横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

EF30 3次形・シールドビームが入線しました(‘ω’)ノ TOMIX 9185

どうも~横濱模型です(^^)/
本日はこちら↓↓↓
前々から気にはなっていたのですが、新品でフフフな お値打ち価格でした。


九州地区のこの車両はTOMIXのEF30 3次形・シールドビームになります。
KATO機のEF30はすでに2両在籍してますが、あちらはまた違ったバージョンです。

それでは中身を見てみます

模型データ

TOMIX Nゲージ 9185 EF30 3次形 シールドビーム
記号:W89AH 製造年2018 定価7200円
本体の他に付属品があります。

付属品は

TOMIX 9185 EF30 3次形・シールドビーム
ナンバープレート「20」「21」「22」「無地」
メーカーズプレート「三菱」
ヘッドライトカバーA シルバー・グレー
ヘッドライトカバーB シルバー・グレー
前面手すり
ホイッスル・信号炎管
密自連形TNカプラー
ダミーカプラー
ダミーカプラー台座

サイドビュー(^^♪

TOMIX 9185 EF30 3次形・シールドビーム
TOMIX 9185 EF30 3次形・シールドビーム

屋根上

高圧線に碍子は無塗装です。ここはいつものTOMIX仕様ですね。
高圧線のフニャフニャ感は気になります。
パンタグラフはPS19形でこちらも碍子に色入れを行いたいところです。
信号炎管とホイッスルはユーザー取り付けパーツとなります。

前面ビュー(^^♪

ヘッドライトはシールドビーム改造後ですので、導光材は2けつ仕様です。
豚鼻カバーは4種類あります
・20号機はヘッドライトカバーAのシルバーとグレー
・21号機と22号機はヘッドライトカバーBのシルバーとグレー
色味は2種類ずつ用意されてますので好みで取付けとのこと。

テールライトケースが大型で運転席側が外はめ式に改造された姿になってます。よーく見ないと違いが判りません(;^_^A
前面扉にヘッドマーク掛けが無い姿ですので、時代がかなり限定されるのではないかと思います。やはり大目玉の方が・・・

標記関係

TOMIX 9185 EF30 3次形・シールドビーム 1エンド側

1エンド側標記はカラーでキレイに印刷されてます。
台車の部分には車上子が取り付けられてます。

TOMIX 9185 EF30 3次形・シールドビーム 2エンド側

2エンド側標記です。小倉工でしょうか?ちょっと潰れてますがまぁNサイズなので。
コルゲートの表現もなかなか良い感じだと思います。

KATOのEF30を並べて見る

製造時期の違いなんでしょうかね。屋根上の作りがちょっと違います。
メタリックな質感の違いはありますが、どちらもいい出来栄えですよ。

整備という名の加工を

ダミーカプラーをセットしてみました。
実はダミーカプラーが付属していることを知りませんでした。EF81のプチリニューアル製品からのものだと勝手に思い込んでいたからです。

反対側にはKATOナックルカプラーを装備します。
大きさは見慣れてしまってますが、ダミーカプラーの大きさを見てしまうとね(;^_^A

ヘッドライトの点灯確認をするのを忘れてました。電球色で点灯はしてます。ちょっと暗いので高輝度なLEDに交換してみます。

いつもの撮影場所で

KATOナックルカプラーに換装してますので、KATOのEF30との重連運転も可能となりました。
屋根上やLED交換などもろもろは時間になります。

つづく

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END