横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

GREENMAX(グリーンマックス)

http://www.greenmax.co.jp/

発売予定品情報

新製品発売情報のポスターが公式サイトに掲載されました。

ポスター内容一覧

2017年11

完成品
 品番品名価格
[新]30672東武6050系 更新車 新ロゴマーク付き 基本4両編成セット(動力付き)23000円+税
[新]30673東武6050系 更新車 新ロゴマーク付き 増結用先頭車2両セット(動力無し)10600円+税
[新]30674東武6050系 新造車 新ロゴマーク付き 基本4両編成セット(動力付き)23000円+税
[新]30675東武6050系 更新車 2パンタ車 新ロゴマーク付き 基本4両編成セット(動力付き)23300円+税
[新]30676東武6050系 更新車 2パンタ車 新ロゴマーク付き 増結用先頭車2両セット(動力無し)10900円+税
[新]30677東武6050系 新造車 2パンタ車 新ロゴマーク付き 基本4両編成セット(動力付き)23300円+税
[新]30678東武6050系 新造車 2パンタ車 新ロゴマーク付き 増結用先頭車2両セット(動力無し)10900円+税
[新]30670会津鉄道6050系2両編成セット(動力付き)13700円+税
[新]30671会津鉄道6050系2両編成セット(動力無し)11200円+税
[新]30668野岩鉄道6050系(61101編成+61103編成)4両編成セット(動力付き)23500円+税
[新]30669野岩鉄道6050系(61102編成)増結用先頭車2両セット(動力無し)11200円+税

ポスター内容詳細(抜粋)

東武6050系(更新車/新造車)
クリックでオープン&クローズ

東武6050系は6000系の車体更新によって登場した2扉セミクロスシート車両で、1985年から1986年にかけて2両編成22本が更新により登場しました。更新途中に車両が不足することから完全新造編成が1985年に1編成、1986年に1編成、1988年に増備(これらの2編成は野岩鉄道へ譲渡)され、その後は7編成および野岩鉄道向けの1編成が増備、1990年には会津鉄道向けに1編成が製造されています。完全新造編成は台車がSUミンデン型台車になっている点が特徴です。1996年には増解結の効率化を図るため、先頭部の連結器が、自動連結器から電気連結器付き密着連結器へ交換され、前面向かって左側に取り付けられていたジャンパ栓受けが撤去されています。2001年3月のダイヤ改正から日光線の普通列車で運用される事となり、5編成に霜取り用パンタグラフが増設されました。また、2006年の区間快速の登場に合わせて完全新造車2編成に追加で霜取りパンタグラフが増設されています。
30672 東武6050系 更新車 新ロゴマーク付き 基本4両編成セット(動力付き) 23,000円+税
30673 東武6050系 更新車 新ロゴマーク付き 増結用先頭車2両セット(動力無し) 10,600円+税
30674 東武6050系 新造車 新ロゴマーク付き 基本4両編成セット(動力付き) 23,000円+税
●2016年頃の姿を製品化
●側面車番横の旧社紋は省略された時代をプロトタイプ
●コアレスモーター搭載動力を採用
●ヘッドライトと標識灯は電球色

商品セット構成(編成図)

←浅草         東武日光・新藤原→
No.30672
モハ6162P+クハ6262+モハ6160(M)P+クハ6260
No.30673 
モハ6164P+クハ6264
No.30674
モハ6179P+クハ6279+モハ6176(M)P+クハ6276

商品の特徴
前面方向幕には「区間快速 浅草」が印刷済み
側面行先方向幕はガラス表現(印刷省略)。
車両番号は印刷済み。上記の編成図。
車体側面にはコーポレートマークが印刷済み。
車番横の旧社紋は省略された時代をプロトタイプにしています。
※模型化にあたり一部実車と異なる箇所がございます。予めご了承ください。

装備品
ヘッドライト・標識等点灯(電球色LED)、テールライト点灯(赤色LED)。(中間先頭車除く)
ライトのON/OFFスイッチ付き(中間先頭車除く)。
フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット

東武6050系 2パンタ車 (更新車/新造車)
クリックでオープン&クローズ

東武6050系は6000系の車体更新によって登場した2扉セミクロスシート車両で、1985年から1986年にかけて2両編成22本が更新により登場しました。更新途中に車両が不足することから完全新造編成が1985年に1編成、1986年に1編成、1988年に増備(これらの2編成は野岩鉄道へ譲渡)され、その後は7編成および野岩鉄道向けの1編成が増備、1990年には会津鉄道向けに1編成が製造されています。完全新造編成は台車がSUミンデン型台車になっている点が特徴です。1996年には増解結の効率化を図るため、先頭部の連結器が、自動連結器から電気連結器付き密着連結器へ交換され、前面向かって左側に取り付けられていたジャンパ栓受けが撤去されています。2001年3月のダイヤ改正から日光線の普通列車で運用される事となり、5編成に霜取り用パンタグラフが増設されました。また、2006年の区間快速の登場に合わせて完全新造車2編成に追加で霜取りパンタグラフが増設されています。

30675 東武6050系 更新車 2パンタ車 新ロゴマーク付き 基本4両編成セット(動力付き) 23,300円+税
30676 東武6050系 更新車 2パンタ車 新ロゴマーク付き 増結用先頭車2両セット(動力無し) 10,900円+税
30677 東武6050系 新造車 2パンタ車 新ロゴマーク付き 基本4両編成セット(動力付き) 23,300円+税
30678 東武6050系 新造車 2パンタ車 新ロゴマーク付き 増結用先頭車2両セット(動力無し) 10,900円+税

●2016年頃の姿を製品化
●側面車番横の旧社紋は省略された時代をプロトタイプ
●コアレスモーター搭載動力を採用
●ヘッドライトと標識灯は電球色

商品セット構成(編成図)

←浅草     東武日光・新藤原→
No.30675
モハ6153P+クハ6253+モハ6154(M)P+クハ6254

No.30676
モハ6155P+クハ6255

No.30677
モハ6173P+ クハ6273+モハ6174(M)P+クハ6274

No.30678
モハ6175P+クハ6275

商品の特徴
前面方向幕には「区間快速 浅草」が印刷済み
側面行先方向幕はガラス表現(印刷省略)。
車両番号は印刷済み。上記の編成図。
車体側面にはコーポレートマークが印刷済み。
車番横の旧社紋は省略された時代をプロトタイプにしています。
※模型化にあたり一部実車と異なる箇所がございます。予めご了承ください。

装備品
ヘッドライト・標識等点灯(電球色LED)、テールライト点灯(赤色LED)。(中間先頭車除く)。
ライトのON/OFFスイッチ付き(中間先頭車除く)。
フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット

会津鉄道6050系
クリックでオープン&クローズ

会津鉄道6050系は1990年10月には会津鉄道会津線が会津高原・会津田島間で電化開業するのに伴い会津鉄道6050系の61201編成が新造されました。東武鉄道6050系と共通運用とされ、2017年4月20日までは日光線や鬼怒川線直通の快速・区間快速を中心に運転され、日光線下今市駅で東武日光/会津田島方面列車の連結・切り離し作業が行われていました。同年4月21日のダイヤ改正以降は日光線南栗橋以北の急行・区間急行や日光線・鬼怒川線の普通列車を中心に使用されています。
30670 会津鉄道6050系2両編成セット(動力付き) 13,700円+税
30671 会津鉄道6050系2両編成セット(動力無し) 11,200円+税
●2016年頃の姿をコアレスモーター搭載で製品化
●側面車番横にシンボルマークが表記
●コアレスモーター搭載動力を採用
●ヘッドライトと標識灯は電球色

商品セット構成(編成図)

←会津高原尾瀬口 会津田島→
No.30670
モハ61201(M)P+クハ62201

No.30671
モハ61201P+クハ62201

商品の特徴
前面方向幕には「区間快速 浅草」が印刷済み
側面行先方向幕はガラス表現(印刷省略)。
車両番号は印刷済み。上記の編成図。
車体側面にはコーポレートマークが印刷済み。
※模型化にあたり一部実車と異なる箇所がございます。予めご了承ください。

装備品
ヘッドライト・標識等点灯(電球色LED)、テールライト点灯(赤色LED)。
ライトのON/OFFスイッチ付き(動力車除く)。
フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット

野岩鉄道6050系
クリックでオープン&クローズ

野岩鉄道6050系は、1985年に第一編成の61101編成が、1986年に第二編成の61102編成が、1988年に第三編成の61103編成が新造され、第一編成と第二編成は1986年の開業時に東武鉄道から譲渡されました。1988年には輸送力向上をめざし、第三編成目が増備されました。1990年10月には会津鉄道会津線が会津高原・会津田島間で電化開業するのに伴い会津鉄道6050系の61201編成が新造されました。東武鉄道6050系と共通運用とされ、2017年4月20日までは日光線や鬼怒川線直通の快速・区間快速を中心に運転され、日光線下今市駅で東武日光/会津田島方面列車の連結・切り離し作業が行われていました。同年4月21日のダイヤ改正以降は日光線南栗橋以北の急行・区間急行や日光線・鬼怒川線の普通列車を中心に使用されています。
※製品には野岩鉄道以外の車両は含みません。
30668 野岩鉄道6050系(61101編成+61103編成)4両編成セット(動力付き) 23,500円+税
30669 野岩鉄道6050系(61102編成)増結用先頭車2両セット(動力無し) 11,200円+税
●2016年頃の姿をコアレスモーター搭載で製品化
●側面車番横にシンボルマークが表記
●コアレスモーター搭載動力を採用
●ヘッドライトと標識灯は電球色点灯
●クハ62101とクハ62102の台車の違いを再現

商品セット構成(編成図)

←新藤原 会津高原尾瀬口→
No.30668
モハ61101P+クハ62101+モハ61103(M)P+クハ62103

No.30669
モハ61102P+クハ62102

商品の特徴
前面方向幕には「区間快速 浅草」が印刷済み
側面行先方向幕はガラス表現(印刷省略)。
車両番号は印刷済み。上記の編成図。
車体側面にはコーポレートマークが印刷済み。
クハ62101とクハ62102はFS396台車を使用します。
※模型化にあたり一部実車と異なる箇所がございます。予めご了承ください。

装備品
ヘッドライト・標識等点灯(電球色LED)、テールライト点灯(赤色LED)。(中間先頭車除く)
ライトのON/OFFスイッチ付き(中間先頭車除く)。
フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット

Nゲージ生産予定表を更新しました。

購入してみよう

30671

30668

30669

30672

30673

30674

30675

30676

30677

30678

6825

更新履歴&記事元

2017年07月18日:記事を掲載しました。
記事元:グリーンマックス 公式サイト

Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END