横濱模型

Nゲージインフォメーション

【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX

発売予定品情報

新製品発売情報のポスターがGREENMAX オフィシャルサイトに掲載されました。

ポスター内容一覧

【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX

【 2022年09月 】完成品発売予定

 品番品名価格(税込)
31628東武6050型(2パンタ車・6176編成)2両編成セット(動力付き)16,280円
31629東武6050型(2パンタ車・6173編成)2両編成セット(動力無し)13,200円
31630野岩鉄道6050型(2パンタ車・61102編成)2両編成セット(動力付き)16,280円
31631野岩鉄道6050型(2パンタ車・61101編成)2両編成セット(動力無し)13,200円
50723ありがとう会津鉄道6050型 2両編成セット(動力付き)16,830円
31621名鉄2200系1次車(前面窓透過タイプ・車番選択式)6両編成セットⅡ(動力付き)36,080円
31622名鉄2200系2次車(前面窓透過タイプ・車番選択式)6両編成セットⅡ(動力付き)36,080円
31624近鉄12410系(12414編成・新塗装・貫通路開扉パーツ付き)基本4両編成セット(動力付き)22,330円
31625近鉄12410系(12414編成・新塗装・貫通路開扉パーツ付き)増結4両編成セット(動力無し)19,360円
31626近鉄12410系(12415編成・新塗装・貫通路開扉パーツ付き)基本4両編成セット(動力付き)22,330円
31627近鉄12410系(12415編成・新塗装・貫通路開扉パーツ付き)増結4両編成セット(動力無し)19,360円

【 2022年10月 】完成品発売予定

 品番品名価格(税込)
31619JR311系(2次車)4両編成セット(動力付き)23,430円
31620JR311系(2次車)8両編成セット(動力付き)41,250円
31623名鉄2200系3次車(前面窓透過タイプ・車番選択式)6両編成セットⅡ(動力付き)36,080円
31632阪急6000系 神戸線6050編成 8両編成セット(動力付き)42,130円
31633阪急6000系 神戸線6016編成 増結用先頭車2両セット(動力無し)12,320円
31634阪急6000系 今津線(今津南線)・甲陽線6020編成 3両編成セット(動力付き)20,350円
31635阪急6000系 今津線(今津北線)6025+6026編成 6両編成セット(動力付き)35,200円

【 2022年11月 】完成品発売予定

 品番品名価格(税込)
31636阪急6000系 宝塚線6001編成 8両編成セット(動力付き)42,130円

【 2022年09月 】発売予定(キット・ストラクチャー・パーツ)

 品番品名価格(税込)
8591近郊電車用床下機器セットA880円
8107カプラーアダプター(他社製密連型カプラー対応)グレー660円
8110カプラーアダプター(他社製カプラーセット用)黒)660円
8111カプラーアダプター(他社製カプラーセット用)グレー660円
2162土蔵 店蔵1,760円
2206乗降台(4個入り)990円
2207パンタグラフ点検台(4両分)1,650円
2209車両洗浄機(小型)880円

【 2022年10月 】発売予定(キット・ストラクチャー・パーツ)

 品番品名価格(税込)
2620石目模様 門とへい1,980円
2621着色済み 商家 入母屋(1棟入り)2,640円
2622着色済み むしこ造りの町屋(しもたや)(1棟入り)2,750円
2901着色済み 保線詰所(2棟入り)1,870円
C-51ステンレス385円
2553着色済み 土蔵1,430円
2596着色済み 入換信号機セット1,540円
2597着色済み 腕木式信号機セット2,310円

ポスター内容詳細(抜粋)

NEW  東武6050型(2パンタ車・6176編成)2両編成セット(動力付き) 31628

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX

東武鉄道株式会社商品化許諾申請中

【 2022年09月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
31628東武6050型(2パンタ車・6176編成)2両編成セット(動力付き)16,280円
メーカー詳細
実車について

東武6050型は6000系の車体更新によって登場した2扉セミクロスシート車両です。1985(昭和60)年から1986(昭和61)年にかけて2両編成22本が更新により登場、更新途中に車両が不足することから完全新造編成が1985(昭和60)年に1編成、1986(昭和61)年に1編成が増備(これらの2編成は野岩鉄道へ譲渡)され、その後、1988(昭和63)年に7編成及び野岩鉄道向けの1 編成が増備、1990(平成2)年には会津鉄道向けに1編成が製造されました。完全新造編成は台車がSUミンデン型台車になっている点が特徴です。1996(平成8)年には増解結の効率化を図るため先頭部の連結器が自動連結器から電気連結器付き密着連結器へ交換され、前面向かって左側に取り付けられていたジャ ンパ栓受けが撤去されています。2001(平成13)年3月のダイヤ改正から日光線の普通列車で運用されることとなり、一部の編成で霜取り用パンタグラフが増設されました。東武鉄道所有の6050型は、2022(令和4)年3月12日のダイヤ改正で定期運用から離脱しています。

商品の特徴

■定期運用最終日まで活躍した東武6050型の霜取りパンタグラフ付き編成
■車両番号、新ロゴ、乗務員室立入り禁止は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先席は付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、前面貫通幌はユーザー取付け
■ベンチレーター、ヒューズボックスは取付け済み
■臭気抜きは一体表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(電球色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・6825 東武6050系対応 行先表示ステッカー
・8105 ダミーカプラー(耐寒耐雪電連付き・グレー)

関連商品

・31629 東武6050型(2パンタ車・6173編成)2両編成セット(動力無し)
・50717 東武6050型(更新車・新ロゴ)6両編成セット(動力付き)
・31630 野岩鉄道6050型(2パンタ車・61102編成)2両編成セット(動力付き)
・30631 キハ54形500番代(宗谷本線) 2両編成セット(動力付き)
・50723 ありがとう会津鉄道6050型 2両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31628.html

NEW  東武6050型(2パンタ車・6173編成)2両編成セット(動力無し) 31629

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX

東武鉄道株式会社商品化許諾申請中

【 2022年09月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
31629東武6050型(2パンタ車・6173編成)2両編成セット(動力無し)13,200円
メーカー詳細
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX
実車について

東武6050型は6000系の車体更新によって登場した2扉セミクロスシート車両です。1985(昭和60)年から1986(昭和61)年にかけて2両編成22本が更新により登場、更新途中に車両が不足することから完全新造編成が1985(昭和60)年に1編成、1986(昭和61)年に1編成が増備(これらの2編成は野岩鉄道へ譲渡)され、その後、1988(昭和63)年に7編成及び野岩鉄道向けの1 編成が増備、1990(平成2)年には会津鉄道向けに1編成が製造されました。完全新造編成は台車がSUミンデン型台車になっている点が特徴です。1996(平成8)年には増解結の効率化を図るため先頭部の連結器が自動連結器から電気連結器付き密着連結器へ交換され、前面向かって左側に取り付けられていたジャ ンパ栓受けが撤去されています。2001(平成13)年3月のダイヤ改正から日光線の普通列車で運用されることとなり、一部の編成で霜取り用パンタグラフが増設されました。東武鉄道所有の6050型は、2022(令和4)年3月12日のダイヤ改正で定期運用から離脱しています。

商品の特徴

■定期運用最終日まで活躍した東武6050型の霜取りパンタグラフ付き編成
■6173編成モハ6173に搭載された旧幕の行先表示を付属ステッカーにて再現
■車両番号、新ロゴ、乗務員室立入り禁止は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先席は付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、前面貫通幌はユーザー取付け
■ベンチレーター、ヒューズボックスは取付け済み
■臭気抜きは一体表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(電球色)が点灯

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・6825 東武6050系対応 行先表示ステッカー
・8105 ダミーカプラー(耐寒耐雪電連付き・グレー)

関連商品

・31628 東武6050型(2パンタ車・6176編成)2両編成セット(動力付き)
・50717 東武6050型(更新車・新ロゴ)6両編成セット(動力付き)
・31630 野岩鉄道6050型(2パンタ車・61102編成)2両編成セット(動力付き)
・30631 キハ54形500番代(宗谷本線) 2両編成セット(動力付き)
・50723 ありがとう会津鉄道6050型 2両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31629.html

NEW  野岩鉄道6050型(2パンタ車・61102編成)2両編成セット(動力付き) 31630

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX

野岩鉄道株式会社商品化許諾申請中

【 2022年09月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
31630野岩鉄道6050型(2パンタ車・61102編成)2両編成セット(動力付き)16,280円
メーカー詳細
実車について

野岩鉄道6050型は、1986(昭和61)年の開業時に61101編成と61102編成が東武鉄道から譲渡され運行を開始し、1988(昭和63)年に61103編成が新造され3編成体制となりました。
1990(平成2)年10月には会津鉄道会津線が会津高原・会津田島間で電化開業し、同系の会津鉄道6050型や東武鉄道6050型と併結され、東武鉄道浅草〜会津鉄道会津田島間を通して快速・区間快速として運転されました。
2019(令和元)年には3編成とも霜取り用パンタグラフが増設され2パンタ仕様となりました。
東武日光線・鬼怒川線でのワンマン運転開始に伴い、2022(令和4)年3月のダイヤ改正より鬼怒川温泉〜会津高原尾瀬口間のみでの運用となっています。

商品の特徴

■現在も活躍を続ける野岩鉄道所属6050型を製品化
■2パンタ仕様となった2019(令和元)年以降の姿を再現

■車両番号、野岩鉄道ロゴ、乗務員室立入り禁止は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先席は付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、前面貫通幌はユーザー取付け
■ベンチレーター、ヒューズボックスは取付け済み
■臭気抜きは一体表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(電球色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・6825 東武6050系対応 行先表示ステッカー
・8105 ダミーカプラー(耐寒耐雪電連付き・グレー)

関連商品

・31631 野岩鉄道6050型(2パンタ車・61101編成)2両編成セット(動力無し)
・50717 東武6050型(更新車・新ロゴ)6両編成セット(動力付き)
・31628 東武6050型(2パンタ車・6176編成)2両編成セット(動力付き)
・31629 東武6050型(2パンタ車・6173編成)2両編成セット(動力無し)
・50723 ありがとう会津鉄道6050型 2両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31630.html

NEW  野岩鉄道6050型(2パンタ車・61101編成)2両編成セット(動力無し) 31631

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX

野岩鉄道株式会社商品化許諾申請中

【 2022年09月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
31631野岩鉄道6050型(2パンタ車・61101編成)2両編成セット(動力無し)13,200円
メーカー詳細
実車について

野岩鉄道6050型は1986(昭和61)年の開業時に61101編成と61102編成が東武鉄道から譲渡され運行を開始し、1988(昭和63)年に61103編成が新造され3編成体制となりました。
1990(平成2)年10月には会津鉄道会津線が会津高原・会津田島間で電化開業し、同系の会津鉄道6050型や東武鉄道6050型と併結され、東武鉄道浅草〜会津鉄道会津田島間を通して快速・区間快速として運転されました。
2019(令和元)年には3編成とも霜取り用パンタグラフが増設され2パンタ仕様となりました。
東武日光線・鬼怒川線でのワンマン運転開始に伴い、2022(令和4)年3月のダイヤ改正より鬼怒川温泉〜会津高原尾瀬口間のみでの運用となっています。
61101編成は2022(令和4)年3月30日に運用を離脱し、廃車回送されました。

商品の特徴

■現在も活躍を続ける野岩鉄道所属6050型を製品化
■2パンタ仕様となった2019(令和元)年以降の姿を再現

■車両番号、野岩鉄道ロゴ、乗務員室立入り禁止は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先席は付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、前面貫通幌はユーザー取付け
■ベンチレーター、ヒューズボックスは取付け済み
■臭気抜きは一体表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(電球色)が点灯

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・6825 東武6050系対応 行先表示ステッカー
・8105 ダミーカプラー(耐寒耐雪電連付き・グレー)

関連商品

・31630 野岩鉄道6050型(2パンタ車・61102編成)2両編成セット(動力付き)
・50717 東武6050型(更新車・新ロゴ)6両編成セット(動力付き)
・31628 東武6050型(2パンタ車・6176編成)2両編成セット(動力付き)
・31629 東武6050型(2パンタ車・6173編成)2両編成セット(動力無し)
・50723 ありがとう会津鉄道6050型 2両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31631.html

NEW  ありがとう会津鉄道6050型 2両編成セット(動力付き) 50723

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX

会津鉄道株式会社商品化許諾申請中

【 2022年09月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
50723ありがとう会津鉄道6050型 2両編成セット(動力付き)16,830円
メーカー詳細
実車について

会津鉄道6050型は、会津線会津高原〜会津田島間の電化開業に伴い、1990(平成2)年10月に新造されました。
東武鉄道6050型、野岩鉄道6050型と共通運用で、2017(平成29)年4月20日までは日光線や鬼怒川線直通の快速・区間快速を中心に運転され、日光線下今市駅で東武日光/会津田島方面列車の連結・切り離し作業が行われていました。同年4月21日のダイヤ改正以降は日光線南栗橋以北の急行・区間急行や日光線・鬼怒川線の普通列車を中心に使用されました。
2019(令和元)年には霜取り用パンタグラフが増設され2パンタ仕様となりましたが,2022(令和4)年3月のダイヤ改正で運用を離脱しました。

商品の特徴

■会津鉄道に所属していた6050型61201編成の、2019(令和元)年以降の姿(2パンタ仕様)を再現
■ラストラン時に掲出された記念札を付属ステッカーに収録

■車両番号、会津鉄道ロゴ、乗務員室立入り禁止は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先席、ラストラン記念札は付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、前面貫通幌はユーザー取付け
■ベンチレーター、ヒューズボックスは取付け済み
■臭気抜きは一体表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(電球色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載
■専用スリーブデザインを採用

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・6825 東武6050系対応 行先表示ステッカー
・8105 ダミーカプラー(耐寒耐雪電連付き・グレー)

関連商品

・50717 東武6050型(更新車・新ロゴ)6両編成セット(動力付き)
・31628 東武6050型(2パンタ車・6176編成)2両編成セット(動力付き)
・31629 東武6050型(2パンタ車・6173編成)2両編成セット(動力無し)
・31630 野岩鉄道6050型(2パンタ車・61102編成)2両編成セット(動力付き)
・31631 野岩鉄道6050型(2パンタ車・61101編成)2両編成セット(動力無し)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/50723.html

NEW  名鉄2200系1次車(前面窓透過タイプ・車番選択式)6両編成セットⅡ(動力付き) 31621

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX

名古屋鉄道株式会社商品化許諾済

【 2022年09月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
31621名鉄2200系1次車(前面窓透過タイプ・車番選択式)6両編成セットⅡ(動力付き)36,080円
メーカー詳細
実車について

2200系は、2004(平成16)年に中部国際空港への鉄道アクセス用として全車特別車の2000系ミュースカイと共に登場しました。2200系は特別車2両と一般車4両の6両編成で組成されており、車内設備については特別車が2000系、一般車が3300系とほぼ共通の仕様となっています。
2019(平成31)年2月に増備された5次車(2213編成)から、前面の貫通扉風窓ガラスのマジックミラー処理が省略されており、1次車以降についても同様の処理に変更されています。

商品の特徴

■名鉄2200系1次車を車両番号選択式にて製品化
■前面のマジックミラー処理省略後の姿を再現

■コーポレートマーク、Series2200ロゴ、特別車・一般車表示、号車表示は印刷済み
■車両番号、クーラー対空表示は付属車両マークからの選択式
■前面・側面種別行先表示(オーロラビジョン)、優先席、弱冷房車、車椅子、ベビーカー表示、ドアステッカー(サル・イルカ)は付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックスはユーザー取付け
■ベンチレーターは取付け済み
■車外スピーカー、避雷器は取付け済み、信号炎管は一体彫刻表現
■ヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31622 名鉄2200系2次車(前面窓透過タイプ・車番選択式)6両編成セットⅡ(動力付き)
・31623 名鉄2200系3次車(前面窓透過タイプ・車番選択式)6両編成セットⅡ(動力付き)
・31587 名鉄9500系 基本4両編成セット(動力付き)
・31588 名鉄9500系 増結4両編成セット(動力無し)
・31503 名鉄2230系(車番選択式)6両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31621.html

NEW  名鉄2200系2次車(前面窓透過タイプ・車番選択式)6両編成セットⅡ(動力付き) 31622

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX

名古屋鉄道株式会社商品化許諾済

【 2022年09月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
31622名鉄2200系2次車(前面窓透過タイプ・車番選択式)6両編成セットⅡ(動力付き)36,080円
メーカー詳細
実車について

2200系は、2004(平成16)年に中部国際空港への鉄道アクセス用として全車特別車の2000系ミュースカイと共に登場しました。2200系は特別車2両と一般車4両の6両編成で組成されており、車内設備については特別車が2000系、一般車が3300系とほぼ共通の仕様となっています。
2019(平成31)年2月に増備された5次車(2213編成)から、前面の貫通扉風窓ガラスのマジックミラー処理が省略されており、1次車以降についても同様の処理に変更されています。

商品の特徴

■名鉄2200系2次車を車両番号選択式にて製品化
■前面のマジックミラー処理省略後の姿を再現

■コーポレートマーク、Series2200ロゴ、特別車・一般車表示、号車表示は印刷済み
■車両番号、クーラー対空表示は付属車両マークからの選択式
■前面・側面種別行先表示(オーロラビジョン)、優先席、弱冷房車、車椅子、ベビーカー表示、ドアステッカー(サル・イルカ)は付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックスはユーザー取付け
■ベンチレーターは取付け済み
■車外スピーカー、避雷器は取付け済み、信号炎管は一体彫刻表現
■ヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31621 名鉄2200系1次車(前面窓透過タイプ・車番選択式)6両編成セットⅡ(動力付き)
・31623 名鉄2200系3次車(前面窓透過タイプ・車番選択式)6両編成セットⅡ(動力付き)
・31587 名鉄9500系 基本4両編成セット(動力付き)
・31588 名鉄9500系 増結4両編成セット(動力無し)
・31503 名鉄2230系(車番選択式)6両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31622.html

NEW  近鉄12410系(12414編成・新塗装・貫通路開扉パーツ付き)基本4両編成セット(動力付き) 31624

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX

近畿日本鉄道(株)商品化許諾申請中

【 2022年09月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
31624近鉄12410系(12414編成・新塗装・貫通路開扉パーツ付き)基本4両編成セット(動力付き)22,330円
メーカー詳細
実車について

近鉄12410系は、1980(昭和55)年に名阪甲特急(ノンストップ)用として12400系を基礎に製造されました。製造当初は3両編成で登場しましたが、その後中間車を組み込んで4両編成化されました。1997(平成9)年から断続的に車両内外のリニューアルが実施され、行先表示のLED化、喫煙室の設置、車体色の新塗装化が行なわれています。

商品の特徴

■前面行先表示がLEDの12414編成をプロトタイプに製品化
■併結時の前面連結部をリアルに再現できる貫通路開扉パーツが付属

■車両番号、座席表示、前面種別・行先表示(特急/大阪上本町)は印刷済み
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、貫通路開扉パーツはユーザー取付
■臭気抜き(ベンチレーター)は取付済み
■ヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)、前面方向幕(白色)、通過標識灯(白色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)
・8025 近鉄12410・12600系対応行先表示ステッカー・交換用ヘッドマークセット

関連商品

・31625 近鉄12410系(12414編成・新塗装・貫通路開扉パーツ付き)増結4両編成セット(動力無し)
・31600 近鉄22000系ACE(リニューアル車・貫通路開扉パーツ付き)増結4両編成セット(動力無し)
・31602 近鉄22000系ACE(リニューアル車・貫通路開扉パーツ付き)増結2両編成セット(動力無し)
・31535 近鉄22600系Ace(新塗装・阪神乗り入れ対応)増結2両編成セット(動力無し)
・30722 近鉄21020系アーバンライナーnext(座席表示変更後)6両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31624.html

NEW  近鉄12410系(12414編成・新塗装・貫通路開扉パーツ付き)増結4両編成セット(動力無し) 31625

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX

近畿日本鉄道(株)商品化許諾申請中

【 2022年09月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
31625近鉄12410系(12414編成・新塗装・貫通路開扉パーツ付き)増結4両編成セット(動力無し)19,360円
メーカー詳細
実車について

近鉄12410系は、1980(昭和55)年に名阪甲特急(ノンストップ)用として12400系を基礎に製造されました。製造当初は3両編成で登場しましたが、その後中間車を組み込んで4両編成化されました。1997(平成9)年から断続的に車両内外のリニューアルが実施され、行先表示のLED化、喫煙室の設置、車体色の新塗装化が行なわれています。

商品の特徴

■前面行先表示がLEDの12414編成をプロトタイプに製品化
■併結時の前面連結部をリアルに再現できる貫通路開扉パーツが付属

■車両番号、座席表示、前面種別・行先表示(特急/大阪上本町)は印刷済み
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、貫通路開扉パーツはユーザー取付
■臭気抜き(ベンチレーター)は取付済み
■ヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)、前面方向幕(白色)、通過標識灯(白色)が点灯

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)
・8025 近鉄12410・12600系対応行先表示ステッカー・交換用ヘッドマークセット

関連商品

・31624 近鉄12410系(12414編成・新塗装・貫通路開扉パーツ付き)基本4両編成セット(動力付き)
・31599 近鉄22000系ACE(リニューアル車・貫通路開扉パーツ付き)基本4両編成セット(動力付き)
・31601 近鉄22000系ACE(リニューアル車・貫通路開扉パーツ付き)基本2両編成セット(動力付き)
・31534 近鉄22600系Ace(新塗装・阪神乗り入れ対応)基本2両編成セット(動力付き)
・30722 近鉄21020系アーバンライナーnext(座席表示変更後)6両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31625.html

NEW  近鉄12410系(12415編成・新塗装・貫通路開扉パーツ付き)基本4両編成セット(動力付き) 31626

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX

近畿日本鉄道(株)商品化許諾申請中

【 2022年09月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
31626近鉄12410系(12415編成・新塗装・貫通路開扉パーツ付き)基本4両編成セット(動力付き)22,330円
メーカー詳細
実車について

近鉄12410系は、1980(昭和55)年に名阪甲特急(ノンストップ)用として12400系を基礎に製造されました。製造当初は3両編成で登場しましたが、その後中間車を組み込んで4両編成化されました。1997(平成9)年から断続的に車両内外のリニューアルが実施され、行先表示のLED化、喫煙室の設置、車体色の新塗装化が行なわれています。12415編成は、前面行先表示が赤幕、側面行先表示は白幕仕様のまま活躍しています。

商品の特徴

■前面行先表示が赤幕の12415編成をプロトタイプに製品化
■併結時の前面連結部をリアルに再現できる貫通路開扉パーツが付属

■車両番号、座席表示、前面種別・行先表示(特急/名古屋)は印刷済み
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、貫通路開扉パーツはユーザー取付
■臭気抜き(ベンチレーター)は取付済み
■ヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)、前面方向幕(白色)、通過標識灯(白色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8025 近鉄12410・12600系対応行先表示ステッカー・交換用ヘッドマークセット
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31627 近鉄12410系(12415編成・新塗装・貫通路開扉パーツ付き)増結4両編成セット(動力無し)
・31600 近鉄22000系ACE(リニューアル車・貫通路開扉パーツ付き)増結4両編成セット(動力無し)
・31602 近鉄22000系ACE(リニューアル車・貫通路開扉パーツ付き)増結2両編成セット(動力無し)
・31535 近鉄22600系Ace(新塗装・阪神乗り入れ対応)増結2両編成セット(動力無し)
・30722 近鉄21020系アーバンライナーnext(座席表示変更後)6両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31626.html

NEW  近鉄12410系(12415編成・新塗装・貫通路開扉パーツ付き)増結4両編成セット(動力無し) 31627

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX

近畿日本鉄道(株)商品化許諾申請中

【 2022年09月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
31627近鉄12410系(12415編成・新塗装・貫通路開扉パーツ付き)増結4両編成セット(動力無し)19,360円
メーカー詳細
実車について

近鉄12410系は、1980(昭和55)年に名阪甲特急(ノンストップ)用として12400系を基礎に製造されました。製造当初は3両編成で登場しましたが、その後中間車を組み込んで4両編成化されました。1997(平成9)年から断続的に車両内外のリニューアルが実施され、行先表示のLED化、喫煙室の設置、車体色の新塗装化が行なわれています。12415編成は、前面行先表示が赤幕、側面行先表示は白幕仕様のまま活躍しています。

商品の特徴

■前面行先表示が赤幕の12415編成をプロトタイプに製品化
■併結時の前面連結部をリアルに再現できる貫通路開扉パーツが付属

■車両番号、座席表示、前面種別・行先表示(特急/名古屋)は印刷済み
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、貫通路開扉パーツはユーザー取付
■臭気抜き(ベンチレーター)は取付済み
■ヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)、前面方向幕(白色)、通過標識灯(白色)が点灯

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8025 近鉄12410・12600系対応行先表示ステッカー・交換用ヘッドマークセット

関連商品

・31626 近鉄12410系(12415編成・新塗装・貫通路開扉パーツ付き)基本4両編成セット(動力付き)
・31599 近鉄22000系ACE(リニューアル車・貫通路開扉パーツ付き)基本4両編成セット(動力付き)
・31601 近鉄22000系ACE(リニューアル車・貫通路開扉パーツ付き)基本2両編成セット(動力付き)
・31534 近鉄22600系Ace(新塗装・阪神乗り入れ対応)基本2両編成セット(動力付き)
・30722 近鉄21020系アーバンライナーnext(座席表示変更後)6両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31627.html

NEW  JR311系(2次車)4両編成セット(動力付き) 31619

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX

JR東海承認済

【 2022年10月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
31619JR311系(2次車)4両編成セット(動力付き)23,430円
メーカー詳細
実車について

JR311系は、1989(平成元)年の金山総合駅開業や名古屋地区新快速運行開始にあわせて登場した車両です。車内はオール転換クロスシートとし、クハ310形にはトイレが設置されました。1次車から3次車まで4両編成15本が製造され、2次車からは先頭車前面の列車番号表示器の省略、車外スピーカー位置の変更等があります。2006(平成18)年頃から集電装置をシングルアーム式に順次交換し、2009(平成21)年頃からはスカート下部にATS車上子保護板が設置されました。また、2020(令和2)年頃より車体側面に設置されていた号車札が撤去されました。

商品の特徴

■東海道線名古屋地区にて活躍する311系を新規金型にて製品化
■シングルアームパンタグラフ交換後、号車札撤去前の2009(平成21)年頃〜2020(令和2)年頃の姿を再現

■車両番号、JRマーク、ATS表記、エンド表記、所属標記は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先席(2種)、車椅子・ベビーカーマークは付属ステッカー(新規製作)選択式
■電話アンテナ(台座、アンテナ本体)、前面貫通幌はユーザー取付
■ベンチレーターは取付済み
■列車無線アンテナ、信号炎管、避雷器は一体彫刻表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、前面種別・行先表示(白色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31620 JR311系(2次車)8両編成セット(動力付き)
・30885 JR211系6000番台(GG編成)基本2両編成セット(動力付き)
・30887 JR211系5600番台(SS編成)基本3両編成セット(動力付き)
・30478 JR211系5000番台(静岡車両区LL16編成)3両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31619.html

NEW  JR311系(2次車)8両編成セット(動力付き) 31620

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX

JR東海承認済

【 2022年10月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
31620JR311系(2次車)8両編成セット(動力付き)41,250円
メーカー詳細
実車について

JR311系は、1989(平成元)年の金山総合駅開業や名古屋地区新快速運行開始にあわせて登場した車両です。車内はオール転換クロスシートとし、クハ310形にはトイレが設置されました。1次車から3次車まで4両編成15本が製造され、2次車からは先頭車前面の列車番号表示器の省略、車外スピーカー位置の変更等があります。2006(平成18)年頃から集電装置をシングルアーム式に順次交換し、2009(平成21)年頃からはスカート下部にATS車上子保護板が設置されました。また、2020(令和2)年頃より車体側面に設置されていた号車札が撤去されました。

商品の特徴

■東海道線名古屋地区にて活躍する311系を新規金型にて製品化
■シングルアームパンタグラフ交換後、号車札撤去前の2009(平成21)年頃〜2020(令和2)年頃の姿を再現

■車両番号、JRマーク、ATS表記、エンド表記、所属標記は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先席(2種)、車椅子・ベビーカーマークは付属ステッカー(新規製作)選択式
■電話アンテナ(台座、アンテナ本体)、前面貫通幌はユーザー取付
■ベンチレーターは取付済み
■列車無線アンテナ、信号炎管、避雷器は一体彫刻表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、前面種別・行先表示(白色)が点灯
■中間に入る先頭車のライトは非点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31619 JR311系(2次車)4両編成セット(動力付き)
・30885 JR211系6000番台(GG編成)基本2両編成セット(動力付き)
・30887 JR211系5600番台(SS編成)基本3両編成セット(動力付き)
・30478 JR211系5000番台(静岡車両区LL16編成)3両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31620.html

NEW  名鉄2200系3次車(前面窓透過タイプ・車番選択式)6両編成セットⅡ(動力付き) 31623

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX

名古屋鉄道株式会社商品化許諾済

【 2022年10月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
31623名鉄2200系3次車(前面窓透過タイプ・車番選択式)6両編成セットⅡ(動力付き)36,080円
メーカー詳細
実車について

2200系は、2004(平成16)年に中部国際空港への鉄道アクセス用として全車特別車の2000系ミュースカイと共に登場しました。2200系は特別車2両と一般車4両の6両編成で組成されており、車内設備については特別車が2000系、一般車が3300系とほぼ共通の仕様となっています。
2019(平成31)年2月に増備された5次車(2213編成)から、前面の貫通扉風窓ガラスのマジックミラー処理が省略されており、1次車以降についても同様の処理に変更されています。

商品の特徴

■名鉄2200系3次車を車両番号選択式にて製品化
■前面のマジックミラー処理省略後の姿を再現

■コーポレートマーク、Series2200ロゴ、特別車・一般車表示、号車表示は印刷済み
■車両番号、クーラー対空表示は付属車両マークからの選択式
■前面・側面種別行先表示(フルカラーLED)、優先席、弱冷房車、車椅子、ベビーカー表示、ドアステッカー(サル・イルカ)は付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックスはユーザー取付け
■ベンチレーターは取付け済み
■車外スピーカー、避雷器は取付け済み、信号炎管は一体彫刻表現
■ヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31621 名鉄2200系1次車(前面窓透過タイプ・車番選択式)6両編成セットⅡ(動力付き)
・31622 名鉄2200系2次車(前面窓透過タイプ・車番選択式)6両編成セットⅡ(動力付き)
・31587 名鉄9500系 基本4両編成セット(動力付き)
・31588 名鉄9500系 増結4両編成セット(動力無し)
・31503 名鉄2230系(車番選択式)6両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31623.html

NEW  阪急6000系 神戸線6050編成 8両編成セット(動力付き) 31632

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX

阪急電鉄商品化許諾申請中

【 2022年10月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
31632阪急6000系 神戸線6050編成 8両編成セット(動力付き)42,130円
メーカー詳細
実車について

阪急6000系は、宝塚線・神戸線用として5100系の電装品に2200系の車体を組合わせて誕生した系列で、1976(昭和51)年から1980(昭和55)年にかけて120両以上が製造されました。
車両によって乗務員室後ろの小窓の有無などに差異がみられます。登場当時はマルーン一色でしたが、現在は車体上部にアイボリー塗装が施されています。
6050編成は、長らく中間車両に7000系を組み込んだ8両編成で活躍していましたが、2019(令和元)年6月頃に編成組替と改番が行われました。

商品の特徴

■阪急神戸線で活躍した6000系6050編成
■前面種別・行先表示は付属ステッカーからの選択式

■車両番号、社紋は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先座席、弱冷車、車椅子、携帯電話電源オフ車両は付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、ベンチレーター、前面渡り板、スカート箱はユーザー取付け
■避雷器は一体彫刻表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(電球色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載
■車端部付きロングシートパーツを搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31633 阪急6000系 神戸線6016編成 増結用先頭車2両セット(動力無し)
・30911 阪急1000系(1002編成・神戸線)8両編成セット(動力付き)
・30978 阪急1000系(1000編成・神戸線)8両編成セット(動力付き)
・30264 阪急8000/8300系 1次車 基本4両編成セット(動力付き)
・30265 阪急8000/8300系 1次車 増結用中間車4両セット(動力無し)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31632.html

NEW  阪急6000系 神戸線6016編成 増結用先頭車2両セット(動力無し) 31633

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX

阪急電鉄商品化許諾申請中

【 2022年10月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
31633阪急6000系 神戸線6016編成 増結用先頭車2両セット(動力無し)12,320円
メーカー詳細
実車について

阪急6000系は、宝塚線・神戸線用として5100系の電装品に2200系の車体を組合わせて誕生した系列で、1976(昭和51)年から1980(昭和55)年にかけて120両以上が製造されました。
車両によって乗務員室後ろの小窓の有無などに差異がみられます。登場当時はマルーン一色でしたが、現在は車体上部にアイボリー塗装が施されています。

商品の特徴

■阪急神戸線増結運用向けの6016編成
■前面種別・行先表示は付属ステッカーからの選択式

■車両番号、社紋は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先座席、弱冷車、車椅子、携帯電話電源オフ車両は付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、ベンチレーター、前面渡り板、スカート箱はユーザー取付け
■避雷器は一体彫刻表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(電球色)が点灯
※6116号車は非点灯
■車端部付きロングシートパーツを搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)

関連商品

・31632 阪急6000系 神戸線6050編成 8両編成セット(動力付き)
・30911 阪急1000系(1002編成・神戸線)8両編成セット(動力付き)
・30978 阪急1000系(1000編成・神戸線)8両編成セット(動力付き)
・30264 阪急8000/8300系 1次車 基本4両編成セット(動力付き)
・30265 阪急8000/8300系 1次車 増結用中間車4両セット(動力無し)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31633.html

NEW  阪急6000系 今津線(今津南線)・甲陽線6020編成 3両編成セット(動力付き) 31634

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX

阪急電鉄商品化許諾申請中

【 2022年10月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
31634阪急6000系 今津線(今津南線)・甲陽線6020編成 3両編成セット(動力付き)20,350円
メーカー詳細
実車について

阪急6000系は、宝塚線・神戸線用として5100系の電装品に2200系の車体を組合わせて誕生した系列で、1976(昭和51)年から1980(昭和55)年にかけて120両以上が製造されました。
車両によって乗務員室後ろの小窓の有無などに差異がみられます。登場当時はマルーン一色でしたが、現在は車体上部にアイボリー塗装が施されています。
神戸線・宝塚線では主に8両編成が、伊丹線・箕面線では4両編成が活躍していますが、今津南線・甲陽線では3両編成が活躍をしています。

商品の特徴

■阪急今津線(今津南線)・甲陽線の6020編成
■ヘッドライト交換前の2011(平成23)年頃の姿

■車両番号、社紋は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先座席、弱冷車、車椅子、携帯電話電源オフ車両は付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、前面渡り板はユーザー取付け
■避雷器は一体彫刻表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(電球色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載
■車端部付きロングシートパーツを搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31634.html

NEW  阪急6000系 今津線(今津北線)6025+6026編成 6両編成セット(動力付き) 31635

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX

阪急電鉄商品化許諾申請中

【 2022年10月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
31635阪急6000系 今津線(今津北線)6025+6026編成 6両編成セット(動力付き)35,200円
メーカー詳細
実車について

阪急6000系は、宝塚線・神戸線用として5100系の電装品に2200系の車体を組合わせて誕生した系列で、1976(昭和51)年から1980(昭和55)年にかけて120両以上が製造されました。
車両によって乗務員室後ろの小窓の有無などに差異がみられます。登場当時はマルーン一色でしたが、現在は車体上部にアイボリー塗装が施されています。
神戸線・宝塚線では主に8両編成が、伊丹線・箕面線では4両編成が活躍していますが、今津北線では3+3両の6両編成が活躍をしています。

商品の特徴

■今津線(今津北線)で活躍する6000系6025+6026編成
■ヘッドライト交換前の2011(平成23)年頃の姿

■車両番号、社紋は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先座席、弱冷車、車椅子、携帯電話電源オフ車両は付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、ベンチレーター、前面渡り板、スカート箱はユーザー取付け
■避雷器は一体彫刻表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(電球色)が点灯
■中間車に入る先頭車のライトは非点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載
■車端部付きロングシートパーツを搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31635.html

NEW  阪急6000系 宝塚線6001編成 8両編成セット(動力付き) 31636

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX

阪急電鉄商品化許諾申請中

【 2022年11月 】発売予定
 品番品名価格(税込)
31636阪急6000系 宝塚線6001編成 8両編成セット(動力付き)42,130円
メーカー詳細
実車について

阪急6000系は、宝塚線・神戸線用として5100系の電装品に2200系の車体を組合わせて誕生した系列で、1976(昭和51)年から1980(昭和55)年にかけて120両以上が製造されました。
車両によって乗務員室後ろの小窓の有無などに差異がみられます。登場当時はマルーン一色でしたが、現在は車体上部にアイボリー塗装が施されています。

商品の特徴

■阪急宝塚線の6000系6001編成
■ヘッドライト交換前の2011(平成23)年頃の姿

■車両番号、社紋は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先座席、弱冷車、車椅子、携帯電話電源オフ車両は付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、前面渡り板、スカート箱はユーザー取付け
■避雷器は一体彫刻表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(電球色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載
■車端部付きロングシートパーツを搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
【GM】新製品発表 2022年10月 発売予定品ポスター掲載 (2022年5月10日)  #グリーンマックス #GREENMAX
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・30264 阪急8000/8300系 1次車 基本4両編成セット(動力付き)
・30265 阪急8000/8300系 1次車 増結用中間車4両セット(動力無し)
・30266 阪急8000/8300系 1次車 増結用先頭車2両セット(動力無し)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31636.html

更新履歴&記事元

2022年05月10日:記事を掲載しました
記事元:グリーンマックスオフィシャルサイト
Return Top 横濱模型