横濱模型

Nゲージインフォメーション

東武500系リバティ(リバティけごん・リバティ会津)が入線しました。TOMIX 97934 #東武 #東武鉄道

どうも~横濱模型(@yokohamamodels)です(^^)/
本日はこちら↓↓↓
TOMIX 97934 東武500系リバティTOMIXから新発売されました東武鉄道500系「リバティ」になります。

東武500系「リバティ」は2017年に登場した特急電車で、3両編成11本が運用されています。
同系は従来の100系「スペーシア」とは異なり3両編成で組成され、また分割・併合を前提としているため運用の自由度が高くなりました。
先頭車前面は2編成連結した6両編成の際に、貫通できる構造となりました。
現在日光線の「リバティけごん」「リバティきぬ」のほかに野岩鉄道、会津鉄道に乗り入れる「リバティ会津」、伊勢崎線の「リバティりょうもう」や野田線の「アーバンパークライナー」、夜行列車の「尾瀬夜行」など線区を問わず運用されています。トミックスより引用

出遅れた感がありますしレビュー的な物は他のブログにお任せするとして、こちらではいつものテンプレのようなもので、中身を見てみます

模型データ

TOMIX 97934 東武500系リバティTOMIX Nゲージ 97934 特別企画品 東武500系 リバティけごん リバティ会津セット 6両
製造年2021年(8月27日発売)LotNo,W84BA 価格29,040円

セット内容は
モハ506-1
サハ506-2(M)
モハ506-3
モハ505-1
サハ505-2(T)
モハ505-3
付属品は
前面貫通扉
幌枠
貫通路

TOMIX 97934 東武500系リバティ

 

運転台側のTNカプラーは修理対応となってます。L字アンテナも修理対応なんですね。

サイドビュー(^^♪

TOMIX 97934 東武500系リバティ
モハ506-1
TOMIX 97934 東武500系リバティ
サハ506-2(M)
TOMIX 97934 東武500系リバティ
モハ506-3
TOMIX 97934 東武500系リバティ
モハ505-1
TOMIX 97934 東武500系リバティ
サハ505-2(T)
TOMIX 97934 東武500系リバティ
モハ505-3

全車両新集電システム、銀色車輪装備
動力車にはM-13モーターフライホイール付きを採用
TNカプラー標準装備のHG製品並み

標記は・・・

TOMIX 97934 東武500系リバティ車番はキレイに印刷されています。また「障害者のための国際シンボルマーク」もキレイに印刷されていますね。帯の塗分け塗装はどうでしょうか。
TOMIX 97934 東武500系リバティサハのRevatyロゴマークもキレイに印刷されています。
KATO風マイクロエース的なタンクは・・・以下自粛。

ヘッドライト・テールライト点灯確認

TOMIX 97934 東武500系リバティヘッドライトは電球色ですかね。テールライトもいい感じです。

TOMIX 97934 東武500系リバティおでこのライト(上部前照灯)も明るく点灯していますね。

このハチの巣状というのか気になりますね
TOMIX 97934 東武500系リバティボディーを外して見ました。で、ついでに貫通扉を外して見ます。
こうなってるのね。
TOMIX 97934 東武500系リバティ裏側から見てみると、TOMIXの技術陣も考え巻いたな。

前から
TOMIX 97934 東武500系リバティ奥行き感が得られるようになってました。
今後もこんな感じの手法で国鉄形とかでやってくれたら、購入しちゃうかも

追記ですが、ライトカバーが取れているもしくは取れやすい個体もあるようです。車両ケースに落ちていることもあるので、要確認!

TOMIX 97934 東武500系リバティ導光材はこんな感じで金属のパーツで遮光されています。導光材の先はツルツルなので、
ということはライトのつぶつぶ感は成形材にパンチング処理を行って再現なんですね。よくよく見ると穴の大きさも相互に違う大きさで並んでいます。下側一列だけ点灯化なんてのも直ぐに出来そうですよ
ハザードランプを再現する方なんて・・・

ついでのついで
TOMIX 97934 東武500系リバティTNカプラーが気になっている方、多いと思います。
特殊な形の専用品ですね。こんなに薄っぺらく出来て耐久性もありそうで、今後の製品も期待しちゃいます。
このTNカプラーは修理対応とのことで、今のところは単体での入手は不可です。
TOMIX 97934 東武500系リバティ妻面側のTNカプラーは隙間があるのか結構ぐらぐらします。0.5㎜前後開いている感じです。
また車端部機器はKATO風味のマイクロエース的な物となってます。

屋根上は

TOMIX 97934 東武500系リバティパンタグラフは東洋電機シングルアーム式パンタグラフが取り付けられています。
避雷器のカバーは実車ではグレー色にも見えますね

TOMIX 97934 東武500系リバティクーラーは2ピース構造です。堀も深くファンも見えます。

TOMIX 97934 東武500系リバティL字アンテナは無くしたり壊したりしたら修理対応。白箱の分売パーツでも良さそうな気がしますが。

連結間隔は

TOMIX 97934 東武500系リバティほぼ実車に近い感じでしょうか。ここに扉パッカーンのパーツを取付ければ実車さながらの状態になるかもしれませんね。

いつもの撮影場所で

TOMIX 97934 東武500系リバティ初の東武の車がリバティとは。(;^_^A
迷っている方は迷わず買えそうです。

こちらも順序整備します。

それではこの辺で

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

 

コメント & トラックバック

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. おばんでございます。
    導入されましたね!
    私は運転席下のツブツブライトが大小交互の開孔でしたので、
    個人的な拘りで先発のポポン品のみで導入回避しました。
    その後の整備情報を楽しみにしてます。

    • しまっちさん、コメントありがとうございます。
      色々と違いはありますが、それぞれのモデルで色々な楽しみ方ができますね。
      ハザードランプの再現をなんてどうでしょうか

コメントはこちら(記事と関係ないものは表示されません)

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top 横濱模型