横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

12系客車(シュプール大山号用)を弄る。TOMIX 98727 前期形

どうも~横濱模型です(^^)/
本日はこちら↓↓↓
トミックスから発売されました12系客車「シュプール大山」セットになります。
12系客車でリクライニングシート、専用?塗装と言ったところでしょうかね。
シートは14系客車のシートがそのまま(一部加工)されて組み立てられています。

入線記はこちら↓↓↓

今回は「なんせ走らせたい」と思いカプラー交換を行いました。

それでは弄ります

整備という名の加工を

最初にトイレタンクを用意します。
・TOMIX PZ-106 床下部品(A/B格1ランナー) 550円(税込)
この中のトイレタンク(L)が3個入ってますのでこれだけを使います。
なんとも勿体ないのですが。

タンクの部分をつや消しホワイトで塗ってしまったのですが、もうちょっと茶色というかクリームというかそんな色ですので、調色された方が良いです。

乾かします。その間に
カプラー交換を行います。
TOMIX 0374 密自連形 TNカプラーSP 6個入 BM伸縮式 黒 1650円(税込)

6個・・・12両だから・・・4セット買わないとなりませんね。
KATOカプラーでも良いんですけどね。そうなるとトイレタンクが・・・

スハフ12

TNカプラーは床下にポン付けですからこれはいいですよね。
こちら側にはトイレタンクを取付けます。

TNカプラー化すると台車のあの部分が必要なくなりますね
このアーノルドカプラーとカプラーポケットなどです。

これは簡単にカットできるようになってます
切り込みが入ってますので、軽く腕の部分を曲げてあげるとポキッと折れます。
さて、要らなくなった部分はどうしましょうかね。
筆者は分解してカプラーとカプラーポケットは処分してます。
金属のフタの部分は一応保管です。カプラースプリングは使えますのでこちらも保管してます。

オハ12

オハ12の洗面所がない方はめちゃ簡単ですね。
台車のアーノルドカプラー作業を行って、
TNカプラーを床下に取付けるだけです。

簡単です。洗面所側は、台車のアーノルドカプラー作業を個なってから、台車を床下に取付けて

TNカプラーを取付けます。TNカプラーと一緒に取付けても良いでしょうし、後から差し込むのも良いと思います。
タンクはあまりにも白かったので、スミ入れ塗料(ダークブラウン)でメイクアップさせてます。まだ白いですがもう一回スミ入れすれば(;^_^A

オハフ13

オハフ13はダミーカプラーが取り付けられています。
なかなか実感的ですよね。
そして洗面所側になります。
こちらも台車からアーノルドカプラー作業を行います。
なんか勿体ないですが。TNカプラーを取付けながらトイレタンクも取付けます。
トイレタンクが3Dパーツでも良いのでもっと安価になりませんかね。車両も高額パーツも高額では次の車両が買えませぬ。
組み立ててみると、スハフ(オハフ)とオハはこんな感じになります。
伸縮式ってのがいいし、なんせ妻面がそれらしくなりますね。

いつもの撮影場所で

機関車側には3Dパーツのボディーマウントを取付けてます。
色味がKATOの床下のようなグレーっぽくなってしまいました。後でつや消しブラックで修正しておかないと(*´з`)

これでやっと走らせることができます。

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

 

 

コメントはこちら(記事と関係ないものは表示されません)

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END