横濱模型

Nゲージインフォメーション

【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX

発売予定品情報

新製品発売情報のポスターがGREENMAX オフィシャルサイトに掲載されました。

ポスター内容一覧

【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX

【 2022年05月 】完成品発売予定

品番品名価格(税込)
30483JR北海道キハ54形(500番代・流氷物語号・507+508)2両編成セット(動力付き)16,390円
30484JR北海道キハ54形(旭川車・505)1両単品(動力付き)11,000円
30485JR北海道キハ54形(旭川車・513)1両単品(動力無し)8,360円
50711JR北海道キハ54形(500番代・スピーカー付き519+525)2両編成セット(動力付き)16,830円
50712JR北海道キハ54形(500番代・地球探索鉄道花咲線ラッピングトレイン)1両単品(動力付き)11,220円
50713JR北海道キハ54形(500番代・地球探索鉄道花咲線ラッピングトレイン)1両単品(動力無し)8,580円
50706上田電鉄1000系「自然と友だち2号」2両編成セット(動力付き)17,380円
50707上田電鉄1000系「れいんどりーむ号」2両編成セット(動力付き)17,380円
31580近鉄1252系(阪神相直対応車・1272編成)2両編成セット(動力付き)17,050円
31581近鉄1252系(阪神相直対応車・1276編成)2両編成セット(動力無し)13,640円
31582近鉄5800系(大阪線・5813編成)6両編成セット(動力付き)32,230円
50067近鉄5800系(デボ1形塗装)6両編成セット(動力付き)32,230円

【 2022年06月 】完成品発売予定

品番品名価格(税込)
30414JR九州817系3000番代 基本3両編成セット(動力付き)20,240円
30415JR九州817系3000番代 増結3両編成セット(動力無し)17,820円
30481JR九州817系2000番代2両編成セット(動力付き)16,720円
30482JR九州817系2000番代2両編成セット(動力無し)14,080円
30486JR九州BEC819系(DENCHA・2番編成)2両編成セット(動力付き)18,810円
30487JR九州BEC819系300番代(香椎線・5番編成)2両編成セット(動力付き)18,810円
30994JR817系3000番代 6両編成セット(動力付き)34,100円
31577JR九州817系1500番代(福北ゆたか線)2両編成セット(動力付き)16,720円
31578JR九州817系1500番代(福北ゆたか線)2両編成セット(動力無し)14,080円
31583JR九州BEC819系5300番代(香椎線)2両編成セット(動力付き)18,810円
50710JR九州817系2000番代先頭車6両編成セット(動力付き)38,720円
50708近鉄5209系+2800系(名古屋線)6両編成セット(動力付き)35,640円
50709近鉄5211系+2800系(名古屋線)6両編成セット(動力付き)35,640円

【 2022年04月 】発売予定(キット・ストラクチャー・パーツ)

品番品名価格(税込)
2214のり面A(のり枠タイプ)880円
2215のり面B(アンカータイプ)880円
2216公団住宅(1棟入り)4,620円
2217鉄道信号機(3~6灯・4基入り)1,760円
115スハ32形 2両編成セット1,980円
2607着色済み ビジネスビル(ブラウン) 基本5階建3,300円
2608着色済み ビジネスビル(ブラウン) 増設4階分2,530円
2609着色済み ビジネスビル(ブラックグレー) 基本5階建3,300円
2610着色済み ビジネスビル(ブラックグレー) 増設4階分2,530円

【 2022年05月 】発売予定(キット・ストラクチャー・パーツ)

品番品名価格(税込)
13013着色済み クモハ73形+クハ79形 2両編成セット(ウグイス色)4,180円
13014着色済み モハ72形+サハ78形 2両セット(ウグイス色)4,070円
2218商店セット(リノベーション仕様・6棟入り)2,530円
2592着色済み 商店セットB(70年代の商店・3棟入り)3,179円
2593着色済み 住宅セットB(70年代の住宅・3棟入り)2,750円
2599着色済み 商店セットC(60年代の商店・3棟入り)3,278円
2600着色済み 住宅セットC(昭和モダン建築・3棟入り)2,750円

ポスター内容詳細

NEW  JR北海道キハ54形(500番代・流氷物語号・507+508)2両編成セット(動力付き) 30483

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAXJR北海道商品化許諾申請中

【 2022年05月 】発売予定
品番品名価格(税込)
30483JR北海道キハ54形(500番代・流氷物語号・507+508)2両編成セット(動力付き)16,390円
メーカー詳細
実車について

JR北海道で活躍するキハ54形500番代は、酷寒地向けとして登場した21m級の両運転台式一般形気動車です。2003(平成15)年から2005(平成17)年にかけて機器の更新工事が施工され、外観上では、台車が従来のDT22からボルスタレス台車N-DT54に交換されているのが大きな特徴です。機器更新工事の他に、鹿笛の設置で、前面のタイフォンが撤去されています。
「流氷物語号」は、2017(平成29)年1月より釧網本線にて活躍しているラッピング車両です。車体デザインは青を基調とした車両の側面に、知床連山と沿線に咲くエゾスカシユリを描いた「オホーツクブルー車両」と、白を背景に流氷とクリオネを描いた「白車両」の2両で構成されています。

商品の特徴

■釧網本線にて活躍するキハ54形500番代「流氷物語号」
■新規作成の付属ステッカーにヘッドマークを収録

■車両番号、JRマーク、各種表記は印刷済み
■前面方向幕、側面行先方向板(サボ)、乗降ドア横サボ、ワンマン表示、ヘッドマーク、架線注意、優先席は付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ホイッスル、ベンチレーターは取付け済み
■信号炎管、マフラーは一体表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯
■中間に入る先頭車のライトは非点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・50712 JR北海道キハ54形(500番代・地球探索鉄道花咲線ラッピングトレイン)1両単品(動力付き)
・50713 JR北海道キハ54形(500番代・地球探索鉄道花咲線ラッピングトレイン)1両単品(動力無し)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/30483.html

NEW  JR北海道キハ54形(旭川車・505)1両単品(動力付き) 30484

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAXJR北海道商品化許諾申請中

【 2022年05月 】発売予定
品番品名価格(税込)
30484JR北海道キハ54形(旭川車・505)1両単品(動力付き)11,000円
メーカー詳細
実車について

JR北海道で活躍するキハ54形500番代は、酷寒地向けとして登場した21m級の両運転台式一般形気動車です。2003(平成15)年から2005(平成17)年にかけて機器の更新工事が施工され、外観上では、台車が従来のDT22からボルスタレス台車N-DT54に交換されているのが大きな特徴です。機器更新工事の他に、鹿笛の設置で、前面のタイフォンが撤去されています。

商品の特徴

■キハ54形500番代の旭川車を製品化
■付属ステッカーはベース材を見直します
■車両番号、JRマーク、各種表記は印刷済み
■前面種別・行先方向幕、行先方向板(サボ)、乗降ドア横サボ、前面ワンマン表示、架線注意、優先席は付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ホイッスル、ベンチレーターは取付け済み
■信号炎管、マフラーは一体表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・30405 JR北海道キハ54形(500番代・旭川車)1両単品(動力付き)
・30406 JR北海道キハ54形(500番代・旭川車)1両単品(動力無し)
・30409 JR北海道キハ54形(500番代・元急行仕様)1両単品(動力付き)
・50679 JR北海道キハ150形0番代 旭川車(JR北海道色+富良野線色)2両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/30484.html

NEW  JR北海道キハ54形(旭川車・513)1両単品(動力無し) 30485

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAXJR北海道商品化許諾申請中

【 2022年05月 】発売予定
品番品名価格(税込)
30485JR北海道キハ54形(旭川車・513)1両単品(動力無し)8,360円
メーカー詳細
実車について

JR北海道で活躍するキハ54形500番代は、酷寒地向けとして登場した21m級の両運転台式一般形気動車です。2003(平成15)年から2005(平成17)年にかけて機器の更新工事が施工され、外観上では、台車が従来のDT22からボルスタレス台車N-DT54に交換されているのが大きな特徴です。機器更新工事の他に、鹿笛の設置で、前面のタイフォンが撤去されています。

商品の特徴

■キハ54形500番代の旭川車を製品化
■付属ステッカーはベース材を見直します
■車両番号、JRマーク、各種表記は印刷済み
■前面種別・行先方向幕、行先方向板(サボ)、乗降ドア横サボ、前面ワンマン表示、架線注意、優先席は付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ホイッスル、ベンチレーターは取付け済み
■信号炎管、マフラーは一体表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・30405 JR北海道キハ54形(500番代・旭川車)1両単品(動力付き)
・30406 JR北海道キハ54形(500番代・旭川車)1両単品(動力無し)
・30409 JR北海道キハ54形(500番代・元急行仕様)1両単品(動力付き)
・50679 JR北海道キハ150形0番代 旭川車(JR北海道色+富良野線色)2両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/30485.html

NEW  JR北海道キハ54形(500番代・スピーカー付き519+525)2両編成セット(動力付き) 50711

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAXJR北海道商品化許諾申請中

【 2022年05月 】発売予定
品番品名価格(税込)
50711JR北海道キハ54形(500番代・スピーカー付き519+525)2両編成セット(動力付き)16,830円
メーカー詳細
実車について

“JR北海道で活躍するキハ54形500番代は、酷寒地向けとして登場した21m級の両運転台式一般形気動車です。2003(平成15)年から2005(平成17)年にかけて機器の更新工事が施工され、外観上では、台車が従来のDT22からボルスタレス台車N-DT54に交換されているのが大きな特徴です。機器更新工事の他に、鹿笛の設置で、前面のタイフォンが撤去されています。
キハ54-519は2020(令和2)年8月頃より、前面タイフォン跡へ鹿よけ目的のスピーカーが設置されています。”

商品の特徴

■鹿よけスピーカーが設置されたキハ54-519を製品化
■キハ54-525はピンク帯から共通帯に変更された姿を再現
■鹿よけスピーカーは印刷表現
■車両番号、JRマーク、各種表記は印刷済み
■前面方向幕、側面行先方向板(サボ)、乗降ドア横サボ、ワンマン表示、ヘッドマーク、架線注意、優先席は付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ホイッスル、ベンチレーターは取付け済み
■信号炎管、マフラーは一体表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯
■中間に入る先頭車のライトは非点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・50712 JR北海道キハ54形(500番代・地球探索鉄道花咲線ラッピングトレイン)1両単品(動力付き)
・30483 JR北海道キハ54形(500番代・流氷物語号・507+508)2両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/50711.html

NEW  JR北海道キハ54形(500番代・地球探索鉄道花咲線ラッピングトレイン)1両単品(動力付き) 50712

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX
横濱模型が撮影

JR北海道商品化許諾申請中

【 2022年05月 】発売予定
品番品名価格(税込)
50712JR北海道キハ54形(500番代・地球探索鉄道花咲線ラッピングトレイン)1両単品(動力付き)11,220円
メーカー詳細
実車について

“JR北海道で活躍するキハ54形500番代は、酷寒地向けとして登場した21m級の両運転台式一般形気動車です。2003(平成15)年から2005(平成17)年にかけて機器の更新工事が施工され、外観上では、台車が従来のDT22からボルスタレス台車N-DT54に交換されているのが大きな特徴です。機器更新工事の他に、鹿笛の設置で、前面のタイフォンが撤去されています。
「地球探索鉄道花咲線ラッピングトレイン」は、沿線地域で進められている花咲線利用促進PRと連携し、2018(平成30)年11月より花咲線・釧網本線・根室本線などで運行されている全面ラッピング車両です。花咲線の花を「赤」で表し、冬の「白」をモチーフとした両側面で異なる配色が特徴で、見る側によって2度楽しめるデザインになっています。”

商品の特徴

■キハ54形500番代「地球探索鉄道花咲線ラッピングトレイン」を製品化
■付属ステッカーにヘッドマークを収録
■車両番号、JRマーク、各種表記は印刷済み
■前面方向幕、側面行先方向板(サボ)、乗降ドア横サボ、ワンマン表示、ヘッドマーク、架線注意、優先席は付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ホイッスル、ベンチレーターは取付け済み
■信号炎管、マフラーは一体表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・30206 キハ54形500番代(釧網本線) 2両編成セット(動力付き)
・30408 JR北海道キハ54形(500番代・ピンク帯)1両単品(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/50712.html

NEW  JR北海道キハ54形(500番代・地球探索鉄道花咲線ラッピングトレイン)1両単品(動力無し) 50713

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX
横濱模型が撮影

JR北海道商品化許諾申請中

【 2022年05月 】発売予定
品番品名価格(税込)
50713JR北海道キハ54形(500番代・地球探索鉄道花咲線ラッピングトレイン)1両単品(動力無し)8,580円
メーカー詳細
実車について

“JR北海道で活躍するキハ54形500番代は、酷寒地向けとして登場した21m級の両運転台式一般形気動車です。2003(平成15)年から2005(平成17)年にかけて機器の更新工事が施工され、外観上では、台車が従来のDT22からボルスタレス台車N-DT54に交換されているのが大きな特徴です。機器更新工事の他に、鹿笛の設置で、前面のタイフォンが撤去されています。
「地球探索鉄道花咲線ラッピングトレイン」は、沿線地域で進められている花咲線利用促進PRと連携し、2018(平成30)年11月より花咲線・釧網本線・根室本線などで運行されている全面ラッピング車両です。花咲線の花を「赤」で表し、冬の「白」をモチーフとした両側面で異なる配色が特徴で、見る側によって2度楽しめるデザインになっています。”

商品の特徴

■キハ54形500番代「地球探索鉄道花咲線ラッピングトレイン」を製品化
■付属ステッカーにヘッドマークを収録
■車両番号、JRマーク、各種表記は印刷済み
■前面方向幕、側面行先方向板(サボ)、乗降ドア横サボ、ワンマン表示、ヘッドマーク、架線注意、優先席は付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ホイッスル、ベンチレーターは取付け済み
■信号炎管、マフラーは一体表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図
別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・30206 キハ54形500番代(釧網本線) 2両編成セット(動力付き)
・30408 JR北海道キハ54形(500番代・ピンク帯)1両単品(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/50713.html

NEW  上田電鉄1000系「自然と友だち2号」2両編成セット(動力付き) 50706

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX上田電鉄商品化許諾申請中

【 2022年05月 】発売予定
品番品名価格(税込)
50706上田電鉄1000系「自然と友だち2号」2両編成セット(動力付き)17,380円
メーカー詳細
実車について

“上田電鉄1000系は、2008(平成20)年3月に元東急電鉄1000系を譲り受け、ワンマン化や、集電装置のシングルアームタイプへの換装・増設等の改造により登場した車両です。VVVF制御装置、ボルスタレス台車などの近代的な装備が特徴で、現在までに4編成が導入されています。
「自然と友だち2号」は、2008(平成20年)年12月から運行を開始したラッピング列車で、上田市周辺の自然をイメージし、黒をアクセントにデザインされた列車です。”

商品の特徴

■上田電鉄を走るラッピング列車「自然と友だち2号」を製品化
■付属ステッカーにオリジナルヘッドマークを収録
■車両番号、社紋、ロゴマークは印刷済み
■前面・側面行先表示、前面ワンマン表記、前面運行番号、ドア出入り口表記、号車番号、優先席、ドア表記(3種)、前面ヘッドマークは付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックスは取付け済み
■避雷器は一体彫刻表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・30301 上田電鉄1000系 2両編成セット(動力付き)
・50048 上田電鉄1000系 まるまどりーむ号(Mimaki号) 2両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/50706.html

NEW  上田電鉄1000系「れいんどりーむ号」2両編成セット(動力付き) 50707

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX上田電鉄商品化許諾申請中

【 2022年05月 】発売予定
品番品名価格(税込)
50707上田電鉄1000系「れいんどりーむ号」2両編成セット(動力付き)17,380円
メーカー詳細
実車について

“上田電鉄1000系は、2008(平成20)年3月に元東急電鉄1000系を譲り受け、ワンマン化や、集電装置のシングルアームタイプへの換装・増設等の改造により登場した車両です。VVVF制御装置、ボルスタレス台車などの近代的な装備が特徴で、現在までに4編成が導入されています。
「れいんどりーむ号」は、2021(令和3)年6月から運行を開始したラッピング列車で、上田市の日本遺産である「レイラインがつなぐ『太陽と大地の聖地』~龍と生きるまち信州上田・塩田平」がイメージされたデザインの列車です。”

商品の特徴

■上田電鉄を走るラッピング列車「れいんどりーむ号」を製品化
■付属ステッカーにオリジナルヘッドマークを収録
■車両番号、社紋、ロゴマークは印刷済み
■前面・側面行先表示、前面ワンマン表記、前面運行番号、ドア出入り口表記、号車番号、優先席、ドア表記(3種)、前面ヘッドマークは付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックスは取付け済み
■避雷器は一体彫刻表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・30301 上田電鉄1000系 2両編成セット(動力付き)
・50048 上田電鉄1000系 まるまどりーむ号(Mimaki号) 2両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/50707.html

NEW  近鉄1252系(阪神相直対応車・1272編成)2両編成セット(動力付き) 31580

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX近畿日本鉄道(株)商品化許諾申請中

【 2022年05月 】発売予定
品番品名価格(税込)
31580近鉄1252系(阪神相直対応車・1272編成)2両編成セット(動力付き)17,050円
メーカー詳細
実車について

“アルミ製車体を採用したVVVFインバータ制御車のうち、6両編成の系列を1026系、2両編成の1230系において1993(平成5)年以降に製造された系列が1252系です。
現在は、5800系と同じく阪神電鉄線乗入れ改造を施し、外観上では列車選別選定装置の取付けや、電気連結器の2段化、スカートの形状の変更が挙げられます。
阪神電鉄線乗り入れ対応編成には、蝶々に類似したマークを前面運転台下窓と側面乗務員室扉横に貼付されているのも特徴です。”

商品の特徴

■2021(令和3)年現在の1252系(阪神相直対応車)を製品化
■付属ステッカーの収録内容を見直します
■車両番号、阪神相直対応マークは印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先座席、弱冷車、車椅子・ベビーカーマークは付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックスは取付済み
■前面貫通幌はユーザー取付け
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(電球色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・30454 近鉄5800系L/Cカー(相直対応車・5805編成)6両編成セット(動力付き)
・31582 近鉄5800系(大阪線・5813編成)6両編成セット(動力付き)
・50067 近鉄5800系(デボ1形塗装)6両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31580.html

NEW  近鉄1252系(阪神相直対応車・1276編成)2両編成セット(動力無し) 31581

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX近畿日本鉄道(株)商品化許諾申請中

【 2022年05月 】発売予定
品番品名価格(税込)
31581近鉄1252系(阪神相直対応車・1276編成)2両編成セット(動力無し)13,640円
メーカー詳細
実車について

“アルミ製車体を採用したVVVFインバータ制御車のうち、6両編成の系列を1026系、2両編成の1230系において1993(平成5)年以降に製造された系列が1252系です。
現在は、5800系と同じく阪神電鉄線乗入れ改造を施し、外観上では列車選別選定装置の取付けや、電気連結器の2段化、スカートの形状の変更が挙げられます。
阪神電鉄線乗り入れ対応編成には、蝶々に類似したマークを前面運転台下窓と側面乗務員室扉横に貼付されているのも特徴です。”

商品の特徴

■2021(令和3)年現在の1252系(阪神相直対応車)を製品化
■付属ステッカーの収録内容を見直します
■車両番号、阪神相直対応マークは印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先座席、弱冷車、車椅子・ベビーカーマークは付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックスは取付済み
■前面貫通幌はユーザー取付け
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(電球色)が点灯

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・30454 近鉄5800系L/Cカー(相直対応車・5805編成)6両編成セット(動力付き)
・31582 近鉄5800系(大阪線・5813編成)6両編成セット(動力付き)
・50067 近鉄5800系(デボ1形塗装)6両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31581.html

NEW  近鉄5800系(大阪線・5813編成)6両編成セット(動力付き) 31582

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX近畿日本鉄道(株)商品化許諾申請中

【 2022年05月 】発売予定
品番品名価格(税込)
31582近鉄5800系(大阪線・5813編成)6両編成セット(動力付き)32,230円
メーカー詳細
実車について

1997(平成9)年7月に運用を開始した5800系「L/Cカー」は、21世紀の輸送サービスを目指し近鉄が独自に開発したデュアルシートの新造車両です。居住性と乗車効率を両立させた通勤車両で、オフピーク時にはクロスシート、ピーク時には混雑緩和を図るためロングシートで運行します。大阪線・名古屋線に所属している5800系にはトイレが設置されています。

商品の特徴

■2021年現在の大阪線5800系を製品化
■付属ステッカーの収録内容を見直します
■車両番号、L/Cマークは印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先座席、弱冷車、車椅子・ベビーカーマークは付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックスは取付済み
■前面貫通幌はユーザー取付け
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(電球色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・30454 近鉄5800系L/Cカー(相直対応車・5805編成)6両編成セット(動力付き)
・31580 近鉄1252系(阪神相直対応車・1272編成)2両編成セット(動力付き)
・30581 名鉄1200系(リニューアル車・B編成)6両編成セット(動力付き)
・50067 近鉄5800系(デボ1形塗装)6両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31582.html

NEW  近鉄5800系(デボ1形塗装)6両編成セット(動力付き) 50067

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX近畿日本鉄道(株)商品化許諾申請中

【 2022年05月 】発売予定
品番品名価格(税込)
50067近鉄5800系(デボ1形塗装)6両編成セット(動力付き)32,230円
メーカー詳細
実車について

“1997(平成9)年7月に運用を開始した5800系「L/Cカー」は、21世紀の輸送サービスを目指し近鉄が独自に開発したデュアルシートの新造車両です。居住性と乗車効率を両立させた通勤車両で、オフピーク時にはクロスシート、ピーク時には混雑緩和を図るためロングシートで運行します。また大阪線・名古屋線で運用される編成には、トイレが設置されています。
2016(平成28)年には奈良線開業100周年を記念して、開業時に活躍していたデボ1形をイメージした塗装と装飾が施された編成が登場し、現在も近鉄⇔阪神の相直運用などで活躍しています。”

商品の特徴

■2021(令和3)年現在の5800系(デボ1形塗装)を製品化
■付属ステッカーの収録内容を見直します
■車両番号、阪神相直対応マーク、L/Cマーク、大阪電気軌道社紋、デボ1形ヘッドライトは印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先座席、弱冷車、車椅子・ベビーカーマークは付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックスは取付済み
■前面貫通幌はユーザー取付け
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(電球色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・30454 近鉄5800系L/Cカー(相直対応車・5805編成)6両編成セット(動力付き)
・31580 近鉄1252系(阪神相直対応車・1272編成)2両編成セット(動力付き)
・31581 近鉄1252系(阪神相直対応車・1276編成)2両編成セット(動力無し)
・31582 近鉄5800系(大阪線・5813編成)6両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/50067.html

 再  JR九州817系3000番代 基本3両編成セット(動力付き) 30414

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAXJR九州承認済

【 2022年06月 】発売予定
品番品名価格(税込)
30414JR九州817系3000番代 基本3両編成セット(動力付き)20,240円
メーカー詳細
実車について

“JR九州817系2000・3000番代は、2012(平成24)年に篠栗線・筑豊本線(福北ゆたか線)と鹿児島本線を中心とした福岡都市圏の混雑緩和を目的に登場しました。
車体は、従来車と比較してアルミ無塗装車体から白色塗装に変更、前面のデザインも従来のデザインから一部変更されているのが特徴です。
3000番代は811系や813系との併結運転も可能で、各系列を組合わせた最大9両編成での活躍もみられます。”

商品の特徴

■北九州・福岡都市圏で活躍し、南福岡車両区に所属するJR九州817系3000番代を製品化
■床下機器・台車の成型色はブラックグレー
■JRマーク、KYUSHU RAILWAY COMPANY、CT、Commuter Train817各ロゴマークは印刷済み
■車両番号、編成番号、前面種別・行先表示(快速/門司港)、各種ロゴ、各種表記、車椅子マークは印刷済み
■ベンチレーター、避雷器、交流機器は取付済み
■列車無線アンテナ、信号炎管は一体表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・6829 JR九州817系対応 行先表示ステッカー①

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/30414.html

 再  JR九州817系3000番代 増結3両編成セット(動力無し) 30415

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAXJR九州承認済

【 2022年06月 】発売予定
品番品名価格(税込)
30415JR九州817系3000番代 増結3両編成セット(動力無し)17,820円
メーカー詳細
実車について

“JR九州817系2000・3000番代は、2012(平成24)年に篠栗線・筑豊本線(福北ゆたか線)と鹿児島本線を中心とした福岡都市圏の混雑緩和を目的に登場しました。
車体は、従来車と比較してアルミ無塗装車体から白色塗装に変更、前面のデザインも従来のデザインから一部変更されているのが特徴です。
3000番代は811系や813系との併結運転も可能で、各系列を組合わせた最大9両編成での活躍もみられます。”

商品の特徴

■北九州・福岡都市圏で活躍し、南福岡車両区に所属するJR九州817系3000番代を製品化
■床下機器・台車の成型色はブラックグレー
■JRマーク、KYUSHU RAILWAY COMPANY、CT、Commuter Train817各ロゴマークは印刷済み
■車両番号、編成番号、前面種別・行先表示(快速/門司港)、各種ロゴ、各種表記、車椅子マークは印刷済み
■ベンチレーター、避雷器、交流機器は取付済み
■列車無線アンテナ、信号炎管は一体表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・6829 JR九州817系対応 行先表示ステッカー①

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/30415.html

NEW  JR九州817系2000番代2両編成セット(動力付き) 30481

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAXJR九州承認済

【 2022年06月 】発売予定
品番品名価格(税込)
30481JR九州817系2000番代2両編成セット(動力付き)16,720円
メーカー詳細
実車について

“JR九州817系は、2001(平成13)年に北九州地区に導入された20m3扉の近郊型車両で、その後も使用線区にあわせたバリエーション展開により九州全域で活躍しています。
福北ゆたか線で活躍する2000番代は2012(平成24)年に登場したグループで、外観が従来の無塗装から白色塗装へ変更され、車内はオールロングシートとなっています。他の番代やBEC819系との併結運用も可能で、ラッシュ時の混雑緩和に貢献しています。”

商品の特徴

■福北ゆたか線などで活躍する817系2000番代
■前面・側面種別行先表示は付属ステッカーからの選択式
■車両番号、編成番号、JRマーク、各種ロゴ、各種表記は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先席は付属ステッカー(新規製作)選択式
■避雷器、交流機器は取付済み
■列車無線アンテナ、信号炎管は一体表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・6829 JR九州817系対応 行先表示ステッカー①
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31577 JR九州817系1500番代(福北ゆたか線)2両編成セット(動力付き)
・31578 JR九州817系1500番代(福北ゆたか線)2両編成セット(動力無し)
・30368 JR九州817系1100番代 基本2両編成セット(動力付き)
・30369 JR九州817系1100番代 増結2両編成セット(動力無し)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/30481.html

NEW  JR九州817系2000番代2両編成セット(動力無し) 30482

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAXJR九州承認済

【 2022年06月 】発売予定
品番品名価格(税込)
30482JR九州817系2000番代2両編成セット(動力無し)14,080円
メーカー詳細
実車について

“JR九州817系は、2001(平成13)年に北九州地区に導入された20m3扉の近郊型車両で、その後も使用線区にあわせたバリエーション展開により九州全域で活躍しています。
福北ゆたか線で活躍する2000番代は2012(平成24)年に登場したグループで、外観が従来の無塗装から白色塗装へ変更され、車内はオールロングシートとなっています。他の番代やBEC819系との併結運用も可能で、ラッシュ時の混雑緩和に貢献しています。”

商品の特徴

■福北ゆたか線などで活躍する817系2000番代
■前面・側面種別行先表示は付属ステッカーからの選択式
■車両番号、編成番号、JRマーク、各種ロゴ、各種表記は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先席は付属ステッカー(新規製作)選択式
■避雷器、交流機器は取付済み
■列車無線アンテナ、信号炎管は一体表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・6829 JR九州817系対応 行先表示ステッカー①
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31577 JR九州817系1500番代(福北ゆたか線)2両編成セット(動力付き)
・31578 JR九州817系1500番代(福北ゆたか線)2両編成セット(動力無し)
・30368 JR九州817系1100番代 基本2両編成セット(動力付き)
・30369 JR九州817系1100番代 増結2両編成セット(動力無し)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/30482.html

NEW  JR九州BEC819系(DENCHA・2番編成)2両編成セット(動力付き) 30486

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAXJR九州承認済

【 2022年06月 】発売予定
品番品名価格(税込)
30486JR九州BEC819系(DENCHA・2番編成)2両編成セット(動力付き)18,810円
メーカー詳細
実車について

“BEC819系は、JR九州が開発した世界初の交流による蓄電池車で、大容量蓄電池と急速充電システムを備えています。電化区間ではパンタグラフを上げて通常の電車として走行し、非電化区間では、電化区間で架線からの電力と回生ブレーキから発生する電力で充電した蓄電池からの給電により、パンタグラフを下げた状態で電車と同様に走行します。
車両は817系に準じた仕様・性能を有し、併結運転も行なわれています。側面乗降扉の青と、クハの床下一杯に配置された青い蓄電池が特徴です。
近年、計器用変圧器にカバーが取り付けられた登場当初から姿が変化しています。”

商品の特徴

■若松線・福北ゆたか線などで活躍する819系0番代
■屋上計器用変圧器にカバーが取り付けられた現在の姿
■車両番号、編成番号、JRマーク、各種ロゴ、各種表記は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先席は付属ステッカー(新規製作)選択式
■避雷器、交流機器は取付済み
■列車無線アンテナ、信号炎管は一体表現
■ヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)、前面行先表示(白色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31577 JR九州817系1500番代(福北ゆたか線)2両編成セット(動力付き)
・31578 JR九州817系1500番代(福北ゆたか線)2両編成セット(動力無し)
・30368 JR九州817系1100番代 基本2両編成セット(動力付き)
・30369 JR九州817系1100番代 増結2両編成セット(動力無し)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

NEW  JR九州BEC819系300番代(香椎線・5番編成)2両編成セット(動力付き) 30487

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAXJR九州承認済

【 2022年06月 】発売予定
品番品名価格(税込)
30487JR九州BEC819系300番代(香椎線・5番編成)2両編成セット(動力付き)18,810円
メーカー詳細
実車について

“BEC819系は、JR九州が開発した世界初の交流による蓄電池車で、大容量蓄電池と急速充電システムを備えています。電化区間ではパンタグラフを上げて通常の電車として走行し、非電化区間では、電化区間で架線からの電力と回生ブレーキから発生する電力で充電した蓄電池からの給電により、パンタグラフを下げた状態で電車と同様に走行します。
車両は817系に準じた仕様・性能を有し、併結運転も行なわれています。側面乗降扉の青と、クハの床下一杯に配置された青い蓄電池が特徴です。
近年、計器用変圧器にカバーが取り付けられた登場当初から姿が変化しています。”

商品の特徴

■若松線・福北ゆたか線などで活躍する819系0番代
■屋上計器用変圧器にカバーが取り付けられた現在の姿
■車両番号、編成番号、JRマーク、各種ロゴ、各種表記は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先席は付属ステッカー(新規製作)選択式
■避雷器、交流機器は取付済み
■列車無線アンテナ、信号炎管は一体表現
■ヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)、前面行先表示(白色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31577 JR九州817系1500番代(福北ゆたか線)2両編成セット(動力付き)
・31578 JR九州817系1500番代(福北ゆたか線)2両編成セット(動力無し)
・30368 JR九州817系1100番代 基本2両編成セット(動力付き)
・30369 JR九州817系1100番代 増結2両編成セット(動力無し)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/30487.html

NEW  JR九州BEC819系5300番代(香椎線)2両編成セット(動力付き) 31583

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAXJR九州承認済

【 2022年06月 】発売予定
品番品名価格(税込)
31583JR九州BEC819系5300番代(香椎線)2両編成セット(動力付き)18,810円
メーカー詳細
実車について

“BEC819系は、JR九州が開発した世界初の交流による蓄電池車で、2016(平成28)年に登場しました。車両は817系に準じた仕様・性能を有し、併結運転も行なわれています。側面乗降扉の青と、クハの床下一杯に配置された青い蓄電池が特徴です。
300番代は、2019(平成31)年の香椎線全列車BEC819系化に併せて増備された車両です。連結器や一部交流機器の形状変更、側面への乗降監視用カメラ設置が特徴となっています。
5300番代は、自動運転対応装置を搭載しており、他の300番代と共に活躍しています。”

商品の特徴

■香椎線などで活躍するBEC819系5300番代
■前面・側面種別行先表示は付属ステッカーからの選択式
■車両番号、編成番号、JRマーク、各種ロゴ、各種表記は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先席は付属ステッカー(新規製作)選択式
■避雷器、交流機器は取付済み
■列車無線アンテナ、信号炎管は一体表現
■ヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)、前面行先表示(白色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31577 JR九州817系1500番代(福北ゆたか線)2両編成セット(動力付き)
・31578 JR九州817系1500番代(福北ゆたか線)2両編成セット(動力無し)
・30368 JR九州817系1100番代 基本2両編成セット(動力付き)
・30369 JR九州817系1100番代 増結2両編成セット(動力無し)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31583.html

 再  JR817系3000番代 6両編成セット(動力付き) 30994

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAXJR九州承認済

【 2022年06月 】発売予定
品番品名価格(税込)
30994JR817系3000番代 6両編成セット(動力付き)34,100円
メーカー詳細
実車について

“JR九州817系2000・3000番代は、2012(平成24)年に篠栗線・筑豊本線(福北ゆたか線)と鹿児島本線を中心とした福岡都市圏の混雑緩和を目的に登場しました。
車体は、これまでのアルミ無塗装車体から白色塗装とし、前面デザインも一部変更されたことが特徴です。
3000番代は811系や813系との併結運転も可能になっており、各系列を組合わせた最大9両編成での活躍もみられます。”

商品の特徴

■北九州・福岡都市圏で活躍し、南福岡車両区に所属するJR九州817系3000番代を、6両編成セットで製品化
■JRマーク、KYUSHU RAILWAY COMPANY、CT、Commuter Train817各ロゴマークは印刷済み
■車両番号、編成番号、前面種別・行先表示(快速/門司港)、各種ロゴ、各種表記、車椅子マークは印刷済み
■ベンチレーター、避雷器、交流機器は取付済み
■列車無線アンテナ、信号炎管は一体表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯
■2編成間の連結面のライトは非点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・6829 JR九州817系対応 行先表示ステッカー①
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・30317 JR九州817系0番台(佐世保車)基本2両編成セット(動力付き)
・30318 JR九州817系0番台(佐世保車)増結2両編成セット(動力無し)
・30366 JR九州817系1000番代(福北ゆたか線)基本2両編成セット(動力付き)
・30367 JR九州817系1000番代(福北ゆたか線)増結2両編成セット(動力無し)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/30994.html

NEW  JR九州817系1500番代(福北ゆたか線)2両編成セット(動力付き) 31577

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAXJR九州承認済

【 2022年06月 】発売予定
品番品名価格(税込)
31577JR九州817系1500番代(福北ゆたか線)2両編成セット(動力付き)16,720円
メーカー詳細
実車について

“JR九州817系は、2001(平成13)年に北九州地区に導入された20m3扉の近郊型車両で、その後も使用線区にあわせたバリエーション展開により九州全域で活躍しています。
福北ゆたか線で活躍する1500番代は、1000番代をロングシート化したグループで、元の番号に500が追加されました。他の番代や819系との併結運用も可能で、ラッシュ時の混雑緩和に貢献しています。”

商品の特徴

■福北ゆたか線で活躍し、ロングシート化された817系1500番代を製品化
■前面・側面種別行先表示は付属ステッカーからの選択式
■車両番号、編成番号、各種ロゴ、各種表記は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、前面路線表示、優先席は付属ステッカー選択式
■避雷器は取付済み
■列車無線アンテナ、信号炎管は一体表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8719 JR九州817系0/1000番台対応 行先表示ステッカー(2)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・30481 JR九州817系2000番代2両編成セット(動力付き)
・30482 JR九州817系2000番代2両編成セット(動力無し)
・30368 JR九州817系1100番代 基本2両編成セット(動力付き)
・30369 JR九州817系1100番代 増結2両編成セット(動力無し)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31577.html

NEW  JR九州817系1500番代(福北ゆたか線)2両編成セット(動力無し) 31578

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAXJR九州承認済

【 2022年06月 】発売予定
品番品名価格(税込)
31578JR九州817系1500番代(福北ゆたか線)2両編成セット(動力無し)14,080円
メーカー詳細
実車について

“JR九州817系は、2001(平成13)年に北九州地区に導入された20m3扉の近郊型車両で、その後も使用線区にあわせたバリエーション展開により九州全域で活躍しています。
福北ゆたか線で活躍する1500番代は、1000番代をロングシート化したグループで、元の番号に500が追加されました。他の番代や819系との併結運用も可能で、ラッシュ時の混雑緩和に貢献しています。”

商品の特徴

■福北ゆたか線で活躍し、ロングシート化された817系1500番代を製品化
■前面・側面種別行先表示は付属ステッカーからの選択式
■車両番号、編成番号、各種ロゴ、各種表記は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、前面路線表示、優先席は付属ステッカー選択式
■避雷器は取付済み
■列車無線アンテナ、信号炎管は一体表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8719 JR九州817系0/1000番台対応 行先表示ステッカー(2)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・30481 JR九州817系2000番代2両編成セット(動力付き)
・30482 JR九州817系2000番代2両編成セット(動力無し)
・30368 JR九州817系1100番代 基本2両編成セット(動力付き)
・30369 JR九州817系1100番代 増結2両編成セット(動力無し)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31578.html

NEW  JR九州817系2000番代先頭車6両編成セット(動力付き) 50710

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAXJR九州承認済

【 2022年06月 】発売予定
品番品名価格(税込)
50710JR九州817系2000番代先頭車6両編成セット(動力付き)38,720円
メーカー詳細
実車について

“JR九州817系は、2001(平成13)年に北九州地区に導入された20m3扉の近郊型車両で、その後も使用線区にあわせたバリエーション展開により九州全域で活躍しています。
福北ゆたか線で活躍する2000番代は2012(平成24)年に登場したグループで、外観が従来の無塗装から白色塗装へ変更され、車内はオールロングシートとなっています。他の番代やBEC819系との併結運用も可能で、ラッシュ時の混雑緩和に貢献しています。”

商品の特徴

■817系2000番代 2連×3の6両編成を製品化
■前面・側面種別行先表示は付属ステッカーからの選択式
■車両番号、編成番号、JRマーク、各種ロゴ、各種表記は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先席は付属ステッカー(新規製作)選択式
■避雷器、交流機器は取付済み
■列車無線アンテナ、信号炎管は一体表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯
■中間に入る先頭車のライトは非点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・6829 JR九州817系対応 行先表示ステッカー①
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31577 JR九州817系1500番代(福北ゆたか線)2両編成セット(動力付き)
・31578 JR九州817系1500番代(福北ゆたか線)2両編成セット(動力無し)
・30368 JR九州817系1100番代 基本2両編成セット(動力付き)
・30369 JR九州817系1100番代 増結2両編成セット(動力無し)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/50710.html

NEW  近鉄5209系+2800系(名古屋線)6両編成セット(動力付き) 50708

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX近畿日本鉄道(株)商品化許諾申請中

【 2022年06月 】発売予定
品番品名価格(税込)
50708近鉄5209系+2800系(名古屋線)6両編成セット(動力付き)35,640円
メーカー詳細
実車について

“近鉄5200系は、1988(昭和63)年に急行兼団体用車両として登場しました。このうち5209系は、1991(平成3)年に登場した5200系の派生形式車両です。
停車頻度の少ない長距離列車への運用を主としているため、両開き1300mm幅で片側3扉の車体を採用し、全て自動転換クロスシートとすることで座席数の確保と快適性を追求しました。正面窓には曲面ガラスを採用し、貫通扉の窓ガラスを縦長にして5208Fまでを5200系、補助電源装置にSIVを採用した5209F、5210Fを5209系、更にボルスタレス台車を採用した5211F~5213Fを5211系として区別しています。
近鉄2800系は、1972(昭和47)年に冷房装置付のロングシート車両として製造されました。1979(昭和54)年までに製造された17編成のうち、2801F~2804FはMc-M-Tcの3両編成、2812F・2814FはMc-Tcの2両編成、残りはMc-T-M-Tcの4両編成です。
1997(平成9)年より、一部の編成で「L/Cカー」化改造とともにトイレが設置されています。”

商品の特徴

■近鉄名古屋線の急行列車で運転される4+2の6両編成
■2800系は新規金型で、5211系は補助電源装置が変更された床下機器を新規パーツでそれぞれ再現
■2800系(2814編成)はパンタグラフが下枠交差型に交換された2016(平成28)年以降の姿を再現
■車両番号、車椅子・ベビーカーマークは印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先座席は付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、前面貫通幌はユーザー取付け
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(2800系:黄色、5200系:電球色)が点灯
■中間に入る先頭車のライトは非点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31517 近鉄5800系(名古屋線)4両編成セット(動力付き)
・31518 近鉄1440系 2両編成セット(動力付き)
・31519 近鉄1440系 2両編成セット(動力無し)
・50708 近鉄5209系+2800系(名古屋線)6両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/50708.html

NEW  近鉄5211系+2800系(名古屋線)6両編成セット(動力付き) 50709

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX近畿日本鉄道(株)商品化許諾申請中

【 2022年06月 】発売予定
品番品名価格(税込)
50709近鉄5211系+2800系(名古屋線)6両編成セット(動力付き)35,640円
メーカー詳細
実車について

“近鉄5200系は、1988(昭和63)年に急行兼団体用車両として登場しました。このうち5209系は、1991(平成3)年に登場した5200系の派生形式車両です。
停車頻度の少ない長距離列車への運用を主としているため、両開き1300mm幅で片側3扉の車体を採用し、全て自動転換クロスシートとすることで座席数の確保と快適性を追求しました。正面窓には曲面ガラスを採用し、貫通扉の窓ガラスを縦長にして5208Fまでを5200系、補助電源装置にSIVを採用した5209F、5210Fを5209系、更にボルスタレス台車を採用した5211F~5213Fを5211系として区別しています。
近鉄2800系は、1972(昭和47)年に冷房装置付のロングシート車両として製造されました。1979(昭和54)年までに製造された17編成のうち、2801F~2804FはMc-M-Tcの3両編成、2812F・2814FはMc-Tcの2両編成、残りはMc-T-M-Tcの4両編成です。
1997(平成9)年より、一部の編成で「L/Cカー」化改造とともにトイレが設置されています。”

商品の特徴

■近鉄名古屋線の急行列車で運転される4+2の6両編成
■2800系は新規金型で、5211系は補助電源装置が変更された床下機器を新規パーツでそれぞれ再現
■2800系(2814編成)はパンタグラフが下枠交差型に交換された2016(平成28)年以降の姿を再現
■車両番号、車椅子・ベビーカーマークは印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先座席は付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、前面貫通幌はユーザー取付け
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(2800系:黄色、5200系:電球色)が点灯
■中間に入る先頭車のライトは非点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2022年5月(4月以降)発売予定品ポスター掲載 (2021年12月08日)  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

関連商品

・31517 近鉄5800系(名古屋線)4両編成セット(動力付き)
・31518 近鉄1440系 2両編成セット(動力付き)
・31519 近鉄1440系 2両編成セット(動力無し)
・50708 近鉄5209系+2800系(名古屋線)6両編成セット(動力付き)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/50709.html

更新履歴&記事元
2021年12月08日:記事を掲載しました
記事元:グリーンマックスオフィシャルサイト

Return Top 横濱模型