横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

DD51 後期 耐寒形 北斗星 を弄る。その2 KATO 7008-F

どうも~横濱模型です(^^)/
本日はこちら↓↓↓
KATOのDD51 北斗星色の続きになります。

前回までのあらすじはこちら↓↓↓

前回は
常点灯化
光ファイバーで延長
静音化
こんなところでしょうか

それでは弄ります

整備という名の加工を

前回間に合わなかった、エンドビームの加工を行います。

エンドビームの加工

DD51は今まで弄ったことがあったかなぁ?
とりあえずコックのモールドは削ってみます。そしてこちらのAssyパーツを使いました。
・KATO 純正パーツ Z03-1725 EF64-1031ジャンパ栓 Assy 400円
この中のケーブルが無いパーツを使いました。いつもはあまってしまってどうしようかと悩むパーツです。
これにケーブル表現を行いたいので栓受けに0.3㎜で穴を開けてポリウレタン銅線でそれっぽく仕立てます。
エアーホースが全部で5本必要なんですが、気が付けば4本だけと・・・
1本忘れましたね(;^_^A
仮組します。手すりの所の栓受けにも0.3㎜で穴を開けておきます。
良さそうなので、色を付けてみます。それっぽく見えますかね。まぁ横濱模型なんでこんなもんでしょう(*´з`)
塗装はプライマー処理してからつや消しブラックとつや消しホワイト、ニュートラルグレーで色差ししてます。

車両に取付けますあら、良い感じ(^^♪

ステップにも

ステップ付近に白色が足りてませんので、追加でつや消しホワイトを塗り塗りです。
後は列車無線アンテナの土台も塗った方が良さそうです。

ヘッドマークステー

たまたま見た写真がそうだったのかわかりませんが、前後にヘッドマークステーが取り付けてあるので、こちらもそれを再現しておきます。
重連ですと4個付いている感じですかね。

いつもの撮影場所で

エンドビームの加工ができました。

ブレーキホースはこそっと直しておくのでその3はないかなぁ。

今回はこの辺で

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

コメントはこちら(記事と関係ないものは表示されません)

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END