横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

JAM2019に行ってきました~(^^♪ 第20回国際鉄道模型コンベンション

どうも~ 横濱模型です(^^♪
本日はこちら↓↓↓
第20回国際鉄道模型コンベンション(JAM2019)に突撃してまいりました。
曇天の空模様となりましたが、2日目3日目は晴れましたね。

今年の看板はこんな感じのでした。

それでは中に入ってみます。
熱気むんむんです!

タムタムでは車輌収納PEフォーム(通称ウレタンケース)に室内灯などなどたくさんの商品が展示販売されていました。
ジャンク品の2000円の室内灯はあそこのと同じ作りですね。そうD.Lightモデルの。
5000円で売っているにバルク品になると2000円になるのか。
そしてキャスコさんところ。
21m級16両用の車輌ケースがなんと1700円・・・うーーーーーん、量販店で買ったばかりなのに(T_T)
ちょっとふらふら~っと、ポポンに。ここでの散財は回避されました(*´з`)

JR西日本商事ではイコちゃん貨車に、限定品のキハ58高山色もたんまりとありました。

パンケーキコンテナさんの新作「甲府駅」
そしてこちらも新作です。
カプラーが当たらないように仕切りに差し込んでいくタイプ。

こちらも凄いですよね。いつも見入ってしまいます。

お買い物ゾーンから離れてモジュールレイアウトでも
昨年に続き今年も見れました。圧巻です。 進化していても正直どこが変わったかわかりません。
次は
今年のしげもんはお留守でした。どこ行っちゃったのかな~

素晴らしい作品ばかりですね。

年々進化しているかもしれません。が筆者にはどこが変わったかはわかりませんでした。
高低差があるモジュールって良いですよね。

そして劇団サンポールさんのところで。画像ではよく見かけてましたが、実際に生でみると凄いですね(;^_^A
何が凄いって・・・全部です。

メーカーの方のサンプルを見てきました。
TOMIX の153系低運と高運です。ライトケースのフチが太いのではと言われていますね。
製品化されるだけでもありがたいのに。
床下機器は今までとは違った取り付け方法ですね。
床板を統一して、機器があるプレートを入れ替えるだけってことなんでしょうか。

お待ちかねのTOMIXの瑞風
金帯のところは細くシャープに仕上がってますね。

床下機器に色差しされてますね。これはKATOでは色差しされないでしょうね。
外見のほかに後はどちらにするかの判断は室内の作りですよね。

こちらはKATOの瑞風

中はこんな床下セットです。

テールライトもいい具合ですね。暗いってことは無さそうです。
外見だけならどちらもいい具合です。

内装の出来栄えもいいですよね。
カーテンの出来もホント良い!

四季島より数段良く出来上がっている印象です。

マイクロエースでは色々と試作品が展示されていました。
そこで毎年気になるオオカ商事の時期製品化されそうなおもちゃを見てきました。
重連にした場合にどちらかをT車化させて、空いたスペースにマイクロスピーカーを載せちゃおうっていうキットです。DD51の他にDD54も展示されてました。これはちょっとほしいと思ったのは筆者だけでしょうかね(;^_^A

長くなりそうなので、この辺りで
外は暑いです( ゚Д゚) 歩いて駅に向かい帰宅となりました。

戦利品はこちら。
マイクロエースの東大宮訓練車(元103系)、TOMIXのコンテナ、タムタムの21m級12両収納PEフォーム(通称ウレタンケース)、まねき屋模型のデカール数点、マイクロエースのスリーブを買ってみました。
もっと欲しかったものがありましたが、あきらめです。

長くなりましたのでこの辺で、それでは~

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

Return Top