横濱模型の秘密基地

Nゲージインフォメーション

ED70 入線と整備です。KATO 3082

どうも~(^^)/
少し早めの投稿です。本日はコチラ↓↓↓

昭和32年に登場した、世界初の商用周波数60Hzの交流電気機関車ED70です。
北陸本線田村~敦賀間用に新造され、客貨輸送で活躍。急行つるぎ、急行日本海など。

銀色の側面フィルターの絶妙な作りわけはさすがKATOです。

模型データ

KATO Nゲージ ED70 3082 鉄道模型 電気機関車
LotNo,3610180 製造年2017年 価格7000円
内容物は
説明書
ナックルカプラー×2
ナンバープレート(2、3、7、9)新型の緩衝材?固定具になったのはいいのですが、これがこすれて前面に傷がついてます。
良く見ないとわからない程度ですが何回も出し入れしたり持ち運びしたりしたらドンドン傷が多くなりそうです。

さっそく弄ってみましょう

コンデンサーカット、あとスカート周りに一寸手を入れてみます。
まずは

コンデンサーカット

こちらAssyNo,3070のライト基板です。
最初から電球色LEDでとてもステキです。
スナバ回路はしませんので、コンデンサーのみ取外します。
点灯テストです。
停まっている分には問題ないですね。

このED70の動力部分はED79と同じでした。

ナックルカプラー取付、ブレーキホース取付

スッキリとしたスカートですね。
コックと左側のジャンパ栓を削って加工します。
EF64用のKATO Assyパーツ Z03-1725 ジャンパ栓を使います。
形状など似てないのですがまあ雰囲気重視でΣ(゚Д゚)
ブレーキホースはドリル刃 0.5mmで穴を開けてから TOMIXのPZ-001 EF63用ブレーキホースを差込みます。
左側のジャンパ栓はドリル刃0.6mmで穴を開けてからKATO Assyパーツを差込みます。

そしてミッチャクロンマルチを筆塗りし、ホースとコック部分を筆で塗り塗りです。
左側のジャンパ栓はきれいにゆっくりと切り落とせば、フタが表現できますのでボンド Gクリヤーで貼り付けておきます。
これでなんちゃって仕様ができました\(^o^)/

そしてライトレンズを交換

この透明感あるレンズをお得意の方法でレンズカットのあるものに交換しちゃいます。

丸の方がED70に付いているレンズです。
これを KATO Assyパーツ Z04-8103 クモハ165 ヘッドライトレンズを使います。
根元から切り落とすか、薄く切り落とすかはどちらも点灯具合を試しましたが変わらないです。
ここでは根元から切り落とした物で説明です。このまま取付できます。
レンズをボディーに押しすぎるとライトカバーが割れることがあるので気を付けましょう。
左のED70はノーマル状態です。右は加工後になります。
レンズが実車っぽくなりました。
もう少し拡大したもので↓
自己満足でした~m(_ _)m

一応正面からも
消灯状態ですリフレクター(反射鏡)が白く見えておススメの加工です。

いつもの撮影場所で

さて、ナンバーは何番にしようかな~
「急行つるぎ」もいいですが、「急行日本海」、「急行きたぐに」や貨物もよさそうですね。

急行日本海 編成(1962.2.7)10系軽量客車 2017年 02 月号 [雑誌]: 鉄道ピクトリアル 別冊より
オユ10-2015 + オロ61-2061 + オロ61-2058 + スハネ30-40 + オシ17-21 + スハ43-2334 + スハ43-232 + スハ43-235 + スハ43-491 + スハフ42-325

急行きたぐに 編成(1972年頃)
オユ10(非冷房)+ スロ62 + スハ43 + オシ17 + ナハ10 + ナハ10 + オハ47 + ナハフ10 + スハフ42 + スハネ16 + スハネ16 + オロネ10 + スハネ16 + オハネフ12

みなさんは何を引かせるのでしょうね(;^_^A

本日も、くだらない備忘録にお付き合いありがとうございます。

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 横濱模型さん こんばんは(^^)
    KATO ED70入線おめでとうございます!
    いつもながら手際のいい工作で流石仕事が早いですね~
    ライトレンズのクモハ165ライトレンズを入手出来ましたので
    当鉄道のゴナナやゴハチに施行してみようかと思います(^-^)

    • くさたんさん、こんばんは(^^)/
      ライトレンズはEF57やEF58はライトケースが小さいので拡幅する時に気を付けてくださいね。

Return Top // LAZY START // lazy END