横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

キハ65系600番台・1600番台「エーデル丹後・シュプール」が入線しました。MICROACE A2390

どうも~横濱模型です(^^)/
本日はこちら↓↓↓
マイクロエースからはるか前に発売されました、キハ65系「エーデル丹後・シュプール」になります。
食わず嫌いな筆者がまたまたマイクロエースを導入しました(;^_^A
もちろん中古市場で求めました。なかなか程度が良く入手しやすい金額のはありませんね。安いとそれなりだったりと。

さてこちらはTOMIXの「北近畿」に併結させようと企んだわけです。
実車の方の鉄分0%ながら調べてみると、電車と気動車の併結って色々とあるんですね。

それでは中身を見てみます。

模型データ

MICROACE A2390 キハ65系600番台・1600番台「エーデル丹後・シュプール」 マイクロエース 雷鳥

MICROACE Nゲージ A2390 キハ65系600/1600番台「エーデル丹後・シュプール」6両セット
価格19,800円

セット内容は
キハ65-601
キハ65-611
キハ65-1611
キハ65-612
キハ65-1612
キハ65-1601

サイドビュー(^^♪

キハ65-601
キハ65-611
キハ65-1611

シュプール&リゾート第1編成が白に水色とライトグリーンのライン

キハ65-612
キハ65-1612

シュプール&リゾート第2編成が白に黄と水色のライン

キハ65-1601

フライホイール付き動力ユニット
黒染車輪採用

標記関係は

塗装などは色々とあると思いますが、なかなか良い感じだと思います
標記もキレイに印刷されている方です。

車番も良い感じです。
クーラーパーツや床下機器も精密な作りですね。実車通りかは不明ですが。

ヘッドライト・テールライト点灯確認

ヘッドライトは難ありですね。これは是非明るくしたいです。
貫通の方のキハ65は3灯式ではありますが、やはり暗いようです。
ちなみにハイパーDXで全開です。
テールライトは・・・まぁ点いてますね。
貫通のキハ65は非対称な面構えだったんですね。
しかしスカートの色ってこれであってます?筆者の目では実車の方はグレー色に見えるのですが。
ちょっと中身が気になったので開けてみました。

シートにカバー表現があるのは良いですね~♪
TNカプラー化は直ぐに出来ないのね(;^_^A
これは大工事になりそうです。

ライトユニットは
LEDが付いてました。
改良も簡単に出来そうです。

いつもの撮影場所で

この顔のシリーズが欲しくなりますね。エーデル鳥取、エーデル北近畿、だいせんなどでしょうか。MICROACEって所が悩みどころですよね(;^_^A

回送で「スーパー雷鳥」塗装の485系とエーデル丹後が連結してましたね。塗装の感じもあっててめちゃ良いですよね。
次回は何としてでもTNカプラー化します。
そうしないと北近畿ごっこができませんから。

スカート交換も良いですね。

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

整備加工(弄る)その1はこちら↓↓↓

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END