横濱模型

Nゲージインフォメーション

【GM】新製品発表 2023年04月 発売予定品ポスター掲載 (2022年9月27日)  #グリーンマックス #GREENMAX

発売予定品情報

新製品発売情報のポスターがGREENMAX オフィシャルサイトに掲載されました。

ポスター内容一覧

【GM】新製品発表 2023年04月 発売予定品ポスター掲載 (2022年9月27日)  #グリーンマックス #GREENMAX

【 2023年4月 】完成品発売予定

31689小田急1000形更新車(1091編成)基本4両編成セット(動力付き)
Amazonで予約
23,100円
31690小田急1000形更新車(1091編成)増結用中間車6両セット(動力無し)
Amazonで予約
24,200円

ポスター内容詳細(抜粋)

小田急1000形更新車(1091編成)基本4両編成セット(動力付き) 31689

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2023年04月 発売予定品ポスター掲載 (2022年9月27日)  #グリーンマックス #GREENMAX小田急電鉄商品化許諾申請中
【 2023年04月 】発売予定
31689小田急1000形更新車(1091編成)基本4両編成セット(動力付き)
Amazonで予約
23,100円
メーカー詳細
実車について

小田急1000形は1988(昭和63)年に小田急初のステンレス車体やVVVFインバーター制御を採用し登場した車両です。運用は小田原線をはじめ江ノ島線・多摩線など幅広く運用されており、かつては地下鉄千代田線への直通運転にも充当されていました。4両・6両・8両・10両編成とバラエティに富んだ編成があり、4両・6両編成は他形式と連結した運用も行なわれています。2015年頃より走行機器や車内インテリアにリニューアル工事を施した、更新車が登場し運用を開始しました。製品化する1091編成は2018年にリニューアルされた10両貫通の編成です。

商品の特徴

■小田急1000形更新車10両貫通編成を新規金型にて製品化
■一体型床下機器・中間連結部の貫通幌を標準装備など新機軸を導入
■車両番号、OERマーク、ブランドマークは印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先席(車体用・窓用)、号車表示、弱冷房車、女性専用車、車椅子・ベビーカーマークは付属ステッカー(新規製作)貼付式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、WiMAXアンテナ、前面手すりはユーザー取付け
■前面渡り板、中間連結部の貫通幌は取付け済み
■ヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)、前面種別・行先表示(白色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載
■車端部付きロングシートパーツを実装(動力車を除く)

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2023年04月 発売予定品ポスター掲載 (2022年9月27日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31690 小田急1000形更新車(1091編成)増結用中間車6両セット(動力無し)

パッケージ形態

4Rケース(縦20.2cm×横18.8cm×厚さ3cm)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31689.html

小田急1000形更新車(1091編成)増結用中間車6両セット(動力無し) 31690

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2023年04月 発売予定品ポスター掲載 (2022年9月27日)  #グリーンマックス #GREENMAX小田急電鉄商品化許諾申請中
【 2023年04月 】発売予定
31690小田急1000形更新車(1091編成)増結用中間車6両セット(動力無し)
Amazonで予約
24,200円
メーカー詳細
実車について

小田急1000形は1988(昭和63)年に小田急初のステンレス車体やVVVFインバーター制御を採用し登場した車両です。運用は小田原線をはじめ江ノ島線・多摩線など幅広く運用されており、かつては地下鉄千代田線への直通運転にも充当されていました。4両・6両・8両・10両編成とバラエティに富んだ編成があり、4両・6両編成は他形式と連結した運用も行なわれています。2015年頃より走行機器や車内インテリアにリニューアル工事を施した、更新車が登場し運用を開始しました。製品化する1091編成は2018年にリニューアルされた10両貫通の編成です。

商品の特徴

■小田急1000形更新車10両貫通編成を新規金型にて製品化
■一体型床下機器・中間連結部の貫通幌を標準装備など新機軸を導入
■車両番号、OERマーク、ブランドマークは印刷済み
■側面種別行先表示、優先席(車体用・窓用)、号車表示、弱冷房車、車椅子・ベビーカーマークは付属ステッカー(新規製作)貼付式
■ヒューズボックスはユーザー取付け
■中間連結部の貫通幌は取付け済み
■車端部付きロングシートパーツを実装

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2023年04月 発売予定品ポスター掲載 (2022年9月27日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)

関連商品

・31689 小田急1000形更新車(1091編成)基本4両編成セット(動力付き)

パッケージ形態

8Rケース(縦31cm×横21.5cm×厚さ3.2cm)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31690.html

更新履歴&記事元

2022年09月27日:記事を掲載しました
記事元:グリーンマックスオフィシャルサイト
Return Top 横濱模型