横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

【GM】新製品発表 2020年3月・4月ポスター 西武30000系・静岡鉄道A3000形 など #グリーンマックス #GREENMAX

GREENMAX(グリーンマックス)

http://www.greenmax.co.jp/

発売予定品情報

新製品発売情報のポスターがGREENMAX オフィシャルサイトに掲載されました。

ポスター内容一覧

完成品

【 2020年3月 】発売予定
 品番品名価格
(税別)
30937西武30000系(池袋線・38112編成・行先点灯仕様)8両編成セット(動力付き)35800円
30938西武30000系(池袋線・32104編成・行先点灯仕様)増結用先頭車2両セット(動力無し)12100円
30939西武30000系(新宿線・30106編成・行先点灯仕様)基本6両編成セット(動力付き)29200円
30940西武30000系(新宿線・30106編成)増結用中間車4両セット(動力無し)15200円
【 2020年4月 】発売予定
 品番品名価格
(税別)
30941静岡鉄道A3000形(プリティピンク)2両編成セット(動力付き)13900円
30942静岡鉄道A3000形(フレッシュグリーン)2両編成セット(動力付き)13900円

ポスター内容詳細

西武30000系(池袋線・38112編成・行先点灯仕様)8両編成セット(動力付き)
クリックでオープン&クローズ
西武鉄道株式会社商品化許諾申請中

30000系は2008年4月に登場した新しい西武鉄道を象徴する通勤型車両で、「SmileTrain~人にやさしく、みんなの笑顔をつくりだす車両~」をコンセプトに開発されました。西武鉄道の通勤車としては初の拡幅断面形状のアルミダブルスキン車体を採用し、車内案内装置にも15インチ液晶ディスプレイ(LCD)を搭載するなど快適性を高めています。内外装のデザインは「卵」をモチーフとして、外観は柔らかなふくらみと内装は温かみのある優しい空間をイメージしています。基本となる8両編成に増結用の2両編成、及び貫通10両編成があります。
商品の特徴

■前面にSEIBUロゴのない後期形をプロトタイプに製品化
■新規ライトユニットにより前面行先表示を点灯化(白色)、行先表示は付属ステッカー選択式
【共通仕様】
■車番、シンボルマーク、側面乗降扉黄色テープ、貫通扉ガラス表現は印刷済み
■優先席・車椅子マーク、ベビーカーマーク、弱冷房車、女性専用車は付属ステッカー選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックスはお客様取付け、ラジオアンテナは取付済み、避雷器は一体彫刻表現
■走行中はヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯
■室内シートはブルー色で成形
【No.30937 (池袋線・38112編成・行先点灯仕様)8両編成セット(動力付き)の仕様】
■側面シンボルマークがSEIBU表示を再現
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載
【No30938 (池袋線・32104編成・行先点灯仕様)増結用先頭車2両セット(動力無し)の仕様】
■側面シンボルマークは西武鉄道表示を再現
■No.30937 8両編成セットに連結して実車同様10両編成を組むための商品です。
※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

商品セット構成(編成図)
西武30000系(池袋線・38112編成・行先点灯仕様)8両編成セット(動力付き)
No.30937
←飯能 池袋→
クハ38112 モハ38212 モハ38312 サハ38412 サハ38512 モハ38612 モハ38712 クハ38812
種別:-
行先:-
関連商品

No.30225・30226 西武6000系 副都心線対応車
No.30751・30752 西武9000系(9102編成・ヘッドマーク無し)
No.30764 西武新2000系前期形(池袋線・ベンチレータ撤去後)

オプション対応品

GM 室内照明ユニット(狭幅・白色)(No.8461:2本入り・No.8462:4本入り)
※GM純正室内照明ユニット、2019年12月発売予定

商品詳細(メーカー公式Webページ(PDF))

http://www.greenmax.co.jp/Product_outline/product_outline_GM30937-938.pdf

西武30000系(池袋線・32104編成・行先点灯仕様)増結用先頭車2両セット(動力無し)
クリックでオープン&クローズ
西武鉄道株式会社商品化許諾申請中

30000系は2008年4月に登場した新しい西武鉄道を象徴する通勤型車両で、「SmileTrain~人にやさしく、みんなの笑顔をつくりだす車両~」をコンセプトに開発されました。西武鉄道の通勤車としては初の拡幅断面形状のアルミダブルスキン車体を採用し、車内案内装置にも15インチ液晶ディスプレイ(LCD)を搭載するなど快適性を高めています。内外装のデザインは「卵」をモチーフとして、外観は柔らかなふくらみと内装は温かみのある優しい空間をイメージしています。基本となる8両編成に増結用の2両編成、及び貫通10両編成があります。
商品の特徴

■前面にSEIBUロゴのない後期形をプロトタイプに製品化
■新規ライトユニットにより前面行先表示を点灯化(白色)、行先表示は付属ステッカー選択式
【共通仕様】
■車番、シンボルマーク、側面乗降扉黄色テープ、貫通扉ガラス表現は印刷済み
■優先席・車椅子マーク、ベビーカーマーク、弱冷房車、女性専用車は付属ステッカー選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックスはお客様取付け、ラジオアンテナは取付済み、避雷器は一体彫刻表現
■走行中はヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯
■室内シートはブルー色で成形
【No.30937 (池袋線・38112編成・行先点灯仕様)8両編成セット(動力付き)の仕様】
■側面シンボルマークがSEIBU表示を再現
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載
【No30938 (池袋線・32104編成・行先点灯仕様)増結用先頭車2両セット(動力無し)の仕様】
■側面シンボルマークは西武鉄道表示を再現
■No.30937 8両編成セットに連結して実車同様10両編成を組むための商品です。
※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

商品セット構成(編成図)
西武30000系(池袋線・32104編成・行先点灯仕様)増結用先頭車2両セット(動力無し)
No.30938
←飯能 池袋→
クモハ32104 クハ32204
種別:-
行先:-
関連商品

No.30225・30226 西武6000系 副都心線対応車
No.30751・30752 西武9000系(9102編成・ヘッドマーク無し)
No.30764 西武新2000系前期形(池袋線・ベンチレータ撤去後)

オプション対応品

GM 室内照明ユニット(狭幅・白色)(No.8461:2本入り・No.8462:4本入り)
※GM純正室内照明ユニット、2019年12月発売予定

商品詳細(メーカー公式Webページ(PDF))

http://www.greenmax.co.jp/Product_outline/product_outline_GM30937-938.pdf

西武30000系(新宿線・30106編成・行先点灯仕様)基本6両編成セット(動力付き)
クリックでオープン&クローズ
西武鉄道株式会社商品化許諾申請中

30000系は2008年4月に登場した新しい西武鉄道を象徴する通勤型車両で、「SmileTrain~人にやさしく、みんなの笑顔をつくりだす車両~」をコンセプトに開発されました。西武鉄道の通勤車としては初の拡幅断面形状のアルミダブルスキン車体を採用し、車内案内装置にも15インチ液晶ディスプレイ(LCD)を搭載するなど快適性を高めています。内外装のデザインは「卵」をモチーフとして、外観は柔らかなふくらみと内装は温かみのある優しい空間をイメージしています。基本となる8両編成に増結用の2両編成、及び貫通10両編成があります。
商品の特徴

■前面にSEIBUロゴのない後期形をプロトタイプに製品化
■新規ライトユニットにより前面行先表示を点灯化(白色)、行先表示は付属ステッカー選択式
【共通仕様】
■車番、シンボルマーク、側面乗降扉黄色テープ、貫通扉ガラス表現は印刷済み
■優先席・車椅子マーク、ベビーカーマーク、弱冷房車、女性専用車は付属ステッカー選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックスはお客様取付け、ラジオアンテナは取付済み、避雷器は一体彫刻表現
■走行中はヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯(消灯スイッチ付き)
■室内シートはブルー色で成形
【No.30939 (新宿線・30106編成・行先点灯仕様)基本6両編成セット(動力付き)の仕様】
■側面シンボルマークが「西武鉄道」表示を再現
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載
【No30940 (新宿線・30106編成)増結用中間車4両セット(動力無し)の仕様】
■No.30939 基本6両編成セットに連結して実車同様10両編成を組むための商品です。
※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

商品セット構成(編成図)
←西武新宿 拝島・本川越→
クハ30106 モハ30206
P
モハ30306 サハ30406 モハ30506
P
サハ30606 サハ30706 モハ30806
(M)P
モハ30906 クハ3006
種別:-
行先:-
西武30000系(新宿線・30106編成・行先点灯仕様)基本6両編成セット(動力付き)
No.30939
西武30000系(新宿線・30106編成)増結用中間車4両セット(動力無し)
No.30940
関連商品

No.30834‐30836 西武新2000系前期形(新宿線・ベンチレータ撤去後)

オプション対応品

GM 室内照明ユニット(狭幅・白色)(No.8461:2本入り・No.8462:4本入り)
※GM純正室内照明ユニット、2019年12月発売予定

商品詳細(メーカー公式Webページ(PDF))

http://www.greenmax.co.jp/Product_outline/product_outline_GM30939-940.pdf

西武30000系(新宿線・30106編成)増結用中間車4両セット(動力無し)
クリックでオープン&クローズ
西武鉄道株式会社商品化許諾申請中

30000系は2008年4月に登場した新しい西武鉄道を象徴する通勤型車両で、「SmileTrain~人にやさしく、みんなの笑顔をつくりだす車両~」をコンセプトに開発されました。西武鉄道の通勤車としては初の拡幅断面形状のアルミダブルスキン車体を採用し、車内案内装置にも15インチ液晶ディスプレイ(LCD)を搭載するなど快適性を高めています。内外装のデザインは「卵」をモチーフとして、外観は柔らかなふくらみと内装は温かみのある優しい空間をイメージしています。基本となる8両編成に増結用の2両編成、及び貫通10両編成があります。
商品の特徴

■前面にSEIBUロゴのない後期形をプロトタイプに製品化
■新規ライトユニットにより前面行先表示を点灯化(白色)、行先表示は付属ステッカー選択式
【共通仕様】
■車番、シンボルマーク、側面乗降扉黄色テープ、貫通扉ガラス表現は印刷済み
■優先席・車椅子マーク、ベビーカーマーク、弱冷房車、女性専用車は付属ステッカー選択式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックスはお客様取付け、ラジオアンテナは取付済み、避雷器は一体彫刻表現
■走行中はヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯(消灯スイッチ付き)
■室内シートはブルー色で成形
【No.30939 (新宿線・30106編成・行先点灯仕様)基本6両編成セット(動力付き)の仕様】
■側面シンボルマークが「西武鉄道」表示を再現
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載
【No30940 (新宿線・30106編成)増結用中間車4両セット(動力無し)の仕様】
■No.30939 基本6両編成セットに連結して実車同様10両編成を組むための商品です。
※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

商品セット構成(編成図)
←西武新宿 拝島・本川越→
クハ30106 モハ30206
P
モハ30306 サハ30406 モハ30506
P
サハ30606 サハ30706 モハ30806
(M)P
モハ30906 クハ3006
種別:-
行先:-
西武30000系(新宿線・30106編成・行先点灯仕様)基本6両編成セット(動力付き)
No.30939
西武30000系(新宿線・30106編成)増結用中間車4両セット(動力無し)
No.30940
関連商品

No.30834‐30836 西武新2000系前期形(新宿線・ベンチレータ撤去後)

オプション対応品

GM 室内照明ユニット(狭幅・白色)(No.8461:2本入り・No.8462:4本入り)
※GM純正室内照明ユニット、2019年12月発売予定

商品詳細(メーカー公式Webページ(PDF))

http://www.greenmax.co.jp/Product_outline/product_outline_GM30939-940.pdf

静岡鉄道A3000形(プリティピンク)2両編成セット(動力付き)
クリックでオープン&クローズ
静岡鉄道株式会社商品化許諾申請中

静岡鉄道A3000形は、43年ぶりの新型車両で1000形の置き換え用として2016年3月に登場し、2024年ころまでに2両編成12本を製造する予定になっています。静岡鉄道の創立100周年をむかえる2019年度までに静岡市にちなんだ7色(パッションレッド・プリティピンク・ブリリアントオレンジイエロー・フレッシュグリーン・ナチュラルグリーン・クリアブルー・エレガントブルー)が、「shizuoka rainbow trains」として登場することになっており、いよいよ最後の2色(プリティピンク・フレッシュグリーン)が2020年3月に登場する予定です。
商品の特徴

■静岡鉄道A3000形「shizuka rainbow trains」色のうちの最後の2色プリティピンクとフレッシュグリーンを製品化
■2019年に新たに制定された新グループマークロゴを精密に印刷
■走行中はヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)、前面方向幕(白色)が点灯
■前面方向幕は普通・新清水をフルカラーLED仕様で印刷済み
■車両番号、A3000ロゴ、車椅子マーク、ベビーカーマーク、号車表示は印刷済み
■列車無線アンテナ・信号炎管・ヒューズボックスは取付済み、避雷器は一体彫刻表現
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットにより、安定した走行が可能です。
※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

商品セット構成(編成図)
静岡鉄道A3000形(プリティピンク)2両編成セット(動力付き)
No.30941
←新静岡 新清水→
A3007 P A3507 (M)
種別:普通
行先:新清水
関連商品

No.30626 静岡鉄道A3000形(クリアブルー)2両編成セット
No.30654 静岡鉄道A3000形(パッションレッド)2両編成セット
No.30726 静岡鉄道A3000形(ブリリアントオレンジイエロー)2両編成セット
No.30725 静岡鉄道A3000形(ナチュラルグリーン)2両編成セット
No.30837 静岡鉄道A3000形(エレガントブルー)2両編成セット

オプション対応品

■GM 室内照明ユニット(狭幅・白色)(No.8461:2本入り・No.8462:4本入り)
※GM純正室内照明ユニット、2019年12月発売予定
■クロスポイント 静岡鉄道A3000形対応行先表示ステッカー・交換用ライトユニット(No.16309)

商品詳細(メーカー公式Webページ(PDF))

http://www.greenmax.co.jp/Product_outline/product_outline_GM30941-942.pdf

静岡鉄道A3000形(フレッシュグリーン)2両編成セット(動力付き)
クリックでオープン&クローズ
静岡鉄道株式会社商品化許諾申請中

静岡鉄道A3000形は、43年ぶりの新型車両で1000形の置き換え用として2016年3月に登場し、2024年ころまでに2両編成12本を製造する予定になっています。静岡鉄道の創立100周年をむかえる2019年度までに静岡市にちなんだ7色(パッションレッド・プリティピンク・ブリリアントオレンジイエロー・フレッシュグリーン・ナチュラルグリーン・クリアブルー・エレガントブルー)が、「shizuoka rainbow trains」として登場することになっており、いよいよ最後の2色(プリティピンク・フレッシュグリーン)が2020年3月に登場する予定です。
商品の特徴

■静岡鉄道A3000形「shizuka rainbow trains」色のうちの最後の2色プリティピンクとフレッシュグリーンを製品化
■2019年に新たに制定された新グループマークロゴを精密に印刷
■走行中はヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)、前面方向幕(白色)が点灯
■前面方向幕は普通・新清水をフルカラーLED仕様で印刷済み
■車両番号、A3000ロゴ、車椅子マーク、ベビーカーマーク、号車表示は印刷済み
■列車無線アンテナ・信号炎管・ヒューズボックスは取付済み、避雷器は一体彫刻表現
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットにより、安定した走行が可能です。
※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

商品セット構成(編成図)
静岡鉄道A3000形(フレッシュグリーン)2両編成セット(動力付き)
No.30942
←新静岡 新清水→
A3008 P A3508 (M)
種別:普通
行先:新清水
関連商品

No.30626 静岡鉄道A3000形(クリアブルー)2両編成セット
No.30654 静岡鉄道A3000形(パッションレッド)2両編成セット
No.30726 静岡鉄道A3000形(ブリリアントオレンジイエロー)2両編成セット
No.30725 静岡鉄道A3000形(ナチュラルグリーン)2両編成セット
No.30837 静岡鉄道A3000形(エレガントブルー)2両編成セット

オプション対応品

■GM 室内照明ユニット(狭幅・白色)(No.8461:2本入り・No.8462:4本入り)
※GM純正室内照明ユニット、2019年12月発売予定
■クロスポイント 静岡鉄道A3000形対応行先表示ステッカー・交換用ライトユニット(No.16309)

商品詳細(メーカー公式Webページ(PDF))

http://www.greenmax.co.jp/Product_outline/product_outline_GM30941-942.pdf

購入してみよう

 

更新履歴&記事元
2019年12月10日:記事を掲載しました。
記事元:グリーンマックス オフィシャルサイト

Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END