横濱模型

Nゲージインフォメーション

ED76 551号機を弄る。その1 TOMIX 7158

どうも~横濱模型(@yokohamamodels)です(^^)/
本日はこちら↓↓↓

ED76 551号機を弄る。その1 TOMIX 7158

トミックスから発売されています、ED79 100番台Hゴムグレーになります。

入線記はこちら↓↓↓で公開中です

早速ではありますが、弄ります

整備という名の加工を

ED76 551号機を弄る。その1 TOMIX 7158

先ずはボディーを取り外します。

スカート組も取り外しおきます。

スカート加工

ED76 551号機を弄る。その1 TOMIX 7158

スカートを加工していきます。

加工と言ってもモールドのコック類をカッターナイフで切り落としして別パーツのエアホースを植樹するだけです。

ED76 551号機を弄る。その1 TOMIX 7158

切り落としたら0.5㎜で穴あけ加工を行っておきます。

次にエアホースを取付準備でも。
ED76 551号機を弄る。その1 TOMIX 7158こちらは、お馴染みのRe-Color(リカラー)の3Dパーツです。
・CM001 汎用ホースエアホース 2個入り 600円

ホース部分が曲がっているのも入っています。
意外と柔らかい素材です。

リカラーさんの販売ページはこちら↓↓↓

ED76 551号機を弄る。その1 TOMIX 7158

エアホースの他に、スカート左側のKE3ジャンパ連結器のケーブル部分を再現してみます。

そしてU字のケーブルは・・・エアホースの枠におまけで付いている物を流用します。
TOMIXのEF81用に出来ているそうです。

0.3もしくは0.4㎜で該当の場所に斜めに穴あけ加工を行ってから、U字のケーブル的な物を差し込んでます。

 

ED76 551号機を弄る。その1 TOMIX 7158

2エンド側のKE3は場所が違いますので、こちらはポリウレタン銅線でそれらしく作ってみました。

ED76 551号機を弄る。その1 TOMIX 7158

コック部分を水性ホビーカラー H-11 つや消しホワイトを薄めて塗り塗り。

ED76 551号機を弄る。その1 TOMIX 7158

ついでにスノープロウのステップ部分にも色さしをしておきます。
全部塗装してからの方が良いでしょうが、模型として楽しむのでそこまでこだわりません。

 

ED76 551号機を弄る。その1 TOMIX 7158

動力ユニットにスカートを取付て・・・
ごちゃごちゃ感が良いですね~(^^♪

ジャンパ栓

ED76 551号機を弄る。その1 TOMIX 7158

ボディーに栓受けがモールドされています。どうせならジャンパ連結器を再現してみたいと思います。

ED76 551号機を弄る。その1 TOMIX 7158

カッターナイフと平ノミを使って栓受けを撤去。
ボディーの成型色は赤なんですね。

ED76 551号機を弄る。その1 TOMIX 7158

栓受けの再利用は出来そうでしたが、もっと良いのがあります。
・KATO 純正パーツ Z03-1725 EF64-1031 ジャンパ栓 Assy 440円
この栓受けを薄ーく加工して分割しておきます。

もう1パーツを

ED76 551号機を弄る。その1 TOMIX 7158

こちらはEF71用の
・KATO 純正パーツ Z03-2621 EF71 1次形 ジャンパ栓 Assy 500円
パーツを流用します。使うのはAの方です。

 

ED76 551号機を弄る。その1 TOMIX 7158

ボディーに0.5㎜で穴あけ加工してから差し込んでみました。

そしてこの上に栓受けのフタを取付けるわけです。

ED76 551号機を弄る。その1 TOMIX 7158

それっぽくなりました。ケーブルの部分は解放テコを上手くかわしてくれています。
スカート側の栓受けは無改造としました。
メンテナンスもし易いように。

それでは恒例の仮組

いつもの撮影場所で

ED76 551号機を弄る。その1 TOMIX 7158

スカート周りが賑やかになりました。
ヒサシの曲がりもハンドパワーで直しましたし、残るは屋根上です。

次回に続く

それではこの辺で

本日も、くだらない備忘録にお付き合いいただきありがとうございます。

 

 

 

Return Top 横濱模型