横濱模型

Nゲージインフォメーション

GREENMAX(グリーンマックス)

発売予定品情報 2017年03月、04月 のポスターがGREENMAX(グリーンマックス)公式サイトに掲載されました。

発売予定品情報

2017年02月以降

完成品
品番 品名 価格
[再] 30197 JRキハ150形0番代富良野線 2両編成セット(動力付き) 13,900円+税
[再] 30198 JRキハ150形100番代 2両編成セット(動力付き) 13,900円+税
[再] 30199 JRキハ150形0番代函館本線 2両編成セット(動力付き) 13,900円+税

※仕様変更 コアレスモーター仕様でリニューアル再生産

2017年03月以降

完成品
品番 品名 価格
[新] 30606 京急新1000形ステンレス車(SRアンテナ付き・台座有り)6両編成セット(動力付き) 27,100円+税

2017年04月以降

完成品
品番 品名 価格
[新] 30610 名鉄3300系(新塗装) 基本4両編成セット(動力付き) 19,700円+税
[新] 30611 名鉄3300系(新塗装) 増結4両編成セット(動力無し) 17,100円+税
[新] 50560 京急2100形 2133編成 8両編成セット(動力付き) 32,200円+税
[再] 30200 京急2100形機器更新車 基本4両編成セット(動力付き) 19,100円+税
[再] 30201 京急2100形機器更新車 増結用中間車4両セット(動力無し) 14,400円+税
[再] 30202 京急2100形機器更新車 KEIKYU BLUE SKY TRAIN 8両編成セット(動力付き) 32,500円+税

※仕様変更 コアレスモーター仕様でリニューアル再生産

製品詳細

[新]30606 京急新1000形ステンレス車(SRアンテナ付き・台座有り)6両編成セット(動力付き)
30606京急新1000形のうち車体がステンレス製になったグループで、8両固定編成・6両固定編成・4両固定編成が在籍しています。8両固定編成の一部は成田スカイアクセス線にも乗り入れ、羽田空港~成田空港間を結ぶ「エアポート快特」「アクセス特急」で活躍しています。4両固定編成は増結用のほか、6両編成と共に4両編成を2本連結した8両編成で主に羽田空港~新逗子を結ぶ「エアポート急行」や普通で活躍しています。
製品は、2014年末頃から列車無線の改良にあわせてSRアンテナを先頭車屋根に設置した姿の、1313編成を6両編成を再現。SRアンテナは台座付きのタイプを再現。コアレス動力ユニット・電球色ヘッドライト搭載の最新仕様としてリリースします。
●2014年末頃からSRアンテナを先頭車屋根に設置した姿
●SRアンテナは台座付きのタイプを再現。
●フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載、電球色LEDのヘッドライトを採用!
商品の特徴
ステッカー付属(前面方向幕、種別幕、運行番号、側面方向幕はステッカーから選択貼り付け)
ユーザー取付:列車無線アンテナ、ヒューズボックス
車番は印刷済み
[新]30610 名鉄3300系(新塗装) 基本4両編成セット(動力付き)
30610名鉄3300系は、通勤車両の代替を目的に2004年に登場した車両です。同 時期に登場した3150系と共に、名古屋本線系を運用する車両として初め てステンレス車体が採用されました。既存のVVVF車と併結が出来る性能 を持ち、3100・3500・3700系通勤車などとの併結運用が行われています。 客室設備は、ロングシートと転換クロスシートを組み合わせた配置とし、 様々なニーズに対応できる車両です。 製品は塗装変更が行われた3302編成と3304編成を製品化します。
●塗装が新塗装になった編成を再現
●コアレスモーター搭載動力を採用!
商品の特徴
車両番号(基本セット/3302編成・増結セット/3304編成)印刷済み
クーラー対空表示印刷済み
種別・行先は付属の新規ステッカーによる選択式
[新]50560 京急2100形 2133編成 8両編成セット(動力付き)
これまで京浜急行電鉄にて快特で運行されていた2000形の後継車として、1998年 より製造されました。京浜急行電鉄の創立100周年を記念し、21世紀へ向かう車両 として「2100形」の形式名が与えられました。車内は転換クロスシートを装備し、関 東私鉄では唯一の存在となっています。床下機器は、登場当時シーメンス製VVVFインバータ装置を搭載していましたが、近年東洋電機製の床下機器に更新され、 側窓も一部開閉式なるなどリニューアルされ現在に至っています。 製品は制御機器がシーメンス製から東洋電機製に更新される前の2133編成を製 品化します。
●床下機器が更新される前の2133編成がプロトタイプ
●フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載、電球色LEDのヘッドライトを採用!
商品の特徴
車番印刷済み、アンテナを除くパーツ取り付け済み
運行番号、種別、行先は付属のステッカーによる選択式
[再]30200 京急2100形機器更新車 基本4両編成セット(動力付き)
[再]30201 京急2100形機器更新車 増結用中間車4両セット(動力無し)
[再]30202 京急2100形機器更新車 KEIKYU BLUE SKY TRAIN 8両編成セット(動力付き)
30202-phこれまで京浜急行電鉄にて快特で運行されていた2000形の後継車とし て、1998年に製造されました。京浜急行電鉄の創立100周年を記念し、21 世紀へ向かう車両として「2100形」の形式名が与えられました。京急2100 形のうち、57編成が青一色のボディが印象的な “KEIKYU BLUE SKY TRAIN”として活躍しています。床下機器は、登場当時シーメンス製VVVF インバータ装置を搭載していましたが、近年東洋電機製の機器に更新され ました。
●床下機器が更新された後の2100形機器更新車がプロトタイプ
●フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載、電球色LEDのヘッドライトを採用!
車番印刷済み、アンテナを除くパーツ取り付け済み
運行番号、種別、行先は付属のステッカーによる選択式
[再]30197 JRキハ150形0番代富良野線 2両編成セット(動力付き)
[再]30198 JRキハ150形100番代 2両編成セット(動力付き)
[再]30199 JRキハ150形0番代函館本線 2両編成セット(動力付き)
JRキハ150型気動車は1993年に北海道地区専用車としてデビューしました。北海 道地区で初めて、冷房装置を搭載した形式で、ワンマン運転に対応した設備やバ ス用の汎用部品を取り入れてコストカットが図られました。0番代と100番代が設定 され、それぞれで運用線区が異なり、外見上では0番代は即窓が大きく、100番代 は中折れ式の小窓化が図られています。また、100番代は冷房装置を搭載せず、 定員数も2名分減少しています。
●フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載、電球色LEDのヘッドライトを採用!
商品の特徴
製品は富良野線や函館本線で活躍する0番代、室蘭本線で活躍する100番代を模型化。
No.30197 0番代の富良野線を再現。ラベンダーと緑の帯が入った大窓の車両です。
No.30198 100番代の室蘭本線を再現。緑と細めのラベンダー帯が入った二段窓の車両です。
No.30199 0番代の函館本線を再現。緑と細めのラベンダーラベンダー帯が入った大窓の車両です。
前面、側面の行先方向幕及び種別幕は、付属のステッカーから選択による貼付となります(該当部は点灯いたしません)
車体色・ラベンダー帯の色調を前回製品から見直します。
スカートの成形色をダークグレーに変更します。

更新履歴&記事元

2016年11月29日:記事を掲載しました。
記事元:グリーンマックス 公式サイト

Return Top 横濱模型