横濱模型の秘密基地

模型屋ではありません。

KATO 14系JR仕様Assyパーツを使って旧製品をグレードアップ

どうも~(^^)/
本日はこちらの↓↓Assyパーツを使ってグレードアップしてやろうと企んでます(‘ω’)ノ
・KATO 純正パーツ 5283-1C スハフ14 39能登 床下セット Assy 1000円
この床下は入線記でもご報告済みですが、加工すればなんとか使えます。

整備という名の加工を

さっそく弄っていきます。
床下以外は旧製品です。どこから加工しましょうか

では、窓ガラスパーツからいきます。
黒い所をカットしていけばほぼハマります。後は床下が外れないように爪も加工します。
爪の加工が一番面倒でした。

窓ガラスパーツをカットすると上の画像のような感じになります。

画像撮り忘れましたが、洗面所側の床下を1mm位カットしてます。
窓ガラスパーツと床板がちゃんとハマるか試しながら何度か調整します。
ジャンパ栓のモールドを削って穴を開けてから、スハフ14ジャンパ栓を取り付けてみます。
・KATO 純正パーツ Z05-2464 スハフ14 ジャンパ栓(青)Assy 400円
ジャンパ栓付けるだけでも違いますね~
後で色差ししてあげましょう。そうそうついでに排気口は0.6mmで穴あけしました。0.7mmでも良さそうです。

スハフ14がとりあえず走行できる範囲で出来ました。
久々にスハフ14を加工したので意外と時間がかかってしまいました。

次はオハ14です。オハの床下は安くて助かります。
・KATO 純正パーツ オハ14 196能登 床下セット Assy 450円

こちらは初挑戦です。
KATOから汚物タンクの床下機器パーツが出る前にTOMIXのを加工して取り付けましたが、この床下はどこかでつかわないと勿体無いです。

窓ガラスパーツと床下を見てみると、爪の所がちょっこり当たっているのでここら辺を解決すれば良さそうです。

赤丸の中の爪の部分を加工します。赤い長方形の形に薄ーく削っていきます。
手っ取り早くハイパーカットソーでカットしましたが、やすりで削っていくのも良さそうです。

床下をはめて微調整を行います。妥協するとボディーが膨らんでしまうので。

床下が短くなるとカプラーもおかしくなります。
そこで床下を縮めた方は右側のカプラーのようにしてみました。
方法はお察しください<m(__)m>

窓ガラスパーツの加工がめんどくさいですが、ボディーマウントカプラーになり汚物タンクもついちゃうし、黒染め車輪もついてしまうなんて良い事だらけです(;^_^A
ジャンパケーブル表現はなくなってしまいましたが・・・

連結確認もしてみましょう。いいですね~♪
ぱっと見、最新仕様に見えます。自己満足できました。

まだまだ同じ作業しなくてはなりません。オハフ15や残りのオハ14が・・・

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
Return Top