横濱模型

Nゲージインフォメーション

【GM】新製品発表 2021年12月ポスター  #グリーンマックス #GREENMAX

発売予定品情報

新製品発売情報のポスターがGREENMAX「GM通信」オフィシャルサイトに掲載されました。

ポスター内容一覧

【GM】新製品発表 2021年12月ポスター  #グリーンマックス #GREENMAX
【GM】新製品発表 2021年12月ポスター  #グリーンマックス #GREENMAX

【 2021年12月 】完成品発売予定

品番品名価格(税込)
31533阪急1300系(1309編成)8両編成セット(動力付き)41,250円
31536小田急8000形(更新車・行先点灯)基本6両編成セット(動力付き)30,800円
31537小田急8000形(更新車・行先点灯)増結4両編成セット(動力無し)19,140円

【 2022年01月 】完成品発売予定

品番品名価格(税込)
31534近鉄22600系Ace(新塗装・阪神乗り入れ対応)基本2両編成セット(動力付き)17,930円
31535近鉄22600系Ace(新塗装・阪神乗り入れ対応)増結2両編成セット(動力無し)15,620円
50688京成3700形 シングルアームパンタグラフ搭載 8両編成セット(動力付き)40,040円
30908近鉄22600系Ace(新塗装)4両編成セット(動力付き)26,840円
30909近鉄22600系Ace(新塗装)4両編成セット(動力無し)23,540円

【 2021年12月 】キット・パーツ発売予定

品番品名価格(税込)
2520キュービクル・継電箱・ATS地上子770円
2549電柱(ブラウン)880円
2579着色済み 乗務員詰所(アイボリー)1,320円
2595着色済み 特殊信号発光機セット1,980円

ポスター内容詳細

NEW  阪急1300系(1309編成)8両編成セット(動力付き) 31533
クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2021年12月ポスター  #グリーンマックス #GREENMAX阪急電鉄商品化許諾申請中

【 2021年12月 】発売予定

品番品名価格(税込)
31533阪急1300系(1309編成)8両編成セット(動力付き)41,250円

メーカー詳細

阪急1300系は2014年3月から京都線・地下鉄堺筋線に投入された阪急の新型車両で、抵抗制御車の置き換えを目的に増備が続いています。アルミ車体の3扉19m車の8両編成で、車体幅・車体長などが神宝線用の1000系とは異なり、京都線系統専用の車両として製造されました。主に京都線・嵐山線・千里線・地下鉄堺筋線で活躍しています。
2020年以降に製造された編成または出場した編成には、ホーム柵対応用として側面車端上部へ車両番号の貼付がされています。

商品の特徴

■阪急京都線で活躍する1300系を神宝線とは異なる車体幅やディテールを新規金型にて再現
■大阪梅田駅名改称後・側面車端上部に車両番号表示の無い姿
■車両番号、社紋は印刷済み
■前面・側面種別行先表示、優先席(大・小)、弱冷車、車椅子・ベビーカーマークは付属ステッカー(新規製作)選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックスはユーザー取付け
■避雷器は一体彫刻表現、FOMAアンテナは取付済み
■ヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)、前面種別・行先表示(白色)、通過標識灯(白色)が点灯
■前面通過標識灯はライトユニット基板のスイッチにて左右点灯・消灯が選択可能
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2021年12月ポスター  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31533.html

購入してみよう
NEW  近鉄22600系Ace(新塗装・阪神乗り入れ対応)基本2両編成セット(動力付き) 31534
クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2021年12月ポスター  #グリーンマックス #GREENMAX近畿日本鉄道㈱商品化許諾申請中

【 2022年01月 】発売予定

品番品名価格(税込)
31534近鉄22600系Ace(新塗装・阪神乗り入れ対応)基本2両編成セット(動力付き)17,930円

メーカー詳細

近鉄22600系Aceは、12200系の置き換え用として登場した新型汎用特急車両です。2両編成と4両編成が存在し、パンタ無し先頭車に設置された喫煙室は外観上でも本形式の特徴となっています。
車体は22000系ACEを元として丸みを帯びた前面形状、拡大された側面窓、シングルアームパンタグラフなど新しいデザインを盛り込んだ設計となっています。運用上は他の特急車12200系~22000系と併結された姿もよくみられます。

商品の特徴

■近鉄22600系新塗装・阪神乗り入れ対応車・2両編成を前面行先点灯仕様にて製品化
■スカート脇に設置された列車種類選別装置を再現
■車両番号、座席番号表示は印刷済み
■前面行先表示、側面号車・行先表示は付属ステッカーからの選択式
■ヒューズボックスはユーザー取付け
■列車無線アンテナは一体彫刻表現
■ヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)、前面行先表示(白色)、標識種別通過灯(黄色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載(No.31534)

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2021年12月ポスター  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31534.html

購入してみよう
NEW  近鉄22600系Ace(新塗装・阪神乗り入れ対応)増結2両編成セット(動力無し) 31535
クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2021年12月ポスター  #グリーンマックス #GREENMAX近畿日本鉄道㈱商品化許諾申請中

【 2022年01月 】発売予定
品番品名価格(税込)
31535近鉄22600系Ace(新塗装・阪神乗り入れ対応)増結2両編成セット(動力無し)15,620円
メーカー詳細

近鉄22600系Aceは、12200系の置き換え用として登場した新型汎用特急車両です。2両編成と4両編成が存在し、パンタ無し先頭車に設置された喫煙室は外観上でも本形式の特徴となっています。
車体は22000系ACEを元として丸みを帯びた前面形状、拡大された側面窓、シングルアームパンタグラフなど新しいデザインを盛り込んだ設計となっています。運用上は他の特急車12200系~22000系と併結された姿もよくみられます。

商品の特徴

■近鉄22600系新塗装・阪神乗り入れ対応車・2両編成を前面行先点灯仕様にて製品化
■スカート脇に設置された列車種類選別装置を再現
■車両番号、座席番号表示は印刷済み
■前面行先表示、側面号車・行先表示は付属ステッカーからの選択式
■ヒューズボックスはユーザー取付け
■列車無線アンテナは一体彫刻表現
■ヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)、前面行先表示(白色)、標識種別通過灯(黄色)が点灯

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2021年12月ポスター  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31535.html

購入してみよう
NEW  小田急8000形(更新車・行先点灯)基本6両編成セット(動力付き) 31536
クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2021年12月ポスター  #グリーンマックス #GREENMAX

【 2021年12月 】発売予定
品番品名価格(税込)
31536小田急8000形(更新車・行先点灯)基本6両編成セット(動力付き)30,800円
メーカー詳細

小田急8000形は小田急線地上専用車として1982年から1987年にかけて製造された20m4扉の車両で、各駅停車から快速急行まで使用できる汎用車両です。2002年から更新工事が行なわれ、行先表示機のフルカラーLED化、前面通過表示灯撤去、側面行先表示機の形状変更、車側灯・尾灯がLED化されました。また、2003年以降はVVVFインバータ制御方式への改造も進められ、更新時期により細かな仕様違いが見られます。

商品の特徴

■小田急8000形更新車を前面行先点灯仕様にて製品化
■行先表示機フルカラーLED化後・ブランドマークが付いた現行の姿
■車両番号、OERマーク、ブランドマークは印刷済み
■前面・側面種別行先表示(フルカラーLED)、優先席、号車表示、弱冷房車、女性専用車、車椅子・ベビーカーマークは付属ステッカー(新規制作)からの選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、前面渡り板、手すりはユーザー取付け
■信号炎管、避雷器は一体彫刻表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、前面種別・行先表示(白色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2021年12月ポスター  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8611 貫通幌(客車・旧国型 ブラック) 10入り
・8612 貫通幌(客車・旧国型 グレー) 10入り

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31536.html

購入してみよう
NEW  小田急8000形(更新車・行先点灯)増結4両編成セット(動力無し) 31537
クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2021年12月ポスター  #グリーンマックス #GREENMAX

【 2021年12月 】発売予定
品番品名価格(税込)
31537小田急8000形(更新車・行先点灯)増結4両編成セット(動力無し)19,140円
メーカー詳細

小田急8000形は小田急線地上専用車として1982年から1987年にかけて製造された20m4扉の車両で、各駅停車から快速急行まで使用できる汎用車両です。2002年から更新工事が行なわれ、行先表示機のフルカラーLED化、前面通過表示灯撤去、側面行先表示機の形状変更、車側灯・尾灯がLED化されました。また、2003年以降はVVVFインバータ制御方式への改造も進められ、更新時期により細かな仕様違いが見られます。

商品の特徴

■小田急8000形更新車を前面行先点灯仕様にて製品化
■行先表示機フルカラーLED化後・ブランドマークが付いた現行の姿
■車両番号、ブランドマークは印刷済み
■前面・側面種別行先表示(フルカラーLED)、優先席、号車表示、弱冷房車、女性専用車、車椅子・ベビーカーマークは付属ステッカー(新規制作)からの選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、前面渡り板、手すりはユーザー取付け
■信号炎管、避雷器は一体彫刻表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、前面種別・行先表示(白色)が点灯(8066号車のみ)
※8166号車のライトは非点灯

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2021年12月ポスター  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/31537.html

購入してみよう

NEW  京成3700形 シングルアームパンタグラフ搭載 8両編成セット(動力付き) 50688

クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2021年12月ポスター  #グリーンマックス #GREENMAX京成電鉄商品化許諾申請中

【 2022年01月 】発売予定
品番品名価格(税込)
50688京成3700形 シングルアームパンタグラフ搭載 8両編成セット(動力付き)40,040円
メーカー詳細
実車について

京成3700形は、1991(平成3)年の成田空港ターミナル直下への乗り入れに合わせて登場しました。京成電鉄の新規製造通勤形車両としては初めてVVVFインバータ制御を採用し、2002(平成14)年までに1~9次車まで132両が製造されました。
登場時期により前面ライトの位置や前面種別・行先表示部分、室内等にそれぞれ違いが見られます。
近年は側面窓ガラスのUVカットガラス化、室内灯のLED化、SRアンテナ準備工事、シングルアームパンタグラフへの交換が進められています。

商品の特徴

■京成3700形シングルアームパンタグラフ搭載編成を製品化
■SRアンテナ台座取り付け前の姿を再現

■車両番号、Keiseiロゴ、K’SEI GROUPロゴ、前面種別行先表示(特急/上野)、運行番号(A09)は印刷済み
■側面種別行先表示(特急/上野)、優先席(車体・窓)、携帯電話、弱冷房車、車椅子、べビーカーマークは付属ステッカー(新規製作)からの選択式
■ヒューズボックス、ラジオアンテナは取付済み
■列車無線アンテナはユーザー取付け
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2021年12月ポスター  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8461 8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/50688.html

購入してみよう
 再  近鉄22600系Ace(新塗装)4両編成セット(動力付き) 30908
クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2021年12月ポスター  #グリーンマックス #GREENMAX

【 2022年01月 】発売予定
品番品名価格(税込)
30908近鉄22600系Ace(新塗装)4両編成セット(動力付き)26,840円
メーカー詳細

近鉄22600系Aceは、12200系の置き換え用として登場した新型汎用特急車両です。2両編成と4両編成が存在し、パンタ無し先頭車に設置された喫煙室は外観上でも本形式の特徴となっています。
車体は22000系ACEを元として丸みを帯びた前面形状、拡大された側面窓、シングルアームパンタグラフなど新しいデザインを盛り込んだ設計となっています。運用上は他の特急車12200系~22000系と併結された姿もよくみられます。

商品の特徴

■近鉄22600系新塗装・阪神乗り入れ対応車の4両編成を再生産
■スカート脇に設置された列車種類選別装置を再現
■車両番号、座席番号表示は印刷済み
■前面行先表示、側面号車・行先表示は付属ステッカーからの選択式
■ヒューズボックスはユーザー取付け
■列車無線アンテナは一体彫刻表現
■ヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)、前面行先表示(白色)、標識種別通過過灯(黄色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2021年12月ポスター  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)
・8311 コアレスモーター動力ユニット用補助ウェイト(4個入り)
・8312 ユニバーサルシャフト(4種・各2本入り)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/30908.html

購入してみよう
 再  近鉄22600系Ace(新塗装)4両編成セット(動力無し) 30909
クリックでオープン&クローズ
【GM】新製品発表 2021年12月ポスター  #グリーンマックス #GREENMAX

【 2022年01月 】発売予定
品番品名価格(税込)
30909近鉄22600系Ace(新塗装)4両編成セット(動力無し)23,540円
メーカー詳細

近鉄22600系Aceは、12200系の置き換え用として登場した新型汎用特急車両です。2両編成と4両編成が存在し、パンタ無し先頭車に設置された喫煙室は外観上でも本形式の特徴となっています。
車体は22000系ACEを元として丸みを帯びた前面形状、拡大された側面窓、シングルアームパンタグラフなど新しいデザインを盛り込んだ設計となっています。運用上は他の特急車12200系~22000系と併結された姿もよくみられます。

商品の特徴

■近鉄22600系新塗装・阪神乗り入れ対応車の4両編成を再生産
■スカート脇に設置された列車種類選別装置を再現
■車両番号、座席番号表示は印刷済み
■前面行先表示、側面号車・行先表示は付属ステッカーからの選択式
■ヒューズボックスはユーザー取付け
■列車無線アンテナは一体彫刻表現
■ヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)、前面行先表示(白色)、標識種別通過過灯(黄色)が点灯

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

編成図

【GM】新製品発表 2021年12月ポスター  #グリーンマックス #GREENMAX

別売対応品

・8461 室内照明ユニット(狭幅・白色)(2本入り)
・8462 室内照明ユニット(狭幅・白色)(4本入り)

商品詳細(メーカー公式Webページ)

http://www.greenmax.co.jp/gm-product/30909.html

購入してみよう

更新履歴&記事元
2021年07月07日:記事を掲載しました
記事元:グリーンマックスオフィシャルサイト

Return Top 横濱模型