横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

【KATO京都駅店】8月31日発売「D51 211 奈良機関区」特製品 #kato

KATO京都駅店

https://www.katomodels-kyoto.com/

発売情報

発売情報が予約者向けメール「ご予約商品の発売についてのお知らせ」にて掲載されました。

【 2019年8月31日 】発売日

 品番品名価格
(税別)
-D51 211 奈良機関区23000円
D51 211 奈良機関区(KATO京都駅店特製品)
写真はD51標準形に試作パーツを取り付けた参考品です。(試作品写真)
(KATO京都駅店より引用)
集煙装置と重油タンクを装えた重装備姿
KATO京都駅店特製品

予価 ¥23,000(税抜)

 品番品名価格(税別)
-D51 211 奈良機関区23000円

メーカー詳細

商品特徴

・区名札入れには「奈」を印刷済。
・「D51 211」のナンバープレートは金属製パーツで再現。(前面は大形ナンバープレート)
​・キャブ側面下部には鷹取工場製の銘板を金属製パーツで再現。
​・テンダー台車は鋳鋼製台車の形状で再現。(D51一次形の台車枠を使用)
・煙室扉下のシンダ受けエプロンをエッチングパーツで再現。
・ボイラーに集煙装置と重油タンク(共に金属製パーツ)を取り付け。
・デフレクターは点検窓のない形状で再現。
・側面ランボードは白ライン入りで再現。
・前面端梁の標識灯を表現。
・後部にはアーノルドカプラー標準装備。
・交換用ナックルカプラー、重連用カプラー、重連用ナックルカプラー付属
​・単品ケース入り。(ペーパーインサートは専用デザイン)

​当製品は、KATO製C11をベースに、加工を行った特製品です。

○実車について​

D51 211は昭和13年(1938年)に鉄道省鷹取工場での製造No.1として落成、東海道・山陽本線で活躍を 開始しました。
近畿圏内の複数の機関区を転属した後、昭和24年(1949年)に奈良機関区に配置され、 関西本線を中心に活躍しました。 昭和43年(1968年)頃に前面ナンバープレートを形式表記入りのものに交換、「ミステリー列車の旅」などのイベント
列車牽引にも活躍しました。昭和46年(1971年)に廃車となり、現在は神戸市内にある動物園で保存されています。

​※当特製品は、KATO製 D51標準形(品番:2016-9)をベースに、加工を施した製品です。
※模型は一部表現が実車と異なります。​​
​※写真は試作品です。特製品の仕様は予告なく変更する場合がございます。
※ご注文数によっては、分納とさせていただく場合がございます。ご了承ください。

関連商品

KATO Nゲージ D51 標準形 2016-9 鉄道模型 蒸気機関車

更新履歴&記事元

2019年08月29日:記事を掲載しました。
記事元:KATO京都駅店 予約者向け案内メールより

Return Top // LAZY START // lazy END