横濱模型

Nゲージインフォメーション

DAINICHI GROUP U54A形38000番台(ディーライン)を増備。朗堂 C-4616 #31フィートコンテナ #31ft

どうも~(^^)/ 横濱模型です。
本日はこちら↓↓↓

朗堂 C-4616 U54A-38000 DAINICHI GROUP

製品化からやっと発売されました。朗堂からリリースされましたU54Aの大日グループ(ディーライン所有)の31ftコンテナになります。朗堂からは後2種類製品化されています。

このコンテナはあれを再現するにはもってこいのアイテムです。

ちょっとだけ中身を見てみますか(^^♪

模型データ

朗堂 C-4616 U54A-38000 DAINICHI GROUP朗堂 C-4616 U54A-3800番台タイプ DAINICHI GROUP(ライン入り)
製造年2020年 発売日6月10日 価格2800円
U54A-38194
U54A-38198
U54A-38203

株式会社ディーライン

サイドビュー(^^♪

 

朗堂 C-4616 U54A-38000 DAINICHI GROUP
U54A-38203 DAINICHI GROUP
朗堂 C-4616 U54A-38000 DAINICHI GROUP
U54A-38203 DAINICHI GROUPの反対側
朗堂 C-4616 U54A-38000 DAINICHI GROUP
U54A-38194 DAINICHI GROUP
朗堂 C-4616 U54A-38000 DAINICHI GROUP
U54A-38198 DAINICHI GROUP

DAINICHI GROUP 白ラインやHLの表記の違い等々現行の仕様に近い感じでしょう。細かな印刷もなかなか良い感じですよね。
H=全高
L=全長
背高コンテナ(ハイキューブドライバン)

朗堂 C-4616 U54A-38000 DAINICHI GROUP

扉のない方でトラックのキャブ面側です。
左下に自重が書いてあると仕事上ではホント便利なんです。トレーラーなんかでは自重を簡単に確認できます。

朗堂 C-4616 U54A-38000 DAINICHI GROUP

朗堂ではこれでもかってくらい標記類や色差し表現が入ってます。扉を閉めるときの持ちて部分にももちろん色差しが入ってます。印刷もキレイですよね。

自作コンテナと比較しちゃだめよ

朗堂 C-4616 U54A-38000 DAINICHI GROUP

どうせ比較されちゃうので、筆者が作ったコンテナと並べて見ました。
デカールはまねき屋さんの物を使ってます。
左が朗堂のU54Aで、その右隣2個が自作品です。写真だけで判断して塗装した割には近い線言ってたかと思います(;^_^A 同じ塗料で塗装しているのですがつや消しクリヤーと半艶クリヤーでは色味が違ってしましました。
まねき屋さんのは車番がUV54Aとなってますので、混ぜて運用できそうです。

コキに載せてみる

朗堂 C-4616 U54A-38000 DAINICHI GROUPTOMIXのコキには普通に載せれます。当たり前でしたね~(^^♪
下部に切り欠きも付いてますので素晴らしい間隔で載せることが出来ます。TOMIXのは片方にしか切り欠きがありません。

いつもの撮影場所で

朗堂 C-4616 U54A-38000 DAINICHI GROUP

以前にSS60カンガルーライナーで仕立てたコンテナセットがあります。ここのU54Aの所にUV54Aを入れてましたので、U54Aと交換できます。

西濃カンガルーライナー入線記はこちら↓↓↓

コンテナ列車ってお金も時間もかかりますね。

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

Return Top 横濱模型