横濱模型

Nゲージインフォメーション

スハフ12 701 「いこい」タイプが入線えです。KATO 5304 急行形 KATO京都駅店

どうも~横濱模型です。
本日はこちら↓↓↓
KATO 5304 スハフ12-701 いこいタイプ KATO京都駅店KATO京都駅店特製品の 12系急行形客車 国鉄仕様のスハフ12 701 「いこい」タイプになります。

購入時に見落としてましたがベースは100番台だったのですね(;^_^A

それでは中身を見てみます。

模型データ

KATO 5304 スハフ12-701 いこいタイプ KATO京都駅店KATO Nゲージ 5304改 スハフ12 701 KATO京都駅店 特製品
ベースのLotNo,4110506 005-3195 製造年2021年06月(再生産分)価格4950円

5304-x? スハフ12 701
品番不明です。

付属品は

KATO 5304 スハフ12-701 いこいタイプ KATO京都駅店
前面用ホロ
交換用ナックルカプラー
ジャンパ栓付きカプラー取り付け台座
先頭用密自連カプラー
スイッチ用プラドライバー
シール
説明書

サイドビュー(^^♪

KATO 5304 スハフ12-701 いこいタイプ KATO京都駅店
KATO スハフ12-701 いこいタイプ
KATO 5304 スハフ12-701 いこいタイプ KATO京都駅店
KATO スハフ12-701 いこいタイプ

こちら100番台再生産からの加工品となります。
実車はスハフ12 5を1985年(昭和60年)に後藤工場にて改造されてます。そのため100番台をベースにするのは・・・

テールライト点灯確認

KATO 5304 スハフ12-701 いこいタイプ KATO京都駅店良好でした。
いこいのマークなどはバブルジェット印刷なんでしょうかね。ザラザラ仕上げです。
貫通扉の窓ガラスはHゴムグレーと実車の方ではなってます。タイプですから~

 

標記類

KATO 5304 スハフ12-701 いこいタイプ KATO京都駅店所属標記は「福?フチ」でしょうか。潰れてて見えにくいです。
まぁNゲージサイズなんで(;^_^A
折戸はライン消しに前面再塗装されています。
折戸横の窓は埋められていませんので、ここもタイプとなります。画像には写ってませんがフィルターの位置もタイプとなります。

KATO 5304 スハフ12-701 いこいタイプ KATO京都駅店車番は・・・元の車番を塗りつぶしつつその上から再度印刷でしょうかね(;^_^A

KATO 5304 スハフ12-701 いこいタイプ KATO京都駅店洗面所側の折戸(ドア)はそのままですので、こちらもタイプというところです。
。帯の印刷は見た通りとなります( ゚Д゚)
汚物タンクはありませんので、垂れ流し配管表現です。ここは実車通りです。

いつもの撮影場所で

KATO 5304 スハフ12-701 いこいタイプ KATO京都駅店タイプの「いこい」いかがでしたか
タイプ世代で育った筆者は特に気になりませんが、気になる方は気になるんでしょうね。

気動車化(キサロ59 501)改造前のスハフ12 701「いこい」タイプですから、これを入れ込んだ編成にしてみたいのですが、詳しくはわかりません。

ちょっと調べてみました
急行「銀河」52号+いこい(コミケットトレイン )1986年(昭和61年)8月9日~11日
臨時列車「旅立ちJR西日本号」1987年(昭和62年)3月31日~4月1日
この他にスロ81ミハ座+スハフ12-701 1986年(昭和61年)1月1日

この他にもあるとは思います。

・臨時列車「旅立ちJR西日本号」
EF65 1134(東京 – 大阪間)
スハフ12 701
オハ12 15
オハ12 14
オハ12 13
スハフ12 36
マイテ49 2

・急行「銀河」52号+いこい(コミケットレイン)
14系に併結でスハフ12 701
14系はスハフ14とオハ14、オハフ15の12両編成と思われ。

・スロ81ミハ座+スハフ12-701
DD51-1125
スロ81ミハ座
スハフ12-701

こんなところです。

 

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

Return Top 横濱模型