横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

DD54 ブルトレ牽引機が入線です。KATO 7010-1

どうも~横濱模型です
本日はこちら↓↓↓
KATOから10年ぶり再生産のDD54ブルートレイン牽引機になります。
運転席の窓の固定方法がサッシからHゴムへと変更され、車体から分割線が消えました。また、ブルトレ牽引機として20系客車牽引用の装備がスカートにも表現されています。KATOでは33号機がプロトタイプとなってます。6次車の30~40号機の中で32~37号機とも言えます。そのため選択式ナンバーは「32」「33」「34」「37」が用意されています。

それでは、模型を見てみます

模型データ

KATO Nゲージ DD54 ブルートレイン牽引機 7010-1 鉄道模型 ディーゼル機関車
LotNo,3710541 007-3547 製造年2020年 価格7000円
本体の他に付属品あり

付属品は

取扱説明書
交換用ナックルカプラー
クイックヘッドマーク「出雲」
選択式ナンバーは「32」「33」「34」「37」
製造銘板は「三菱」が印刷済み

サイドビュー(^^♪

DD54 ブルートレイン牽引機 1位側
DD54 ブルートレイン牽引機 2位側

ブルトレ牽引機は中期形のようなフィルターで、初期型に比べ側面のSGルーバーがありません。
また、中期形とは違って車体分割線がありません。

標記は?

1エンド側運転席下の標記です。
こちらはキレイに印刷されてます。

2エンド側運転席下の標記は・・・ハズレを引いたようです(T_T)
もう一両の方はキレイに印刷されてました。

屋根上

屋根上の表現は素晴らしいですね。中期型と同じように見えますが、こちらも分割線が無くなった屋根板となってます。
ファンの作りは良いですね。回りそうですよ。
ホイッスルは別パーツで、信号炎管はモールドとなってます。

動力ユニット

10年前の前回ロット品との違いはやはりライトユニットとモーターでしょうね。
3極モーターでもある年を境に性能が良くなりました。

2020年ロットはモーターの他に変わっているところがありました。
発売情報でアナウンスされていましたが、導光材が黄色系統から無色透明に。そしてLEDが白色から電球色に変わりました。

ナンバー取付け(入魂)

プロトタイプは33号機ということですから、33号機を取付けてみます。

山形と平の2種類が入ってますので、取付けるとき気を付けて付けます。

カプラー交換

アーノルドカプラーでは連結できませんので、KATOナックルカプラーに交換します。スノープロウの先辺りから外すと簡単にとり外せます。
スノープロウ一体式のカプラー受けからアーノルドカプラーを外します
付属のナックルカプラーに交換するだけです。
後はスカートに戻せば交換完了です。簡単ですね。

いつもの撮影場所で

左から、初期型お召、初期型、中期型、ブルートレイン牽引機と

DD54も増えてきましたが、なかなか引くものがありませんね。
あ、このために20系寝台客車を新規導入したんだった!
じゃ~次回は整備しないと。つづく

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

Return Top // LAZY START // lazy END