横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

マニ44を弄る。その2 ボディーマウントカプラー化 KATO 5146

どうも~横濱模型です(^^)/
本日はこちら↓↓↓
KATOのマニ44にボディーマウントカプラーを取付けてジャンパ線受けも表現してみようと思います。

前回も交換したのですが、しっくりきませんでしたので再チャレンジです。

それでは弄ります

整備という名の加工を

妻面床下がさっぱりしてますね。

ボディーマウントカプラー➀

通常ならこちらのAssyパーツを使ってでしょうね~(^^♪
・KATO 純正パーツ Z05-1787  スハネフ14 ジャンパ栓 Assy 400円

これがKATOから出ているAssyパーツで一番の近似ぱーつかと思います。
ですが、ステップが足りないんですよね。
雰囲気重視の方はこちらを使って取付けてみてください。

ボディーマウントカプラー②

今回も怪しいマニ44用ボディーマウントカプラー化パーツを用意しました。
ジャンパ線(ジャンパ線受け)も全て表現されてます。

台車を取外して床下を脱脂しておきます。

台車の方も加工しておきます。加工と言ってもニッパーでカットするか、カッターナイフで押切するかです。
筆者の場合はカッターで軽めに2,3回筋を入れてからぽきっとおります。

KATOナックルカプラーをセットして、床下にボンドGクリヤーで接着してます。

ボディーを取付けて確認してみます。
開放テコもなんちゃってではありますが、j\標準装備です(;^_^A

連結させても様になります。

いつもの撮影場所で

着々と急行荷物列車の再現が整ってきました。
ジャンパケーブルの太さが気になるところですが、KATOのケーブルの太さに合わせてます。他の車両と並べても違和感は少ないかなぁ~と。

次回はマニ50とかスユニとかも交換してみます。

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

 

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By さざなみ鉄道倶楽部仮部長

    初めてコメントさせて頂きます。マニ44やEF58の3Dパーツの記述を興味深く拝見させて頂きました。印象が良くなるので導入したいのですが、どこのメーカーかを教えて頂くことは可能でしょうか。

    • さざなみ鉄道倶楽部仮部長さん、初めまして。
      コメントありがとうございます。
      マニ44は自作品になります。

Return Top // Amazon // LAZY START // lazy END