横濱模型

Nゲージインフォメーション

発売情報カレンダー(備忘録)

KATO TOMIX MICROACE GREENMAX MODEMO

メーカー発表の発売日の為、店舗の入荷状況により前後します。

 

9月
8
MA キハ32「鬼列車」  品番:A7241  #マイクロエース #MICROACE
9月 8日 終日
NEW  キハ32「鬼列車」 A7241

MA キハ32「鬼列車」  品番:A7241  #マイクロエース #MICROACEJR四国承認済 Ⓒ竹谷隆之/鬼北町

【 2022年9月7日 】メーカー出荷

A7241キハ32「鬼列車」9,350円

メーカー詳細
MA キハ32「鬼列車」  品番:A7241  #マイクロエース #MICROACE
実車
MA キハ32「鬼列車」  品番:A7241  #マイクロエース #MICROACE
キハ32は国鉄分割民営化を控えた1987年に地方線区用として登場した暖地向け一般型気動車です。軽量化による走行性能向上とコストダウンを主題に設計され、バス用部品や廃車発生品の活用などの工夫が凝らされています。 予土線は高知県の若井駅と愛媛県の北宇和島駅を結ぶJR四国の路線で、2011年からは四万十町に存在する海洋堂ホビー館とコラボレーションした様々なテーマ別車両が導入されています。 2021年7月には鬼をテーマとした「鬼列車」ラッピングがキハ32-5に対して施されました。これは沿線の鬼北町が日本で唯一「鬼」の文字を冠した自治体であることにちなんだもので、約2年間の運行が予定されています。車内では手持ちのスマートフォンでAR技術を活用した観光ガイドや記念撮影を楽しむ事が可能です。

商品概要
小柄な車体全体に印刷された迫力ある鬼のイラスト

・マイクロエース気動車シリーズ及び予土線ラッピング車両シリーズの更なる充実。
・2012年発売 A7885 キハ32の新バリエーション。
・2021年7月から運行されている「鬼列車」のラッピングを、特殊フルカラー印刷により美しく再現。
・検査表記や車体ナンバーなど車体の各種表記を印刷済
・ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯。LED使用(ON-OFFスイッチ付)。

編成
キハ32「鬼列車」
A7241
キハ32-5
オプション

G0005 室内灯・狭幅・電球色LED 2個入
G0006 室内灯・狭幅・電球色LED 6個入
G0007 室内灯・狭幅・白色LED 2個入
G0008 室内灯・狭幅・白色LED 6個入
F0004 マイクロカプラー・自連・グレー 6個入

付属品

なし

商品詳細(オフィシャルサイトWebページ(PDF))

http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A7241.pdf

商品形態

Nゲージ塗装済完成品 (素材:ABS樹脂製 対象年齢:14歳以上 ブックケース入 )

10月
13
MA 209系3100番代 川越・八高線(ハエ72編成)4両セット 品番:A7666  #マイクロエース #MICROACE
10月 13日 終日
NEW  209系3100番代 川越・八高線(ハエ72編成)4両セット A7666
MA 209系3100番代 川越・八高線(ハエ72編成)4両セット 品番:A7666  #マイクロエース #MICROACE

JR東日本商品化許諾済

【 2022年10月13日】発売日
A7666209系3100番代 川越・八高線(ハエ72編成)4両セット20,900円
メーカー詳細

MA 209系3100番代 川越・八高線(ハエ72編成)4両セット 品番:A7666  #マイクロエース #MICROACE

実車
MA 209系3100番代 川越・八高線(ハエ72編成)4両セット 品番:A7666  #マイクロエース #MICROACE
209系3100番代は東京臨海高速鉄道で活躍していた70-000形をJR東日本が購入し改造した車両です。2004年に70-000形の10両編成化が行われた際に組み替えられて余剰となっていた6両をベースに、中間車2両が追加製造されて、2005年に4両編成2本が登場しました。車体帯・前面塗装の変更の他、半自動スイッチやラジオアンテナの取付けが行われた程度で前面形状や室内には70-000形の面影を残しています。また、先頭車4両は全て70-000形初期車から改造されたため、ドア窓の形状が他の209系とは異なるなどの特徴があります。川越線の川越から高麗川間、八高線の高麗川から八王子間で活躍しましたが、2022年からの同区間の部分ワンマン化開始に伴って定期運用を離脱、同年1月には川越車両センター72編成を使用した引退記念イベントに伴う送迎列車の運転が行われ、記念ヘッドマークの掲出が行われました。

商品概要

・マイクロエース通勤型電車シリーズの更なる充実
・2019年6月に出荷したA7653を基にしたバリエーション製品
・ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯(LED使用)
・フライホイール付き動力ユニット搭載

・2022年1月に引退を記念した臨時運行に使用された川越車両センター72編成をタイムリーに製品化
・先頭車側面の車椅子マークに隣接してベビーカーマークが掲出された後の姿
・実車に則して先頭車と中間車で異なる客用扉窓枠や屋根上のビード本数などを作り分け
・ヘッドマークなどを収録した行先シールが付属

編成
209系3100番代 川越・八高線(ハエ72編成)4両セット
A7666
←川越 八王子→
クハ209-3102 モハ209-3102
P
モハ208-3102
(M)
クハ208-3102
オプション

G0001 室内灯・広幅・電球色LED 2個入
G0002 室内灯・広幅・電球色LED 6個入
G0003 室内灯・広幅・白色LED 2個入
G0004 室内灯・広幅・白色LED 6個入
F0001 マイクロカプラー・密連・黒 6個入

付属品

行先シール

商品詳細(オフィシャルサイトWebページ(PDF))

http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A7666.pdf

商品形態

Nゲージ塗装済完成品 (素材:ABS樹脂製 対象年齢:14歳以上 ブックケース入 )

MA 相模鉄道 モヤ700形 シングルアームパンタ 4両セット 品番:A9759  #マイクロエース #MICROACE
10月 13日 終日
NEW  相模鉄道 モヤ700形 シングルアームパンタ 4両セット A9759
MA 相模鉄道 モヤ700形 シングルアームパンタ 4両セット 品番:A9759  #マイクロエース #MICROACE

相模鉄道株式会社商品化許諾済

【 2022年10月13日】発売日
A9759相模鉄道 モヤ700形 シングルアームパンタ 4両セット27,280円
メーカー詳細
実車
MA 相模鉄道 モヤ700形 シングルアームパンタ 4両セット 品番:A9759  #マイクロエース #MICROACE
相模鉄道では架線検測や牽引用に17m級の旧型電車を改造したモニ2000形、車庫内の入れ替え用にED10形電気機関車を使用していましたが、いずれも老朽化していたために2006年に当時余剰になっていた7000系を改造した事業用車、モヤ700形を登場させました。2両編成2本の両方とも中間車へ旧7000系とほぼ同一の運転台が増設されたほか、側面窓が一部埋められ、ステンレス製前面補強板以外の車体色はイエローをベースに緑の帯が入ったものに一新されました。701は検測車で、架線、ATS、動揺測定を行います。702は架線検測用のビデオカメラが搭載されています。704は救援車として使用可能なようにクレーンやジャッキなどの機材が装備されています。現在は相鉄線の定期検測を行うほか、営業用車両の回送や牽引など、相鉄線の日々の安全輸送を陰で支え続けています。近年パンタグラフが菱形のものからシングルアーム式のものに載せ替えられました。
商品概要

•マイクロエース私鉄電車シリーズの更なる充実
•ヘッドライト、テールライト点灯。LED使用
•フライホイール付動力ユニット搭載

黄色のボディに緑帯。モヤ700形

 シングルアームパンタに載せ替えられた近年の姿を製品化
 モヤ701、モヤ702の屋根上サーチライト点灯
※モヤ701、モヤ702に室内灯は取付できません

編成
作網鉄道 モヤ700形 シングルアームパンタ 4両セット
A9759
モヤ701
P
モヤ702
P
モヤ703
(M)P
モヤ704
P
オプション

G0001 室内灯・広幅・電球色LED 2個入
G0002 室内灯・広幅・電球色LED 6個入
G0003 室内灯・広幅・白色LED 2個入
G0004 室内灯・広幅・白色LED 6個入
F0004 マイクロカプラー・自連・グレー 6個入

付属品

シール

商品詳細(オフィシャルサイトWebページ(PDF))

http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A9759.pdf

商品形態

Nゲージ塗装済完成品(素材:ABS樹脂製対象年齢:14歳以上単品プラケース入)

購入してみよう
11月
9
MA 都営浅草線5300形 5320F 8両セット 品番: A3385 #マイクロエース #MICROACE 5320編成
11月 9日 終日
NEW  都営浅草線5300形 5320F 8両セット A3385
MICROACE A3385 都営浅草線5300形 5320F 8両セット

東京都交通局商品化許諾済

【 2022年11月9日 】問屋着荷

A3385都営浅草線5300形 5320F 8両セット38,060円

メーカー詳細
MICROACE A3385 都営浅草線5300形 5320F 8両セット 5320編成
実車
MICROACE A3385 都営浅草線5300形 5320F 8両セット 5320編成
都営浅草線では開業以来5000形車両が活躍していましたが、冷房装置が無く老朽化が進行していたため1991年に後継の5300形が登場しました。アルミ合金製車体を採用し、先頭部は丸みをおびつつ傾斜のついた独特の形状です。スカートの連結器周辺にはアクセントとなる縁取りがつけられました。車体色はホワイトをベースに窓下にレッド、ブラウンの細い2本の帯を入れたものでイメージを一新しています。1997年度までに7次にわたって製造されたため、各グループごとに細かな差異が見られます。東京都シンボルマーク(イチョウマーク)の移設、車椅子マークの移設などが行われましたが、中でも外観上最も目立つ変更点として1994年度に製造されたグループからは前面スカートが大型化された点が挙げられます。京成線、北総線、京急線に乗り入れ活躍していますが、近年後継車5500形の増備により数を減らしています。2022年7月現在、5320編成が唯一の活躍を続けています。

商品概要

•マイクロエース私鉄電車シリーズの更なる充実
•5300形で唯一活躍を続ける5320編成を製品化
•ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯
•フライホイール付動力ユニット搭載

ライトグレーの車体に赤と濃茶の帯

 ロングスカート装着の5320編成を製品化
 ベビーカーマークが貼られた現在の姿
 クーラー部品をよりリアルな形状のものに変更

編成
都営浅草線5300形 5320F 8両セット
A3385
←羽田空港・西馬込 押上・京成成田・印旛日本医大→
5320-1 5320-2 5320-3
(M)P
5320-4 5320-5 5320-6
P
5320-7 5320-8
オプション

G0005 室内灯・狭幅・電球色LED 2個入
G0006 室内灯・狭幅・電球色LED 6個入
G0007 室内灯・狭幅・白色LED 2個入
G0008 室内灯・狭幅・白色LED 6個入
F0004 マイクロカプラー・自連・グレー 6個入

付属品

行先シール

商品詳細(オフィシャルサイトWebページ(PDF))
 
http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A3385.pdf
商品形態

Nゲージ塗装済完成品(素材:ABS樹脂製対象年齢:14歳以上ブックケース入り)

購入してみよう
1月
31
MA キハ183系5200番代 ノースレインボーエクスプレス 5両セット 品番:A8252 #マイクロエース #MICROACE
1月 31日 終日

NEW  キハ183系5200番代 ノースレインボーエクスプレス 5両セット A8252

MA キハ183系5200番代 ノースレインボーエクスプレス 5両セット 品番:A8252 #マイクロエース #MICROACEJR北海道商品化許諾済

【 2023年1月以降 】発売予定

 品番品名価格(税込)
A8252キハ183系5200番代 ノースレインボーエクスプレス 5両セット33,220円

メーカー詳細

MA キハ183系5200番代 ノースレインボーエクスプレス 5両セット 品番:A8252 #マイクロエース #MICROACE
実車
MA キハ183系5200番代 ノースレインボーエクスプレス 5両セット 品番:A8252 #マイクロエース #MICROACE
ノースレインボーエクスプレスは、1992年に「アルファコンチネンタルエクスプレス」の置換え用として製造されたリゾート列車で、愛称は公募により決定されました。客室は高床式を基本として展望性を重視した構造になっています。編成順にラベンダー・ブルー・ライトグリーン・オレンジ・ピンクのテーマカラーが設定されており、カラフルな外観になっています。青函トンネル通過対策が実施されており、機関車牽引により本州への乗り入れが可能でした。登場当初は3両編成で暫定的に運行を開始しましたが、1992年12月にキハ182-5251と2階建て車両のキサハ182-5201が加わり5両編成となり、暫定的に使用されていた3両の塗装が変更されました。老朽化により2023年春での運用終了が発表されており注目を集めています。

商品概要

•マイクロエース特急型ディーゼルカーシリーズの更なる充実
•引退迫るノースレインボーエクスプレスを久々の製品化
•ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯
•フライホイール付動力ユニット搭載

間もなく終了。ノースレインボーエクスプレス

 車両ごとに5色のテーマカラーで塗り分けられたカラフルボディを再現
 屋根上アンテナ移設後、近年の姿
 対応室内灯を薄型に変更。窓から室内灯が目立たなくなりました
 スカート正面開口部を実感的な幅に修正
 前面エアホース取付
 側面ロゴマークの5色の並びを実車にそって再現

編成
キハ183系5200番代 ノースレインボーエクスプレス 5両セット
A8252
キハ183-5202 キハ182-5251 キサハ182-5201 キハ182-5201
(M)
キハ183-5201
サイドビュー
MA キハ183系5200番代 ノースレインボーエクスプレス 5両セット 品番:A8252 #マイクロエース #MICROACE
MA キハ183系5200番代 ノースレインボーエクスプレス 5両セット 品番:A8252 #マイクロエース #MICROACE
MA キハ183系5200番代 ノースレインボーエクスプレス 5両セット 品番:A8252 #マイクロエース #MICROACE
MA キハ183系5200番代 ノースレインボーエクスプレス 5両セット 品番:A8252 #マイクロエース #MICROACE
MA キハ183系5200番代 ノースレインボーエクスプレス 5両セット 品番:A8252 #マイクロエース #MICROACE
オプション

薄型室内灯 電球色 2個入
薄型室内灯 白色 2個入

付属品

シール

商品詳細(オフィシャルサイトWebページ(PDF))
URL
http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A8252.pdf
商品形態

Nゲージ塗装済完成品(素材:ABS樹脂製対象年齢:14歳以上ブックケース入り)

購入してみよう
3月
31
MA キハ281系 特急北斗 5両セット 再生産2023年3月以降 品番:A6742  #マイクロエース #MICROACE
3月 31日 終日
 再  キハ281系 特急北斗 5両セット A6742
キハ281系 特急北斗 5両セット A6742JR北海道商品化許諾済
【 2023年3月以降 】発売予定

A6742キハ281系 特急北斗 5両セット28,600円


前回の発売日は2022年9月7日

メーカー詳細
キハ281系 特急北斗 5両セット A6742
実車
MA キハ281系 特急北斗 5両セット 再生産2023年3月以降 品番:A6742  #マイクロエース #MICROACE
函館-札幌間を走る特急列車の速達性をより向上させるため、JR北海道が1992年に開発した特急型気動車がキハ281系です。既にエンジンの高馬力化により最高速度を向上させていたキハ183系を上回る性能を実現させるため、JR四国の2000系を元にした振子式システムと各車に2基搭載した355馬力の高出力エンジンにより、曲線区間でも極力高速を保ちながら最高速度130km/h(設計最高速度145km/h)で走行する事が可能です。3両が製造された試作車で厳寒期の走行試験が行われたのち量産車が製造され、1994年から特急「スーパー北斗」として営業運転が開始されました。この列車では同区間を従来のキハ183系よりも30分速い2時間59分で結び、表定速度日本一の特急列車が誕生したとして大きな話題となりました。その後、側面窓へのポリカーボネート板貼り付け、前照灯をシールドビームからLEDへの交換、側面行先表示器を幕式からLED表示器への変更等の改造を受けて外観が少しずつ変化しています。また2020年3月には「スーパー」の呼称が廃止され、全ての列車が特急「北斗」に名称変更されました。製造後20年以上が経過し老朽化が進行していることから、2016年より順次キハ261系1000番代に置き換えられました。2021年末現在キハ281系は2往復にのみ充当されており、2022年9月末を以って引退しました。

商品概要

•マイクロエース気動車シリーズの更なる充実
•引退直後のキハ281系を多くのリクエストにお応えして早速の再生産
•ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯。LED使用
•フライホイール付動力ユニット搭載

ブルーの前頭部。「北斗」

 2020年3月以降、愛称名が「スーパー北斗」から「北斗」に変更された後の姿
 前面の幌アダプター撤去後
 前面及び側面ドア部分の青色の色味を見直し
 ヘッドライト白色
 行先シールはLED方向幕変更後のデザインを収録
※キハ280-901のボディは一部実車と異なります

編成
キハ281系 特急北斗 5両セット
A6742
←函館 札幌→
キハ281-3 キロ280-1 キハ280-1 キハ280-901
(M)
キハ281-5
オプション

G0001 室内灯・広幅・電球色LED 2個入
G0002 室内灯・広幅・電球色LED 6個入
G0003 室内灯・広幅・白色LED 2個入
G0004 室内灯・広幅・白色LED 6個入
F0001 マイクロカプラー・密連・黒 6個入

付属品

行先シール

商品詳細(オフィシャルサイトWebページ(PDF))
http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A6742R.pdf
商品形態

Nゲージ塗装済完成品(素材:ABS樹脂製対象年齢:14歳以上ブックケース入り)

購入してみよう
4月
30
MA E721系1000番代 4両セット 新製品2023年4月以降発売予定 品番:A7497 #マイクロエース #MICROACE
4月 30日 終日

NEW  E721系1000番代 4両セット A7497

E721系1000番代 4両セット A7497

JR東日本商品化許諾済

【 2023年4月以降 】発売予定

A7497E721系1000番代 4両セット28,930円
実車
A7497_A7120 阿武隈急行AB900系 第一編成 2両セット E721系1000番代 4両セット
E721系は仙台空港鉄道開業に伴う直通運転開始と仙台地区の老朽車置換え用として2006年にJR東日本が投入した車両です。小径車輪の採用や床下機器のコンパ外化によって従来の車両よりも大幅な低床化を実現、乗降用扉下部にあったステップを廃止することでバリアフリー化を推進しています。室内はセミクロスシートで、座席寸法の拡大などによってゆとりある空間を提供しています。登場以来、仙台空港鉄道所有および青い森鉄道所有の車両を含めて2両編成のみが製造、投入されていましたが、2017年に新たに4両固定編成の1000番代が登場しました。E721系では初めて中間車が製造されたのが最大の特徴で、先頭車の寸法に準じた前後非対称の車体構造を持つことで客用扉の位置が2両固定編成を複数連結した場合と揃うようになっています。4両編成16本全ての製造メーカーが同一で、従来車で見られた製造メーカー毎の車体や屋根の細部構造の見付が統一されることになりました。識別のために車体帯のうちアクセントとなる赤系の色がピンクに変更されたこと、制御車(クノ、E720)の屋上にGPSアンテナの準備工事が行われたことなど、外見上の小変化も見られます。現在も仙台地区を中心に東北本線、常磐線、仙山線などの主力として701系と混結して活躍しています。E721系1000番代の先頭車に準じた設計で2019年に登場したのが阿武隈急行AB900系です。2両固定編成であるほか、内外装の仕上もJR東日本所属車両とは異なります。AB900系第一編成のテーマカラーは柴田のアジサイをモチーフとした薄藍色で、前面全体と側面後部の「A」を模した装飾が彩られています。

商品概要

•マイクロエース近郊型電車シリーズの更なる充実
•定評ある小径車輪採用のA7490/E721系0番代を基にE721系1000番代と阿武隈急行AB900系を同時製品化
•新規金型により側面、妻面、屋根など製造メーカーの違いに基づく車体各部形状の相違点をA7490と作り分け
•ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯。LED使用(ON-OFFスイッチ付)
•フライホイール付動カユニット搭載

薄藍色の阿武隈急行AB900系

□ 阿武隈急行の新しい仲間、AB900系を製品化
□ パンタグラフ周辺の一部の機器が省略された屋根上をJR車と作り分け
□ 座席部品の成型色をJR車と作り分け

編成
E721系1000番代 4両セット
A7497
クモハE721-1001
(M)P
サ八E721-1001 モハE721-1001
P
クハE720-1001
オプション

G0005 室内灯・狭幅・電球色LED 2個入
G0006 室内灯・狭幅・電球色LED 6個入
G0007 室内灯・狭幅・白色LED 2個入
G0008 室内灯・狭幅・白色LED 6個入
F0001 マイクロカプラー・密連・黒 6個入

付属品

シール

商品詳細(オフィシャルサイトWebページ(PDF))
http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A7120.pdf
http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A7120.pdf
商品形態

Nゲージ塗装済完成品(素材:ABS樹脂製対象年齢:14歳以上2両用紙箱入り)

購入してみよう
MA 京急600形 KEIKYU BLUE SKY TRAIN『すみっコぐらし』8両セット 新製品2023年4月以降発売予定 品番:A6722 #マイクロエース #MICROACE
4月 30日 終日

NEW  京急600形 KEIKYU BLUE SKY TRAIN『すみっコぐらし』8両セット A6722

京急600形 KEIKYU BLUE SKY TRAIN『すみっコぐらし』8両セット A6722

©2022 SAN-X
©KEIKYU

【 2023年4月以降 】発売予定

A6722京急600形 KEIKYU BLUE SKY TRAIN『すみっコぐらし』8両セット48,180円

メーカー詳細

A6722 京急600形 KEIKYU BLUE SKY TRAIN『すみっコぐらし』8両セット
京急では1994年、地下鉄乗入れに使用していた旧1000形の置き換え用として600形を登場させました。全国でも珍しいオールクロスシートの地下鉄乗入車両として登場した600形は、混雑対策のために可動式の座席「ツイングルシート」を装備して大きな話題となりました。車体はアルミ合金製で、前面形状は大きな三次元曲面をベースに車掌側へ寄せたスイング式プラグドア、上部に配置された前照灯、下部に配置された標識 灯など、のちの2100形や新1000形へ引き継がれる京急の新たな標準形態となっています。当初は1500形WVF車と同様の電気機器を搭載して8両編成のみが登場しましたが、1996年に製造された4次車からは編成自由度の高い電気機器配置に改められ、同時に4両編成も登場しています。のちに車端部を除いたクロスシートはロングシートへと改造されました。2015年より一部運用が開始された列車無線の誘導無線(IR)から空間波無線(SR)への更新に伴いSRアンテナが設置されています。
606編成は2005年3月よりKEIKYU BLUE SKY TRAINトレインとして特別塗装で運行されています。2022年9月5日より2022年12月17日まで『すみっコぐらし』のラッピングが各車に施された「すみっコなかま号」として活躍しています。
商品概要

・マイクロエース私鉄電車シリーズの更なる充実
・2022年9月から活躍している京急600形『すみっコぐらし』ラッピングの「すみっコなかま号」を製品化
・ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯。LED使用
・フライホイーノレ付動カユニット搭載

KEIKYU BLUE SKY TRAIN すみっコぐらし

・ー両ごとに異なる『すみっコぐらし』のキャラクターを美しく再現

編成
京急600形 KEIKYU BLUE SKY TRAIN『すみっコぐらし』8両セット
A6722
←浦賀・三崎口 泉岳寺→
606-1 606-2 606-3 606-4 606-5 606-6 606-7 606-8
オプション

G0005 室内灯・狭幅・電球色LED 2個入
G0006 室内灯・狭幅・電球色LED 6個入
G0007 室内灯・狭幅・白色LED 2個入
G0008 室内灯・狭幅・白色LED 6個入
F0002 マイクロカプラー・密連・グレー 6個入

付属品

シール

商品詳細(オフィシャルサイトWebページ(PDF))
http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A6722.pdf
商品形態

Nゲージ塗装済完成品(素材:ABS樹脂製対象年齢:14歳以上ブックケース入り)

購入してみよう
MA 阿武隈急行AB900系 第一編成 2両セット 新製品2023年4月以降発売予定 品番:A7120 #マイクロエース #MICROACE
4月 30日 終日

NEW  阿武隈急行AB900系 第一編成 2両セット A7120

阿武隈急行AB900系 第一編成 2両セット A7120

阿武隈急行商品化許諾済

【 2023年4月以降 】発売予定
A7120阿武隈急行AB900系 第一編成 2両セット17,160円
A7497E721系1000番代 4両セット28,930円

メーカー詳細

実車
A7497_A7120 阿武隈急行AB900系 第一編成 2両セット E721系1000番代 4両セット
E721系は仙台空港鉄道開業に伴う直通運転開始と仙台地区の老朽車置換え用として2006年にJR東日本が投入した車両です。小径車輪の採用や床下機器のコンパ外化によって従来の車両よりも大幅な低床化を実現、乗降用扉下部にあったステップを廃止することでバリアフリー化を推進しています。室内はセミクロスシートで、座席寸法の拡大などによってゆとりある空間を提供しています。登場以来、仙台空港鉄道所有および青い森鉄道所有の車両を含めて2両編成のみが製造、投入されていましたが、2017年に新たに4両固定編成の1000番代が登場しました。E721系では初めて中間車が製造されたのが最大の特徴で、先頭車の寸法に準じた前後非対称の車体構造を持つことで客用扉の位置が2両固定編成を複数連結した場合と揃うようになっています。4両編成16本全ての製造メーカーが同一で、従来車で見られた製造メーカー毎の車体や屋根の細部構造の見付が統一されることになりました。識別のために車体帯のうちアクセントとなる赤系の色がピンクに変更されたこと、制御車(クノ、E720)の屋上にGPSアンテナの準備工事が行われたことなど、外見上の小変化も見られます。現在も仙台地区を中心に東北本線、常磐線、仙山線などの主力として701系と混結して活躍しています。E721系1000番代の先頭車に準じた設計で2019年に登場したのが阿武隈急行AB900系です。2両固定編成であるほか、内外装の仕上もJR東日本所属車両とは異なります。AB900系第一編成のテーマカラーは柴田のアジサイをモチーフとした薄藍色で、前面全体と側面後部の「A」を模した装飾が彩られています。

商品概要

•マイクロエース近郊型電車シリーズの更なる充実
•定評ある小径車輪採用のA7490/E721系0番代を基にE721系1000番代と阿武隈急行AB900系を同時製品化
•新規金型により側面、妻面、屋根など製造メーカーの違いに基づく車体各部形状の相違点をA7490と作り分け
•ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯。LED使用(ON-OFFスイッチ付)
•フライホイール付動カユニット搭載

ステンレスボディにグリーンとピンクの帯

□ 多くのご要望にお応えして4両固定編成のE721系1000番代を製品化、中間車が新登場!
□ 多くのご要望にお応えして4両固定編成のE721系1000番代を製品化、中間車が
□ 汚物処理タンク、補助空気圧縮機など車端部を引き締める床下部品を取リ付け
□ 計器用変圧器が大型のものに交換された後の姿

編成
阿武隈急行AB900系 第一編成 2両セット
A7120
AB900-1 AB901-1
(M)P
オプション

G0005 室内灯・狭幅・電球色LED 2個入
G0006 室内灯・狭幅・電球色LED 6個入
G0007 室内灯・狭幅・白色LED 2個入
G0008 室内灯・狭幅・白色LED 6個入
F0001 マイクロカプラー・密連・黒 6個入

付属品

シール

商品詳細(オフィシャルサイトWebページ(PDF))
http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A7120.pdf
http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A7120.pdf
商品形態

Nゲージ塗装済完成品(素材:ABS樹脂製対象年齢:14歳以上2両用紙箱入り)

購入してみよう
MA 首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)TX-2000系 1次増備車 2170編成 6両セット 新製品2023年4月以降発売予定 品番:A6896 #マイクロエース #MICROACE
4月 30日 終日

NEW  首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)TX-2000系 1次増備車 2170編成 6両セット A6896

首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)TX-2000系 1次増備車 2170編成 6両セット A6896

首都圏新都市鉄道商品化許諾済

【 2023年4月以降 】発売予定

A6896首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)TX-2000系 1次増備車 2170編成 6両セット32,670円

メーカー詳細

実車
A6895_A6896 首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)TX-1000系 1107編成 6両セット 首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)TX-2000系 1次増備車 2170編成 6両セット
首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)は首都圏北東部の新たな都市高速鉄道として2005年8月24日に開業した路線です。秋葉原〜つくば間(58.3km)を最速45分で結び、最高速度は130km/hを誇ります。また、途中の守谷駅を境界に秋葉原方が直流1500V.つくば方は交流20000V>電化方式が異なることが特徴です。TX-1000系は秋葉原〜守谷間の列車専用に使用される直流専用車で、ナンバープレート等の各部銘板の地色は紺青色でまとめられています。3M3Tで組成された6両編成の車内は全車とも通勤需要に対応するためにロングシートで、14編成が登場し、主に普通列車に使用されています。TX-2000系は守谷以遠へ直通する列車に使用される交直流車で、ナンバープレート等の各部銘板の地色はスカーレットでまとめられています。4M2Tで組成された6両編成の車内は遠距離通勤に対応する形で3/4号車のみセミクロスシートが採用されましたが近年ロングシート化されました。当初は6両編成16本が登場し、主に快速•区間快速列車に使用されています。2008年には利用客増加に対応して6両編成4本が追加増備されました。増備車の外見上の特徴として、前面と側面窓下にスカーレットの帯が貼り付けられたことが挙げられます。

商品概要

・マイクロエース私鉄電車シリーズの更なる充実
・ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯。LED使用(ON-OFFスイッチ付)
・フラ彳ホ彳ール付動カユニット搭羲

前面、側面腰板に帯追加のTX-2000系

□ 薄型室内灯対応、室内灯取付時プリズムが見えなくなりました
□ 全車ロングシート化された現在の姿を製品化
□ 屋根、床下機器をTX-1000系と作り分け
□ 交直流車のメカニカルな屋根上ディテールを別部品を多用して再現
□ 腰板に赤帯が貼られた1次増備車
□ ヘッドライトは白色

編成
首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)TX-2000系 1次増備車 2170編成 6両セット
A6896
←つくば 秋葉原→
TX-2170 TX-2270
P
TX-2370 TX-2470
P
TX-2570
(M)
TX-2670
オプション

薄型室内灯 電球色 2個入
薄型室内灯 白色 2個入
F0004 マイクロカプラー・自連・グレー 6個入

付属品

シール

商品詳細(オフィシャルサイトWebページ(PDF))
http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A6895.pdf
商品形態

Nゲージ塗装済完成品(素材:ABS樹脂製対象年齢:14歳以上ブックケース入り)

購入してみよう
Return Top 横濱模型