横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

【KATO京都駅店】4月24日発売 C62 2 梅小路機関区(KATO京都駅店開店5周年記念製品) 特製品 #kato

発売情報


【 2021年04月24日 】発売

 品名価格(税込)
C62 2 梅小路機関区 (KATO京都駅店開店5周年記念製品)
KATO京都駅店より引用)
SL白鷺号を牽引した1972年頃の姿を再現
デフレクターにはつばめマークを再現
価格 ¥18,150(税込)
4月24日(土)

・「C62 2」のナンバープレート取付済。
・ボディは艶のある黒色で表現。
​・金色で縁取られたデフレクタには、2号機の証とも言える「つばめマーク」を再現。
​・煙室扉ハンドルは金色・十字形のものを再現。
・側面ランボードに白ラインを表現。
・前面端梁の標識灯を再現。
・ロッドは赤色で再現。車輪は磨き上げられた当時の姿をイメージし、銀色で再現。
・後部にはアーノルドカプラー標準装備。
・ヘッドマーク「つばめ」・「はと」、交換用ナックルカプラー付属
​・単品ケース入り。(ペーパーインサートは専用デザイン)

○実車について

​​C62 2は昭和23年(1948年) に日立製作所笠戸工場での製造No.1930 としてD52455のボイラーを使用して落成、糸崎機関区に配属されました。宮原機関区配置時に、デフレクターにステンレスでつばめのマークが施され、人気の機関車となりました。
昭和32年(1957年) に小樽築港機関区へ転属、函館本線で急行「ニセコ」などの旅客列車牽引に活躍しました。
昭和47年(1972年)、鉄道100周年を記念して函館本線で記念列車を牽引したのち、梅小路機関区に転属。京都~姫路間にてSL白鷺号を牽引しました。その後は梅小路蒸気機関車館で動態保存機として活躍、現在も京都鉄道博物館を代表する機関車として、走り続けています。

​※模型は一部表現が実車と異なります。​​
​※図面・写真は試作品です。
※製品の仕様は予告なく変更する場合がございます。

オフィシャルサイトでご確認を!

関連商品

KATO Nゲージ C62 2 東海道形 2017-8 鉄道模型 蒸気機関車

 

更新履歴&記事元
2021年04月10日:記事を掲載しました
記事元:KATO京都駅店 予約者向けダイレクトメールより

Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END