横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

EF81 500番台を弄る。その2 TOMIX 7144 502号機

どうも~(^^)/
本日はこちら↓↓↓
トミックスのEF81 500番台の続きになります。

前回までのあらすじはこちら↓↓↓

本日は屋根まわりを少しだけでも

それでは弄ります

整備という名の加工を

前回のMr.マスキングゾル改でヌリヌリしておきました。
直ぐに乾くのですが時間を空けました

ランボード塗装

マスキングテープでしっかりとやっつけておきます。
適な色が無いので、その辺に出ていたオーシャングレーでプシューっと。
これも乾かします。

その間に

前万ガラスに色差し

前面ガラスの縁をブラックアウトしておきます。
乱反射が抑えられて良い感じに見えるようになります。
ガンダムマーカーブラックでヌリヌリしてます。
サラサラしてますので、ボディーに戻すときでも塗装は落ちにくいです。

導体を金属化(交換)

導体がフニャフニャなんですよね。今まで高圧線だと思ってましたが導体という名称でした。

この導体を交換します。
使用したのは燐青銅線0.3㎜を使います。実車の方では40mmのようなので模型では2.6mmか2.7㎜位がちょうど良さそうです。

導体が真っ直ぐと並んだ姿となりました。やっぱりこうでなくちゃね(;^_^A

碍子につや消しホワイト、導体にニュートラルグレーを筆塗してます。

前面ガラスや、屋根板、パンタグラフを取付けてみます。
ここまでくるとTOMIX機もカッコよく見えますね。

碍子はとりあえずつや消しホワイトですが、この後に緑のグリースを再現しようか思案中です。

作業が細かすぎてなかなか進みませんので、次回に続きます。

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

整備加工(弄る)その3はこちら↓↓↓

 

コメントはこちら(記事と関係ないものは表示されません)

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END