横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

24系「さよなら銀河」を弄る。その1 TOMIX 92957 Midnight Express

どうも~横濱模型です(^^)/
本日はこちら↓↓↓
手付かずな車両がたんまりあるのに次から次へと手を出してます(;^_^A
こちらはトミックスの24系25形 寝台急行「銀河」最終編成になります。

入線記はこちら↓↓↓

12年も前のですから多少なり更新工事をしてみようかと思います

それでは弄ります

整備という名の加工を

まずはオハネフ25 46から
ドナーを用意しました。TOMIX 9825 オハネフ25 前期形Aです。
そのまま使った方が絶対に良いに違いありません。

梯子パーツ移植

中身はと言いますとほぼほぼ同じです。座席の部分の色違いと梯子表現パーツがあるかないかでしょうかね。

新しいタイプの床下ですので、ON-OFFスイッチ?が付いています。
ともに白色LEDが採用されてました。

座席パーツだけ取外して交換します。
で、梯子パーツを移植するのですが凸がありませんので、ボンドGクリヤーで接着したという横着ぶりです。室内再現シールとか塗装とかはその次です。

ボディーマウントカプラー装着

TNカプラーなら一発で終了ですが、横濱模型ではKATOカプラーが標準です。
ナックルカプラーを装着しようと思います。

使うのはこちら
・KATO 純正パーツ Z05-1919 あけぼの ジャンパ栓 Assy 400円
これが似ているかと思います

床下は変に加工するのも面倒なので、バッサリとハイパーカットソーで切り出しました。
後はボディーマウントカプラーの方の爪を2か所カットしてボンドGクリヤーで接着するだけです。

ついでにトレインマークを前後どちらでも光るように追加しておきます。
ライト基板に直で半田付けしないで床下側でほぼ完結させてます。
・白色サイドビュータイプLED
・抵抗1KΩ
・小型ブリッジダイオード
・ポリウレタン銅線
・銅箔テープ
・カプラースプリング
この辺を適当に半田付けさせて設置してます。

この加工は残りの車両も施さないとです。次回ですね

ついでにカニも

カニ24 104もボディーマウントカプラー化します。
やはりダミーでは・・・運用に限定がありすぎますので(;^_^A

使うのはまたまたKATOのAssyパーツ
・KATO 純正パーツ 5175-1C3 カニ24あけぼのゼンメンカプラー Assy 400円
近似です。そのままでは使えません。

ジャンパ栓が3つも付いています。全部いりませんのでカットしておきます。
床下は加工無しで使えましたので、ボディーマウントカプラーの爪を加工してドッキングです。

カニも出来上がりました。梯子も付いたしエアーホースも生えましたし何と言っても連結できるようになりました。自動連結は出来ませんがGMナックルカプラー中を採用しています。

いつもの撮影場所で

一応前進時にトレインマークが付いています。加工されている方も多いのですが実車でも点いていたんでしょうか。筆者は見たことがありません(鉄分0なので気にした事が無かった)。

とりあえずは連結して走らせる事が出来るようになりました。
オハネフはあと2両です。それとオハネも梯子を付けてあげないとですね~(^^♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

横濱模型(@yokohamamodels)がシェアした投稿

動画もあります。良かったらご視聴お願いいたします。

その2へ続きます

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

整備加工その3(弄る)はこちら↓↓↓

 

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. マーク点灯の映り込み!たまりません(*´Д`)

    • しまっちさん、コメントありがとうございます。
      ですね!全部が全部点灯していたわけじゃないみたいですね。

Return Top // LAZY START // lazy END