横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

JR 209系在来線試験電車(MUE-Train)タイプを弄る。その1 #世田谷総合車輌センター のパーツ TOMIX 93556

どうも~横濱模型です(^^♪
本日はこちら↓↓↓
TOMIX 93556 JR 209系在来線試験電車(MUE-Train)タイプセット(7両) 多目的試験電車 トミックスTOMIXから限定発売されましたMUEタイプになります。
これを世田谷総合車輌センターの3D出力パーツにて実車に近づけてみようと企んでます。

早速パーツの中身を見てみましょう

模型データ

世田谷総合車輌センター
・MUE-Train屋根上再現 209系試験列車屋根上機器パーツセット 2160円
・MUE-Train床下再現 209系試験列車床下機器パーツセット 4320円

世田谷総合車輌センターはこちら↓↓↓
世田谷総合車輌センター

MUE-Train屋根上再現 209系試験列車屋根上機器パーツセット

屋根上パーツは穴あけ加工お助けーツール(シール)と説明書が同封されてきます。

3D出力パーツはこんな感じです。
細い部分は割っちゃいそうですね。

MUE-Train床下再現 209系試験列車床下機器パーツセット

床下機器パーツ専用の説明書が付いてきます。実車写真と床下の配置図が書かれた説明書は分かりやすいかも。

モーターカバーもあるのですが、ちょっと薄い感じもします。
これだけでは情報量が読み取れませんので、サーフェーサーまで進めます

お風呂(洗浄)

中性洗剤とお湯でサポート材やゴミを浮かせます。
意外と色々と出てきますよね。

下地塗装

グレー色のサーフェーサーを吹いて色々と見てみたのですが、一か所折れてました。
洗浄中にやっつけたのかと思って画像を確認してみると、最初からやっつけられていたみたい。ちゃんと確認しないとなりませんね。ここまでやってしまうと返品交換もできません。(T_T)
床下はブラックのサーフェーサーを吹いています。
モールドとかはさすが3D出力パーツってところでしょうか。線が細くて良いですよね。後は腕前が追いつくかですが(;^_^A

ということで、次回に続きます。

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top