横濱模型

Nゲージインフォメーション

【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX

発売予定品情報

新製品発売情報のポスターがGREENMAX オフィシャルサイトに掲載されました。

ポスター内容一覧

【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX

【 2022年10月 】完成品発売予定

 品番品名価格(税込)
50724東武50090型「池袋・川越アートトレイン(ロングシートモード)」基本4両編成セット(動力付き)22,000円
50725東武50090型「池袋・川越アートトレイン(ロングシートモード)」増結用中間車6両セット(動力無し)23,430円
31611京急新1000形1800番台(1801編成) 基本4両編成セット(動力付き)23,980円
31612京急新1000形1800番台(1805編成) 増結4両編成セット(動力無し)20,790円
31643近鉄16000系(喫煙室付き・旧塗装)2両編成セット(動力付き)16,500円
31644近鉄16000系(喫煙室付き・旧塗装)先頭車4両編成セット(動力付き)28,380円
31645近鉄16000系(喫煙室付き・新塗装)2両編成セット(動力付き)17,600円
31646近鉄16000系(喫煙室付き・新塗装)先頭車4両編成セット(動力付き)29,480円

【 2022年11月 】完成品発売予定

 品番品名価格(税込)
31647JRキハ75形(1次車・原形スカート)4両編成セット(動力付き)25,850円
31648JRキハ75形(2次車・原形スカート)4両編成セット(動力付き)25,850円
31637近鉄12200系(スナックカー・更新車・貫通路開扉パーツ付き)基本4両編成セット(動力付き)22,550円
31638近鉄12200系(スナックカー・更新車・貫通路開扉パーツ付き)増結4両編成セット(動力無し)19,250円
31639近鉄12200系(スナックカー・更新車・貫通路開扉パーツ付き)基本2両編成セット(動力付き)15,620円
31640近鉄12200系(スナックカー・更新車・貫通路開扉パーツ付き)増結2両編成セット(動力無し)12,100円

【 2022年10月 】発売予定(キット・ストラクチャー・パーツ)

 品番品名価格(税込)
154クモハ51形(半流)880円
155クハ68形(半流)880円
163クモユニ81形(クモニ83 100)1,100円
164クハ76形(スカ型)1,210円
16570系 モハ70形 2両セット1,980円
174サロ45+サハ48形 2両セット1,650円
212旧型国電80系1次車(初期型湘南) 6両編成セット6,380円
213旧型国電42系(低屋根・荷電併結)身延 4両編成セット4,510円
214旧型国電51・53系(荷電併結)飯田 5両編成セット5,720円
8061CU721クーラー(4ヶ入り)550円
8592客車用床下機器セットA(5枚入り)880円
8593客車用床下機器セットB(5枚入り)880円

【 2022年11月 】発売予定(キット・ストラクチャー・パーツ)

 品番品名価格(税込)
13003クモハ43形制御電動車(茶色) [着色済エコノミーキット]1,320円
13007サハ45形+サハ48形 2両セット(茶色) [着色済エコノミーキット] 2,200円
18001国鉄(JR)103系(低運・非ユニット窓・冷改車・オレンジ) 基本4両編成ボディキットA 着色済HQエコノミーキット6,710円
18002国鉄(JR)103系<低運・非ユニット窓・冷改車・オレンジ>基本4両編成ボディキットB6,710円
18003国鉄(JR)103系(低運・非ユニット窓・冷改車・オレンジ) 増結用モハ2両ボディキット 着色済HQエコノミーキット3,520円
18004国鉄(JR)103系(低運・非ユニット窓・冷改車・オレンジ) 増結用サハ2両ボディキット 着色済HQエコノミーキット3,520円
18009国鉄(JR)103系(低運・非ユニット窓・冷改車・スカイブルー) 基本4両編成ボディキットA 着色済HQエコノミーキット6,710円
18010国鉄(JR)103系(低運・非ユニット窓・冷改車・スカイブルー) 基本4両編成ボディキットB 着色済HQエコノミーキット6,710円
18011国鉄(JR)103系(低運・非ユニット窓・冷改車・スカイブルー) 増結用モハ2両ボディキット 着色済HQエコノミーキット3,520円
18012国鉄(JR)103系(低運・非ユニット窓・冷改車・スカイブルー) 増結用サハ2両ボディキット 着色済HQエコノミーキット3,520円
18501国鉄(JR)103系(低運・非ユニット窓・冷改車) 基本4両編成ボディキットA5,610円
18502国鉄(JR)103系<低運・非ユニット窓・冷改車>基本4両編成ボディキットB5,610円
18503国鉄(JR)103系(低運・非ユニット窓・冷改車) 増結用モハ2両ボディキット2,970円
18504国鉄(JR)103系(低運・非ユニット窓・冷改車) 増結用サハ2両ボディキット2,860円
1247C西武新2000系前期形(2451編成・西武鉄道マーク付き・行先点灯) 増結用先頭車2両セット11,000円
1247S西武新2000系前期形(前面貫通扉窓 小・西武鉄道マーク付き・行先点灯) 4両編成基本セット16,280円
1247T西武新2000系前期形(前面貫通扉窓 小・西武鉄道マーク付き・行先点灯) 4両編成動力付きトータルセット19,580円
1248C西武新2000系前期形(2453編成・西武鉄道マーク付き・行先点灯) 増結用先頭車2両セット11,000円
1248S西武新2000系前期形(前面貫通扉窓 大・西武鉄道マーク付き・行先点灯) 4両編成基本セット16,280円
1248T西武新2000系前期形(前面貫通扉窓 大・西武鉄道マーク付き・行先点灯) 4両編成動力付きトータルセット19,580円
1249C西武新2000系後期形(西武鉄道マーク付き・行先点灯) 増結用先頭車2両セット11,000円
1226C京急1000形 増結用先頭車2両セット(旧品番:1082C)8,470円
1226M京急1000形 増結用中間車2両セット(旧品番:1082M)7,480円
1226T京急1000形 4両編成動力付きトータルセット(旧品番:1082T)18,590円
8367ライトユニットG[電球色]京急旧1000形1,980円
1246T高松琴平電気鉄道1300形(追憶の赤い電車)2両編成トータルセット(動力付き)14,300円

ポスター内容詳細(抜粋)

NEW  京急新1000形1800番台(1801編成) 基本4両編成セット(動力付き) 31611

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX

©KEIKYU

【 2022年10月 】発売予定

 品番品名価格(税込)
31611京急新1000形1800番台(1801編成) 基本4両編成セット(動力付き)23,980円

メーカー詳細
実車について

京急新1000形は1000形、700形の置き換え用として、2100形の車体や主要機器をベースとして設計され、快適性の向上、環境への配慮、省エネルギー化、保守の低減などを目指した車両です。現在でも増備が進んでおり、京急最大両数のグループになっています。 2016(平成28)年に製造された15次車のうち4両編成2本は1800番台とされ、前面の貫通扉が中央に設置されているのが特徴です。15次車から車体のカラーデザインが1次車に準じた窓周りが白色の配色になりました。 4両編成単独での運用に加え、優等列車の増結用としても活躍しています。

商品の特徴

■ボディの一部印刷表現を見直し,車体カラーリングを再現
■前面行先表示は付属ステッカーからの選択式

■車両番号、KEIKYUロゴ、前面1000ロゴは印刷済み
■前面側面種別・行先表示、運行番号、優先席(車体用・窓用)、弱冷房車、車椅子・ベビーカーマークは付属ステッカー(新規製作)貼付式
■IRアンテナ、SRアンテナ、ヒューズボックス、前面貫通幌はユーザー取付け
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、前面種別・行先表示(白色)、前面運行番号(白色)、通過標識灯(電球色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31612 京急新1000形1800番台(1805編成) 増結4両編成セット(動力無し)
・31524 京急600形4次車(更新車・行先点灯・SRアンテナ付き)増結4両編成セット(動力無し)
・30982 京急1500形(更新車・1525編成)4両編成セット(動力無し)
・30496 京急新1000形ステンレス車(SRアンテナ付き・1089編成)8両編成セット(動力付き)
・30498 京急新1000形ステンレス車(SRアンテナ付き・車番選択式)4両編成セット(動力無し)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31611.html

購入してみよう

NEW  京急新1000形1800番台(1805編成) 増結4両編成セット(動力無し) 31612

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX

©KEIKYU

【 2022年10月 】発売予定

 品番品名価格(税込)
31612京急新1000形1800番台(1805編成) 増結4両編成セット(動力無し)20,790円

メーカー詳細
実車について

京急新1000形は1000形、700形の置き換え用として、2100形の車体や主要機器をベースとして設計され、快適性の向上、環境への配慮、省エネルギー化、保守の低減などを目指した車両です。現在でも増備が進んでおり、京急最大両数のグループになっています。 2016(平成28)年に製造された15次車のうち4両編成2本は1800番台とされ、前面の貫通扉が中央に設置されているのが特徴です。15次車から車体のカラーデザインが1次車に準じた窓周りが白色の配色になりました。 4両編成単独での運用に加え、優等列車の増結用としても活躍しています。

商品の特徴

■ボディの一部印刷表現を見直し,車体カラーリングを再現
■前面行先表示は付属ステッカーからの選択式

■車両番号、KEIKYUロゴ、前面1000ロゴは印刷済み
■前面側面種別・行先表示、運行番号、優先席(車体用・窓用)、弱冷房車、車椅子・ベビーカーマークは付属ステッカー(新規製作)貼付式
■IRアンテナ、SRアンテナ、ヒューズボックス、前面貫通幌はユーザー取付け
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、前面種別・行先表示(白色)、前面運行番号(白色)、通過標識灯(電球色)が点灯

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)

関連商品

・31611 京急新1000形1800番台(1801編成) 基本4両編成セット(動力付き)
・31523 京急600形4次車(更新車・行先点灯・SRアンテナ付き)基本4両編成セット(動力付き)
・30981 京急1500形(更新車・1521編成)4両編成セット(動力付き)
・30496 京急新1000形ステンレス車(SRアンテナ付き・1089編成)8両編成セット(動力付き)
・30497 京急新1000形ステンレス車(SRアンテナ付き・車番選択式)4両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31612.html

購入してみよう

NEW  東武50090型「池袋・川越アートトレイン(ロングシートモード)」基本4両編成セット(動力付き) 50724

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX

東武鉄道株式会社商品化許諾申請中
©一般社団法人JIAN ラッピング原画:古家野雄紀

【 2022年10月 】発売予定

 品番品名価格(税込)
50724東武50090型「池袋・川越アートトレイン(ロングシートモード)」基本4両編成セット(動力付き)22,000円

メーカー詳細
実車について

「池袋・川越アートトレイン」は、2019(平成31)年3月16日の東武東上線ダイヤ改正時に設定された「川越特急」にあわせてデビューしました。
国際アート・カルチャー都市を標榜する豊島区と、東上線を代表する観光地川越の連携強化のため、川越の四季や魅力ある風景が50090型51092編成(10両)の車体一面に描かれています。
50090型は東上線での快適性と速達性を備える列車として設定された有料座席指定列車「TJライナー」用に、クロスシートとロングシートの転換式とした車両で、「TJライナー」として運転されるときはクロスシート、それ以外はロングシートで運転されています。

商品の特徴

■50090型51092編成「池袋・川越アートトレイン」を室内ロングシートモードにて製品化
■前面行先表示は点灯式・付属ステッカーからの選択式

■車両番号、号車表示、弱冷房車、車椅子・ベビーカーマーク、コック表示は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先席、携帯電話マナー、女性専用車表記は基本セットに付属のステッカー(新規製作)貼付式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックスはユーザー取付け
■ラジオアンテナは取付済み、避雷器は一体彫刻表現
■ヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)、前面種別行先表示(白色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載
■別売りの<50725>増結用中間車6両セットと組み合わせることで、実車と同じ10両編成を再現可能

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・50725 東武50090型「池袋・川越アートトレイン(ロングシートモード)」増結用中間車6両セット(動力無し)
・31527 東武30000系(東上線・後期形・行先点灯)基本4両編成セット(動力付き)
・31528 東武30000系(東上線・後期形)増結用中間車6両セット(動力無し)
・30455 東武10000型(未更新車・東上線・新ロゴ)基本4両編成セット(動力付き)
・30456 東武10000型(未更新車・東上線・新ロゴ)増結用中間車6両セット(動力無し)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/50724.html

購入してみよう

NEW  東武50090型「池袋・川越アートトレイン(ロングシートモード)」増結用中間車6両セット(動力無し) 50725

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX

東武鉄道株式会社商品化許諾申請中
©一般社団法人JIAN ラッピング原画:古家野雄紀

【 2022年10月 】発売予定

 品番品名価格(税込)
50725東武50090型「池袋・川越アートトレイン(ロングシートモード)」増結用中間車6両セット(動力無し)23,430円

メーカー詳細
実車について

「池袋・川越アートトレイン」は、2019(平成31)年3月16日の東武東上線ダイヤ改正時に設定された「川越特急」にあわせてデビューしました。
国際アート・カルチャー都市を標榜する豊島区と、東上線を代表する観光地川越の連携強化のため、川越の四季や魅力ある風景が50090型51092編成(10両)の車体一面に描かれています。
50090型は東上線での快適性と速達性を備える列車として設定された有料座席指定列車「TJライナー」用に、クロスシートとロングシートの転換式とした車両で、「TJライナー」として運転されるときはクロスシート、それ以外はロングシートで運転されています。

商品の特徴

■50090型51092編成「池袋・川越アートトレイン」を室内ロングシートモードにて製品化
■前面行先表示は点灯式・付属ステッカーからの選択式

■車両番号、号車表示、弱冷房車、車椅子・ベビーカーマーク、コック表示は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先席、携帯電話マナー、女性専用車表記は基本セットに付属のステッカー(新規製作)貼付式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックスはユーザー取付け
■ラジオアンテナは取付済み、避雷器は一体彫刻表現
■別売りの<50724>基本4両編成セットと組み合わせることで、実車と同じ10両編成を再現可能

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)

関連商品

・50724 東武50090型「池袋・川越アートトレイン(ロングシートモード)」基本4両編成セット(動力付き)
・31527 東武30000系(東上線・後期形・行先点灯)基本4両編成セット(動力付き)
・31528 東武30000系(東上線・後期形)増結用中間車6両セット(動力無し)
・30455 東武10000型(未更新車・東上線・新ロゴ)基本4両編成セット(動力付き)
・30456 東武10000型(未更新車・東上線・新ロゴ)増結用中間車6両セット(動力無し)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/50725.html

購入してみよう

NEW  JRキハ75形(1次車・原形スカート)4両編成セット(動力付き) 31647

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX

JR東海承認済

【 2022年11月 】発売予定

 品番品名価格(税込)
31647JRキハ75形(1次車・原形スカート)4両編成セット(動力付き)25,850円

メーカー詳細
実車について

JRキハ75形は、1993(平成5)年からキハ58・65形気動車の置き換え用として製造された車両です。カミンズ社製の350馬力エンジンを1両あたり2基搭載し、最高時速120kmでの運転が可能で、特急形のキハ85系と同等の性能を持っています。2次車からは貫通扉上部に前照灯を設置したため、前面に変化が生じたほか、2012(平成24)年2月までにATS-PTを全車両に設置し、スカート下部に保護板が設置されました。主に紀勢本線・参宮線の快速「みえ」で活躍していますが、1999(平成11)年から2006(平成18)年までは関西本線の急行「かすが」でも活躍していました。

商品の特徴

■「急行かすが」などで活躍したキハ75形を原形スカート仕様にて製品化
■1次車は、コック穴蓋撤去前の2002(平成14)年頃の姿を再現

■車両番号、JRマーク、ATS表記、エンド表記、所属・定員表記は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、号車表示、シルバーシート、優先席(旧)、車椅子マークは付属ステッカー(新規製作)貼付式
■前面貫通幌はユーザー取付け、列車無線アンテナ、ベンチレーターは取付済み
■信号炎管、ダクト、マフラーは一体彫刻表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯
■中間に入る先頭車のライトは非点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31648 JRキハ75形(2次車・原形スカート)4両編成セット(動力付き)
・30480 JR211系5000番台(大垣車両区C16編成)3両編成セット(動力付き)
・31576 JR211系5000番台(大垣車両区C12+C15編成) 6両編成セット(動力付き)

パッケージ形態

4Rケース

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31647.html

購入してみよう

NEW  JRキハ75形(2次車・原形スカート)4両編成セット(動力付き) 31648

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX

JR東海承認済

【 2022年11月 】発売予定

 品番品名価格(税込)
31648JRキハ75形(2次車・原形スカート)4両編成セット(動力付き)25,850円

メーカー詳細
実車について

JRキハ75形は、1993(平成5)年からキハ58・65形気動車の置き換え用として製造された車両です。カミンズ社製の350馬力エンジンを1両あたり2基搭載し、最高時速120kmでの運転が可能で、特急形のキハ85系と同等の性能を持っています。2次車からは貫通扉上部に前照灯を設置したため、前面に変化が生じたほか、2012(平成24)年2月までにATS-PTを全車両に設置し、スカート下部に保護板が設置されました。主に紀勢本線・参宮線の快速「みえ」で活躍していますが、1999(平成11)年から2006(平成18)年までは関西本線の急行「かすが」でも活躍していました。

商品の特徴

■「急行かすが」などで活躍したキハ75形を原形スカート仕様にて製品化
■2次車は登場時の姿を再現

■車両番号、JRマーク、ATS表記、エンド表記、所属・定員表記は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、号車表示、シルバーシート、優先席(旧)、車椅子マークは付属ステッカー(新規製作)貼付式
■前面貫通幌はユーザー取付け、列車無線アンテナ、ベンチレーターは取付済み
■信号炎管、ダクト、マフラーは一体彫刻表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯
■中間に入る先頭車のライトは非点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31647 JRキハ75形(1次車・原形スカート)4両編成セット(動力付き)
・30480 JR211系5000番台(大垣車両区C16編成)3両編成セット(動力付き)
・31576 JR211系5000番台(大垣車両区C12+C15編成) 6両編成セット(動力付き)

パッケージ形態

4Rケース

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31648.html

購入してみよう

NEW  近鉄12200系(スナックカー・更新車・貫通路開扉パーツ付き)基本4両編成セット(動力付き) 31637

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX

近畿日本鉄道(株)商品化許諾申請中

【 2022年11月 】発売予定

 品番品名価格(税込)
31637近鉄12200系(スナックカー・更新車・貫通路開扉パーツ付き)基本4両編成セット(動力付き)22,550円

メーカー詳細
実車について

近鉄12200系は1968(昭和43)年から8年間にわたって160両余りが製造された特急用車両です。12000系スナックカーの改良型として、初期の車両はスナックコーナーが設置されていましたが、増備車からは客室化されました。当初は2両編成で登場しましたが、利用客の増加に伴い中間車を組み込んで4両編成化され、さらに2編成が6両編成化されました。その後の更新工事でスナックコーナーは撤去され、客室または車内販売準備室となりました。12200系スナックカーは、2021(令和3)年2月12日に定期特急列車としての運用を離脱しました。

商品の特徴

■併結時の前面連結部をリアルに再現できる貫通路開扉パーツが付属
■更新後の晩年の姿を再現

■車両番号は付属車両マーク選択式
■前面側面種別・行先表示、号車表示、座席番号表示、全席指定、パンタ注意表記は付属ステッカー(新規製作)貼付式
■列車無線アンテナ、ベンチレーター、ヒューズボックス、臭気抜き、連結器格納箱、貫通路開扉パーツはユーザー取付け
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(電球色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31638 近鉄12200系(スナックカー・更新車・貫通路開扉パーツ付き)増結4両編成セット(動力無し)
・31600 近鉄22000系ACE(リニューアル車・貫通路開扉パーツ付き)増結4両編成セット(動力無し)
・31602 近鉄22000系ACE(リニューアル車・貫通路開扉パーツ付き)増結2両編成セット(動力無し)
・30464 近鉄12410系(12412編成・旧塗装・喫煙室付き・貫通路開扉パーツ付き)増結4両編成セット(動力無し)
・30466 近鉄12600系(12602編成・旧塗装・貫通路開扉パーツ付き)増結4両編成セット(動力無し)

パッケージ形態

近鉄15200系あおぞらⅡ(15207編成)2両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31637.html

購入してみよう

NEW  近鉄12200系(スナックカー・更新車・貫通路開扉パーツ付き)増結4両編成セット(動力無し) 31638

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX

近畿日本鉄道(株)商品化許諾申請中

【 2022年11月 】発売予定

 品番品名価格(税込)
31638近鉄12200系(スナックカー・更新車・貫通路開扉パーツ付き)増結4両編成セット(動力無し)19,250円

メーカー詳細
実車について

近鉄12200系は1968(昭和43)年から8年間にわたって160両余りが製造された特急用車両です。12000系スナックカーの改良型として、初期の車両はスナックコーナーが設置されていましたが、増備車からは客室化されました。当初は2両編成で登場しましたが、利用客の増加に伴い中間車を組み込んで4両編成化され、さらに2編成が6両編成化されました。その後の更新工事でスナックコーナーは撤去され、客室または車内販売準備室となりました。12200系スナックカーは、2021(令和3)年2月12日に定期特急列車としての運用を離脱しました。

商品の特徴

■併結時の前面連結部をリアルに再現できる貫通路開扉パーツが付属
■更新後の晩年の姿を再現

■車両番号は付属車両マーク選択式
■前面側面種別・行先表示、号車表示、座席番号表示、全席指定、パンタ注意表記は付属ステッカー(新規製作)貼付式
■列車無線アンテナ、ベンチレーター、ヒューズボックス、臭気抜き、連結器格納箱、貫通路開扉パーツはユーザー取付け
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(電球色)が点灯

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)

関連商品

・31637 近鉄12200系(スナックカー・更新車・貫通路開扉パーツ付き)基本4両編成セット(動力付き)
・31599 近鉄22000系ACE(リニューアル車・貫通路開扉パーツ付き)基本4両編成セット(動力付き)
・31601 近鉄22000系ACE(リニューアル車・貫通路開扉パーツ付き)基本2両編成セット(動力付き)
・30463 近鉄12410系(12411編成・旧塗装・喫煙室付き・貫通路開扉パーツ付き)基本4両編成セット(動力付き)
・30465 近鉄12600系(12601編成・旧塗装・貫通路開扉パーツ付き)基本4両編成セット(動力付き)

パッケージ形態

近鉄15200系あおぞらⅡ(15207編成)2両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31638.html

購入してみよう

NEW  近鉄12200系(スナックカー・更新車・貫通路開扉パーツ付き)基本2両編成セット(動力付き) 31639

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX

近畿日本鉄道(株)商品化許諾申請中

【 2022年11月 】発売予定

 品番品名価格(税込)
31639近鉄12200系(スナックカー・更新車・貫通路開扉パーツ付き)基本2両編成セット(動力付き)15,620円

メーカー詳細
実車について

近鉄12200系は1968(昭和43)年から8年間にわたって160両余りが製造された特急用車両です。12000系スナックカーの改良型として、初期の車両はスナックコーナーが設置されていましたが、増備車からは客室化されました。当初は2両編成で登場しましたが、利用客の増加に伴い中間車を組み込んで4両編成化され、さらに2編成が6両編成化されました。その後の更新工事でスナックコーナーは撤去され、客室または車内販売準備室となりました。12200系スナックカーは、2021(令和3)年2月12日に定期特急列車としての運用を離脱しました。

商品の特徴

■併結時の前面連結部をリアルに再現できる貫通路開扉パーツが付属
■更新後のスナックコーナーが無い晩年の姿を再現

■車両番号は付属車両マーク選択式
■前面側面種別・行先表示、号車表示、座席番号表示、全席指定、パンタ注意表記は付属ステッカー(新規製作)貼付式
■列車無線アンテナ、ベンチレーター、ヒューズボックス、臭気抜き、連結器格納箱、貫通路開扉パーツはユーザー取付け
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(電球色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31640 近鉄12200系(スナックカー・更新車・貫通路開扉パーツ付き)増結2両編成セット(動力無し)
・31600 近鉄22000系ACE(リニューアル車・貫通路開扉パーツ付き)増結4両編成セット(動力無し)
・31602 近鉄22000系ACE(リニューアル車・貫通路開扉パーツ付き)増結2両編成セット(動力無し)
・30464 近鉄12410系(12412編成・旧塗装・喫煙室付き・貫通路開扉パーツ付き)増結4両編成セット(動力無し)
・30466 近鉄12600系(12602編成・旧塗装・貫通路開扉パーツ付き)増結4両編成セット(動力無し)

パッケージ形態

近鉄15200系あおぞらⅡ(15207編成)2両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31639.html

購入してみよう

NEW  近鉄12200系(スナックカー・更新車・貫通路開扉パーツ付き)増結2両編成セット(動力無し) 31640

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX

近畿日本鉄道(株)商品化許諾申請中

【 2022年11月 】発売予定

 品番品名価格(税込)
31640近鉄12200系(スナックカー・更新車・貫通路開扉パーツ付き)増結2両編成セット(動力無し)12,100円

メーカー詳細
実車について

近鉄12200系は1968(昭和43)年から8年間にわたって160両余りが製造された特急用車両です。12000系スナックカーの改良型として、初期の車両はスナックコーナーが設置されていましたが、増備車からは客室化されました。当初は2両編成で登場しましたが、利用客の増加に伴い中間車を組み込んで4両編成化され、さらに2編成が6両編成化されました。その後の更新工事でスナックコーナーは撤去され、客室または車内販売準備室となりました。12200系スナックカーは、2021(令和3)年2月12日に定期特急列車としての運用を離脱しました。

商品の特徴

■併結時の前面連結部をリアルに再現できる貫通路開扉パーツが付属
■更新後のスナックコーナーが無い晩年の姿を再現

■車両番号は付属車両マーク選択式
■前面側面種別・行先表示、号車表示、座席番号表示、全席指定、パンタ注意表記は付属ステッカー(新規製作)貼付式
■列車無線アンテナ、ベンチレーター、ヒューズボックス、臭気抜き、連結器格納箱、貫通路開扉パーツはユーザー取付け
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(電球色)が点灯

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)

関連商品

・30639 小田急8000形(更新車)基本6両編成セット(動力付き)
・31599 近鉄22000系ACE(リニューアル車・貫通路開扉パーツ付き)基本4両編成セット(動力付き)
・31601 近鉄22000系ACE(リニューアル車・貫通路開扉パーツ付き)基本2両編成セット(動力付き)
・30463 近鉄12410系(12411編成・旧塗装・喫煙室付き・貫通路開扉パーツ付き)基本4両編成セット(動力付き)
・30465 近鉄12600系(12601編成・旧塗装・貫通路開扉パーツ付き)基本4両編成セット(動力付き)

パッケージ形態

近鉄15200系あおぞらⅡ(15207編成)2両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31640.html

購入してみよう

NEW  近鉄16000系(喫煙室付き・旧塗装)2両編成セット(動力付き) 31643

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX

近畿日本鉄道(株)商品化許諾申請中

【 2022年10月 】発売予定

 品番品名価格(税込)
31643近鉄16000系(喫煙室付き・旧塗装)2両編成セット(動力付き)16,500円

メーカー詳細
実車について

近鉄16000系は、近鉄南大阪線・吉野線用の特急車両として1965(昭和40)年に登場しました。2両固定編成8本・4両固定編成1本が在籍していましたが、後継の16400系ACEや16600系Aceの増備に伴い、初期に登場した編成は既に引退しています。2両編成のうち16007編成・16009編成は2015(平成27)年から2016(平成28)年にかけて喫煙室設置工事が行なわれ、側面窓配置が変化するなどの特徴があります。また2016(平成28)年9月から順次塗装変更が行われました。

商品の特徴

■近鉄16000系において、旧塗装で喫煙室設置後の2016(平成28)年頃の姿を製品化
■編成ごとに異なる前面の塗り分けを再現

■前面種別(特急)、車両番号、座席番号表示は印刷済み
■前面行先表示、号車表示、副票は付属ステッカー(新規製作)貼付式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、前面渡り板、前面貫通幌はユーザー取付け
■ベンチレーター、臭気抜きは取付済み
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、前面ヘッドマーク(白色)、通過標識灯(電球色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31644 近鉄16000系(喫煙室付き・旧塗装)先頭車4両編成セット(動力付き)
・30379 近鉄16600系Ace(旧塗装・行先点灯) 増結2両編成セット(動力無し)
・30960 近鉄16600系Ace(新塗装・行先点灯) 増結2両編成セット(動力無し)
・50695 近鉄16200系「青の交響曲」(大阪阿部野橋ゆき)3両編成セット(動力付き)

パッケージ形態

近鉄15200系あおぞらⅡ(15207編成)2両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31643.html

購入してみよう

NEW  近鉄16000系(喫煙室付き・旧塗装)先頭車4両編成セット(動力付き) 31644

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX

近畿日本鉄道(株)商品化許諾申請中

【 2022年10月 】発売予定

 品番品名価格(税込)
31644近鉄16000系(喫煙室付き・旧塗装)先頭車4両編成セット(動力付き)28,380円

メーカー詳細
実車について

近鉄16000系は、近鉄南大阪線・吉野線用の特急車両として1965(昭和40)年に登場しました。2両固定編成8本・4両固定編成1本が在籍していましたが、後継の16400系ACEや16600系Aceの増備に伴い、初期に登場した編成は既に引退しています。2両編成のうち16007編成・16009編成は2015(平成27)年から2016(平成28)年にかけて喫煙室設置工事が行なわれ、側面窓配置が変化するなどの特徴があります。また2016(平成28)年9月から順次塗装変更が行われました。

商品の特徴

■近鉄16000系において、旧塗装で喫煙室設置後の2016(平成28)年頃の姿を製品化
■編成ごとに異なる前面の塗り分けや臭気抜きを再現

■前面種別(特急)、車両番号、座席番号表示は印刷済み
■前面行先表示、号車表示、副票は付属ステッカー(新規製作)貼付式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、前面渡り板、前面貫通幌はユーザー取付け
■ベンチレーター、臭気抜きは取付済み
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、前面ヘッドマーク(白色)、通過標識灯(電球色)が点灯
■中間に入る先頭車のライトは非点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31643 近鉄16000系(喫煙室付き・旧塗装)2両編成セット(動力付き)
・30379 近鉄16600系Ace(旧塗装・行先点灯) 増結2両編成セット(動力無し)
・30960 近鉄16600系Ace(新塗装・行先点灯) 増結2両編成セット(動力無し)
・50695 近鉄16200系「青の交響曲」(大阪阿部野橋ゆき)3両編成セット(動力付き)

パッケージ形態

近鉄15200系あおぞらⅡ(15207編成)2両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31644.html

購入してみよう

NEW  近鉄16000系(喫煙室付き・新塗装)2両編成セット(動力付き) 31645

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX

近畿日本鉄道(株)商品化許諾申請中

【 2022年10月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
31645近鉄16000系(喫煙室付き・新塗装)2両編成セット(動力付き)17,600円
メーカー詳細
実車について

近鉄16000系は、近鉄南大阪線・吉野線用の特急車両として1965(昭和40)年に登場しました。2両固定編成8本・4両固定編成1本が在籍していましたが、後継の16400系ACEや16600系Aceの増備に伴い、初期に登場した編成は既に引退しています。2両編成のうち16007編成・16009編成は2015(平成27)年から2016(平成28)年にかけて喫煙室設置工事が行なわれ、側面窓配置が変化するなどの特徴があります。また2016(平成28)年9月から順次塗装変更が行われました。

商品の特徴

■前面種別(特急)、車両番号、座席番号表示は印刷済み
■前面行先表示、号車表示、副票は付属ステッカー(新規製作)貼付式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、前面渡り板、前面貫通幌はユーザー取付け
■ベンチレーター、臭気抜きは取付済み
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、前面ヘッドマーク(白色)、通過標識灯(電球色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31646 近鉄16000系(喫煙室付き・新塗装)先頭車4両編成セット(動力付き)
・30379 近鉄16600系Ace(旧塗装・行先点灯) 増結2両編成セット(動力無し)
・50695 近鉄16200系「青の交響曲」(大阪阿部野橋ゆき)3両編成セット(動力付き)

パッケージ形態

近鉄15200系あおぞらⅡ(15207編成)2両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31645.html

購入してみよう

NEW  近鉄16000系(喫煙室付き・新塗装)先頭車4両編成セット(動力付き) 31646

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX

近畿日本鉄道(株)商品化許諾申請中

【 2022年10月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
31646近鉄16000系(喫煙室付き・新塗装)先頭車4両編成セット(動力付き)29,480円
メーカー詳細
実車について

近鉄16000系は、近鉄南大阪線・吉野線用の特急車両として1965(昭和40)年に登場しました。2両固定編成8本・4両固定編成1本が在籍していましたが、後継の16400系ACEや16600系Aceの増備に伴い、初期に登場した編成は既に引退しています。2両編成のうち16007編成・16009編成は2015(平成27)年から2016(平成28)年にかけて喫煙室設置工事が行なわれ、側面窓配置が変化するなどの特徴があります。また2016(平成28)年9月から順次塗装変更が行われました。

商品の特徴

■南大阪線・吉野線の特急列車で活躍する近鉄16000系新塗装を製品化
■編成ごとに異なる臭気抜きを再現

■前面種別(特急)、車両番号、座席番号表示は印刷済み
■前面行先表示、号車表示、副票は付属ステッカー(新規製作)貼付式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、前面渡り板、前面貫通幌はユーザー取付け
■ベンチレーター、臭気抜きは取付済み
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、前面ヘッドマーク(白色)、通過標識灯(電球色)が点灯
■中間に入る先頭車のライトは非点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月・11月 発売予定品ポスター掲載 (2022年6月16日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31645 近鉄16000系(喫煙室付き・新塗装)2両編成セット(動力付き)
・30379 近鉄16600系Ace(旧塗装・行先点灯) 増結2両編成セット(動力無し)
・30960 近鉄16600系Ace(新塗装・行先点灯) 増結2両編成セット(動力無し)
・50695 近鉄16200系「青の交響曲」(大阪阿部野橋ゆき)3両編成セット(動力付き)

パッケージ形態

近鉄15200系あおぞらⅡ(15207編成)2両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31646.html

購入してみよう

更新履歴&記事元

2022年06月16日:記事を掲載しました
記事元:グリーンマックスオフィシャルサイト
Return Top 横濱模型