横濱模型 の秘密基地

Nゲージインフォメーション

KATO 485系200番台を弄る。その2 カプラー交換 10-1479,10-1480

どうも~(^^)/
本日はこちら↓↓↓の車両を弄ります
はい、485系200番台セットのクハ481です。
前回はスノープロウ取付しました。どうでしたか~(^^♪

前回までのあらすじは↓↓↓こちら

それでは本日もちょっこり弄ってみます

整備という名の加工を

トレインマークがグルグル回る~(@_@;)

貫通のクハなんですが、幕を真っ白にしていたのにも関わらず動いて文字が見えてます。
走らせてても振動で段々と幕がずれてきます。

この回す所が小さいのかライトケースの穴が大きいのかわかりませんが、この辺でなんとかしてあげればよさそうなので、ボンドGクリヤーを少量塗りました。固まる前に何度か回しておけばくっつかないようで、いい具合に負荷がつき振動で幕が回らなくなりました\(^o^)/

カプラー交換してクハ同士の連結

みどりセットに入ってます、連結用カプラーセットです。
これと同じAssyパーツは
KATO 純正パーツ 4574C3 クハ481-200前面用カプラS Assy 500円・KATO 純正パーツ 4574C3 クハ481-200前面用カプラS Assy 500円
485系200番台セットのみの方はこの上野Assyパーツを買うと都合が良いのですが、何とも言えない連結間隔になります。(。´・ω・)?

いくらなんでもこの間隔はないと思うのですが。
これを何とかしてみます

なんとかしてみました。(‘ω’)ノ
左からダミーカプラー、中が連結用カプラー加工後、右が連結用カプラーそのまま
どうですか~(^^♪

やることはこれだけ
穴の位置を変えて、位置を変えた分お尻を切り落とします。

組み上げて床下に取付けて連結確認してみました。
ボディーが付いていないからわかりずらいですね

使わなくなったダミーカプラーを改良して胴受けを作ってしまいます

加工した胴受けを天地逆にしてボンドGクリヤーで接着してみました。

特急マークがぶつかりそうですが、それくらい縮まりました。

画像はKATOのカーブレールR282カント付です。
胴受けを取付けてもまだまだいけそうです。(;´Д`)ハアハア

ダミーカプラーのように見える連結可能なKATOカプラーでした。
TNカプラー並みにカッコよくなりました。さらにカプラー加工すればTNカプラーとの連結もできますので、大満足です。

いつもの撮影場所で

連結用カプラーセットを取り付けて見て、スノープロウがやべ~って思ったのですが、大丈夫でした。
上下左右と当たらないようです。
189系のようなカプラーかと思っていましたが、まさかの作り直しでしたね。KATOさん迷走状態です。

次に続きます

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

 

(最終更新:2018年6月10日)5580

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. トータンさん、コメントありがとうございます。
    カプラー工事は穴あけとお尻を縮めれば簡単に短縮できますのでおススメです。
    貫通扉を開いた時に特急マークは半分にカットするのが正解でしょうけど、無くても良いのでは~とも思います。でも再現はしたいですね(;^_^A

  2. なるほど~そうやってカプラー工事でしたか 私にも出来るかもしれませんね 機をみてやってみようと思います 貫通扉の表現してみようと思ったのですが あの特急マークが障害になって工作が大変そうなので 車間を縮めるだけにしようかな とても参考になりました(^^

Return Top