横濱模型 の秘密基地

Nゲージインフォメーション

GREENMAX 新製品発表 2019年6月以降ポスター #グリーンマックス

GREENMAX(グリーンマックス)

http://www.greenmax.co.jp/

発売予定品情報

新製品発売情報のポスターがGREENMAX 公式サイトに掲載されました。
http://www.greenmax.co.jp/Schedule/GMschedule02.shtml
夏に先行発表があった山陽電鉄の詳細発表になります。
夏の発表はこちら↓↓↓

ポスター内容一覧


ポスター(JPEG):
http://www.greenmax.co.jp/image/new_release/new_release_201812_01.jpg
ポスター(PDF):
http://www.greenmax.co.jp/pdf/new_release_201812_01.pdf

2019年06月

 品番品名価格(税別)
[新]30793山陽電鉄5030系(新シンボルマーク)6両編成セット(動力付き)30200円

ポスター内容詳細

山陽電鉄5030系(新シンボルマーク・2018年仕様)6両編成セット(動力付き)
クリックでオープン&クローズ
 品番品名価格(税別)
[新]30793山陽電鉄5030系(新シンボルマーク)6両編成セット(動力付き)30200円

山陽5030系は、1998(平成10)年2月から開始された山陽姫路~阪神梅田間での直通特急運転に備えて、従来の5000系を増備する形で製造された19m3扉アルミ車両です。5000系に準じたデザインながら、車内は2列+1列の転換式セミクロスシートを備え、山陽電鉄では初の三相交流誘導電動機とIGBT方式によるVVVFインバータ制御を採用しています。直通特急は6両編成を基本に運転されており、本形式は1998年に6両編成2本と2000年に5000系を6両化するための中間車を含め合わせて20両が製造されました。
商品の特徴

■山陽電鉄の直通特急車の現行仕様を完全新規金型で製品化!
■前面方向幕・種別幕は白色LEDにて点灯化し、行先「阪神梅田」・種別「直通特急(赤)」を印刷済み!
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載し定評ある走行性能を実現
■車両番号、社紋、シンボルマークは印刷済み
■側面方向幕、弱冷房車、優先席、ドアステッカーは付属ステッカーに収録
■列車無線アンテナ、ヒューズボックスはユーザー取付け、信号炎管、避雷器ランボードは一体彫刻表現
■走行中はヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、前面方向幕・種別幕(白色)、標識種別通過灯(白色)が点灯
■台車は実車に即してKW93型台車を新規金型で再現。床下機器も新規金型で再現。
■屋上配管および妻面のカギ外し線の有無を作り分け。(本製品はカギ外し線撤去後を再現)
※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

商品セット構成(編成図)
No.30793
山陽電鉄5030系(新シンボルマーク・2018年仕様)6両編成セット(動力付き)
←西代(阪神梅田) 山陽姫路→
5630 5230 5231 5530 5250 5631
種別:直通特急
行先:阪神梅田
関連商品

No.30791 山陽電鉄5030系(新シンボルマーク)6両編成セット ※予定品
No.30792 山陽電鉄5030系(旧シンボルマーク)6両編成セット ※予定品

オプション対応品

■TOMIX 室内照明ユニットLC白色/電球色 狭幅(No.0733/0734)
■TOMIX TNカプラー密連型【電連付】・グレー(先頭部のみ対応)(No.JC25)

商品詳細(メーカー公式Webページ(PDF))

http://www.greenmax.co.jp/Product_outline/product_outline_GM30793.pdf

試作品公開中

「GM通信」より
「GM通信」ではすでに(15日)に試作品が公開されていました。閲覧された方もいらっしゃるのではないでしょうか
「GM通信」はこちら↓↓↓

購入してみよう

更新履歴&記事元

2018年12月17日:記事を掲載しました。
記事元:グリーンマックス 公式サイト

Return Top