横濱模型 の秘密基地

Nゲージインフォメーション

KATO DF200 0番台 / 50番台を弄る。7007-3 / 7007-4

どうも~(^^)/
本日のDF200をちょっこり弄りました↓↓↓
DF200ですが、私も気が付きませんでしたが貴重なコメントを頂いてわかりました。
さすがです「やまだ」さん!ありがとうございます。

7007-4 DF200 50のナンバープレートがしっかりとブロックプレートになっていました。
もちろん7007-3 DF200 0番台の方はツライチになっております。
(画像の左が品番7007-3、右が品番7007-4の50番台)

さらにブロックプレート化された車体では運転席窓下のJRマークもブロックプレート表現です。
表現としましたが印刷なんですね(;^_^A
こんな造りわけがされているとは思いませんでした。そもそもブロックプレート化されていたのにも気づきませんでした(;^_^A

入線記の方も修正します。

入線記はこちら↓↓↓

それではちょっこり弄ってみましょう

整備という名の加工を

7007-3E2 DF200 ナンバープレート、7007-4E2 DF200 50ナンバープレート先ずはナンバープレートから取り付けて見ます
KATOのAssyパーツだと以下の品番になります。
・KATO 純正パーツ 7007-3E2 DF200 ナンバープレート Assy 500円
・KATO 純正パーツ 7007-4E2 DF200 50ナンバープレート Assy 500円
無くされたかた、失敗した方はこの品番で補修を

0番台です。ツライチって言えば面一ですが、感動するようなはめ込みではなかったです。

ブロックプレート化されました。
もうちょっと拡大してみます
トリミングしてみました。色々な所の粗が見え隠れしてますね(;^_^A
ブロックプレート化されてますね

前面のナンバープレートだけではないんです。
側面も50番台はブロックプレート化されています。
0番台の方はもう少し薄く削って入れればツライチになりそうです。

余談になりますが、品番7005のDF200に今回のナンバープレートを入れて見るとナンバープレートの方が小さかったです。
これはちょっと残念でした。楽しちゃダメってことですね(;^_^A

ユーザー取付パーツも教本通りに取り付けました。
ホイッスルだけは逆らってますね。Σ(゚Д゚)
よーく見て頂くとおでこのライトにカバーを付けてみたのです。意味ないですね~(^^♪

で、ガイアノーツ M-04 UVジェルクリアで作ったカバーに黒で色差しするとそれらしく見えませんか。
画像が不鮮明でした。後日改めて撮りなおします。
ライト周りの色入れだけでも実車に近づきますので、是非やってみてください。

時間が時間なのでこの辺で失礼します

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. やまださん、コメントありがとうございます。
    0番台のナンバーは左右上下の寸法は良かですよ。ですが厚みですね(;^_^A
    ホイッスルカバーはなんででしょうね。車両によって設計部門の壁があるのでしょうか。
    それか大人の事情でAssyパーツで売った方が利益があるからなのかと、要らないことを考えてしまいます。
    おでこのライト周りは色入れだけでも随分と変わりますね。UVジェルクリアはおススメですよ。

  2. 横濱さん、返信ありがとうございます、
    0番台のナンバー、確かに最近の製品のような感動するほどのツライチではないですね。(苦笑)
    ホイッスルのカバー大事です。少なくとも50番台にいつまでもカバー無しホイッスルを付属させるのは止めてもらいたいなぁと思います。→KATOさん
    ライト周りの色差しは私はガンダムマーカーですませてしまいましたが、横濱さんの方が確実に見栄えが良くなってますね!

Return Top