードアップパーツ1600円
28-23450系客車用伸縮カプラーセット(基本セット対応)2000円


インフォメーション

●地方都市圏の通勤通学などで活躍した、50系客車を再生産いたします。
50系一般形客車は、それまでの旧形客車の置き替えと、輸送改善や安全性向上を目的として昭和52年(1977)に誕生しました。従来の狭い手動客扉は幅広の自動扉となり、出入口周辺もロングシートとなって、乗降の便と安全性が大きく向上しました。 赤2号に塗られた車体から「レッドトレイン」の愛称で親しまれ、地方都市近郊の通勤通学輸送に重用されました。
◆機関車と客車2両~13両程度の様々な編成をお楽しみいただける列車です。お好みの機関車と組み合わせて、往年の客車普通列車を再現可能です。

主な特徴

● 50系
・「レッドトレイン」の愛称で呼ばれる国鉄最後の一般形客車オハ50系を、国鉄時代のオリジナルの姿で、福島客貨車区所属の2000番台の電気暖房装備車をプロトタイプに再現。
・奥羽本線、板谷峠でのED78・EF71との組合せての活躍のほか、全国で様々な機関車と共に活躍した姿が再現可能。
・シンプルな外観ながら、従来の客車とは一線を画す鮮やかな「赤2号」の塗装を「レッドトレイン」の名にふさわしく再現。
・オハ50・オハフ50共に、靴ズリ、ドアレールの銀や、方向幕準備部やトイレ臭気抜き窓のHゴムを印刷にて表現。
・乗務員室を装備したオハフ50にはテールライト標準装備(両側)/消灯スイッチ装備。点灯する側を選択可能。
・オハフ50の妻面には検査表記を印刷済。基本セットの中間車となるオハフ50はテールライト非装備。
・カプラーは、台車マウントのアーノルドカプラー標準装備。 床板にはボディマウントカプラー取付対応の穴を設定。
・パッケージは、基本5両セットが、7両ブックケースタイプ(機関車と増結客車1両収納可能)。 単品は標準のクリアケース入。

● 50系客車 グレードアップパーツ
・屋根板(ベンチレーター一体)と交換していただくことにより、より一層の精密化を図ることができます。
・オハ用屋根(ベンチレーター10個)・オハフ用屋根(同9個)×各2両分入り
・50系、50系51形両方に使用できます。

セット内容
5両基本セット
オハフ50 2480
オハ50 2309
オハフ50 2461
オハ50 2246
オハフ50 2371
単品
オハ50 2322
オハフ50 2474
編成例

関連商品

3075-1 ED75 1000 前期形
3066-1 EF81 一般色
6113 キハ58(M)
6114 キハ58
6115 キハ28
6117 キハ65

別売オプション

KATO Nゲージ 11-211 LED室内灯クリア
KATO Nゲージ 11-212 LED室内灯クリア 6両分入
KATO Nゲージ 11-213 LED室内灯クリア 電球色
KATO Nゲージ 11-214 LED室内灯クリア 電球色 6両分入
KATO Nゲージ 28-234 50系客車用 伸縮カプラーセット

 再  E4系新幹線「Maxとき」 8両セット
クリックでオープン&クローズ
E4系新幹線「Maxとき」 8両セッ
 品番品名価格(税別)
10-1427E4系新幹線Maxとき 8両セット21000円

インフォメーション

●現在上越新幹線で活躍を続けるE4系「Maxとき」を再生産いたします。
平成26年(2014)に開催された「新潟ディスティネーションキャンペーン」に合わせて、帯色を従来の黄色から“朱鷺色”と呼ばれるピンク色への変更が実施されました。
現在は<Maxとき><Maxたにがわ>として活躍を続けていて、2編成を併結した16両編成も見られます。

主な特徴

● 実車の持つスピード感あふれる流線形の車体形状と美しいカラーリングを、余すことなく再現
● 別売の室内灯を組み込んだ場合、グリーン室と普通室の照明色の違いを再現可能
● 中間動力車1階部分のシースルー化を実現
● PS201形パンタグラフや避雷器、アンテナ類等の屋根上機器を的確に再現。
● 車体ナンバー、車体表記を美しく表現。
● フライホイール搭載動力ユニットを採用。スムーズかつパワフルな走行性能を発揮。またサスペンション機構搭載。
● ヘッド/テールライト点灯。
● 実車に迫るリアルな動作で他形式とも連結可能な先頭部連結機構を搭載。
● 中間車連結部はKATOダイヤフラムカプラーPAT.標準装備。
● DCCフレンドリー。
● 付属部品・行先表示シール・屋根上機器(ユーザー付部品)
● E4系新幹線「Maxとき」
・ピンク色に変更された帯はもちろん、3羽の朱鷺が描かれた側面のロゴマークを的確に再現。
・PS201形パンタグラフや避雷器、アンテナ類等の屋根上機器を的確に再現。
・車体ナンバー、車体表記を美しく表現。また7号車・8号車の客扉横の案内ステッカーを印刷で表現。
・中間動力車1階部分のシースルー化を実現。
・7号車・8号車は室内灯照明板組込済。別売の室内灯と合わせて、グリーン席と普通席の照明色の違いを再現可能。

セット内容

E453 121
E455 121
E456 121
E458 21
E459 221(M)
E455 21
E446 21
E444 21

付属品
行先表示シール、ドライバー

編成例

関連商品

10-1264~1266 E7系北陸新幹線「かがやき」
10-857~859 E5系新幹線「はやぶさ」
10-1566/1567 E6系新幹線「こまち」

別売オプション

KATO Nゲージ 11-211 LED室内灯クリア
KATO Nゲージ 11-212 LED室内灯クリア 6両分入

 再  489系 急行「能登」
クリックでオープン&クローズ

 品番品名価格(税別)
10-818489系 急行「能登」5両基本セット16000円
10-819489系 急行「能登」4両増結セット7900円


インフォメーション

●急行「能登」として活躍した489系を再生産いたします。
急行「能登」はJR化後の平成5年(1993)にJR西日本の金沢運転所(現、金沢総合車両所)の489系交直流特急形電車を使用して電車化され、当初信越本線経由で運転されていました。平成9年(1997)長野新幹線(現、北陸新幹線)開業で信越本線の横川~軽井沢間が廃止されたため、上越線経由に変更され、定期列車として首都圏に乗り入れる最後のボンネット形車両として、最後の輝きを魅せました。

主な特徴

● キノコ形クーラー(AU12形)搭載の初期車と、分散式クーラー(AU13形)や集中式クーラー(AU71形)を搭載した後期車で構成された、現行の金沢総合車両所H1編成をプロトタイプに再現
● 489系急行「能登」の特徴
・雨ドイ赤帯無し。
・先頭車は、JNRマーク撤去、2連ワイパーの前面窓、前面タイフォン位置変更、列車無線アンテナ取付け
・中間車は、側面の洗面所窓と非常口を閉塞
・サロ489-23(4号車)は、分散式のクーラー、AU13搭載。電話アンテナ取付。
・モハ488-204(5号車)は、AU71形集中クーラー搭載。屋根配線や窓配置も異なる後期形。
・モハ489-19(6号車)は、分散式クーラーAU13形搭載のラウンジカー。改造された独特の窓配置と室内も再現。
・車内のイスはグリーン車は紫、普通車は茶色で表現。
・屋根色はグレーで表現。
・中間車連結部にはKATOカプラー密連形(ボディマウント)を採用。
・PS16交直流パンタグラフを採用。
・フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行を実現。
・ヘッドライト(運転台上ライト含)、テールライト、トレインマーク点灯。
・ヘッドマークは「能登」を取付済。交換用ヘッドマークとして、「はくたか」「ホームライナー」「臨時」、無地を付属。
・「能登」はもちろん、各ヘッドマークに対応の行先表示シール付属。

セット内容
5両基本セット
クハ489-501
サロ489-23
モハ488-204(M)
モハ489-6
クハ489-1

付属品
ヘッドマーク、屋根上機器、行先表示シール

4両増結セット
モハ488-4
モハ489-4
モハ489-19
モハ488-6

付属品
行先表示シール

編成例

関連商品

10-1481 115系1000番台 湘南色(JR仕様)
10-1584/1585 651系「スーパーひたち」
10-1264~1266 E7系新幹線「かがやき」
10-1159~1161 E233系1000番台京浜東北線

別売オプション

KATO Nゲージ 11-211 LED室内灯クリア
KATO Nゲージ 11-212 LED室内灯クリア 6両分入

KATO Nゲージ・HOゲージ 鉄道模型カタログ 2020
クリックでオープン&クローズ

 品番品名価格(税別)
25-000KATO Nゲージ・HOゲージ 鉄道模型カタログ20201700円

インフォメーション

ビギナーからベテランまで鉄道模型ファンなら必携の一冊「KATO Nゲージ・HOゲージ 鉄道模型カタログ 2020」が登場いたします。
2020年内に発売・再生産を予定している製品を中心に掲載いたしました。
新しく鉄道模型をはじめる方へは、わかりやすい「スターター編」や、鉄道模型の仕組みや線路プランの展開などのヒントやアドバイスが盛りだくさんですので、鉄道模型を始めた方にも最適です。

主な特徴

● 表紙は、日本を代表するスペシャルトレインと、87系「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」。
● KATO製品を詳しく紹介。車両増備やレイアウト製作にも役立ち、あなたの鉄道模型ライフの良きパートナーとなることでしょう。
● A4版・フルカラー284ページ(表紙を含む)
●2016年度以降の製品をダイジェストでまとめた「KATOアーカイブス2016-2019」
●充実の各種コラムや予定品情報
●誌面からKATOホームページへ簡単にアクセスできるQRコードを掲載

●内容
・Nゲージ鉄道模型の楽しみ方
・鉄道模型Q&A
・スターターセットではじめよう!
・線路の拡張で広がる様々な楽しみ方

・スペシャルトレイン編
・Nゲージ 新幹線編
・Nゲージ 国鉄電車・気動車編
・Nゲージ 北海道・東日本地区の電車・気動車編
・Nゲージ 東海地区の電車・気動車編
・Nゲージ 西日本・四国地区の電車・気動車編
・Nゲージ 九州地区の電車編
・Nゲージ 私鉄・第3セクター編
・Nゲージ 機関車・客車・貨車編
・Nゲージ 外国形車両編
・Nゲージ オプションパーツ編
・Nゲージ 線路編
・Nゲージ ストラクチャー編
・HOゲージ編
・レイアウト用品編
・インフォメーション(ホビーセンターカトー、カスタムショップ、ASSYパーツ、メンテナンス、修理依頼、通信販売)
・価格表
・KATO登録販売店リスト
・鉄道模型用語集
・KATOアーカイブス2016-2019

購入してみよう

更新履歴&記事元
2019年11月08日:記事を掲載しました。
記事元:KATO オフィシャルサイト

Return Top