横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

485系1000番台 勝田車両センター・K60編成が入線しました。TOMIX 98698

どうも~(^^)/ 横濱模型です。
本日はこちら↓↓↓のセット
TOMIXの485系1000番台 勝田のイルカちゃんになります。
1500番台のクハが入ったK60編成です。今まではマイクロエース製品でしか楽しめませんでしたがこれからは2社で選べます。
2005(平成17)年以降2013年までのどこかの期間の姿です(;^_^A

さていつものことながらうんちくはありません。そこらへんの差異は専門家にお任せして、中身を見てみます。いつものことですが誤字脱字思い込みありです。

模型データ

TOMIX Nゲージ 485-1000系 勝田車両センター・K60編成 セット 6両 98698
製造年2020年 発売日6月26日 記号E56BJ 価格23200円
セット内容は
クハ481-1504
モハ484-1013
モハ485-1013
モハ484-1011(M)
モハ485-1011
クハ481-1505

付属品は
特急シンボルマーク、無線アンテナ、
トイレタンクL(グレー)、スノープロウ(グレー)、トイレタンクR(グレー)
カプラーカバー、カプラーカバーアダプター
トレインマーク(団体)車両に「急行ぶらり鎌倉号」が取付済み、
治具

サイドビュー(^^♪

クハ481-1504
モハ484-1013
モハ485-1013
モハ484-1011(M)
モハ485-1011
クハ481-1505

標記関係

イルカのマークに485EXPRESSのロゴも良い感じです。
若干赤が暗いかな~と思いますがこんなもんでしょうか。

車番は印刷済みで転写作業が無いのが良いですわ~(^^♪
車番以外の標記はありません。

細い白帯が曲がっているように見えますが、実車もこんな感じですよね。
スカートは黒色なんですね。グレー色のイメージの方が大きいので違和感あります。

屋根上もちらっと

クーラー、ベンチレータともに別体式パーツとなっています。
ホイッスルの穴は開いてますが、いつものように上級者向けの穴あけ作業が必要です。

ホーンは2本のパンタグラフ、カバー付き台座となります。

妻面も見てみます

485系1000代特有の妻面ダクトがズラリと。
グレー色のTNカプラーが標準装備と素晴らしい。

ついでに床下も

いつもすっとばしていますので、たまには床下の出来栄えも。
スリット上になっている部分とか意外とシャープに仕上がってます。
帯の塗装や塗分けはこちらの車両はキレイです。

ライト確認

ヘッドライトは電球色っぽい物が点灯しました。
でべそのテールライトもしっかりと点灯してます。
ヘッドライトはやはり暗いので高輝度+常点灯化に次回は行いたいところ。
トレインマークはわかりずらいですが、一応点灯しています。

クハを分解・・・

ぱかっと開けるとこんな感じです。

ついでにスカート回りも外してみました。
取付け方も良く考えられてますよね。

組立てて・・・スカート周りを見てみます

ジャンパ栓が立体的になっているのがいいですね。3Dパーツに頼らなくても筆者的には十分すぎます。

いつもの撮影場所で

まだユーザー取り付けパーツは付けてませんが、記念撮影。

1500番台車は独特ですよね。バリ展も期待しちゃいます。
そしてK40編成もほしいところです。どちらもマイクロエースのを持ってますが古さと出来栄えを比べたら売りどきかもしれません。新しいのが出ちゃうとどうしても古いのは見劣りしちゃいますね。

さてと、こちらも積プラならぬ積鉄の山になります。筆者の場合は収集鉄なのでそのまま戸棚ですね~(^^♪

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top // LAZY START // lazy END